健康生活TOP 肝機能 検診でASTとALTが高いと判明!肝臓が悪い?その理由

検診でASTとALTが高いと判明!肝臓が悪い?その理由

健康診断や人間ドック、定期通院などの血液検査でよく目にするのがASTとALTという2つの検査数値です。これが肝臓の状態を調べるためにチェックされていることは多くの方がご存知でしょう。

この2つは肝逸脱酵素と言って、肝臓の細胞が壊れたり傷んだりすることで、血液中に流れ出てしまった酵素の量を示しています。もちろん一定量は常に血液中にありますが、多くなるということは肝臓が壊れていることを示している可能性があります。

昔はGOT・GPTと呼ばれたが意味は全く同じ

この2つはトランスアミナーゼと言う種類の酵素です。つまりアミノ基を転移させる酵素と言う意味なのです。

どういうことかと言うと、Xと言うアミノ酸から、アミノ基をYと言うα-ケト酸に転移させることでY’と言うアミノ酸を作り出し、XはX’と言うα-ケト酸になるという反応です。

ALTの構成

例示したのはALT(GPT)の方です。ややこしい流れですが、身体の中では非常に重要な役割があって、主に肝臓の中で働いている酵素なのです。

ですので、AST・ALTの値が高いということは、肝臓の細胞が多く壊れていると言うことや、肝臓で起こっている炎症が激しくなっていることを示しているのです。

ASTは肝臓のほか心臓や赤血球にも存在する酵素

ASTはアスパラギン酸と言うアミノ酸とα-ケトグルタル酸と言うα-ケト酸を、オキサロ酢酸と言うα-ケト酸とグルタミン酸と言うアミノ酸に、相互に変換する酵素です。

左辺に注目したアスパラギン酸トランスアミナーゼと言う名前の略号がASTです。昔使われていたGOTは右辺に注目したグルタミン酸・オキサロ酢酸・トランスアミナーゼの略号です。

この酵素は肝臓に多く含まれていますので、肝臓にトラブルが出ると血液中にあふれだしてきます。しかし、一方で心筋・骨格筋にも多く含まれているため、心臓病や激しい運動の後などにも数値が上昇することがあります。

また、赤血球にも含まれているため、赤血球が壊れると数値が高くなります。

ALTは肝臓に特有の酵素だから肝臓病の指標になりやすい

ALTは昔GPTと呼ばれていたもので、上の図で示しているようなアミノ基転移反応を行っている酵素です。

全身に分布している酵素ですが、肝臓に含まれる量が圧倒的に多いため、肝臓特有の酵素と考えてもいいくらいです。ですので、この数値が高くなっているということは、肝臓病の疑いが非常に高くなります。

血液検査の基準値はここではお知らせしません。と言うのも、その数値の基準を決めている医療機関によってまちまちだからです。

人間ドック学会の決めている基準は、検査によって病気の疑いのある人を拾い上げるスクリーニングとしての性格が強いですし、病院による検査は、病気の進行や治り具合を見ているケースが多いです。

ですので、受診された医療機関の基準値に沿って、ご自身の健康状態を把握するようにしましょう。

検査数値は気になるものですが人間はロボットじゃありませんから、基準値内に収めることに腐心するより、安心な数値に近づけてゆくと言う程度の意識で問題ないんです。

もちろん、基準からかけ離れていたら焦って下さい。

ASTとALTは比率にも注目するべき検査数値

ASTもALTも、それぞれ個別に意味を持つ数字なのですが、この2つについてはそのバランスも重要になってきます。場合によっては、病気の進行具合や病気の内容についてまで示してくれていることがあるからなのです。

その上で、他の検査数値とも合わせて調べ、最終的には画像検査や生検によって病気を決定すると言う流れになるでしょう。

ASTは他の病気などでも上昇する

先にお話しした通り、ASTは心筋や骨格筋、赤血球にも分布しています。ですので、採血の際の手際が悪くて、溶血と言う赤血球が壊れる現象が多く発生するとASTは高い値を示します。

