健康生活TOP 肝臓に関する病気や症状 B型・C型、アルコール性肝炎!肝炎の種類ごとの症状、治療法

B型・C型、アルコール性肝炎!肝炎の種類ごとの症状、治療法

肝炎と言う病名を聞いてどんな病気を連想するかと言うと、人によって大きく2つの方向に分かれるのではないかと思います。

1つはお酒や生活習慣の影響で、脂肪肝から発展する肝炎。もう1つはウイルス感染によって起こるウイルス性肝炎です。どちらも気になる病気ですね。またB型肝炎、C型肝炎もよく耳にするのではないでしょうか。

日本では厚生労働省が肝炎の予防や発症、治療に非常に力を入れています。

肝炎について、しっかりと正しい知識を持っておきましょう。

肝炎ウイルスの感染は食べ物から刺青まで

肝炎ウイルスの感染経路は、実に様々です。良く話題になるB型肝炎は、その昔、日本国内の医療体制が十分でなかったころ、注射針を通じて感染が広がりました。

A型肝炎も、日本の衛生状態が良くなかった時代には食べ物を通じて広がったと言う歴史があります。しかし、今では全く異なる感染ルートがあるので注意が必要です。

肝炎ウイルスは5種類プラスアルファ

現在までのところ、肝炎ウイルスとして特定されたものは5種類と、まだ特定はされていないものの、候補になっているものが数種類あります。

肝炎ウイルスと特定されたものはA型~E型の5種類、おそらく肝炎ウイルスだろうと思われているのはF型とG型、肝炎ウイルスかどうかはわからないが可能性のあるものはTT型と呼ばれています。

その他、いくつかの他の病気を引き起こすウイルスが肝炎の原因になる場合もあります。

A型肝炎は海外旅行時の感染に注意

A型肝炎ウイルスは食べ物を通じて感染します。慢性化しませんし、一度かかると強い獲得免疫(終生免疫)が得られますから、2回目にかかることはありません。

▼関連記事
肝炎は食事から感染するの?日常の食事にも危険性はある?

一方、このウイルスに対する治療法はありません。安静にして自然治癒を待つことになります。黄疸が出るレベルであれば入院して安静を保ち、状況を観察してもらいながら、必要に応じて食事のコントロールなどを行います。

このウイルスでは1~2%の人が劇症化して非常に重い症状が出ます。劇症肝炎は生命に関わる危険な状態ですので、入院して全身状態を厳重に管理してもらうことになります。

A型肝炎はいわゆる糞口感染なので、衛生状態が悪い国では感染の危険性が高くなります。そうした国に渡航する予定がある場合は事前にワクチンを接種しておいた方が良いですね。

(糞口感染:便に排出された病原体が、不適切な衛生管理によって、食物を通じて別の人に感染する経路。)

ただ、ワクチン接種は、初回・2週~4週後・6か月後の3回接種なので、間に合わないケースもあるかもしれません。しかし、2回接種でもある程度の予防効果はありますので、必ず受けておいて下さい。

厚生労働省によると、1か月以上滞在する場合、中南米・アフリカ・アジア全域については2回以上の接種を、半年以上滞在する場合には3回の接種が勧められるとしています。

また、現地でのA型肝炎の流行の情報がある場合には、短期滞在であっても予防接種は受けておいた方が良いです。ただ、北米と北欧・西欧、オセアニアは恐らく安全です。東欧・南欧・ロシアは短期滞在なら危険性は少ないでしょう。

ワクチン接種の価格は1回8,000円から10,000円くらいですが、あらかじめ調べておくといいでしょう。

厚生労働省検疫所公式サイトには、予防接種を実施している医療機関の検索ツールがありますので、それを利用して探すことができます。

厚生労働省検疫所公式サイト 厚生労働省検疫所FORTH

再びA型肝炎が流行するかも?

A型肝炎は、衛生状態が非常に悪い途上国ではこの病気は流行しません。と言うのは、衛生状態が劣悪な地域では乳幼児の時にこのウイルスに感染します。こうした地域ではこのウイルスによる肝炎が発生しにくく、そのまま治まってしまうのです。

そうなると終生免疫が獲得されますから、流行しにくいのです。しかし、環境が改善され上下水道が普及してくると、感染しないまま大人になる人が増えるので、何かのはずみで大流行が起こってしまいます。

そしてさらに衛生状態が良くなると、大流行の発生も起こらなくなります。日本はすでにその状態になっていると言うわけです。現在、50歳以下の日本人でA型肝炎の抗体を持っている人は非常に少なくなっています。

しかし、欧米以外に海外に渡航する人も増えると同時に、海外からの輸入生鮮食料品も爆発的に増えてきましたから、今後はそうしたものによる局所的な流行はあるかもしれません。

