健康生活TOP 高齢出産 卵子も精子も老化する!男と女の高齢出産リスクとその違い

卵子も精子も老化する!男と女の高齢出産リスクとその違い

男女出産

女性が35歳以上で出産することを高齢出産と言います。高齢出産には様々なリスクが伴うことは知られていますが、特に初産の場合はそのリスクがさらに増してしまいます。

35歳以上の出産における主なリスク、また男女別に見る高齢リスクをまとめて知っておきましょう。

知っておきたい!35歳以上の初産は特にリスクが高い

晩婚化が進む現在、35歳で初めて出産をする方は決して少なくありません。そして今日も多くの元気な赤ちゃんが誕生しています。

ですがその出産にはリスクがあることも事前に理解しておく必要があります。

近年よく耳にする「高齢出産」という言葉ですが、具体的に何歳からが高齢出産なのかしっかりと答えられる人は意外と少ないかもしれません。高齢出産とは女性が35歳以上で出産することを定義しています。

場合によっては35歳以上で初めて出産する女性(初産)のみを指すこともあります。この場合は出産においてのリスクも若干上がります。

35歳以上の初産でも安産の方は沢山いますし、もちろんその逆のケースもあるので個人差が大きいということを把握してきましょう。

初産は年齢に限らず大変なケースが多い

高齢出産に限らず、経産婦(出産の経験がある妊婦)より初産婦のほうが出産に苦労して難産になる傾向にあります。出産を経験した友人などに「1人目のほうが大変だった」というような体験談を聞いたことはありませんか?

一度出産を経験したことがある経産婦は、2人目を出産する際に子宮口や産道が開きやすい傾向にあります。このような理由から初産婦に比べて短時間で出産できるケースが多いのです。 2人目以降だと精神的にもリラックスして出産に望めるというのも大きいでしょう。

35歳の初産はさらに苦労する可能性がある

初産という要素に加え、高齢出産だとさらに難産になりやすい傾向にあります。それは加齢によって

  • 体力
  • 筋力
  • 内蔵機能
  • 生殖機能

などが低下する為です。「30代でそんなに老化しているはずがない」と思うかもしれませんが、20代と30代半ば~ではかなりの差が生まれるものです。

そのような理由から出産に時間が掛かり、痛みや苦しさが増して大変な思いをするというリスクが増します。出産に時間が掛かれば赤ちゃんへの負担も大きくなりますし、最終的には帝王切開に踏み切るケースも少なくありません。

35歳以上の初産だからと言って怖がりすぎる必要はありません。あくまでもリスクが多少高いというお話。

それをしっかり認識し出産に望む必要があるということですよ。

妊娠・出産における女性の高齢リスク

では次は初産に限らず、高齢出産における高齢リスクを紹介していきます。まずは赤ちゃんを産む女性自身にスポットライトを当ててみます。

卵子が老化する?自然妊娠の確率を下げる卵子の老化

卵子が老化するという事実をご存知ですか?卵子は生まれた後にすぐに生産され、それ以後は新しく作られることがありません。 卵子はまだ生殖機能がない幼少児から徐々に減少し始め、生涯をかけてゆっくりと減っていきます。

また卵子は顔にシワやシミができるのと同じように徐々に老化していきます。この卵子の老化が自然妊娠の確率を下げ、結果的に不妊という状態に繋がってしまうのです。もちろん若い方でも不妊に悩んでいる方は沢山います。あくまでもその可能性が上がるということです。

高齢出産は先天異常の発症率が高くなる

高齢出産だとどうしても先天異常の発症率が高くなるという現実があります。先天異常とは胎生期に作られる奇形や機能異常のことを言います。先天異常の中で最も知られているのが「ダウン症」だと思います。

母親の年齢と染色体異常のリスク表2

母親の年齢と染色体異常のリスクグラフ

出産年齢が49歳をこえると、その確率は10%をこえていることが分かります。

高齢出産で先天異常の発症率が高くなる原因は、やはり先ほども説明したように「卵子の老化」という要素が大部分を占めています。ちなみに赤ちゃんがダウン症かどうかは出生前の検査である程度知ることができます。

高齢の場合は早産や流産のリスクが増す

どの世代の妊婦さんにも早産や流産の可能性はありますが、高齢出産の場合はどうしてもその確率が上がってしまうという現実があります。全世代を含めた流産の確率は15%ほどですが、35歳以上になると20%くらいの確率に跳ね上がります。

40歳以上で妊娠した場合はさらに確率が上がり、40%ほどの確率で流産するというデータがあります。流産の主な原因は胎児の染色体異常だと考えられており、やはりこちらにも卵子の原因が大きく影響していると考えられます。

