健康生活TOP レーシック 怖い失明というレーシックの後遺症!安心して手術を受ける方法

怖い失明というレーシックの後遺症!安心して手術を受ける方法

shutterstock_259910063
レーシックの後遺症として失明のことが気になっていますか?

レーシックの手術を本格的に検討するのであれば、何よりも手術そのものについてもっと知る必要があるでしょう。

大切な目の手術です。できる限りはリスクを排除すべきですよね。レーシックの手術を安心して受けるためには、事前準備としてどのように対策したらよいのでしょうか?

ここでは、リスクの可能性や病院の選び方などをお伝えします。

レーシックの失明リスク…

レーシックに限らず、手術というものは100%の確率で成功するという保証はありません。とくにレーシック手術の失敗では、失明という後悔してもしきれない後遺症が残ってしまう可能性もあります

これは少しばかり想像の世界になってしまいますが、レーシック手術で躊躇する方たちというのは、そのほとんどは失明を恐れているからだと思うのです。

かくいう私も一時期真剣にレーシックの手術について悩んだ時期がありました。

当時はまだ、今ほど一般的にレーシックの手術が行なわれている時代ではなかったこともあって、結局私はリスクを避ける事にしたんですけどね。

角膜にメスを入れるレーシック

レーシックの手術というのは、角膜にメスを入れることになります。理屈としては、角膜にメスを入れることで屈折率の矯正をするのです。この目にメスを入れるという行為が恐怖を呼びますよね。

当然のことながら手術を行うのは人間ですから、失敗することもあり得ます。しかし眼球で行なわれている手術で失敗などという事態は想像すらしたくはありませんよね!

それでは実際に、過去の手術で失明という失敗事例は発生しているのでしょうか?

失明事故は実際にあったのか?

過去に行なわれたレーシックの手術で、失明の事故が発生して被害を訴えたというニュースは見当たりません。これはあくまでもニュースのお話ですので、病院側と患者の側で内々で処理されていたら表面には出てきませんからね。

当然のことながら失明という医療事故が発生してしまうと、医療機器のメーカーにしても当事者の医師にしても最悪の事態でしょう…。そのために、危機回避には最大限の努力で行っているはずです。

失明以外の後遺症については、ドライアイなどの合併症を始めとして色々と発生しているのは事実です。

レーシック術後の合併症

レーシックの後遺症というのは、何も失明だけに限られた話ではありません。失明のリスクよりも遥かに高い確率の後遺症は存在しています。

その代表的な後遺症には、

  • ドライアイ
  • 結膜下出血
  • 視界が霞む

などがあげられます。

レーシックの手術で最もよく発生する合併症は、何と言ってもドライアイです。なんとドライアイは、手術を受けた方のほとんどの患者さんに現れる症状なのです。

ドライアイになると文字通り目が乾燥してゴロゴロとした感じの異物感が酷くなります。このような症状に対しては、病院のアフターケアとして専用の目薬を処方してくれます。

また、アフターケアーをしっかりと行うことで、ドライアイの症状は多くの場合3ヶ月くらいで治まります。

レーシックの手術後に白目の部分に出血が見られることがあります。このような症状を結膜下出血と言い、これは手術中の器具が結膜の血管を傷つけることで引き起こされる症状です。通常は2週間くらいで治まります。

角膜を手術するわけですから、当たり前のことかもしれませんが、手術後は視界が霞んでしまうことがあります。これもまた一時的なもので、時間の経過とともに回復していきます。

レーシックで近視以外が改善できる

もしかして、レーシックでは近視対策しかできないと思っている方はいませんか?

