健康生活TOP 関節痛 肘の痛みの原因は?内側外側の関節痛の改善、治療方法を知る

肘の痛みの原因は?内側外側の関節痛の改善、治療方法を知る

women-hurts-elbow

肘の痛みと言うと、まず有名なのはスポーツに起因するものですね。テニス肘やゴルフ肘と言う名前も良く使われますが、やっぱり最もメジャーなのは野球肘でしょうか。

いずれも無理な姿勢を繰り返すことによって肘に負荷がかかり、炎症が起こることが最初です。このことは他の肘の関節炎でも共通する要素ですね。

この最初の炎症の段階を軽く見ると、治療に長い時間がかかってしまうので注意が必要なのです。

肘に起こる痛みの正体と、その改善方法を知っておきましょう。

スポーツ肘は日常生活でも起こる!痛みの位置とその症状

一例としてテニス肘を見てみましょう。テニス肘には3パターンありますが、最も多いのはバックハンドでのストロークが原因になる上腕骨外側上顆炎ですし、この症状だけに特化してテニス肘と呼ぶことも珍しくありません。

上腕骨外側上顆とは、上腕骨(二の腕の骨)の肘のところにある2つのでっぱりのうち、その外側の方を指します。ここに繋がっている腱や筋肉に炎症が出て痛むのがいわゆるテニス肘です。

上腕骨外側上顆が起こる位置の引用画像

痛む部位は、二の腕のひじ関節外側のでっぱりが最も多くなっています。そして、前腕外側にも痛みが響くことが多いようです。

軽症のうちは、手首を動かす作業をしたときにだけ痛みますが、重症になってくると常に痛みが伴い、手首を動かすと痛みが強まるというようになります。特に手首をひねる運動が痛みを誘発します。

安静時に、二の腕のひじ関節外側のでっぱりを指で押してみて痛みがあれば可能性が出てきます。その上でテニス肘かどうかは、簡単なテストである程度判断できます。3種類ありますが、1つは別の病気との見分けが難しいので2つだけ紹介します。

テニス肘を判断する2つのテスト

チェアーテスト(椅子挙上テスト)
背もたれの上の部分が握り込めるような椅子を準備します。パイプいすの中にも、取っ手代わりに背もたれの上がカットしてあるものがありますが、あんなのでもOKです。

肘を伸ばして椅子の背もたれ上部を握り込み、肘を曲げないようにしながら椅子を持ちあげる動作をします。重い椅子の場合実際に持ちあげなくても、持ち上げる方向に力を加えればOKです。

この状態で痛みが出てくるようであればテニス肘が疑われます。痛みが出たらすぐにテストを終了して下さいね。

テニス肘を判断するチェアーテストの方法

トムセンテスト

このテストは自分一人でもできそうに思えますが、他の人に押さえてもらった方が正しくチェックできます。

肘を伸ばした状態で、誰かに手首が動かないよう手を押さえていてもらい、それに逆らって手首を反らす方向に力を入れます。もちろん肘を曲げてはいけません。

チェアーテストと同じく、この状態で痛みが出てくるようであればテニス肘が疑われます。痛みが出た段階ですぐにテストは終了して下さい。

テニス肘を判断するトムセンテストの方法

テニス肘はキーボードの使用でもタオルを絞る時でも痛む

テニス肘と言う名前から、肘を動かす筋肉の使い過ぎで起こっているようなイメージがありますが、実際には手首を反す運動を行っている筋肉の腱に炎症が起こっています。ですから、例えばキーボードを長時間使う人でも起こる可能性があるのです。

テニス肘はテニスをやらない人でも起こります。多いのは重量物を繰り返し持ち上げたり、軽作業であっても同じ作業を繰り返すことの多い人ですね。特に手首や前腕を繰り返し使うことの多い人に見られます。

また、ある統計によるとテニス肘で受診した人のうち、原因がテニスと思われた人は10%程度で、最も多かったのは重量物運搬の38%だったというデータもあります。ですので、重労働でも軽作業でもスポーツでも起こる故障と言えるでしょう。