また、感染症によっても溶血が起こることはあります。ですので、血液検査を受けた際に発熱などがなかったかどうかと言うのは重要なポイントになりますね。

さらに骨格筋(いわゆる運動の筋肉)にもあるので、激しい運動をした翌日ぐらいまでは高値を示す可能性があります。こうしたものの見分けは、ALTが上昇しているかどうかと言うことが一つの目安になります。

ASTだけが上昇している場合、肝臓以外の原因が疑われます。CK(クレアチンキナーゼ)は筋肉から逸脱する酵素ですので、その検査によって肝臓病なのか心筋や骨格筋の障害なのかを見分けることになるでしょう。

ALTは肝臓の損傷を如実に表す数値

ALTは肝臓に集中的に存在する酵素ですから、この数値が上昇しているということは肝臓の細胞が壊れているということを表しています。ですので、AST・ALTがともに上昇している場合は、肝臓病の疑いが大変高くなっていると言えるのです。

このALTとASTの数値の比率は非常に重要な意味を持っています。肝臓にはASTの方が多く含まれています。このため急性肝炎や劇症肝炎の場合、両方とも異常高値を示しますが、急速に肝細胞が破壊されるため、肝臓に多く含まれるASTの方が高くなります。

一方、一旦血液中に逸脱した2つの酵素は存在する時間が異なります。血液中に含まれる量が半分になる時間を示す血中半減期はASTで11~15時間、ALTで40~50時間と言われています。つまりALTの方が長時間血液中に留まるということです。

ですので、慢性肝炎の場合はALTが高値になる検査結果が出てくるでしょう。

アルコール性肝炎の場合はASTが高くなる

アルコール性肝障害は慢性の肝臓病ですが、この場合ちょっと事情が特殊になります。アルコール性肝炎ではASTの方が高くなります。これはアルコールによって、破壊される前の細胞の中で既にALTが作られなくなっているということが原因の1つです。

そしてもう一つはASTの性質です。ASTは細胞質の中に含まれるものと、細胞内のエネルギー機関であるミトコンドリアの中に存在するものの2種類があります。細胞質の方は細胞が少し傷むだけで血液中に漏れだしてきます。

一方、ミトコンドリアの中にあるものはさらにもう1枚の膜の中にあるのでなかなか出てきません。しかし、アルコール性肝障害ではミトコンドリアも破壊されるため、ASTの量が増えてしまうのです。

このように2重の原因によって、アルコール性肝障害ではASTの方が高くなるのです。

AST・ALTの検査数値による大まかな見分け

それではここで、これまでお話ししてきた内容を簡単に整理しておきましょう。実際には他の検査数値とも合わせ、さらに画像診断なども合わせてお医者さんが診断されますので、あくまで「だいたいの目安」だとお考え下さい。

AST・ALTが
異常高値最低の10倍以上
AST・ALTが
異常高値最低の10倍未満
ASTのほうが高い 急性肝炎の最も重い時
劇症肝炎
重症のアルコール性肝炎
アルコール性脂肪肝
アルコール性肝炎
肝硬変
肝臓がん
心不全
心筋梗塞
溶血
筋肉の傷害
ALTの方が高い 急性肝炎からの回復期 脂肪肝(NASH)
慢性肝炎
胆汁うっ滞

なお、この検査以外にも糖質をエネルギーに換える働きをしている、LDH(乳酸脱水素酵素)と言う数値が測られることもあります。これも肝臓の細胞が破壊されたときに出てくる肝逸脱酵素の一つです。

ただし、これも肝臓以外の臓器にも含まれているため、他の検査数値を合わせて検討する必要があるものです。

やはりアルコール性のものは重症化しやすいようですね。

いわゆる「節度ある飲酒」(1日あたり日本酒1合・週5日)程度ならさほど問題はないと思いますので、それを守るようにしましょう。

お付き合いがなかなか断れない、お酒も健康も手に入れたい…そんなあなたの見方「しじみ習慣」

しじみ習慣商品画像

肝臓病にかかわる胆道系の酵素と色素も見落としてはいけない

肝臓の数値と言えばもう一つ、γ(ガンマ)-GTPと言うものが有名ですね。さらにALPやLAPと言う数値が示されていることもあるでしょう。この3つも酵素ですが、胆道系酵素と呼ばれるものです。

