健康生活TOP クマ 寝不足で目の下にクマが…睡眠不足からくるおブスクマの消し方

寝不足で目の下にクマが…睡眠不足からくるおブスクマの消し方

shutterstock_178901585

目の下にクマができると、どうしても実年齢よりも老け顔に見られてしまったり、不健康で疲れきっているように思われたりしてしまう可能性があります。

目のクマだけで、かなり顔の印象もかわってきますよね。

寝不足が日常的な状態になると、どうしても目の周辺の血行が悪くなってクマができることがあります。このように、寝不足が原因となって目の下にできるクマの消し方にはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、目のクマができるメカニズムと、その消し方について取り上げてみたいと思います。

目の下にできるクマには種類がある

目の下にできるクマは、けっして一つの種類だけではありません。実は、いくつかの種類があるんです。

  • 茶色いクマ
  • 黒いクマ
  • 青いクマ

クマの種類によって、その対処の仕方は違ってきます。当然、対処の方法を間違えれば効果はありません。

本当に寝不足によってできた目のクマかどうかを確認する意味でも、目の下にできるクマについて個々に見ていくことにしましょう。

目の下にできるクマが茶色い時

目の下にできるクマが茶色い場合、これは紫外線の影響により色素が沈着した結果できた可能性が高いでしょう。あまり知られていないことかも知れませんが、目の下の部分というのは意外と紫外線が当たりやすい部位でもあるのです。

よって茶色い目の下のクマは、紫外線対策が必要ということになります。

女性は特に紫外線に対して敏感だと思いますが、もし紫外線を顔に浴びてしまったと感じた日は、ビタミンCを意識して摂取することが大切です。

ビタミンCを豊富に含む果物や野菜を食べる、あるいはサプリメントなどを活用することで、メラニンの生成を抑制してあげましょう。

目の下にできるクマが黒い時

目の下にできる黒いクマというのは、皮膚が老化することが原因です。老化は目の周囲にある筋肉に影響を及ぼします。

目の下にある筋肉が衰えると、目の下にある脂肪にたるみができ膨らんでしまうことがあります。そうすると、目の下に影ができて黒く見えることがあるわけです。

生きている限り、老化にストップをかけることはできません。目の下に窪みが出てきたら、それが老化の始まりと考えてよいでしょう。

しかし、目の下の脂肪からたるみを取ることは、マッサージなどを行うことで可能です。もちろん限度はありますけどね。

目の下にできるクマが青い時

目の下のクマが青い時、これこそが寝不足が原因となってできてしまうクマです。寝不足が常態化したり、あるいはパソコンの入力作業などを長時間にわたって行ったりすると青いクマができることがあります。

また青いクマは、貧血や冷えの症状を持っているとできやすくなります。

目の下の皮膚は非常に薄くできていて、それは卵の薄皮程度(約0.6mm)とも言われています。そんな皮膚の薄い場所の下には、たくさんの毛細血管が走っています。

ところがこの部分が血行不良になると、毛細血管は青くなってしまい、それが薄い皮膚を通して見えてしまいます。これが青い目のクマの正体なんです!

尚、青い目のクマの消し方については、後ほどあらためてご説明しますのでもう少しお待ちを…。

クマの原因となる病気、内臓疾患

寝不足を解消して、しっかりと栄養を補給して…生活習慣を改善して原因となる要素を取り除いても、目の下からクマが消えないことがあります。

そんな時は、何かしらの内臓疾患が潜んでいる可能性がありますので、迷うことなく病院で診察してもらうことをオススメします。

では、目の下にできるクマの原因となる内臓疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

クマの原因となる内臓疾患

目の下にできるクマの原因となる内臓疾患には、下記のようなものがあります。

  • 肝臓病
  • 糖尿病
  • 腎臓病
  • 甲状腺機能亢進症
上記の中でも、特に肝臓病には注意が必要です。

血液は本来ヘモグロビンが血液を赤く見せているのですが、肝臓の状態が悪くなるとヘモグロビンが減ってしまいます。そうすると、血液が青黒く見えてしまうことがあるのです。

その結果、皮膚の薄い目の下の毛細血管が見えてしまってクマとなるのです。

忘年会シーズンのようにお酒を飲む日が続いたり、あるいは毎日食べ過ぎたりしているようであれば、肝臓に大きな負担がかかりますので、クマができる可能性は高くなります。

タバコは吸っていませんよね?