妊娠高血圧症候群を発症する確率が上がる

妊娠高血圧症候群とは妊娠後期に起こりやすい症候群です。主な症状には

  • 高血圧
  • 蛋白尿
  • むくみ

などがあります。どの世代の妊婦さんにも起こる可能性がありますが、高齢出産の場合はさらにその確率が上がるので注意が必要です。

症状が酷い場合は母体の命にも関わってくる深刻な症候群で、帝王切開での出産に踏み切るケースも少なくありません。ただし妊娠高血圧症候群は早期発見して適切な処置を行うことで重症化を防ぐことができます。食事療法や薬での治療が効果的です。

妊娠・出産における女性の高齢リスクはやはり知っておかなければなりません。

不安ならお医者さんに相談もできますし、心づもりも必要ですからね。

次は男性の高齢リスクについて紹介していきます。「赤ちゃんを産むのは女性だから男性の年齢は関係ない」なんて思っていませんか…?

妊娠・出産における男性の高齢リスク

直接赤ちゃんを産むわけではない男性側にも高齢リスクがあることをご存知ですか?「なかなか赤ちゃんに恵まれない」と悩んでいるご夫婦の原因が男性側にあることも珍しくありません。

精子が劣化したり生産能力そのものが落ちてしまう

前項で女性の卵子が老化するというお話しをしてきました。一方で男性の精子は都度作られる為、精子自体が徐々に老化していくということはありません。ただし加齢によって精子の質自体劣化してしまうという現実があります。

さらに加齢により精子の生産機能が落ちてしまうというリスクがあります。生産機能が落ちれば当然新しく作られる精子の数も減少していきます。これが結果的に自然妊娠の確率を下げてしまうのです。

子どもが自閉症や統合失調症になる確率が増す

女性の高齢リスクとして、先天異常の子どもが生まれるリスクが上がるということを紹介してきました。一方で父親が高齢だとその子どもが自閉症や統合失調症になる確率が増すというデータが出ています。

40歳以上になるとその確率は急に跳ね上がり、30代男性と比較すると5~6倍になるというデータもあります。詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、精子の劣化が大きく関係しているのではないかという説が有力です。

性欲減退や機能上の問題

妊娠確率を上げるには定期的な性交が必要になります。ところが生殖器の構造上、男性側にEDなど性交できない問題が発生すれば自然妊娠は不可能になってしまいます。EDに悩む高齢男性は多く、妊娠を希望する場合はさらに大きな障害となってしまいます。

成人男性EDグラフ

また年齢を重ねれば重ねるごとに性欲が減退したり、仕事の忙しさやストレスから性交の機会が減ってしまうという可能性があります。定期的な性交が行われなければ妊娠確率も下がるので、このような要素も男性の高齢リスクと言って良いでしょう。

個体差があるのでリスクは等しくない

夫婦出産病院

35歳以上の初産のリスク、さらには男女別に見る高齢リスクについてまとめてきました。注意してほしいのはこれらのことは「必ず起こる」ということではなく、あくまでも可能性が高くなるという話なのです。

生物には個体差があるので、必ずしも高齢という要素が妊娠・出産においてマイナスになるということはありません。 高齢出産でも元気な赤ちゃんを産んでいる方は沢山いますし、若い妊婦さんより短時間で出産を終える方もいます。もちろん自然妊娠も望めます。

また妊娠期間・出産時に何かトラブルが起こったとしても、医療技術の援助で安全に出産できるケースが増えてきています。妊娠を望むのなら決して諦めないでくださいね。不妊外来や産科で検査を行いつつ、妊娠や出産に望むことをおすすめします。

いかがでしたか?35歳以上で妊娠を望む女性、さらには男性の方に参考にしてもらえれば幸いです。

高齢出産については様々な噂がありますが、その中には事実でないものも多く含まれています。

それらに惑わされず正しい知識を身につけましょう!

女性の不妊の原因

高齢出産のリスクについてお話してきましたが、続いて少しだけ不妊の原因についてもご説明させてください。

不妊の原因は半分ずつを男女で担っていると考えていただきたいので、どちらの方も原因を理解し治療や改善に励んでいただきたいのです。

女性の不妊の原因として、以下の3つを中心にみていきましょう。

  • 排卵障害
  • 子宮着床障害
  • 卵管障害

排卵障害

排卵を自力で行えない状態を排卵障害といい、

  • 卵巣機能の低下
  • 高プロラクチン血症によるもの
  • 多嚢包性卵巣によるもの

などが原因となります。

卵巣機能の低下により無月経や無排卵月経といった症状が起こり、排卵ができない状態が続いてしまう場合があります。

高プロラクチン血症とは、生殖、排卵、妊娠、授乳などに関係するホルモンであるプロラクチンの分泌が過剰になりすぎて、不妊や生理不順、流産を引き起こしてしまう症状です。

ピル、抗うつ剤、降圧剤などの薬を長期で服用することによるもの、日常的なストレスにより自律神経が乱れておこるもの、脳に腫瘍ができることによっておこるものがあります。