名前の通り、胆汁の通り道である胆管の流れが肝臓の病気によって妨げられると、血液中に漏れだしてきてしまうものです。

γ-GTPはお酒によって数値が上がりやすい検査項目

γ-GTP(ガンマ-グルタミル トランス ペプチターゼ)はアルコール性肝障害や薬剤性肝障害で数値が上がりやすい検査項目です。さらに脂肪肝でも数値は上昇します。

とは言え、この数値はアルコール摂取量と関係が深いので、お医者さんが患者さんのお酒の量をチェックするのに使われます。「そんなに飲んでませんよ」と言い訳しても、この数値を見れば本当か嘘かがだいたい見えてくるということになります。

多くの場合、健康診断で測定される肝臓に関する酵素は、先の2つとγ-GTPを合わせた3つになることが多いでしょう。

この酵素は肝臓の他、腎臓・膵臓・脾臓・小腸や、男性では精巣や前立腺にも広く分布していますが、血液中の濃度が上がるのは、肝臓・胆道の障害によるものです。

ALPはアルカリ環境下で働く酵素

ALP(アルカリ ホスファターゼ)は、その名の通りアルカリ性の環境の中で働く酵素です。動物の体を構成している重要な物質の1つ、リン酸エステル化合物を加水分解して組み替える働きを持っています。

この酵素はやはり胆道うっ滞で数値が上昇しますが、骨や胎盤にも多く含まれています。ですので骨の病気や骨折で上昇することもありますし、骨の成長が著しい子供でも多く検出されます。

また、妊娠後期から出産後の一定期間は非常に値が上昇しますが、これは病気ではありませんし、お医者さんから案内があるでしょう。

そうしたことがない時に上昇した場合、やはり肝臓の病気が疑われます。

LAPは高値に上昇するとがんの可能性が出てくる

LAP(ロイシン アミノ ペプチターゼ)はたんぱく質分解酵素です。肝臓だけではなく、子宮や睾丸から脳にまで広く分布する酵素ですが肝臓病・胆道のうっ滞によって数値が上昇します。

特に数値が高度に上昇した場合は胆道系のがん、膵臓がん、肝臓がん、子宮がん、卵巣がんなどによる胆道閉塞の可能性が出てきます。胆石でも高度に上昇することがありますが、肝臓がんでは胆道閉塞がなくても上昇します。

また、薬剤性やウイルス性の肝炎でも、胆道のうっ滞が現れると高度に上昇することはあり得ます。一方、脂肪肝や急性・慢性の肝炎、肝硬変でも軽度の上昇をきたします。

いずれにせよこの検査だけでは結論が出ませんので、他の検査と組み合わせて判断することになります。

直接ビリルビンは黄疸の原因になる色素

脾臓で分解された古い赤血球は間接ビリルビンと言う黄色い色素になってから、肝臓で水に溶けやすい形に処理されて直接ビリルビンと言う色素になります。

この色素は肝臓から胆道を通って十二指腸に送られ、そこでいくつかの反応を経て尿と便に出てゆきます。しかし、肝臓の病気などで胆道の流れが悪くなると、直接ビリルビンが血液中にあふれだします。

その結果、最初はもっとも染まりやすい白目の部分が黄色くなり、さらには皮膚が黄色くなってくる黄疸と言う症状が出るのです。黄疸も肝臓病の典型的な症状の一つですね。
γ-GTPはとても有名ですね。他にも原因が考えられるとは言え、やはりお酒をよく飲む人では高くなりやすい数値なんですよ。