レーシックは近視にしか対応できないように思われるかもしれませんが、医療技術は格段の進歩を遂げています。

なんと、現代のレーシック手術は乱視、遠視、老眼にも対応しています

もちろん、どこのクリニックでも実施できるというわけではありません。そういう意味でもクリニック選びは慎重に行なわれる必要があります。ただ、強度の乱視や遠視はレーシックでも難しい場合がありますので念のため。

また、老眼の場合は視力の回復を図るというよりも、人工的に不同視にするという理屈だそうです。要するに一つを近距離用、もう一つを遠距離用にしてしまうのです。そのための特別製リングを挿入することになるようです。

尚、残念ながらレーシック手術は保険の適用外です。実費が必要となります。

当然のことながら、老眼の手術のように特別なことを行えばその分高額になってしまします。

手術に不向きな人も存在する!?

レーシックと言いますと、強度の乱視でなければ誰でも受けることができるように思われるかもしれません。しかしながらレーシックには、不向きの方が存在します。

【レーシックの不適合判断材料】

  • 年齢的な制限
  • 職業上の問題
  • ある疾患を抱えている

あえてぼんやりあげてみました。それぞれについて、しっかり見ていきましょう。

年齢的な制限

レーシックは角膜にメスを入れる手術ですから、当然年齢的な制限があります。未成年の方とご高齢の方です。

未成年の方は、まだまだ視力が安定していませんので、視力が変化する可能性があります

手術後に視力が落ちてしまったら、まるで意味がなくなってしまいます。ただし、保護者の了解と医師の許可が貰えれば受けることはできます。

レーシック手術における年齢の上限は、ほとんどのクリニックで60歳くらいに設定しているようです。無理にお願いをすれば実施してくれるかもしれませんが、積極的に進めるクリニックはないと思われます。

職業上の問題

レーシックは職業上の制約を受けてしまうことがあります。例えば、ドライバーの仕事をされている方は、翌日から仕事のできるケースが多いとは言え、中には夜間の運転に支障の出てしまう人がいます。

また、パイロットを職業とする場合、レーシック手術を受けた人は就くことができません。

ある疾患を抱えている

そして何らかの疾患がある場合ですが、例えば糖尿病や眼病を患っていたりするとレーシック手術を受けることはできません。さらに言えば、病気ではありませんが、妊娠中や授乳中のかたは、感染症予防の薬の関係でNGとなります。

レーシッククリニックの選び方

shutterstock_100932793
皆さんは、日本の国内にレーシックの手術を実施している眼科がどのくらいあるかご存知ですか?実は、10万件近くもあるそうなんです。

もし、レーシック手術を受けることを前提にして真剣にクリニック選びを考えた場合、どのクリニックを選んだらよいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。大切な目の手術ですから、少しの失敗も許されるはずがありません。

それでは、どのようにしてクリニックを選んだらよいのでしょうか?

クリニック選びの留意点

クリニック選びの留意点というのは、下記のことを参考にしていただければと思います。

【留意すべきポイント】

  • 情報収集をしましょう
  • カウンセリングは大切です
  • アフターケアーの体制は万全ですか?

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

情報収集をしましょう

何かしらのことを実行しようとした時、情報収集というのは非常に重要なことです。

レーシックを実施しているクリニックは、それこそピンからキリまであると言えるでしょう。誰だってキリの病院で、目の手術を受けたいと思いませんからね。

レーシックの技術というと、ひとえにクリニックの設備と医師個人が持っている技量に大きく左右されてしまいます。また、クリニックにおける手術方式などの方針にも影響を受けるでしょう。

保険が適用されないレーシック手術は、金額的な面も病院選びの大切な要素になるはずです。これらのことは、クリニックのホームページが大いに参考となります。当然、口コミ情報は必ずチェックです。

ただし、情報を操作するようなステルス・マーケティングにはお気をつくださいね。

カウンセリングは大切です

レーシックを実施しているクリニックというのは、手術に関してカウンセリングを行っているはずです。逆に言えば、カウンセリングを行っていない眼科は論外ということになりますね。

レーシック手術を受ける前には、必ずカウンセリングを受けるようにしてください。どのような手術であっても、患者さんと実際に手術を行う医師とのコミュニケーションは、非常に大切なことです。

執刀医の事前説明があれば、手術に対するイメーシが具体化しますし、手術に対する不安感も少なくできるはずです。もし、医師との面談で納得のできない部分があった場合、手術に臨むべきではありません。

アフターケアの体制は万全?