もちろん汚染された食品であっても加熱して食べれば問題ありませんし、手洗いを徹底すれば予防できる部分も多いです。さらに、万が一、再び流行が始まるようなことがあれば、ワクチンが利用できますので予防も可能です。

B型肝炎は血液・体液で感染する

B型肝炎はA型とは全く異なり、感染者の血液や体液に触れることで感染します。目立つ感染ルートは胎内で感染する母子感染や出産時に産道で感染するケースがあります(垂直感染と言います)。

また水平感染と呼ばれる、母子以外の人から人への感染では、性行為のような濃密な接触や、麻薬や刺青のような針を使った行為で血液感染することも良くあります。

医療機関以外で行うピアスの穴開けも大変危険です。さらに、出血を伴う民間療法もリスク要因ですね。

アートメイクにも注意して下さい。もちろん、刺青の技術を利用したアートメイクを行うには医師の資格が必要ですから、合法的なものであれば感染の危険性は少ないでしょう。

厚生労働省医政局によると、刺青の技術を利用したアートメイクやレーザー脱毛、ケミカルピーリングは医師の資格が必要だとしています。

これらの技術は感染の危険性を伴うものですから、当然と言えば余りにも当然で、消費者も正しい意識をもって自分の健康を害さないようにするべきでしょう。

一方、まだ肝炎ウイルスの危険性が軽視されていた時代には、学校で受ける予防接種の注射器や注射針が使い捨てでなかったため、それを通じた感染が広く起こりました。

昭和63年以降は完全に注射器や注射針の、1人ずつの交換が行われていますので、そのタイプの感染危険はありません。つまり、2017年で30歳くらいより上の年代の人が対象になります。

厚生労働省によると、手続きが煩雑なものの、予防接種によるB型肝炎感染の被害者には給付金の支払いがあると案内しています。感染者の子供で垂直感染した人も対象に含まれます。

B型肝炎には複数の発症の形がある

母子感染や乳幼児期の感染では、数年から十数年くらいの間、ウイルスは全く症状を出さずに体内で患者と共存しています。こうした状態を無症候性キャリアと言います。

そして、思春期ぐらいになってくると、身体の免疫力が発達してウイルスを排除にかかります。その際、感染した自分の細胞も攻撃対象になるため、肝炎の症状が現れます。

この感染した自分の細胞を免疫機能が攻撃するのは、ウイルス感染ではよく見られる現象で、インフルエンザの関節痛などもこの現象だと考えられています。

この肝炎を乗り切ると、ウイルスがおとなしい性質に変化して、そのまま一生症状を表さない「非活動性キャリア」と言う状態になります。しかし、10%~20%の人は慢性肝炎に移行し、そののち肝硬変や肝がんに進むこともあります。

一方、小児期を過ぎての感染では、感染して1か月~半年ぐらいの潜伏期間ののち、急性肝炎が起こります。全身のだるさや黄疸・褐色尿・吐き気・嘔吐・食欲不振などの症状が出ます。

B型肝炎ウイルスによる急性肝炎では、ほとんどの場合積極的な治療は行われません。物が食べられなければ点滴で補う程度で、基本的には無治療でウイルスが自然に排除されるのを待ちます。

▼関連記事
風邪かと思ったら実は急性肝炎!間違いやすいその症状の特徴とは?

但し、稀に起こる劇症肝炎症状が見られた場合には、核酸アナログ製剤と言う抗ウイルス薬を投与したり、血漿交換を行ったり、人工透析を行ったりと言う大掛かりな治療が行われます。

母子感染などから慢性肝炎に移行した場合は、インターフェロン注射や核酸アナログ製剤の抗ウイルス薬の内服で治療します。しかし、残念ながら体内から完全にB型肝炎ウイルスを駆逐することはできません。

また、成人してからの感染でも、10%程度の人がキャリアになり慢性肝炎になる例もありますので、軽視しないで下さい。

C型肝炎は血液感染が感染ルートの中心にある

C型肝炎では、性行為などによる感染が全くないわけではありませんが、むしろ血液を介したものが中心だと言えるでしょう。ですので、やはり医療関係では1990年前後まで、輸血や血液製剤による感染の広がりが見られました。

現在では、検査体制がうんと厳しくなっているため、その心配はもうありません。また垂直感染(母子感染)のリスクもゼロではありませんが低い確率になっています。

ですので、現在では違法薬物の注射や刺青、ピアスなどがハイリスクなものですので、B型肝炎のところで紹介したように、合法的に施術を行っている医療機関以外での刺青やピアスは避けましょう。