多嚢胞性卵巣とは卵巣を覆う皮膜が硬く分厚いために、卵子がうまく排卵されづらくなってしまい、卵巣内に卵胞がたまってしまう状態です。

排卵誘発剤を服用、または注射する薬による治療や、麦角製剤と呼ばれる薬でプロラクチンを抑える治療などがあります。

多嚢胞卵巣の場合、薬での治療に効果が見られない場合、腹腔鏡手術で卵巣に小さな穴をたくさんあけるという治療が行われます。

子宮着床障害

着床不全とも呼ばれます。着床ができない場合だけでなく、着床したものが定着せずに流産してしまうということもあります。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮奇形
  • 黄体機能不全
  • 子宮内膜癒着

といった子宮の異常で起こってしまう障害で、体外受精や顕微授精を3回以上行っても妊娠が認められない場合、着床障害と診断されることが多いです。

血液検査や超音波検査、子宮鏡検査などで子宮の状態を確認し、上記のような子宮の異常が見られた場合にその治療が行われます。

ホルモン剤の服用や注射による治療、ホルモンバランスを整えるための日常生活の管理などが行われます。

卵管障害

  • クラミジア感染
  • 卵管癒着
  • 卵管閉塞

などが原因で卵管に炎症などの異常が起こり、受精卵が移動しづらくなってしまう障害です。

体外受精といった生殖補助医療、卵管鏡下卵管形成術(FT)という内視鏡手術、卵管癒着を腹腔鏡手術ではがしたりといった治療法があります。

女性の不妊症を改善するために自身でできること

先天性の病気が原因となる場合や感染症の予防以外に、不妊症を少しでも改善するために日常でできることを紹介いたします。

少しずつでも毎日の積み重ねが悪化や改善のもとになりますので、小さいことからこつこつと実践していってほしいと思います。

1.冷えは大敵!適度な運動はできるだけ続けて

冷えにより卵巣に十分な血液が運ばれないと、卵巣機能が低下してしまいます。適度に運動する習慣を続けたり、身体を冷やしてしまう習慣を避けたりとしてください。

運動といっても特別なことをする必要はなく、「ちょっと歩いてみる」くらいの意識でもかなり違ってきます。あとは冷たい飲み物や食べ物ばかりを好んで摂取したり、湯船につからずシャワーですませてしまったり、といったことをしないようにしてください。

夏はとくにエアコンのきいた部屋での過ごし方に注意です。仕事などでどうにもならない場合は、カーディガンやブランケットなどで調節できるようにしましょう。

2.ストレスはやっぱり悪影響!楽にいきましょう

不妊症の改善にはストレスを取り除くことがもっとも効果的とされています。ストレスは自律神経を乱し、冷えや高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣を引き起こしてしまいます。

流産後や人工妊娠中絶後といった特に精神的にダメージを負いやすい時期には、心身ともに健やかであるためにストレスをできるだけ感じないことが重要と言えるでしょう。

周りのサポートを得たり発散方法を見つけたりと、ストレスレスな毎日にしたいですね。

逆に「ストレスを感じないようにしないと!」と思うこともストレスになってしまいますので、考えすぎないようにしましょう。

3.締め付けがきつい衣服や下着は避けて

身体を締め付けてしまうものは血液の流れを妨げ、不妊症の原因となる症状を招いてしまいかねません。

矯正下着やタイトなジーンズはできるだけ選ばずに、ゆったりとした衣服や下着を身に着けてください。

4.睡眠をしっかり摂る

人間の身体が作り出すホルモンの多くは睡眠中に70%分泌されると言われています。22時~深夜2時の間はとくに自律神経を整えてくれるホルモンが分泌されるので、早めの就寝、そして7時間以上の継続した睡眠を心がけるようにしてください。

5.無理なダイエットは厳禁!体重管理はしっかりと

肥満、または痩せすぎによる不妊は全体の約12%にもおよぶと言います。

月経不順や卵巣からのホルモン分泌の異常を引き起こすので、BMI値をチェックし適正な体重の管理を行いましょう。

現代の女性は特にスリムな体型を理想とする傾向が強く、これが不妊症患者の数を増加させている要因でもあるとおっしゃっている医師もいます。極端に言ってしまえば、痩身ダイエットと妊活は両立できない、と考えてもよさそうです。

男性の不妊の原因

現代では男性の10人に1人が精子に問題を抱えていると言われています。

  • 乏精子症
  • 無精子症
  • 精子無力症
  • 勃起障害(ED)

といったものがある男性の不妊症ですが、これらについてその原因について見ていきましょう。

乏精子症

文字通り、体内でつくられる精子の数が少ない状態です。男性の不妊症の25~40%はこの乏精子症が原因とされています。

乏精子症になってしまう原因としては

  • 精巣の静脈に血液が逆流してこぶのようなものができる「精索静脈瘤」
  • 精巣の働きが弱く精子が作られにくい「造精機能障害」

などがあります。しかし、詳細に検査をしてもいまだに原因不明の場合も多いとされている病気です。

乏精子症チェック
  • 左右の陰嚢に違いはないか?
  • 長時間座っていた時に痛みを感じないか?

