健康生活TOP 漢方薬

【漢方薬のヒミツ】あなたに合った漢方の選び方

私たちが風邪をひいたり怪我をしてどこかが痛かったりしたときに飲むのは、おそらく多くは「風邪薬」や「痛み止め」でしょう。ただし厳密には、飲んで風邪が治る薬は未だ開発されていません。

もしかしたら「えっ!?」と驚く人もいるかもしれませんが、薬が効いたように感じるのは、風邪が良くなっているのではなく、風邪でつらかった症状が幾分ラクになっているだけです。風邪は免疫と時間にしか解決できません(現状は)。

たとえばひどかった咳が少し収まり、高かった熱が少し引いてくれる、その「少し」の部分が、私たちをラクにしてくれているわけです。とすると、ひとつの仮説が浮上します。

身体がラクになることが目的ならば、「薬」である必要はないのではないか・・・

今回のテーマである「漢方薬」は「薬」の文字が使われてはいますが、私たちが普段飲む薬とは根本的に種類が異なります。

そのあたりの事実関係を踏まえ、漢方薬についてお話しします。

知っているようで意外と知らない「漢方薬」の特徴や基礎知識

私たちが風邪をひくなどして病院に行って診察を受けると、たいては「薬」を出してもらいますよね?薬の形状は錠剤だったりカプセルだったり顆粒だったりさまざまですが、その多くが「薬剤=化学薬品」です。

しかしときおり、「漢方薬」が処方されることもあります。それゆえ、漢方薬もいわゆる西洋医学の範囲で処方される化学薬品である「薬剤」と区別しづらくなります。

しかし漢方薬の成分の多くは「生薬(しょうやく)」と呼ばれ、いわゆる化学薬品とは異なります。

▼関連記事
実はまったくの別物だった!?生薬と漢方薬の違いについて

これは西洋医学に対して「漢方」と呼ばれる医学(東洋医学)の根本的な考え方・スタンスに由来します。

漢方における基本的なスタンス
人間の体も自然の一部であり、人間は大自然の中のひとつの小宇宙を形成している

西洋医学における薬剤は、人間をベースとするのではなく、病気をベースとします。つまり、イメージとしては病気を標的として、その原因を攻撃的に取っ払うことで、治療をします。

これに対し、漢方における漢方薬は、人間、すなわち人間を苦しめている「症状」をベースとし、ツラさや気分の悪さを取っ払うことにより症状を緩和することが目的の薬です。

ですから漢方薬のイメージとしては、私たちがよく知る化学的な「薬」というよりは、どちらかといえば自然の恵み(効能)を自然な形で取り入れる「サプリメント」に近いニュアンスがあります。

洋の東西によって、「薬」、もっといえば「医学」へのアプローチはかなり対照的なんですね。ちなみに「漢方」というのは、あくまでもそのルーツが中国(漢)にあるというだけであって、「中国の薬や医学」を意味するわけではありません。

▼関連記事
漢方は日本育ち!?意外に知られていない漢方についての4つの豆知識

上で触れた「生薬」がすなわち「自然の恵みを享受して生まれた薬」です。漢方薬は、複数の生薬を組み合わせた薬を指します。であるとするならば、生薬が密接なかかわりを持つのが「食」ということになるでしょう。

もともと漢方は、次の3つの基本要素がベースとなって成り立っていると説明されることが多く、このベースへの影響となる「食」とも漢方は強くかかわっていると考えられています。

気(き) 血液や身体自体を動かすエネルギー
血(けつ) 全身の細胞に栄養を送り、不要物を回収する血液
水(すい) 体温調節や関節機能を保全する体内の水分

▼関連記事
知っておきたい漢方薬の基本知識!気・血・水を知り食生活に活かそう

また、漢方薬は前述のとおり、「症状を緩和するのに適した薬」であって、「原因を排除する機能に長けていない」という特徴があります。つまり、漢方薬は必ずしも万能ではなく、向き、不向きがあるということもいえます。

たとえば「感染症」に対しては、いくら症状を緩和したところで、その原因となる細菌やウイルスを有している状態では、漢方薬などはほぼ意味をなしません。そういうケースでは、「抗生物質(薬剤)」が必要になると容易に想像がつきます。

