健康生活TOP 生活習慣病 「卵はコレステロール値を上げる」は嘘?卵の正しい取り入れ方

「卵はコレステロール値を上げる」は嘘?卵の正しい取り入れ方

shutterstock_979209322

コレステロールと聞いたとき、ほとんどの人があまり良い物ではないと考えると思います。確かにコレステロール値が高い状態は健康にも影響を与えますが、人が生きていく上でもコレステロールは欠かせない物です。

「卵はコレステロールが高くなるので、食べ過ぎは良くない」と言われていますが、実はこの説に誤解があるというのを知っていましたか?

1日3個食べてもいいの!?卵とコレステロールの誤解をとけ

卵にはタンパク質やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。栄養バランスで考えた場合には手軽に栄養を補える便利な食材と言っていいでしょう。

例えば野菜だけのサラダにゆで卵をプラスするだけでも栄養バランスが整いますし、適度にボリュームも出るので食べごたえのあるサラダになり、ダイエットにもぴったりです。

しかし多くの人が、卵は1日に1個しか食べてはいけない、それ以上食べるとコレステロール値が上がるので良くない!と思っているようです。

今まではこれが常識とされていましたが、卵黄に含まれるレシチンは善玉コレステロールを増やすと言われていますし、他にも血管を強くする作用や肝臓の働きを助ける作用なども確認されています。

卵には必須アミノ酸も豊富に含まれますので、女性には嬉しい美肌効果も期待できます。これは医学的にも証明されている事ですし、健康な人なら毎日1個~3個の卵を食べても問題ないと言われています。

では、なぜ卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くないと言われるようになったのでしょうか?

卵はコレステロール値を高めると言われた本当の理由

1900年初旬に、ウザギに卵を食べさせ血中のコレステロール値を測るという実験が行われました。

その結果ウサギのコレステロール値は大幅に増えたため、「卵を食べるとコレステロール値が高くなる」と言われるようになったのです。

しかしここで問題なのが、ウサギと人との違いです。ウサギは本来草食動物ですから、卵を食べる習慣はありません。草を主食としているので体の構造も人とは全く違います。

ちなみに人で食事以外に1日3個の卵を食べる実験を2週間行った結果、コレステロール値に大幅な変化は見られなかったそうです。

私たち人間が卵を食べコレステロールを摂取しても、代謝できるので適量ならそれほど問題はありません。

しかしウサギはコレステロールを代謝できずにためこんでしまうため、その結果コレステロール値が高くなってしまったのです。

これが、卵はコレステロール値を高めると言われるようになった本当の理由です。

健康で適度な運動をしているなら1日3個までOK!

shutterstock_830955312

卵を食べたからといってコレステロール値が急激に上がる事はありませんが、元々コレステロール値が高い人や、高止血症の人は卵を控えたほうがいいでしょう。おそらく医師からも注意があるはずです。

卵が体に良いと言っても、1日に何十個もの卵を食べるような事は良くありません。この場合は健康な人でもコレステロール値が高くなります。

あくまでも健康であり、コレステロール値も正常なら、毎日1個~3個の卵を食べても問題ありません。

卵だけを食べるのではなく、他の食材との栄養バランスを考えていれば、毎日3個卵を食べても大丈夫なのです。

ここで注意したいのが、適度な運動をしている事を前提としているところです。動かずに食べてばかりいれば代謝も下がりますし、脂肪も蓄積されコレステロール値も高くなってしまいます。

無理をしてまで毎日卵を食べる必要はありませんが、卵黄にはオレイン酸も含まれていますので、善玉コレステロールを増やすのにも役立ちます。

調理方法はさまざま!美味しく賢い卵の取り入れ方

shutterstock_2451191712

卵は生のままでも食べられますが、茹でたり焼いたりと調理方法もバリエーションに富んでいます。

調理方法によっても作用の仕方が変わりますので、おすすめの取り入れ方を紹介します。

コレステロール値を抑えるなら「ゆで卵サラダ」

卵を食べたいけどやっぱりコレステロール値も気にしたいという人には、ゆで卵を使ったサラダがおすすめです。

卵は固ゆでにして、みじん切りにすればミモザサラダに、少し大きめに切ればコブサラダなどを楽しめます。

野菜はお好みで決めてOKですが、卵には含まれない食物繊維やビタミンCをプラスすれば栄養バランスも整います。

骨粗しょう症予防には「卵を使った野菜グラタン」

卵に含まれるタンパク質は骨の健康維持にも役立ちます。女性は骨粗しょう症のリスクも高まるので、骨を丈夫にするために卵も取り入れていきましょう。

卵とじゃがいも、緑黄色野菜をたっぷり使ったグラタンがオススメです。ホワイトソースは市販の物でも代用できますが、牛乳と粉チーズを使えばカルシウムも補えます。

がん予防なら「ポーチドエッグ」

卵の黄身に含まれるメチオニンはがん予防効果も期待できます。この場合は生か半熟に近い状態で食べると吸収率が高くなるので、ポーチドエッグがおすすめです。

ほうれん草やにんじん、ブロッコリーなどの温野菜に、ポーチドエッグを添えると栄養バランスも整います。少し物足りない場合は、オリーブオイルをプラスしてみましょう。

朝ごはんの定番となっている卵かけご飯も食べやすいですし、刻みネギを加えた納豆や、焼き海苔と一緒に食べれば栄養バランスも整います。

健康な人なら毎日卵を食べても問題ありませんし、善玉コレステロールを増やしたり、病気予防につながったりという嬉しい効果も期待できますので、是非取り入れていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る