レーシックに限りませんが、手術というのは執刀が終了すれば全てが終わるということではないはずです。信じられないかもしれませんが、クリニックの中には、アフターケアがないところもあるのです

あなたは、このような病院で角膜の手術を受けたいと思いますか?クリニック選びは、金額が安ければよいというものではないことをしっかりと認識していただきたいと思います。

最終的なクリニック選びの判断は、総合的なポイントが高いところを選ぶべきです。

医師の技量により差の出る結果

レーシックの手術は、けっしてどこで受けても同じというわけではありません。クリニックごとに提供される技術力の格差があるのは、ある意味当然のことでもあります。

それぞれのクリニックがもつ技術力というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

医師個人が持っている技術

例えクリニックに最新の医療機器類が設備として備わっていたとしても、結局、執刀するのは医師個人ということになりますから、手術の結果が医師個人の力量に左右されてしまうのは当然のことです。

仮に、技術力の低い医師が手術を行った場合、合併症の可能性は高くなりますし、望んだほど視力が回復できないケースも出てしまいます。また、フラップが適正に作られていない場合、不正乱視になる可能性もあります。

レーシック手術を後悔しないためには、技術力のある優れた医師に執刀してもらうことが非常に大切であることは言うまでもありませんね。

医師が行った過去の執刀実績

一般的にもよく使われる言葉に”経験がモノを言う”と表現することがありますが、手術などはまさに典型的な例ではないでしょうか?医師の力量は、実際に手術を行った経験値によるところが大きいと思います。

レーシックの手術は、眼科と美容整形外科で受けることができます。両者を比較した場合、手術の件数に関しては美容整形外科の方が多いので、経験値だけで見た場合は美容整形外科の方に軍配が上がります。

クリニックの機器設備

レーシック手術の結果を左右する要素の一つに、クリニックに備わっている医療機器の充実度があります。医師個人の力量や豊かな経験も大切ですが、やはり充実した医療機器も結果を左右することになります。

失明のリスクを抱えながら手術に踏み切るのであれば、例え費用の面で高くなったとしても最新の機器類を導入しているクリニックで受けるべきでしょう。

レーシックの手術は痛いの?

shutterstock_109902728
レーシックの手術を決断しようとした時、実際に行われるにあたって痛みを伴うようであれば、やはり躊躇してしまいますよね。

レーシックの手術には、痛みが伴うのでしょうか?レーシックの痛みということは、手術中や手術後ということになりますね。レーシックの手術について、手術中と手術後にわけてご説明しましょう。

レーシックの手術中の痛み

レーシックの手術の所要時間は、だいたい10~15分程度です。もちろん手術の前に麻酔をするわけですが、キシロカインと呼ばれる世界的にも安全性が高いと評判の良い麻酔薬を点眼で行います

局部麻酔をしますので、もちろん痛みはありません。しかし、ぼんやりと様子が見えますので、少し恐怖を感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。

レーシックの手術後の痛み

実際にレーシック手術を受けた方のコメントを見てみますと、やはり麻酔が切れると痛みを感じたという声が圧倒的に多いです。

具体的には、ゴロゴロするような異物感を伴う痛みとか、目に違和感があるというような感じだそうです。また、後遺症として最も多いドライアイですが、激痛というほどのものではないにしても痛みとして感じる方もいるようです。

集団訴訟となったレーシック

失明ではありませんが、それでもレーシック手術の後遺症に悩む患者さんたちが、2014年の9月に某クリニックを相手取って集団訴訟を起こしたというニュースが流れました。

宣伝などではしきりに安全をPRしていますが、酷い後遺症で悩む方たちによって現実的には裁判沙汰にもなっています。

失明の心配をするよりも、他の後遺症を心配した方がよいかもしれませんね。それでもあなたは、レーシックの手術を受けますか?

ちなみに筆者はレーシックを否定するものではありません。安全に取り組んでいるクリニックはたくさんありますからね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る