健康生活TOP 腎臓病 尿の異常は病気のサイン!尿の色と臭いで危険な病を早期発見

尿の異常は病気のサイン!尿の色と臭いで危険な病を早期発見

ならんでいる綺麗な便器

尿といえば腎臓、というイメージもあるかもしれませんが、尿に現れる変化の原因は腎臓の異常だけではありません。もっと恐ろしい病気が潜んでいるかも…

今回は私たちが特に注意したい、病気や症状が原因で起こる尿の色や臭いなどの変化についてお話します。

毎日行っている排尿で、尿の状態に変化がないかをチェックすることは病気の早期発見につながるのです。

尿の色でわかる症状や疾患

尿の色 原因になる症状・疾患
無色 水分過多
尿崩症
・糖尿病
・中枢性尿崩症
・腎性尿崩症
・心因性尿崩症
濃い黄色~黄褐色 脱水症状
熱中症
橙色~濃赤色 血尿
・膀胱炎
・腎炎
・膀胱がん
・腎がん
・その他激しい運動の後など原因は多様
赤色・赤褐色 ヘモグロビン尿
ミオグロビン尿
(危険な場合があるのですぐ受診)
赤褐色・茶褐色 横紋筋融解症
(服用中の薬の副作用の可能性)
水分を摂っても濃い黄色のまま 黄疸
・肝臓の病気
・胆嚢の病気
白濁・濁った黄色 感染症
・腎盂腎炎
・膀胱炎
・尿道炎
・性感染症
緑色 緑膿菌感染症
黄疸
・肝臓の病気
・胆嚢の病気
青色 緑膿菌感染症
トリプトファン吸収不全症
黒・黒褐色 メトヘモグロビン血症
悪性黒色腫の全身転移

健康診断や病気の検査の折に測定されることの多いウロビリノーゲンと言う物があります。尿検査の代表的な項目ですのでご覧になったことのある方も多いでしょう。これは主に肝機能に関するデータを調べています。

実はこのウロビリノーゲンは無色なのですが、優れた抗酸化物質で抗酸化作用を発揮した後はウロビリンと言う黄色の物質に変化します。この物質が尿に含まれるため尿は黄色い色をしているのです。

もちろん、その折に水分が多かったり少なかったりで黄色の濃さは変わります。しかし、他の色や臭いが見えてくるようだと、何らかの原因が隠れている可能性があるのです。

私たちが主に注意したい病気や症状について、細かく見ていきましょう。

尿の色の異常と言えばまず疑うべきは脱水症状

毎年暑い季節になると、連日のように報道メディアをにぎわせるのが熱中症の話題です。熱中症の第一段階は体内の水分が不足する脱水症状ですね。

脱水症状になると当然尿の色が濃くなります。尿の中に含まれている成分に大きな変化がないまま水分だけが減るのですから、尿の色が濃くなるのは当然です。

尿の色が濃いと思ったら水分を補給する

この下のチャートは、アメリカの公的機関に貼られているポスターから拝借してきました。内容だけ日本語訳してあります。

アメリカの公的機関が発表している尿のカラーチャートを参考にした図
(アメリカ内務省・国家合同火災対策局のポスターより)

このポスターはきっとトイレに貼られているのでしょうね。ポスター自体は陸軍保健センターの監修によって作られているようです。やはり激しい訓練で脱水症状に陥る軍人さんが多いのは無理からぬことです。

これと自分のものを見比べて、「もっと水分を摂らなくちゃ」とか「帰りに医者に立ち寄って行こう」とか思えるように啓発しているわけですね。

このポスターについては黄色から黄褐色と言う基本の尿の色の濃淡で示していますが、他の色が混じった場合、より受診した方が良いと言うことになります。

黄色くない尿の筆頭は血尿だが色の範囲は広い

血尿と一口に言っても、例えば尿路関係の手術を受けた直後などに見られる濃赤色のいかにも血液っぽい色から、わずかに赤みがかっているかなと言う程度のものまでさまざまな種類の血尿があります。

