健康生活TOP 漢方薬 知っておきたい漢方薬の基本知識!気・血・水を知り食生活に活かそう

知っておきたい漢方薬の基本知識!気・血・水を知り食生活に活かそう

漢方薬

漢方薬局などの看板などで見かける「気・血・水」…これは一体、何のことなのでしょうか?

東洋医学(漢方)の基本となる、からだを構成する3つの要素「気・血・水」について知り、それらの要素が崩れると、どうなるのか。また、その要素のバランスを保つために気をつけることは何か。分かりやすくご紹介します。

また、東洋医学の視点から「食養生」といって食事を整えることが、健康を保つ基本とされています。食生活を振り返り、体調に合わせた食材を食べることを心がけて、元気な身体づくりをしていきましょう。

東洋医学の基本!「気・血・水」の意味と役割

まず、東洋医学の基本である「気・血・水」の意味について説明します。

気:生命活動を支えるエネルギー
「気」は、この後に説明する「血」「水」を作り出したり、めぐらせたりする作用や、からだの中心にある脾胃(胃腸)を動かし、病気から身体を守ったり、身体を温めたりする作用もあります。

身体の中心にある胃腸の調子が良いことにより、エネルギーを作り出し、健康的に活動できることへとつながります。

血:身体をめぐる血液と、それに関連した働きを持つ液体
「血」は、血液だけでなく、皮膚や髪の毛などに栄養・潤いを与える作用、さらには身体に効果的なめぐりから、精神を安定させる作用もあり、幅広い意味を持ちます。
水:身体の中にある水分・体液
「水」は血液以外の身体をうるおす水分のことであり、臓器から細胞まで、あらゆる体内の水分を指します。

「気・血・水」は、身体にとって大切な要素であり、質・量がそれぞれ過不足なく充分で、それらがスムーズに流れていて、適切にバランス良く働いていれば、健康な身体を維持できます。

しかし、それらの要素がひとつでも異常が起こった場合は、病気の原因になる元を生み出し、体調不良に陥ります。

どこからその異常が起きているのか、気・血・水の状態や量の過不足、滞りがないかなどを診察し、その原因を治療するのが、東洋医学の基本的な方針となります。

気・血・水の状態を見極め、自分の体調を知ろう

普段の治療で行われる西洋医学は、病気を診断し、その病態に対して、ピンポイントに治療をしていきますが、東洋医学は「なんとなく調子が悪い」という病態の治療に強いです。

自らあらかじめそうした不調に自分で気付くことができれば、体調管理に役立てられます。

以下に、気・血・水のバランスが取れなくなった状態と、それに伴う身体の不調をまとめました。当てはまるものにチェックをしてみましょう。

病態 読み方 不調の原因 症状
気虚 ききょ 気の必要量が不足した状態。
  • 疲れやすい
  • 元気が出ない
  • 顔色が悪い
  • 食欲がない
  • 風邪を引きやすい
  • おなかをこわしやすい
気逆 きぎゃく 気は頭部から下肢、あるいは中心から末梢へと向かうため、
それが逆流した状態。
  • 怒りっぽい
  • 身体に痛みがある
  • 焦燥感がある
気滞 きたい 気の流れがとどこおった状態。
  • 憂うつな気分になる
  • 喉のつかえ感がある
  • 咳が出る
  • おなかが張って痛む
血虚 けっきょ 血の量の不足した状態。
  • 立ちくらみやめまいがする
  • 目の乾きやかすみ目がある
  • 皮膚が乾燥し、肌荒れがある
  • 爪の割れ、変形がある
  • 髪が抜けやすい、パサつきがある
瘀血 おけつ 血のめぐりが停滞した状態。
  • 寝つきが悪く、不眠である
  • 気持ちが落ち着かない
  • 目の下にクマがある
  • 手足が冷える
  • 月経時の出血量が多い
水滞 すいたい 体内にある水分が不足し、
とどこおっている状態。
  • のどが渇きやすい
  • めまいや吐き気がある
  • むくみがある
  • 便秘や下痢をしやすい
  • 水っぽい鼻水が出る
  • 顔や手足がほてる
  • 関節の動きが悪い