テニス肘は腕を使いすぎなくても起こることがある

上腕骨外側上顆炎は30代から50代によく見られる症状です。これは更年期も影響しているためなんですね。

更年期や加齢によって肘関節の外側に接続している、手や指を伸ばす伸筋やその腱が衰え、変性することでこの症状が起こることもあると考えられています。

もともと仕事や家事で繰り返し肘に負担のかかる作業をやっていた人が、筋肉や腱の変性によって骨との付着部が弱って発症するということです。

ですので、普段から過負荷にならないよう、軽い痛みなどを覚えた際には、それ以上の作業を行わないようにすることが予防につながります。

パソコン作業などでキーボードをよく使う人は、手首が返らないよう、正しいポジションで叩くようにして下さい。手首を浮かせる人はそのままで問題ないですが、手首を下につけてタイピングする人はリストレストなどを活用して手首の位置を高くしましょう。

パソコン作業などで肘の痛みを覚えると、いわゆる電気治療を受ける人も多いのではないかと思いますが、電気治療は基本的に対症療法か筋肉に対する治療ですので、神経の圧迫が原因のこの症状にはあまり効果がないのではないかと思われます。

軽症ならば自分でも対処できるテニス肘

まず一番重要なのは「局部安静」です。傷めたところを使わないようにするということですね。これはすべての怪我や炎症などに共通することです。痛みを感じてすぐなら、他に何もしなくても1~2日で治ることもあります。

しかし、往々にして痛みを我慢して何日も何週間も経ってしまったと言うケースが多いでしょう。痛くて我慢できないなら受診して下さい。お医者さんまで出かけるのは嫌だという人は、自分で手当てできるかどうかを見てみます。

まずは、テニスエルボーバンドと言うアイテムがあります。テニスをやっておられる方ならよくご存知でしょう。テニス肘の際に前腕の一番上、肘関節のすぐ先に巻き付けて短橈骨手根伸筋が始まる場所を圧迫し、浮腫の発生を抑えるバンドです。

多くの場合、伸縮性のある素材とない素材を組み合わせ、バックルで折り返してマジックテープで止めるフリーサイズのものが良く売られています。1本1000円内外ですね。

amazon「テニスエルボーバンド」検索結果
search-results-page

血流が止まるほど強く巻き付けてはいけませんが、手を動かした時に痛みが弱くなるような力加減で止めておくのがベストです。

テニス肘を改善する2つのストレッチ

さらに、時間のある時にはバンドを外してストレッチを行いましょう。

①痛い方の手をまっすぐ前に伸ばして、手首を内側に曲げます。反対側の手で曲げた手の指先全体をつかんで、ゆっくり手前にひっぱります。

あるいは、
②ベッドにでも腰かけて身体をストレッチする腕と反対側に少し傾けます。そして、肘ををまっすぐ伸ばし、手首を内側に曲げて手の甲をベッドにつき、ゆっくりゆっくり体を起こします。

テニス肘を改善するストレッチ2つ

どちらの方法でもいいですから、筋肉が伸ばされてゆくのを感じながら痛くない程度にストレッチします。決してはずみをつけることなく、じわじわと伸ばしてくださいね。これを何度か繰り返して、またバンドを巻いて日常生活に戻りましょう。

お薬を併用するなら、ロキソニンテープやボルタレンテープなどの湿布や塗り薬を使われると良いでしょう。

このストレッチをやろうとして激痛が走るようであれば、すぐ中止して受診して下さい。他の部位にも異常があったり、骨や関節にトラブルが起こっている可能性があります。

また、こうした方法で改善が見られない場合も受診をお勧めします。悪化しすぎている場合はステロイド注射や手術対応を含めて、根治する方向で治療を行った方が良いですね。

このタイプのテニス肘がテニスを原因として起こるのは、筋力の弱い人やテニス初心者に多いのです。

バックハンドは片手に負荷が大きくかかるからだと言われていますね。

肘の内側が痛むのは「ゴルフ肘」

ゴルフ肘と言うとよくゴルフをする人が罹るものだと言うイメージがありますが、少し違います。基本的には「フォームの悪いゴルファー」がかかりやすいのです。

また、この症状は広い意味でのテニス肘にも見られるものですが、こちらはむしろベテランに多いのです。

ゴルフ肘はテニス肘の反対側に起こる炎症

ゴルフ肘は、上腕骨内側上顆炎と言う正式名称を持っています。名前の遠いから判るように、上腕骨の肘側にある内側のでっぱりにくっついている腱や筋肉に炎症が起こるものです。