血尿にもさまざまな原因があります。一過性で全く心配のないものから、重い病気が裏に隠れているものまで大変範囲の広いものですので注意が必要です。

激しいスポーツの後に見られる血尿に注意

一般的に激しいスポーツの後ではかなりの確率で血尿が見られます。これは肉眼で見ても判らないレベルで、尿検査をして初めて認められる程度ですが、中には明らかに色がついていると言うケースもあります。

また、スポーツの後は水分不足になっていることも多いので、脱水症状から尿の色に変化が現れることも多いです。

ですので、スポーツの後の血尿は、頑張り過ぎただけで一過性だから心配ないとよく言われますよね。実際、多くの場合その通りで、ゆっくり休憩したら治まることがほとんどです。

しかし、中には他の病気や障害が隠れている場合もあるので、目で見てわかる血尿が水分補給の後も続くようであれば、念のため一度受診して下さい。

スポーツの後の血尿はなぜ起こるのか

これにはさまざまな要因があります。例えば格闘技系やラグビー・ホッケーなどのようなコンタクトスポーツの場合、直接腎臓に衝撃が加わることで発生する場合があります。

また、長距離走やマウンテンバイク競技などでは腎臓や膀胱が長時間揺すられ続けることで発生する血尿もありますし、自転車競技では男性の場合、前立腺に傷害が起こって血尿に繋がる場合もあります。

こうした尿路系に対する外傷性の原因は、いわば内臓の怪我なわけですから、血尿が現れると言うのも理解しやすいですよね。一方、こうした臓器などに対する傷害がなくてもスポーツによる血尿は起こり得ます。

スポーツで激しい運動をすると、全身の血液は筋肉にたくさん回されます。その結果腎臓が虚血状態になって、腎臓の中でろ過を行っている糸球体と言う部位の透過性が上がってしまう事で、尿の中に赤血球などが漏れ出してしまいます。

また、運動によって腎臓から出て行く血管も収縮します。そのことで腎臓の中の圧力が上がってしまい、やはり赤血球などが尿の方に漏れ出してしまいます。このような原因で血尿が起こると言うことになるのです。

血尿は感染症によって起こることが多い

血尿の筆頭と言えば膀胱炎ですね。どちらかと言うと女性に多い病気です。これは尿道が男性より短いため、病原菌が膀胱にたどり着きやすいからだと言われています。

膀胱炎になると、血尿が出たり尿が白濁したりすることがあります。これは肉眼で見ても判らない程度で、顕微鏡的に検査して初めて判る場合もありますから、痛みがあるけど血尿がないから膀胱炎じゃないとは言えないのです。

しかし、特に女性が血尿に気付かれた時は、膀胱炎を疑って泌尿器科か内科を受診されることをお勧めします。

そして、血尿は実に幅広い病気を原因に持っているので、特に激しい運動をした後でもないのに1回でも血尿が出た場合は、必ず受診しましょう。

血尿がある場合には、必ず一度は泌尿器科専門医の検査を受けてください。特に注意しないといけないのは肉眼的血尿の場合で、膀胱癌や腎癌などの悪性腫瘍の場合には、一回だけ血尿を認めるのみでその後は血尿が出ない患者さんがいます。

この時にも体の中には病気が残っていますので、癌がないかどうか詳しく検査する必要があります。病気が早期に見つかると、内視鏡や腫瘍だけを取り除くような治療が可能になる場合があります。

血尿の治療はもともとの病気により変わってきます。血尿の程度に関していいますと、顕微鏡的血尿で貧血になることはありませんが、肉眼的血尿が続くと貧血になったり、尿がつまってしまって出ない事があります。

1回だけの血尿にこんな怖い病気が隠れていることがあるんです。たかが血尿と軽く考えてはいけませんよ~!