タバコは血液の流れを悪化させることでよく知られた存在です。

ということは、寝不足と同様にタバコもまた目の下にできるクマの原因になるのです。

有害物質のタバコの方が、寝不足よりもたちが悪いかもしれませんね。何しろタバコの煙には、約200種類もの致死性有害化学物質が含まれていると言われています。

平成24年に厚生労働省で実施された調査による「成人の喫煙率」の結果は、日本人の喫煙率は20.7%、男女別では、男性が34.1%、女性は9%という数字になっています。

このような喫煙者の方が、もしも目の下にクマができたとしたら、それはタバコが原因かもしれません。

お待ちかね!目のクマの消し方

shutterstock_47716729

もし朝起きて鏡を見た時、目の下にクマができていたらどうしますか?

中にはそのまま出勤する方もいらっしゃるかもしれませんが、それでもやはり何とかしたいですよね。

朝の出勤前という忙しい時間でも簡単にできる、具体的な方法を見ていきましょう!

目に優しいマッサージがオススメ

誰でも簡単にできる目のクマを消す方法には、何と言ってもマッサージがオススメです。

マッサージをする前段階として、ホットタオルを使って目元を温めるとさらに効果は上がります。

ホットタオルは、電子レンジを使うことで簡単に準備することができます。水で濡らしたタオルをよく絞ってから電子レンジで温めるだけです。

朝起きて鏡を見たら、目の下にクマができていた!という時、このホットタオルで目元を温めてあげると、疲れた目は癒されますし血行不良となっている目元の血行を即効で改善してくれます。

軽度のクマであればこれだけで解消できることもあります。即効性のあるところが嬉しいですよね。

【マッサージのやり方】

マッサージは両手の薬指を使いましょう。
目の周囲、下まぶたの眼尻から、薬指でなぞりながら一周させます。

下まぶた:[目尻]→[目頭]→→→上まぶた:[目頭]→[目尻]

たったこれだけ!このように非常に簡単なマッサージですが、この方法で寝不足が原因のクマを改善することができます。

ただし、マッサージをする際に注意すべき点があります。

  • 力を入れ過ぎない
  • 回数をやり過ぎない

この二点にはご注意!

何度も申し上げている通り、目の下の皮膚は非常に薄くできています。それなのに強くこすったり回数をやり過ぎたりしてしまうと、色素沈着を起こして茶色いクマが出来てしまう可能性もあります。

目の下の皮膚は非常にデリケートにできていることを再認識してくださいね。

クマを改善できるエクササイズ

病気や怪我などから回復させる方法の一つに運動療法がありますが、実は目のクマを改善できるエクササイズがあるんです。

下まぶたにある筋肉をエクササイズを行って鍛えることで、血行不良の改善を図ります。この方法もマッサージと同様になかなか効果のある方法ですので、是非試してみてください。

【クマに効果のあるエクササイズ】

(1)まずは、口を軽く開ける
(2)次に、目の下にある筋肉を意識しながら鼻の下を伸ばす
(3)アゴを引いた状態で、目を上に向ける
(4)(3)の状態を維持しながら、下のまぶたを引き上げる