体調不良の原因になっている状態がひとつとは限りません。気・血・水のすべてがバランスを崩している場合もあります。

また、その日によっても体調が異なるので、どのような時に、どんな症状が出やすいかを判断して、体調管理に役立てられると良いと思います。

気・血・水のトラブル・タイプ別の対策

それでは、それぞれの不調に対し、どのような対策をしたら良いのでしょうか。

1.気虚タイプ:身体を休め、消化の良い食事を

気は、毎日活動するために必要なエネルギーであるので、それが足りないということは疲れているということです。からだを休め、消化の良い食事を摂り、エネルギーを蓄えましょう。

2.気逆タイプ:深呼吸を促し、生活リズムを整えよう

気のめぐりが不安定になっていることで、落ち着かなかったり、焦ってしまったりしてしまうので、ゆったりと過ごすことを心がけましょう。深呼吸をして、気持ちをリセットすることや、決まった時間に起きたり眠ったり、普段の生活リズムを整えることが大事です。

3.気滞タイプ:気分転換でリフレッシュし、身体を動かそう

気は身体の中心にある胃腸をはじめ、あらゆるところに流れているものです。それらがスムーズにめぐることで、全身の機能が正常に働くのです。気が滞っているところに、不快な症状が出るだけでなく、血・水のめぐりもとどこおってしまうので、気分転換したり、身体を動かしたりして、気のめぐりをよくしましょう。

4.血虚タイプ:栄養のある食事を摂り、充分な睡眠を

血は、全身を流れて栄養を与えたり、精神状態を安定させる働きがあるので、栄養豊富な食事を摂ったり、しっかり睡眠を取るようにし、血を補うようにしましょう。

5.瘀血タイプ:刺激の強い食事を控え、身体を動かそう

血の循環がとどこおると、身体の動きが悪くなり、痛みが出たりすることもあります。こうした症状がある時は、なるべくストレスを抱えないようにすることが大事で、あぶらっぽい・とてもからい食事は刺激が強すぎるので、そうした食事を控えるようにします。また、積極的に身体を動かして、血流を改善するようにしましょう。

6.水滞タイプ:効果的な水分摂取と、身体を冷やさないように

よく毎日2リットルの水を飲むといった健康法が紹介されますが、それは気のめぐりの良い元気な人が行える方法です。水分が体内に溜まりやすい状態になっている人は、却って胃腸の調子が悪くなってしまいますし、むくみが出てしまうこともあります。

水分の循環が悪くなっている時は「喉が乾いたら水分を摂る」ようにします。また胃腸の働きを助けるために、冷たいものは避けましょう。

先にも示しましたが、体調は日々変化します。日頃から自分の体調や日常生活に注目し、異常を感じたら、食生活に気をつけたり、意識して運動したり、気持ちの安定をはかるようにするなどの心がけをしていきましょう。

元気の基本は食べること!「食養生」と食材の「五性、五味」を活かそう

気・血・水のトラブルの対策の中に、身体を動かすことや、心の安定をはかることのほかに、食事についても多く出て来ました。「食養生」する、つまり「食で命を養う」ということが、大事だということです。

私たちの身体は食べ物から摂る栄養素でつくられているため、食を整えることが健康を保つ一番の基本となります。自分の身体に必要な食べ物をきちんと見極め、日々の食養生で健やかな身体づくりを心がけたいですね!

食材の「五性」と「五味」を活かして健康な身体づくりを

食べ物には「五性」「五味」といった性質があり、それぞれに違った働きがあります。

食材には「五性(温性・熱性・寒性・涼性・平性)」や「五味(酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(塩味))」といった性質があります。その特性を季節や体調の変化に合わせて取り入れることで、食事から身体を整えるのです。