▼関連記事
漢方が向く病気と向かない病気があった!その病気と理由について

かつては、一般の病院などの西洋医学のテリトリーと、漢方やツボなどの東洋医学のテリトリーとでは、互いに相いれない部分も少なからずあったようですが、近年はその関係性も大きく様変わりしてきています。

特にがん医療などでは、西洋医学で解決できない部分には、積極的に漢方やサプリメントを導入する考え方がむしろ先進的であるとされるようになりつつあります。

西洋か東洋か、薬剤か漢方かが問題ではなく、患者さんにとってベストの選択ができるようになってきているということについては、漢方薬の貢献度が大きく上昇しているといえるはずです。

このほかに、漢方薬の基本の特性をまとめた記事をいくつかご紹介しておきますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

▼関連記事
意外に知らない漢方のこと!知って得する5つの漢方の知識
漢方で自分の体質を知る!東洋医学の「証(しょう)」を調べてみよう

不慣れな漢方薬をどう選び、ニガくてマズい漢方薬をどう飲むか

「特徴」のところでも再三お話ししたとおり、漢方薬は、西洋医学で目指す「根治療法」とは一線を画した考え方で活用する必要があります。根治ではなく、症状の緩和・改善をめざすのが漢方薬です。

ですから、漢方薬の選び方として挙げるならば、病名よりも症状に重きを置き、その症状にあった漢方薬を選びましょう、ということになります。

▼関連記事
漢方って本当に効くの?意外と知らない漢方薬の正しい選び方

逆に、一般的には根治療法が確立していない、つまり、現在の西洋医学の力では限界にきている病気の「症状」に対しては、「薬剤」では得られなかった効果を漢方薬によって得られる可能性がある、とも解釈できます。

たとえば花粉症の症状、肌荒れやアトピーの症状、肥満および肥満症、便秘症、婦人科系疾患の症状、漠然とした体調不良、そして上でも挙げたがんによる苦痛・疼痛などの症状を緩和する目的で漢方薬を利用すると有効な場合が多いです。

また、症状だけでなく、がんのように、生命の危機に瀕していることを本人が自覚している疾患の場合、精神的なダメージが大きくなります。がん以外にも、アトピーのような根治療法が確立していない疾患へのいらだちも無視できません。

そういった疾患への精神的な不安やいらだちを解消する意味でも、精神安定剤的な効能を示す漢方薬が非常に有効な場合があります。ですからこちらはサプリメントというよりも「ハーブ」的な効果というイメージでしょうか。

▼関連記事
現代型病には漢方が効く?!家庭でも簡単に使える漢方テクニック

いずれにしても、こういった「西洋医学の薬剤ではケアしきれない部分」への効果を期待して選ぶのが、漢方薬のひとつの選び方であるといえるでしょう。

ところで、昔から「良薬は口に苦し」などと言われますが、化学薬品については、「何言ってるんだ、今の薬はみんなオイシイぞ!」と反論する人もいるでしょう。しかし生薬ベースの漢方では、やっぱり「良薬は口に苦し」の傾向が強いです。

特にお子さんなどをはじめとして、漢方薬の苦さ、飲みにくさに閉口してしまう人も少なくないと思います。そういった問題については、薬局の薬剤師などに相談してみるのが一番有効です。

同じ効能の飲みやすい漢方薬もけっこう豊富にあることも多いですから、専門家である薬剤師に相談するのが一番確実でしょう。

それと、漢方薬を飲むのは空腹時がよいなどと言われることが多いですが、そうした「飲むタイミング」という意味での飲み方に関しては、あくまでも処方箋・医師や薬剤師によるガイダンスなどに従うことが大前提となります。

特に、漢方薬を飲みなれていない人は、自己判断ではなく、指示された用法・用量を遵守していただきたいと思います。

漢方薬の飲み方や、ちょっとした裏ワザ的な耳より情報に関しても、以下にまとめていますので、よければご覧ください。

▼関連記事
初めての漢方!知っておきたい5つの漢方の秘密を大発表!