スポーツと事故に関する血尿のような色の尿は危険性が高い

血尿のような感じで、成分的にも近いのに血尿とは言えない尿があります。そして、これが意外に危険性が高いのです。

この場合、色は血尿と同じ赤みがかった色から褐色系の色まで範囲が広いです。しかも尿検査をすると尿潜血反応が出る。しかし、赤血球が検出されない「肉眼的血尿」には、血液や筋肉から溶け出した色素が絡んでいる場合があります。

血尿のようで血尿とは違うヘモグロビン尿

例えば長距離走などで、足の裏に連続して衝撃が加わり続けたり、剣道のように非常に強い踏み込みで足の裏に衝撃を受けることを繰り返したりすると、足の裏で赤血球が壊れ、溶血と言う現象が発生します。

今ではあまり見られないと思いますが、行軍訓練によっても起こることがあるようですね。

赤血球が壊れて色素成分であるヘモグロビンが血液中に流れ出すと、処理しきれなかった色素は腎臓でろ過されて尿に出てきます。その結果、目で見た場合血尿のような色調の変化が現れます。

普通の血尿とは異なり、尿がコーラ色になるとも言われますが、チェリーコークあるいは赤ワインのような、濃い赤色と言った方が正確かもしれません。

溶血で遊離したヘモグロビンは、血液中のハプトグロビンと結びついて肝臓に送られて処理されるのですが、大量にヘモグロビンが出てきたり連続的に出てきたりするとハプトグロビンが不足して尿の方に行ってしまうのです。

糸球体から尿細管の方へ出てきたヘモグロビンは、尿として排泄されるだけではなく、一部が尿細管で再吸収されます。

ヘモグロビンの代謝物には細胞毒性があるので、尿細管の壊死を引き起こすこともあります。つまり、ヘモグロビン尿は場合によって腎不全にも繋がりかねない危険な状態なのです。

ヘモグロビン尿はこうした運動の場合だけでなく、心臓手術の後や感染性胆嚢炎、大きな火傷、いくつかの難病によっても引き起こされます。

ミオグロビン尿は非常に危険な場合がある

阪神大震災の時に注目された、クラッシュ・シンドロームを覚えておいででしょうか。倒壊した建物の下敷きになっていた人が救出されてから数日後に亡くなると言うことで恐れられた症候群です。

死因となる病気はいくつかあるのですが、そのうちの一つがこのミオグロビン尿症です。

ミオグロビンは筋肉に含まれる赤色の色素です。激しい運動や外から加えられた強い力によって筋肉の繊維が壊れてしまい、そこからミオグロビンが大量に血液中に出てくるのです。

ミオグロビンが尿に出てくる場合、やはり赤から褐色がかった色になります。ミオグロビンも細胞毒性があり、急性腎不全を引き起こし最悪の場合生命に危険が及びます。急性腎不全は症状が重い場合、半数に生命の危険が及ぶとも言われていますね。

クラッシュ・シンドロームでは、このミオグロビンの他に筋肉から溶け出したカリウムが、心室細動から心停止を誘発する高カリウム血症を起こすこともあります。

激しい運動の後のミオグロビン尿は、運動後すぐには現れず、1~3日後くらいに発生することが多いです。ですので、激しい運動の翌日以降に、特に筋肉痛がある場合の血尿が出たら、すぐに受診されることをお勧めします。

激しい運動の後の血尿は、水分補給した後にも改善しない場合早めに受診して下さい。

また運動の数日後に現れる血尿は危険ですからすぐ受診して下さいね。

尿の色の変化は重い病気が原因のことも!1回の変化でも受診しよう

例えば赤い尿が出ればびっくりしますよね。血尿だから悪い病気に違いないと、慌てて病院に駆け込む人もいるでしょう。

しかし、これが他の色だったらもっとびっくりしますよね。緑や青のおしっこが出たら、私なら腰を抜かすかもしれません。

しかし、実際にこうした尿は存在しますし、重病が原因の場合も、逆に重病のお薬が原因の場合もあるのです。

赤褐色・茶褐色の尿は横紋筋融解症かも知れない

特に脂質異常症・高血圧のお薬や抗菌薬などを処方されている人は注意が必要です。突然茶色の濃い尿が出たら、処方されているお薬そのものかお薬手帳を持って受診して下さい。