静脈瘤は左側の陰嚢にできやすいと言われています。また長時間座っていると静脈瘤が圧迫されることで痛みが出ます。

多くは低位結さつ術(ていいけっさつじゅつ)という局部麻酔での手術で治療されます。

無精子症

精子の数が少ない乏精子症と比べ、さらにまったく精子が確認できない状態が無精子症です。

精子そのものが体内で作られない非閉塞性と、精子の通路がふさがってしまっているために精液に精子が含まれない閉塞性の無精子症があります。比較的非閉塞性の患者数の方が多いとされています。

無精子症の原因としては

  • 非閉塞性の「造精機能障害」
  • 閉塞性には「そけいヘルニア手術」「精巣上体炎」「先天性精管欠損」

などがあります。

無精子症チェック
  • 知らない間に陰嚢が腫れることがある
  • 不潔な手で性器に触れた

いつの間にか陰嚢が腫れていて、どんどん痛みを感じるようになってきたという場合は特に危険です。

抗生物質による薬物治療や精路再建術という外科的治療が中心で行われます。精路再建術が成功すれば9割以上の確率で精子の流動がみられるようになります。

精子無力症

  • 先天的な異常
  • 前立腺や精巣の炎症

などが原因で起こる症状です。

精子無力症チェック
  • おたふく風邪にかかったことがある
  • 停留精巣で手術を受けたことがある

過去におたふく風邪で高熱を出したことがある場合、組織にダメージが残っており炎症を起こしている可能性があります。また、乳児期に停留精巣で手術を受けた経験があるという場合も精子を生成する機能に影響が出ている可能性があります。

原因は乏精子症と似た場合が多いのですが、治療には精子の質の改善がもっとも効果的とされています。ビタミンEの積極的な摂取や漢方薬が中心になります。

勃起障害(ED)

勃起しない、または勃起状態が十分に継続されない症状を勃起障害(ED)と言います。

  • ストレスなどの心因性
  • 内分泌や血管の異常
  • 上記2つの混合型
  • 糖尿病

が原因となり、とくにストレスによる発症は多いとされています。

対処法としてリラックスした状態で行為にのぞむ、というものがありますが、ここ数年では治療法としてバイアグラの処方が有効とされています。

男性の不妊症を改善するために自身でできること

上記で紹介してきたような不妊症の直接的な原因になる症状は改善できないにしても、生活上で意識することで少しでも精子の質を良くしたりといったことが可能です。

1.抗酸化物質を積極的に摂ろう

質が良くない精子とされる要因のひとつに、活性酸素が多く酸化ストレスを受けやすい、といった特徴があります。

活性酸素が多く含まれていると運動率が大きく低下してしまいますので、活性酸素を抑える抗酸化物質を積極的に摂取する必要があります。

緑黄色野菜や魚介類を中心に食事を彩りましょう。リコピンやアスタキサンチンといった活性酸素を除去してくれる栄養を多く含む食材が効果的です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
がん予防に味噌とインスタントコーヒー!食事に抗酸化物質を

また大豆製品の摂り過ぎに注意しましょう。大豆に含まれるイソフラボンは精子濃度が低くなるというハーバード大学公衆衛生大学院の報告があります。

2.禁酒禁煙は基本!

喫煙は造精機能障害、勃起障害のリスクを高め、また精子の運動率を著しく低下させてしまいます。やはり禁煙は必須なのです。

また、アルコールの摂取により精子濃度や運動率が下がり、これも勃起障害を招くことがありますので、できるだけ禁酒に励んでいただきたいところです。

3.ノートパソコンとサウナに注意

精子を生成している精巣の適温は体温より若干低めの32~34度程度です。ノートパソコンを膝にのせて長時間仕事をする、サウナが好きで日常的に入る、という方は要注意です。

4.下着はぴっちりしないものが好ましい

精子の質を保つためには、陰嚢を保護してあげることが大切です。陰嚢を身体に密着させてしまうブリーフパンツやボクサーパンツといったぴっちりした下着は、精子の質を下げてしまう可能性があります。

できるだけトランクスのように締め付けすぎない下着を選んでください。

5.抗うつ剤や育毛剤の使用が原因かも…?

育毛剤の主成分であるフィナステリドという成分が、理論上精子の数を減らし勃起障害を招くと言われています。また最近ではある種の抗うつ剤もこういった副作用を起こすという報告があげられています。

非常にまれではあるようですが、不妊症の悪化を招かないために一度見直していただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る