肝臓の機能がどの程度残っているかを調べる検査もある

肝臓では様々な物質の合成も行っています。ですので、肝臓に病気があって進行してくると、それらの物質の合成ができなくなります。

そこで、代表的な物質の血液中の濃度を測ることによって、肝機能がどの程度残っているのかと言うことを調べることもあります。

アルブミンは血液の浸透圧を保っている物質

アルブミンは分子量の小さなたんぱく質です。血液検査ではAlbと書かれていることが多いですね。これは肝臓で作り出されるものですから、この数値が下がっているということは肝臓の働きが落ちていることを示します。

近年ではまれになりましたが、栄養失調でも数値が下がることがありますので、お医者さんの診断を仰ぎましょう。

このアルブミンは血液中に溶け込んでいることで浸透圧を保持しています。つまり、血管外に出ている水分を血管の中に呼び戻す働きを持っているんですね。

ところが肝硬変などで肝臓がアルブミンを作れなくなると、血液の浸透圧が下がって水分をひきこめなくなり、その余った水分が腹水と言う形でお腹に溜まってしまうようになるのです。

上昇しても下降しても具合の悪いコリンエステラーゼ

ChEと略されるコリンエステラーゼはたんぱく質を合成する酵素です。この数値は脂肪肝や糖尿病によって上昇することがあります。しかし、上昇よりも問題になるのは下降した場合です。

肝硬変など、肝臓の機能が大きく損なわれてくるとたんぱく質を作る能力が低下してきます。ですので、この数値が下がった場合、肝硬変や低栄養状態が疑われるのです。

この数値は、他の検査項目よりも敏感に反応するので、他の数値と比較しながら見てゆくことで肝臓病の進行具合などがわかります。

コレステロールが下がりすぎるのは肝臓病の可能性がある

コレステロールと言うと、数値が高すぎて動脈硬化の原因になると言うイメージが強いですね。しかし、コレステロールは細胞膜やビタミンDの原料としてなど、身体にとってなくてはならない物質です。

そのため肝臓でコレステロールは合成されているのですが、肝臓の病気が進んでしまうとコレステロールの合成もできなくなります。

総コレステロール値は、高すぎる場合の脂質異常症の検査項目からは外れましたが、逆に低すぎる場合は肝臓病の指標として検査され続けているのです。

プロトロンビン時間の延長は肝臓病の重症度を示す

PTと言う記号で表されることもあるプロトロンビン時間と言うのは、血液が凝固するまでの時間を、プロトロンビンと言う凝固因子について測定したものです。

この数値が延長してゆくのは肝臓病の特徴で、特に劇症肝炎と言う直ちに生命の危険がある病気を定義するときなどにも使われます。

同じようなものに、ヘパプラスチンと言う凝固因子で測定する検査もあります。

血小板も血液凝固因子にかかわる数値

血小板と言うのは、血管が傷ついたときに集まってきて傷をふさいでくれる細胞成分です。これは古くなると脾臓で分解されますが、肝硬変や進行した慢性肝炎では脾臓が肥大します。そのため血小板の分解が亢進して濃度が下がるのです。

特に血小板数は肝臓組織の線維化とよく関係していますので、この数値を見ると肝硬変の進み具合がわかるということになります。

このように進んだ肝臓病では血液を凝固させる因子が不足するため出血傾向が見られたり、血小板と同時に脾臓で赤血球が分解されたりするため貧血が見られたりすることがあります。

この辺りの数値は、基本的に下がることが危険を示しています。

肝臓の病気でもっとも心配な肝臓がんには専用の腫瘍マーカーがある

がんと言えば腫瘍マーカーの数値が気になるところです。また肝臓がんと言えば肝細胞がんと肝内胆管がんが大半を占めています。

肝細胞がんと肝内胆管がんには、それぞれマーカーがありますので、まずそれを検査することになります。その上で超音波エコーやCT、MRIなどの画像診断が行われるでしょう。肝臓がんについてはPET検査が有効でない場合もあるので、使われないかもしれません。