その他にもこの症状を副作用に持っているお薬は意外に多いです。お薬を処方されたら、かならず説明書を熟読して副作用の可能性について良く知っておいて下さい。

横紋筋融解症は重症になると生命に関わりかねません。

水分を摂っても色が濃いままの尿は肝臓・胆嚢の病気の可能性

尿の色が濃いから脱水症状かなと感じて、多めに水分を摂っているのに一向に色が薄くならないと言う場合、肝臓や胆嚢にトラブルが出ている可能性があります。

これはビリルビンと言う色素が尿に出てしまっていることが原因で起こっています。

ビリルビンとは赤血球が寿命を迎えた後に発生する物質ですが、通常は尿中に出てくることはありません。胆道が詰まっていたり肝臓に病気があったりすると血液中にあふれ出し、尿から排泄されます。

これは非常に病的でよくない状態ですので、こうした色の尿が出た場合はすぐに受診して下さい。また、ついでと言っては何ですが、白目の部分が黄色くなっていないかもチェックしましょう。

ビリルビン尿は多くの場合黄疸を伴います。しかし、黄疸に先行することも多いので、尿の色変化だけの段階で受診すれば早期治療も可能になります。

尿が白っぽく濁る膿尿は尿路感染症の可能性が高い

尿が乳白色から濁った薄黄色になった場合、尿に膿が混じった「膿尿」と言う状態になっているものと考えられます。膿ですから、何らかの感染が尿の流れる通り道で発生していると言うことですね。

これにはもちろん感染による膀胱炎や尿道炎の可能性もあるのですが、最も注意が必要なのは腎盂腎炎です。

腎盂腎炎とは、腎臓の中の尿の溜まる部分に細菌感染が起こって炎症を起こしている状態です。重症になるとそこから全身に菌が回って、敗血症など生命に関わる病気に直結することも珍しくありませんので注意が必要です。

本来、尿の流れと免疫力のおかげで腎盂に細菌が入り込むことはないのですが、前立腺肥大や結石のせいで尿の流れが悪くなっていたり、糖尿病などのせいで免疫力が落ちているとかかりやすくなります。

痛みや発熱を伴うことも多いのですが、必ずあると言うわけではありませんので、白濁した尿が見られたらすぐに受診しましょう。

一回きりの異常な尿でも受診は必ず

本当は異常な尿に気付いたら、途中で止めてでも採尿して病院に持って行くのがベストなのですが、さすがにそれは現実的じゃありません。でも、その後病院で検尿したら普通の尿しか出なかったと言うことも良くある話です。

ですので、スマホで写真を撮るなどの方法である程度異常さが伝わる情報を準備して受診するのも悪くありません。一回きりの異常な尿であっても、患者からの正確な情報伝達があれば、お医者さんはプロですので対応して下さるでしょう。

男性の場合、男性用小便器では尿がプールされないから写真も撮れませんよね。そういう時は、自分の眼で見たことをお医者様にしっかり説明して下さい。

診断が必要な異常な尿の色の見本写真

こういう尿は、全部受診対象です。

自分が異常を感じたことを正確に他人に伝えるのは意外と難しいです。

それでも、可能な限りのデータを準備するのがより良い治療を受けるためには必要な事なんですよ。

緑や青にも!レアケースだが変わった色の尿が出る病気もある

先の章で「緑や青のおしっこ」とジョークのように言いましたが、実はレアケースながら病気が原因でこうした色の尿が出る例も存在しているのです。

それほど頻繁に見られるわけではないので、簡単に説明だけしておきます。

緑色の尿は肝臓病や感染症の可能性がある

病的な原因で緑色の尿が出ることはそう多くありませんが、免疫抑制状態の人では緑膿菌感染によって緑色の尿が出る場合があります。何らかの事情で免疫抑制状態にある人は尿の色に注意しておいて下さい。

また、黄疸が出るレベルで肝臓や胆嚢が悪くなっている場合、胆汁色素のうちの一つビリベルジンが尿に出てしまっている可能性もあります。この場合、尿は濃い緑ではなく黄緑色になります。

緑色の尿が出る可能性のある薬や食品を摂っていないのに尿が緑色になったら、急いで受診して下さい。

黒・黒褐色の尿は毒物曝露か皮膚がんの全身転移

これも滅多にあるものではなく、黒い尿だと思ったが実は非常に濃い血尿だったと言うことの方が多いでしょう。いずれにせよ至急受診する必要があります。

原因は毒性のある化学物質に曝露されたことでヘモグロビンがメトヘモグロビンに変成され、それが尿に出ている可能性があります。また、皮膚がんの一つ、悪性黒色腫が全身に転移し、メラニン色素が尿に出ている可能性もないわけではありません。