西洋医学の薬にも決して劣っていない?漢方薬の効果は非常に多様

たとえば、足をひねって捻挫や骨折の憂き目に遭ったときに風邪薬を飲む人はいないと思います。ただそれは、捻挫や骨折という外科的症状と、風邪薬の効能との間に明らかなかい離があると判断できるからです。

ところが漢方薬の場合、一般の病院で薬剤とともに処方されることがある、あるいは漢方薬自体になれていない人が多いといった理由から、上記のような見当違いの効果を期待して漢方薬を飲もうとする人もいます。

漢方薬は、主に一般の病院で処方される処方薬(薬剤)とはそもそもの目標が根本的に異なりますよ、というお話しをこれまでしてきました。漢方薬の目標は、「病気を治す」ことではなく、あくまでも「症状の緩和と改善」にあります。

たとえば「がん」でいえば、手術や放射線治療、あるいは化学療法(抗がん剤治療)がイヤだから、漢方薬によってがんを消し去りたい・・・という効果は、残念ながら漢方薬には期待できない、と言わなければなりません。

ただし漢方薬であれば、身体の根本から改善していくこと(広義の体質改善)によって、「がんの進行を食い止めること」なら、もしかしたら可能かもしれない・・・とイメージすることは十分できるんです。

ことばで表現するとなんていうこともないのですが、これは、「がん」という重大疾患に対する認識を大きく転換させることに成功したひとつの例です。漢方薬が大きな可能性を生み出したともいえます。

がん細胞(のような細胞)は、毎日数千とも数万ともいわれる単位で、毎日ほとんどの人の体内で生まれます。しかしこれが増殖することなく、「ただそこにあるだけ」だから大きな問題には至らないのです。

つまり、西洋医学の範囲では、存在自体許されなかったがん細胞を、漢方の範囲では、細胞の増殖を食い止めることによって、「別にいるぐらいならいてもいいんじゃないの?」という対象としてとらえることができるのです。

しかも細胞の増殖を食い止めているのは、西洋医学のような「薬」ではなく、漢方薬によってがんを進行させない体質を手に入れた「自分のカラダ」なのですから、この部分だけは、西洋医学とは同列に語ることができない部分です。

漢方薬の効果は、手術や放射線治療や化学療法のように、がん細胞を消すところまでは至りません。しかし逆に、西洋医学の範囲ではできない「がんの威力を無効化する」ことはできる可能性があるのです。

わかりやすくお話しするために「がん」を例に挙げましたが、ほかの疾患についても同様のことがいえます。こういった事実を踏まえつつ、大きく分けると以下の5タイプの効果を、漢方薬に期待できると考えられます。

漢方薬の効果タイプ
  1. 急性症状の改善・・・風邪などの症状緩和の効果
  2. 慢性症状の改善・・・3か月以上の服用によって効果が現れる
  3. 体質改善・・・年単位での服用によって効果が現れる
  4. 病気予防・健康維持・加齢対策・・・「10年先の元気」を目標とする
  5. その他の効果・・・風邪、鼻炎、疲労、二日酔いなど日常的な症状の緩和

漢方薬にはいろいろな種類の効果タイプがありますので、そのすべてをここで網羅するわけには当然いかないのですが、特に西洋医学の範囲では改善がなかなか難しそうな症状に対する効果を、実際にいくつかご紹介しておきましょうか。

▼関連記事
【漢方紹介】うつ・イライラ・パニック障害などのメンタルヘルス対策
ストレス不眠には漢方が効くって本当?漢方薬が持つ驚くべき効能
ほてりは漢方の得意分野!ほてりに効果的な3つの漢方薬!
不定愁訴改善に漢方が大活躍!症状別お勧め漢方薬

安全神話崩壊?漢方薬にも実は副作用があるってホント?