「五性」は、身体を温める「熱性」「温性」、身体を冷やす「涼性」「寒性」、そして、どちらにも属さない「平性」という5つのはたらきを表しています。

五性 はたらき 主な食材
熱性
・温性
身体を温める食材。「気」「血」のめぐりを良くしたり、新陳代謝を高めたりするはたらきがある。寒い時期や、冷え性の人、疲れやすい人に向いている。 しょうが、ねぎ、ニンニク、ニラ、しそ、シナモン、トウガラシ、もも、くるみ、かぼちゃ、鶏肉、牛肉、エビ、あじ、さけ、紅茶など
平性 温めすぎず、冷やし過ぎず、どちらにも属さない穏やかな食材。常食に適しているほか、虚弱体質、病後、ご高齢の方などに向いている。 とうもろこし、やまいも、じゃがいも、キャベツ、、もやし、にんじん、大豆、あずき、ごま、ぶどう、りんご、豚肉、いかなど
涼性
・寒性
体内の余分な熱を冷まし、身体を冷やす食材。夏の時期や、熱っぽい症状、ほてり、のぼせがある時に有効。 きゅうり、セロリ、トマト、ゴーヤ、大根、ほうれんそう、れんこん、なす、スイカ、梨、バナナ、あさり、しじみ、わかめ、豆腐、そば、緑茶など

一見、難しそうに感じますが、例えば、身体や脳が疲れていると甘いものが食べたくなったり、夏には冷たいデザート、寒い時期には身体を温める鍋料理や、辛い料理がおいしく感じられたりしませんか?

私たちは季節や体調の変化に合わせて、自然と身体が求める食べ物を選んでいるのです。

こうした食べ物の特性を知り、日々の食事に積極的に取り入れることが、現在の健康だけでなく、今後も元気に過ごしていくために大切です。

五味の考えを活かして体調に合った食材を選ぼう

「五味」は五行学説に基づいた考え方で、それぞれの味(酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(かんみ:塩味)が、五臓に対応しているとされ、それぞれの臓器を調整する作用があると言われています。

  • 酸味(さんみ)=肝
  • 苦味(くみ)=心
  • 甘味(かんみ)=脾
  • 辛味(しんみ)=肺
  • 鹹味(かんみ)=腎

「気・血・水」の不調を踏まえ、自分の体調に合った必要な食べ物を、きちんと選ぶようにしていきましょう。

五味 はたらき 主な食材
酸味 汗や尿など「水」とよばれる体液の過剰な流出を抑えたり、皮膚や筋肉を引き締めたりするはたらきをもつ。尿の回数が多い、汗かき、下痢などの症状に効果がある。 レモン、いちご、キウイ、梅干し、酢など
苦味 体内の余分な熱を冷まし、炎症をおさえたり、便通を良くしたりするはたらきをもつ。「気」の流れを改善し、皮膚トラブルや便秘、咳こみなどに効果がある。 あんず、ゴーヤ、ぎんなん、緑茶など
甘味 「血」の栄養分や体内の「気」を補うといった、エネルギー補給するはたらきをもつ。疲れを取る、痛みを和らげるなどの効果があり、虚弱体質の人に向いている。 バナナ、白米、牛乳、はちみつ、肉類、たまご、しいたけ、ブロッコリーなど
辛味 身体を温めて、「気」「血」の流れを良くするはたらきをもつ。かぜの初期症状や冷え性の人に向いている。 しょうが、ねぎ、にんにく、たまねぎ、ニラ、大根など
鹹味 固いものを柔らかくするというはたらきをもつ。「血」「水」のめぐりを促し、皮膚や筋肉のこりを和らげたり、便秘症状に効果がある。 昆布、わかめ、のり、いか、あさりなど

「食養生」のポイントとしては、まず「五性」「五味」をバランスよく摂ることが大切です。そして、自分の体調や季節に合う食材を積極的に摂り、身体のバランスを整えていきましょう。それが身体の不調を予防することに、つながります。

「気」を活動的にして、食養生の効果アップ!

しかしながら、いくら身体にいい食材を選んでも、食欲がなかったり、しっかり栄養を吸収できなかったりしては、食材のパワーを活かしきれず、元気になれません。

「気」は「血」「水」のめぐりもよくする重要な要素です。食欲不振や胃痛などの不調を感じているときは、まず「気」の中心である脾胃(胃腸)を元気にして、機能を高めることが大切です。

<脾胃を元気にする食材>

  • 大豆
  • 山芋
  • りんご
  • 鶏もつ
  • 生姜
  • 八角
  • 山椒
  • ナツメグ など

いかがでしたか? 漢方の考えを取り入れて、自分の体質・体調を知り、そして体調管理に「食養生」。ぜひ役立ててみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る