いずれにせよ非常にレアケースですので、あまり気にしなくても良いです。むしろ濃い血尿を心配すべきでしょう。

青い尿は排泄された瞬間は普通の尿の色をしている

飲食物や服薬によって青い色素が尿に混じり込むことを別にすれば、青い尿と言うのは排泄された後、空気中で酸化されることで起こるものです。

ですので、普通の尿で見られることはほとんどなく、おむつの中で青くなっていると言うケースだけになるでしょう。

これは遺伝的な病気ですので、赤ちゃんの時に見つかります。また、予後の悪い病気ですので心配されることが多いのですが、実際には緑膿菌感染の緑色の尿がおむつの上で青く見えているだけといったケースも考えられます。

飲食物やお薬で青い尿が考えられない場合はいずれの理由であれ受診する必要があります。

無色透明な尿は尿の量が多すぎることで薄まっている

薄まっているだけなら心配ないと断言はできません。何らかの理由で水分を摂り過ぎただけなら、自分でも思い当たる節があるでしょうし、余計な水分の排泄が終わったら元に戻ります。

しかし尿崩症と呼ばれる多尿には、様々な病的原因が考えられます。多飲多尿は糖尿病の典型的な症状の一つですが、尿崩症をもたらすのはそれだけではありません。

脳など中枢において病変があるものや、腎臓に異常がある場合でも尿崩症は起ります。その他心因性のものもありますから、多飲多尿を理由に検査を受けられるのが良いでしょう。

異常な色の尿と言うのは飲食物や服薬によるものでないかぎり、必ず何らかの病気が後ろにありますから受診をためらわないで下さいね。

服用している薬で尿に色が付くことはごく普通にある

最近では人工着色料もずいぶん規制されたので、あまり尿の色が変わると言うことは聞かなくなりました。それでも、全く影響しないと言うわけではありません。

ですので、大量にブルーハワイを飲んだなどと言う時は、もしかすると尿の色に変調が見られるかもしれません。また、飲んでいるお薬が原因で尿に色が付く場合も結構多いのです。

ご経験がある人も多いかと思いますが、ドリンク剤やビタミンサプリを飲んだ後、尿がビビッドな蛍光イエローになっていることがありますよね。あれはビタミンB2が排泄された時の色です。

お薬と尿の色の関係は意外に多い

主に処方箋薬ですが、お薬を飲んでいるとそのお薬自体だったり代謝産物だったりと様々ですが尿の中に出てきて色を変えることがあります。主なものを表にしてご紹介しましょう。

尿の色 先行医薬品名 一般名
蛍光黄色 ビタミンB2(配合薬を含む)
蛍光黄色 フラビタン フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)
蛍光黄緑 ノンフラミン 塩酸チノリジン
ファルモルビシン(注射薬) 塩酸エピルビシン
セフゾン セフジニル
ダウノマイシン(注射薬) 塩酸ダウノルビシン
アドリアシン(注射薬) 塩酸ドキソルビシン
アスベリン チペピジンヒベンズ酸塩
セスデン チメピジウム臭化物
赤褐色 チエナム(注射薬) イミペネム
橙赤色 リファジン リファンピシン
暗赤色 フラジール メトロニダゾール
赤色~茶褐色 ランプレン クロファジミン
黄褐色~赤色 キネダック エパルレスタット
黄褐色~赤色 バルコーゼ カルメロース
黄褐色~赤色 プルセニド センノシド
茶色~黄褐色 アドナ カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム
橙色 スラックシン クロルゾキサゾン
黄赤色 サラゾピリン サラゾスルファピリジン
黄褐色
紅を帯びた黄色
ダイオウ 大黄(漢方薬)
濃黄色~褐色 ファシジン チニダゾール
茶色 カルベニン(点滴用) パニペネム ベタミプロン
琥珀色
黄緑色
オダイン フルタミド
青色~緑色 ノバントロン ミトキサントロン
青色~緑色
黄褐色~茶褐色
ミノマイシン ミノサイクリン塩酸塩
アルドメット メチルドパ
マドパー レボドパ