一般的に漢方には、西洋医学における「薬剤」とは異なり、病気や体調不良の原因を直接攻撃して症状を改善させるという発想自体がほとんどありません。

生まれながらに持っていたはずの人間の元の姿にフィードバックさせることに重きを置いているのが漢方であり、そのための手段となるのが漢方薬です。

それだけ身体への負担が小さいのが、漢方薬の最大のメリットのひとつです。そのため、漢方薬には副作用がほとんどないなどと説明されることが多いです。

事実、副作用がほとんどない、少ないといったニュアンスは、ほぼ正しいと考えられます。ただし、副作用の可能性がまったくないのかというと、これは少々違うんじゃないの?という予感も当然あるでしょう。

そのあたりを検証するためにも、まずは「そもそも副作用ってなんだ?」というところをある程度はっきりさせておく必要がありますよね。

副作用とは
薬の効果である「主作用」に対し、その薬による主作用とはまったく無関係な作用の総称

たとえば、「風邪を治したい!」と考えて飲む薬の主作用は、咳止め、鼻水の改善、鎮痛、解熱などが挙げられます。これに対し、眠い、消化不良、ほてり、動悸など、はからずも身体に現れる作用が副作用です。

副作用が起こるメカニズムは、ある症状を和らげるために、やむを得ず無関係な細胞や神経、組織を破壊したり一時的に機能を停止させたりすることに端を発します。

これに対し、漢方薬の場合、原則として、どこかを破壊したり機能を停止させたりすることはありません。それゆえ、漢方薬は副作用がないといわれるのです。

ただし、痛み止めの効果が期待される漢方薬には、たとえばヤマトリカブトの根などに含まれる、極めて強力なアルカロイド(有毒成分)が配合されていることもあるため、すべての漢方薬で副作用ゼロというわけにはいきません。

ちなみにトリカブトが含有するアルカロイドは、「アコニチン」という毒成分です。

ヤマトリカブトは、目を奪われない人はいないほどの美しさを誇る花を咲かせますが、日本国内では最も強い毒を全草に持つ植物として(現段階では)知られます。

すぐれた薬効がある自然毒はトリカブトなどのアルカロイドばかりではありませんが、そうした有毒成分が配合された漢方薬も少なからず存在し、すぐれた効果を発揮しています。

しかも、これらの有毒成分は、私たちになじみのある化学薬品(薬剤)の原料としても使われているため、たとえ漢方薬であっても、似たような副作用が現れることがあります。

アルカロイド含有薬剤の例でいえば、関節リウマチや痛風といった膠原病など、強烈な痛みを伴う疾患の痛み止めとして用いられる「コルヒチン」がよく知られるところでしょう。

他にも、アルカロイドは抗がん剤治療でも使われることがあります。ただし、漢方薬にトリカブトが用いられるのは、このアルカロイドの成分を目的としているかどうかまでは定かではありません。

ですから、すべての漢方薬で副作用がないというわけではないことは、どうかご理解いただきたいと思います。

▼関連記事
漢方薬で下痢に?意外とよくある漢方の副作用と正しい選び方とは

カラダにやさしい漢方薬だけど…避けた方がいい人もいる?

上記で「漢方薬にも副作用がある!」というお話しをしてきましたが、ということは、「漢方薬による副作用をもらったら困る人」は、漢方薬を飲まないほうがよいということになります。

上記では、生薬に含まれる有毒成分により、化学薬品と似た副作用が現れる可能性もあるんですよ、というお話しをしましたが、実は「生薬特有の副作用」もいくつか確認されているんです。

しかしこれは、化学薬品のような難しい話ではない・・・というか、考えようによってはもっと難しい話なのかもしれませんが、私たちの日常にも潜む危険とも関連しているのです。

その危険とは、ひとつが「食べ合わせの問題」です。漢方薬は「食べ物」ではなく「薬」ですが、サプリメント(薬剤ではなく食品)に近いニュアンスの薬であるため、食べ合わせの問題と似た問題が発生するリスクがあるのです。

もうひとつが「体質との相性」の問題です。食べ合わせに関しては、食べ物にしても生薬にしても、その種類があまりにも膨大であるため、ここで取り上げると中途半端な形になってしまいます。