そして、最終的には組織の一部を取って顕微鏡で検査する生検で確定診断をすることになるでしょう。

AFPと言うマーカーは肝細胞がんだけに特異的な分画もある

AFPはα-フェトプロテインと言う糖たんぱく質で、胎児のころには体内で作られているのですが、成人になるとほとんど体内から消えてしまう物質です。

しかし肝細胞がんになると、この物質の産生が再び始まってしまいます。そのため腫瘍マーカーとして有用なのです。ただ、稀ではありますが肺がんや胃がんでも発生することがあったり、肝炎や肝硬変でも数値が上昇したりすることがあります。

そこで、このAFPの中でL3分画と言うものに絞って検査すると、肝細胞がんに特異的な検査ができるので、画像診断の前にそちらがチェックされるかもしれません。

PIVKA-ⅡはAFPと併用で確度が上がるマーカー

PIVKA-Ⅱ(ピブカ-2)はビタミンKの欠乏症の時に肝臓で作られる、異常なプロトロンビンたんぱく質ですが、肝細胞がんの時にも作られるため腫瘍マーカーとして利用されています。

この数値と先に紹介したAFP-L3には相関関係がありませんので、同時に調査することで肝細胞がんの発見精度が上がります。

この数値は、C型肝炎ウイルスによる肝細胞がんの時にはAFP-L3より陽性率が高くなりますので、診断に役立つと考えられています。

肝内胆管がんはCA19-9とCAEの2つのマーカーの組み合わせを使う

CA19-9と言うマーカーは膵臓がんの進行度合い・治療効果を見るマーカーなんもですが、胆道がんでも8割以上の陽性率を持っていますし、肝臓がんでもそこそこの陽性率があります。

また、他のがんでも陽性になりますので、このマーカーだけでは病気を特定できません。そして、CAEと言うマーカーがあり、これとの組み合わせがよく用いられます。

CAEは単独で使うには不十分なマーカーですので、CA19-9との組み合わせが必須でしょう。そして、画像診断で腫瘍の位置を特定して、最終的に生検で悪性かどうかを判断します。

肝臓がんの場合も、血液検査だけでは確定診断はできませんが、血液検査で肝炎や肝硬変が肝臓がんに進んでいないかを発見するということに意味があるのです。

血液検査で異常を指摘されたら自覚症状がなくても治療開始

健康診断の標準的な項目であるAST・ALT・γ-GPTに軽度の異常を指摘された段階では、まず自覚症状は表れていないでしょう。それどころか、そこそこ数値が悪くても体調に変化は感じられないかもしれません。

しかし、肝臓は確実に疲れてきていますし、場合によっては隠れた状態で病気が進行しているということになっているかもしれません。ですので、まずは受診して病名を確定しましょう。

肝臓は沈黙の臓器だが暴れ出すと手遅れになりやすい

よく言われるように、肝臓は沈黙の臓器です。この言葉は、病気がかなり進んで、もう残っている部分だけでは身体の機能を維持して行けなくなって初めて自覚症状が出てくるという意味なのです。

ですので、体調に異常を感じてから肝臓病を治療し始めたのでは遅すぎるということになります。運よく完治できたにしても、相当な時間とお金が必要になるでしょう。

ですので、まったく自覚症状もなく元気いっぱいの時から、血液検査の数値をベースに治療を始めるのがコツなのです。その段階ならお薬も少なくて済むでしょうし、食事療法も苦痛を伴うほど厳しくはならないと思われます。

検査数値に異常が示されたらその検査表を持って病院へ

自覚症状もないのに病院へは行きにくいものですが、健康診断の検査表の異常を示す欄に「*」や「H」などのマークがついていたら、お医者さんにとってはそれだけで診察する理由になります。

ですので、初診の時には問診票の自覚症状欄に「健康診断の血液検査で異常を指摘されたため」と書けばOKです。そうして、早期に治療を始めれば、簡単に気楽に肝臓の病気を治療してしまえますよ。

誰だって病院なんか行きたくはありませんが、どうしても行かなければならないなら、短期間で済ませたいですよね。それには早期の治療開始が最も簡単です。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る