血液感染ですので、握手したりハグしたりで伝染することはありません。もちろん食器の共用や入浴でうつることもありません。リスクがあるのは「感染者の血液に直接触れること」だけです。

C型肝炎にワクチンはない

C型肝炎ウイルスに対するワクチンはまだ存在していません。しかも、ほとんどの人は感染しても症状が現れません。症状が現れる場合は、2週間から14週間の潜伏期間ののち、急性肝炎を引き起こします。

一方、症状が出なかった人のうち60%~80%ではウイルスは身体の中に残ったままになります。そうすると、慢性肝炎と言う形で推移することになり、その30%~40%の人が感染から20年で肝硬変になります。

さらにその中から、毎年7%の割合で肝がんが起こります。肝がんは助かりにくいがんとして有名ですね。早いうちに見つけて対処することが大事です。

C型肝炎の治療には、インターフェロン注射と核酸アナログ製剤による抗ウイルス薬の内服が使われます。現在は内服薬が次々に承認されて、しかもかなりの成績を上げているようですね。

▼関連記事
C型肝炎の治療薬は飲み薬の時代に!検査結果が陽性ならすぐ受診

ただ、肝臓の症状が進み過ぎている場合など、内服薬での治療ができない場合もありますので、お医者さんの診断に従ってしっかり治療を進めて下さい。

ウイルスの完全排除が難しいB型に比べると、C型肝炎ではウイルスを完全に駆逐できることが多いので、積極的に取り組んで下さい。

一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けよう

1990年ごろ以降に生まれた若い人ならともかく、それ以前の生まれの人は、一度は肝炎ウイルス検査を受けておきましょう。血液検査だけですし自治体による無料検査がありますから、負担も少なく受けられます。

検査はB型・C型肝炎ウイルスが対象になります。先にお話しした通り、A型肝炎は一度かかれば終生免疫ができるうえ、慢性化しませんので特に検査する必要なありません。

また、D型肝炎ウイルスはB型に感染した人にしか感染しませんから、B型の検査を受けておけば当面は間に合います。

さらに、E型肝炎ウイルスは日本でほとんど見つかっていません。僅かな感染例では、不十分な加熱によるジビエ料理が感染源ではないかと疑われていますが、まだまだ詳細は不明なのです。

▼関連記事
B型やC型など、肝炎にはいろいろ種類があり!その違いって何?
B型、C型にA型も!?ウイルス性肝炎の種類と感染源の違い

ウイルス性肝炎は種類が多いですが、A型3割・B型3割・C型1割で、その他または病原体不明が3割を占めているのです。

肝炎と言えばお酒と脂肪による肝臓への負荷が原因になる

肝炎のもう一つの大きな原因は食生活によるもので、ウイルスなどの病原体が関わらない物です。「肝臓を悪くした」と言えばお酒の飲み過ぎと連想されるぐらい一般的ですね。

そして、全くお酒を飲まない人にも起こる、お酒を飲んだ時とよく似た肝炎も、NASHとかNAFLDの名前で、もうすっかり定着したようです。

たくさんお酒を飲むとほぼ確実に肝障害を起こす

常習的にたくさんお酒を飲む人のほとんどに脂肪肝が見られます。この常習的にたくさん飲むと言う量の基準は、アルコールの量にして60g以上ですので、だいたい日本酒3合やビール中ビン3本くらいに相当します。

焼酎(36度)の場合1合あまり、ウイスキーやブランデーの場合ダブル3杯程度になりますから気を付けないといけませんね。

こうした人の90%には脂肪肝が見られます。さらに女性やお酒に弱い人、肥満の人ではその2/3くらいの量でも肝臓にトラブルが起こることが判っています。

「太ったお酒に弱い女性」がどうなるのかは判りませんが、いずれにしてもお酒は節度ある量を守って飲むべきです。1日当たり日本酒1合、ビール中ビン1本くらいまでにしておきましょう。

お医者さんたちが使う基準の中に面白い記載があります。簡単に言うと「飲酒量について、本人の申告は信用できないから本人の飲酒習慣を知る人に尋ねろ」と言うものです。

お酒をよく飲む人は、自分の飲酒量を過少申告するのが普通のようですね。ここを読んで下さっているあなたも、自分のお酒の量はご家族やお友達に聞いてみて下さい。意外と驚くような数値を提示されるかもしれませんよ。

アルコール性脂肪肝の人は、そのままだと20%くらいがアルコール性肝炎に、40%くらいがアルコール性肝線維症になります。そして、そのいずれもが肝硬変の原因になり、肝硬変の3%から10%が肝がんになります。

では残りの人は大丈夫なのかと言うと、そうではありません。肝がんにならずに、肝硬変やアルコール性肝炎によって肝不全を起こして、がんになる前に死んでしまう人もおられるのです。