上腕骨内側上顆炎が起こる箇所の引用写真

この筋肉は手首を内側に曲げるための筋肉ですので、そこに負荷が大きくかかり続けたときに発生します。しかし比べてみてもらえば判る通り、手首を動かす筋肉は内曲げの方がずっと強くて丈夫なんですね。

ですから、外曲げで起こるテニス肘よりずっと発生する確率は低くなります。また、テニスでも、フォアハンドで強烈なストロークを繰り返すベテランプレーヤーには、このゴルフ肘型のテニス肘(内側テニス肘)もあるようですね。

診断はテニス肘と対称側で行う

まず、二の腕の肘のでっぱりのうち、内側辺りを触ってみて、押して痛いところがあれば、ゴルフ肘の可能性が出てきます。

ただ、正確な診断方法は症例が少ないため、大学などの研究情報が見当たりませんでした。一般に行われているものとしては、握りこぶしを、手の甲を下にして行う方法があります。

誰かに握りこぶしを手のひら側から押さえてもらっておいて、手首を手前に曲げてみます。このテストでは自分で押さえておいても良いようです。これで痛みがひじの内側に出るとゴルフ肘の疑いが高くなります。

stretch-to-cure-golf-elbow

さらに、同じ状態からこぶしを内側にひねってみます。同じように、これで痛みがひじの内側に出るとゴルフ肘の疑いが高くなります。

治療はテニス肘と共通

まずは局所安静が第一条件です。手首をひねる運動を行わないようにするということですね。

次に、ここでもテニスエルボーバンドは有効です。痛む部位の先の腱と筋肉を押さえるように、前腕の肘関節付近に巻いて圧迫します。そして、NSAIDs鎮痛剤、つまりロキソニンやボルタレンの湿布で痛み止めを行います。

ストレッチは、手首を反らせる運動で、手首を内曲げする筋肉をゆっくり引き伸ばして行います。

基本的にこうした保存療法で良くなることが多いのですが、ストレッチで強い痛みが出たり、1週間程度行っても全く改善しないようであれば

整形外科やスポーツ関係が得意な柔道整復師の先生を訪れてみて下さい。

野球肘は野球以外の原因ではめったに起こらない

テニス肘やゴルフ肘が日常生活の関節への負荷によって起こることが多いのに対して、野球肘は野球と言うスポーツの、それも投球動作の多いピッチャーに特有の病気・症状と言って良いでしょう。

この症状は大人と子供で原因や対応が変わるものですが、適切な対応が必ず必要になるものですので、野球をされる人やご家族は充分な注意をして下さい。

子供の野球肘は軟骨に障害が出るスポーツ障害

子供と言っても、実際にどのくらいの年齢になるかは個人差があります。しかし、身長が伸びる可能性のある高校生年齢までは完全に子供だと考えるべきでしょう。大学生の場合は微妙になってきそうですね。

この年齢の野球肘は、成長している途中の骨の端にある軟骨が傷むことで発生する場合が多いです。

野球肘は、様々な力が腕の各部位にかかって起こります。子供の場合、ゴルフ肘で障害が起こるひじの内側のでっぱり部分にある骨の成長線に障害が出ます。

また、肘の外側に当たる上腕骨の軟骨に炎症が起こってしまうことも野球肘の症状ですね。これは放置すると軟骨が剥がれて遊離体(通称:関節ねずみ)になり激痛を呼ぶこともあります。

その他、疲労骨折や靭帯の傷害などもありますので、トレーニングの行いすぎにはくれぐれも注意が必要です。

大人の野球肘はねずみを取り出す手術も珍しくない

大人の野球肘は靭帯や筋膜に損傷が起こり、その結果痛みをもたらすことが多いです。もちろん疲労骨折や軟骨の炎症も見逃せません。

子供の例で説明した通り、軟骨の炎症が進んで剥がれ、丸まって関節ねずみになることもあります。この場合は手術対応で取り出すことになるでしょう。

大人の場合も子供の場合も、こうしたスポーツ障害は「使いすぎ」が原因ですので、負荷量には充分注意しましょう。スポーツで健康を害したのでは本末転倒も甚だしいと言わざるを得ません。