非常に簡単な運動ですが、下のまぶたにある筋肉を鍛えることができ、血行不良を改善する効果を期待できるのです。

この方法であれば、マッサージのように擦り過ぎによる茶色いクマのリスクはありません。ただし、即効性においてはマッサージに劣ります。

クマを改善できるツボへの刺激

東洋医学には、身体的な不調をツボを刺激することで改善できるツボマッサージがあります。

クマの原因となる眼精疲労や血行不良に効果のあるツボがあるので、ここでご紹介しておきたいと思います。

【疲れ目に効果のあるツボ】

  • 睛明(せいめい)
  • 承泣(しょうきゅう)
  • 瞳子りょう(どうしりょう)
  • 太陽

上記のツボは目のすぐ近くにありますので、刺激する時は眼球に注意を払ってやさしくマッサージをしてあげてください。

【血行を促進するツボ】

  • 天柱(てんちゅう)
  • 風池(ふうち)
  • 肩井(けんせい)
  • 合谷(ごうこく)
  • 足三里(あしのさんり)

天柱、風池、肩井は首や肩周辺にあるツボで、合谷が手、そして足三里は足にあります。これらのツボを刺激してあげることで血行の促進を図ることができます。

 
こちらのサイトにツボの詳しい箇所や効果が掲載されていますので、是非参考にしてください。

クマを改善できる薬物療法

クマを改善できる薬物療法と言いながらも、目のクマのことで病院に行っても病気として扱ってくれないケースもあります。ということは、保険の適用外になることもあるということになります。この辺りのことは予めご了承くださいね。

寝不足などの眼精疲労が原因となってできる目の下のクマに対しては、ビタミン入りの目薬での治療が改善を期待できます。

また、皮膚科に行くと、血行を促進することに関して非常に効果あるローションを処方してくれます。このローションを使ってマッサージをすると、より効果を発揮してくれるはずです。

食生活を改善してクマを消す

色々な体調の異変を食事療法で改善することはよくあることですが、寝不足が原因となってできる目の下のクマもまた、食生活を見直すことで改善できる可能性があります。

寝不足によってできる目のクマは疲れが溜まっていることで出てくるものです。例えマッサージで一時的に消えたとしても、またすぐに現れてしまう可能性が高いですよね。

ということで、疲労回復を促進してくれるような栄養素を豊富に含んでいる食材を、日々のメニューに取り入れたいところです。

眼精疲労に効果のある栄養素に、β-カロテンというものがあります。

このβ-カロテンを豊富に含んでいる食材で有名なのはニンジンですが、β-カロテンは脂質と一緒に摂取すると吸収率がアップすると言われています。

ニンジンを油を使った炒めものなどにすると吸収率がアップするので、より効果的でしょう。

クマに効くサプリメント

目の下にできるクマを改善できるサプリメントがあります。ただし、マッサージや目薬などと違って即効性はありません。それでも毎日服用することで、目の下にクマができなくなる効果は期待することができます。

クマができなくなれば、マッサージをする必要もありませんからね。

フルーツのブルーベリーやカシスは目に良いと言われていますが、必要量を生の果実から摂取するのはあまり現実的ではありません。なのでこのフルーツに関わる栄養素は、サプリメントによる摂取がオススメなのです。

カシス…抗酸化作用のカシスアントシアニンが含まれる。また血液をサラサラにする効果があり、血行を良くしてくれる。

ブルーベリー…視力回復や目の疲れに効果があり、下まぶたの血行不良の原因に働きかけてくれる。

寝不足の解消はできませんか?

shutterstock_127843874

寝不足が原因となってできる目の下のクマについて、解消方法などを色々とご説明してきましたが、根本的な原因は寝不足と明らかです。

充分な睡眠時間を確保することが、最も良い改善方法になるはず。多忙でも、もっと睡眠に重きをおいてみていただきたいです。

もし、睡眠時間を充分に確保してもクマが消えないようであれば、何かしらの内臓疾患の疑いがあります。このような時は、迷うことなく病院に行って診察してもらってくださいね。

目の下のクマは人相をかえてしまう可能性があります。クマがあるということだけで、人に会うのもいやになっていませんか?

スッキリ爽やかな目元を目指して、クマ対策、是非試してみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る