このように、お薬と尿の色の関係は意外に多いです。このリストの中にはないものもあるかも知れませんので、何かお薬を飲んでいて尿の色が変わった場合は、必ず処方して下さったお医者さんにすぐ報告するようにしましょう。

単にお薬や代謝物が出て色が変わっているだけのことが多いのですが、お薬の副作用で尿の色に変化が現れる場合もあります。

先に紹介した、脂質異常症の薬(スタチン類)などの副作用による横紋筋融解症がその典型例ですね。

食べ物で色が変わるケースはその組み合わせが無限にありますので、ここでは紹介できません。

2回以上同じ色の異常が続いたら、念のため受診された方が良いと思いますよ。

尿の臭いや性状が変わることも病気を知らせてくれる

排泄されてすぐの健康な尿はほとんど無臭です。また基本的には無菌です。ですので、尿に強い臭いがある場合には、必ず原因があります。

考えられるのは二つ、病気によるものと食べたものによるものですね。

匂いのきつい食べ物は尿にも臭いがうつる

玉ねぎとかニンニクとか匂いのきつい食べ物を多く食べると、臭いの強い尿が出ます。お酒を多く飲んだ後の尿も、強い悪臭がしますよね。このように飲食物から尿に臭いが付くケースは割合多いです。

こうした飲食物由来の尿の臭いは全く心配する必要はありません。強いて言えばエチケットの問題が多少発生するかもしれないと言う程度ですね。

尿に飲食物由来の強い臭いが出ている時は、汗にもその匂いが含まれるため、体臭としてあたりに振り撒いている可能性があると言うことです。デオドラントをお忘れなく。

尿の臭いが気になったら尿の見た目と体調に注意

腎臓から尿管、膀胱、尿道と言う尿路の中で感染症が発生した場合など異常が起こった場合、当然尿に影響が出ますので臭うこともあります。大抵の場合悪臭を伴っていますので、気が付いたら尿の色を見て下さい。

白濁していたり血尿だったりした場合はすぐに受診する必要があります。悪臭の質は病気や個人個人によって様々ですが、膀胱炎の場合刺激臭が多いと言う話はよく聞きますね。

また、黄褐色の尿で強い匂いがした場合は肝炎、それもB型肝炎の可能性があります。食欲がなかったり、全身がだるかったりしたらすぐに病院へ出向いてください。

そしてもう一つ注意を要するのは甘酸っぱい臭いです。これは糖尿病が悪化してブドウ糖をエネルギーとして使えなくなってきた時に、それを補うため脂肪やたんぱく質からエネルギーを取り出す時に生まれるケトン体の臭いです。

いわゆるダイエット臭も同じ原因で発生しています。特に無理なダイエットもしていないのに甘酸っぱい臭いの尿が出た時は急いで糖尿病の検査を受けて下さい。

また、膿のような臭いがしたら性感染症である可能性もあります。念のため検査を受けてみて下さい。

尿に糖が出ても泡立たないがたんぱくが出ると泡立つ

俗説で「尿が泡立ったら糖尿病」と言うのがありますが、これは半分間違いで、半分正解の可能性があります。

例えば、コップ一杯の水にスプーン一杯のお砂糖を入れて振っても泡立ちませんよね。つまり、尿に糖が出ていてもそれだけで泡立つことはありません。これが半分の間違いの部分です。

しかし、糖尿病性腎症が進んで尿にたんぱくが下りてくると尿は泡立ちます。つまり泡立って、泡がなかなか消えない尿と言うのは、腎臓のトラブルでたんぱくが下りてきていると言うことなのです。

念のため受診して尿たんぱくを測定してもらい、原因疾患の治療を始められることをお勧めします。

尿と言うのは本当にたくさんの情報を持っているのです。しかも検尿は最も身体を傷つけない検査の一つですよね。

ですので、積極的に検査して病気があっても早期にやっつけてしまいましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る