お酒はほどほどにしておきましょうね。

▼関連記事
アルコール性肝炎はイヤだ!肝臓をいたわる上手なお酒の飲み方

脂肪肝のうちならお酒をやめるだけで治る

こうしたアルコール性肝疾患の治療には段階があります。まず、脂肪肝にとどまっている場合は、お酒をやめてバランスの取れた食生活にするだけで時間とともに治って行きます。

脂肪肝が改善するまでは脂肪と糖質も減らし、野菜とたんぱく質を中心の食事を摂ることになるでしょう。体重も標準体重を目標に調節することになります。

もちろん、一度脂肪肝になった人は治ってもお酒の再開はあまりお勧めできません。たとえ再開直後だけは適度の飲酒であっても、いわゆる「飲みあがり」をしやすいタイプだと考えられるからです。

肝炎に進んでしまっている場合は、積極的な治療が行われます。

アルコール性肝炎に進んでいる場合、むしろ栄養失調状態になっていることが多いため、高たんぱく・高カロリーの食事や各種ビタミン、ミネラルも強化した食事が必要になります。

特にビタミンA・B群・Dと亜鉛・マグネシウムは不足することが多く見られます。そのためB1不足やB12不足による脳症・神経炎も良く発生します。

マグネシウム不足では震えが出たり、自分の置かれている状況が理解できず暴れたり大声を上げたりする「せん妄」状態になることもあります。

さらに重症例では血漿交換や白血球の除去、ステロイドホルモンの投与などの治療もあります。重症例になると、肝硬変や肝がんにならなくても、肝不全で亡くなることがあります。

お酒を飲まなくても脂肪肝から肝炎になる場合がある

全くお酒を飲まない人に、アルコール性の肝障害と似た病気が起こると言うことに注目が集まり、新しい病態が定義されました。非アルコール性脂肪性肝疾患でNAFLDと略されます。

この概念の前に、NASHと言う名前の方が先行して定着した感がありますが、NASHはNAFLDを構成する病気のうち重い方のもので、非アルコール性脂肪性肝炎の略です。

非アルコール性脂肪性肝疾患のうち、肝炎に進んでいない脂肪肝である、非アルコール性脂肪肝NAFLの方は次のように定義されています。

  • 脂肪肝である
  • ほとんど・まったくお酒を飲まない
  • 脂肪肝になる他の原因がない
  • B型肝炎・C型肝炎ではない

まったく消去法的な定義なので、ちょっと困ってしまいますね。

しかし、原因は生活習慣であることはほぼ確定しています。内臓肥満を引き起こすような生活習慣が原因です。もちろんストレスや生活リズムの乱れも大きな要因になり得ます。

生活習慣病とのかかわりが深い

内臓肥満に関連すると言うことは、メタボリックシンドロームによって起こる肝臓病だと言っても良いでしょう。

ですので、メタボリックシンドロームを防ぐような、適切な食事と運動習慣、睡眠時間、生活のリズムなどを意識して体重を減らすことでかなり改善されると考えられています。

血糖値が高い人、血液検査の結果でHDL濃度が低い人・LDL濃度が高い人・中性脂肪が多い人、高血圧の人ではNAFLDがそうでない人に比べて多くなっています。

つまり、もともと持っている生活習慣病を改善することが、そのままNAFLDの改善に繋がると言うことです。

▼関連記事
ビタミンEは心臓に負担をかけずにNASH肝臓を改善してくれる
アルコールもウイルスも関係ない!脂肪肝がおこす肝炎の原因とは

なお、お酒の量については全く飲まない人だけでなく、一日の飲酒量が男性でビール中ビン1.5本、女性で1本より少ないレベルであれば、非アルコール性と診断されるようです。

つまり、NAFLとNASHをあわせたものがNAFLDであると言うことですが、何でも略語にするのは文字数の節約にはなりますが、意味が分かりにくいですよね。

肝炎は意外にシンプルな原因で起こっている

細かい病因を突き詰めればたくさん存在はしていますが、実際のところ肝炎と言うのは、ウイルス感染か悪い生活習慣のどちらかで起こっているとまとめて問題ないでしょう。

ですので、その2つに注意しておけば病気になりませんし、なってもすぐに対処できると言うことなのです。その他の情報は関連記事をご覧ください。

▼関連記事
副作用に注意!肝臓のためのにんにくサプリで肝障害が起きる
肝炎は予防できる!肝機能をみるみる改善する食事のポイント10
肝臓病の人はおならが臭い?臭くなる原因と対処法を探ります

キャラクター紹介
ページ上部に戻る