ですからここでは「体質との相性によって起こりうる副作用」について考えることにします。それに、食べ合わせの問題もまた、体質とも多少関係してきます。

では、実際にどういった「体質によっては考えられる副作用」が漢方薬にはあるのか、現段階で知られている事例をいくつかピックアップしてみたいと思います。

生薬の名称 副作用 副作用の説明
甘草(カンゾウ) 偽アルドステロン症 顔や手のむくみ・尿量減少・体重増加・脱力感・筋力低下・筋肉痛・こむら返り・頭痛・のぼせ・肩こり・手足のしびれやこわばり・嘔気・嘔吐・食欲不振など
黄今(オウゴン) 間質性肺炎 空咳・発熱・労作時の息切れなど
麻黄(マオウ)・附子(ブシ) 動悸・不眠・神経症状 心臓がドキドキする・脈が早い・脈の乱れ・胸苦しい・悪心・嘔吐・不眠・イライラ・多量の発汗・舌のしびれなど
桂皮(ケイヒ)・当帰(トウキ)・黄今 発疹・掻痒(かゆみ) 発疹・皮膚発赤・掻痒・発熱など
地黄(ジオウ) 胃腸障害 胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼けなど

不慣れな人にとっても比較的よく耳にする生薬なのではないかという気もするだけに、意外と多くの人が、飲んではいけない、あるいは飲まないほうがいいケースに該当するのかもしれませんね。

上のほうの「関連記事」でも少し触れましたが、漢方では「証(しょう)」と呼ばれる、体質と生薬の相性のようなものが重視されます。その相性が悪いと、上記の副作用が出やすい傾向にあります。

ただ、漢方薬も基本的には医師の処方、薬剤師によるガイドなどにしたがっていただく必要がありますので、ここで具体的なケースをご紹介するわけにもいきません。

各自の責任で、自分が上記に該当するかどうかをよく確認の上、漢方薬を服用していただきたいと思います。

▼関連記事
高麗人参は様々な効果があるが「妊娠中」には避けるべき漢方薬

それと、化学薬品であるか生薬であるかにかかわらず注意しなければならないのが、アレルギー体質の人です。アレルギーだけは、自然由来の生薬に対しても激しい反応を起こすことは、よく知られるところです。

過去にアレルギー性疾患を経験したことがある人は特に、漢方薬の生薬成分にはよく注意を払っていただきたいと思います。

ちなみに表中の「附子」というのは、上で触れたトリカブトのことです。学生時代の教科書には「附子(ぶす)」というタイトルの狂言作品が紹介されたこともありましたが、あれです。「あおげぇ、あおげぇ~」というやつでしたね。

あまり難しく考えすぎず漢方薬を活用しましょう

今回は漢方薬についてお話ししてきました。漢方薬は何やら難しく、しかも安全だと思っていたのになんだか怖くなってしまった・・・などと思った人もいたかもしれませんね。

確かに「がん」だとか「トリカブト」だとか「猛毒」などのことばを用いてしまったため、そう誤解されてしまうこともあるでしょう。だからこそ声を大にしていいたいのは・・・

漢方薬はそんなに難しいものでも怖いものでもありません!ということです。わかりやすく説明するために、比較的よく知られる題材を用いたら、ちょっとザワつくことばになってしまいました。

しかしお読みいただいてお分かりかと思いますが、漢方薬は、「薬」というよりはやっぱり「サプリメント」とか「ハーブ」に近い感覚で、本来であれば「薬」以上に親しみやすいモノであるはずです。

つくる人は研究に頭を悩ませることになると思いますが、つかう人はそんなに難しく考える必要はないのです。中国にルーツがある分、どうしても生薬の名前が難しく感じられるかもしれませんが、それだけです。

副作用などの「脅威」についても、お医者さんが出す「薬」や薬局で売っている「市販薬」を飲む要領で、とにかくそれぞれの漢方薬についてのルールを守ること、この部分さえクリアできていれば、そんなに怖いことなんてないんです。

そして漢方薬の最大の魅力は、西洋医学の範囲ではどうにもできない症状にも対応できるところです。このことは、漢方薬の最大のメリットとして、よく覚えておいていただきたいと思います。

少し言い訳のようなまとめになってしまいましたが、お読みいただいた方々には、あらぬ誤解をどうか招かれないようお願いしつつ、今回のお話しをおしまいにしたいと思います。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る