野球肘の治療は投球禁止から

投球動作の行い過ぎから発生する障害ですので、やはり局所安静、つまり投球禁止が第一になります。

その上で保存的療法を行い、炎症が鎮まったら、関連する筋力トレーニングなどを優先して行うことになるでしょう。

手術対応ももちろんありますが、関節ねずみなどやむを得ない場合以外には、生活の上で支障がない限り手術しないことも多いようです。

柔道整復師の先生が経営する最近の整体院などの中には、整形外科医院とタイアップして画像診断の下で加療を行ってくれるところもあります。

双方の得意分野を活かした良い医療だと思いますね。

変形性肘関節症治療は湿布から手術まで

テニス肘やゴルフ肘、野球肘などのスポーツ肘が原因で障害が進行してしまった場合や、脱臼・骨折などの外傷、さらには重量物運搬などの過負荷労働によって、肘関節にある軟骨が変形してしまったのが変形性関節症です。

手の関節は膝や股関節に比べると体重がかからない関節ですので、変形性の関節症は起こりにくいとされています。

一方で、肩や手首に比べると運動や重いものを持ちあげるなどの動作で負荷がかかりやすいため、手首や肩に比べると変形性関節症が起こりやすい部位とされています。

動く範囲が制限されると変形性肘関節症が疑われる

変形性肘関節症の第一の症状は肘の痛みです。そして、痛みに加えて肘の動きが制限されていると変形性肘関節症の疑いが濃くなります。制限されるとは、「まっすぐ伸ばせない」「曲げきれない」と言うことです。

肘の関節は3つの関節を1セットにしたものです。肘の部分では二の腕の上腕骨と前腕の親指側にある橈骨、小指側にある尺骨の3本の骨が関節で繋がっています。

この3本の骨がそれぞれ2本ずつ組み合わさって3つの関節を作り、それがひとまとめになったものが肘関節です。けっこう複雑ですよね。

肘関節の構造イラスト

この複雑な関節ですから、関節を構成する軟骨面もたくさんあります。この軟骨面が傷む原因にはさまざまなものがあります。

  • スポーツ
  • 重労働
  • 骨折などの外傷
  • 使いすぎによる摩耗
  • 加齢

悲しいことにここにも加齢と言うお約束のフレーズが出てきてしまいましたが、使ってゆくうちに減るという現象がある以上、加齢はすべての症状の原因となりうるのです。

しかし、栄養と運動が適切であれば加齢による悪影響が最小限になるということもまた、どの病気にでも共通しています。

軟骨はたんぱく質でできていますので、たんぱく質不足にならないよう注意しながら日々のストレッチなどを行って下さい。

骨自体に変形が生じて動かなくなる「骨棘」

軟骨がすり減る側の反対側では、骨にかかり続ける負荷が原因で変形が起き、骨棘(こっきょく)と言うでっぱりが発生することがあります。骨棘は本来存在してはいけない物ですので、出来てしまうと引っかかって動きが制限されてしまいます。

また、骨棘が進行すると折れて遊離体になり、それが引っかかることで関節が動かなくなる「ロッキング」と言う状態になります。

ロッキング状態では肘が動かないため生活に大きな支障が出ますから、手術で遊離体を取り除くことになるでしょう。

治療は整形外科・リハビリテーション科で行う

症状が軽く、多少の不自由さが感じられても日常生活に影響が少ないようであれば、手術などは行われません。手術が勧められるのは次のような日常動作ができない場合です。

治療は、保存的治療(手術しない方法)がまず行われます。安静の指示や非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとして温熱療法や肘のストレッチング、筋力強化訓練を指導します。

また、肘関節の変形や不安定性がみられる症例では装具療法として肘関節装具の着用が勧められます。症例によっては、肘関節内に鎮痛剤、局所麻酔剤、ステロイドなどの注射が試みられます。

このような保存的治療が有効でなく、日常生活動作(食事をする、服を着る、顔を洗う、髪をとく、お尻を拭くなど)に不自由を来たす症例では、手術的治療が勧められます。

手術的治療には、関節遊離体摘出術、肘関節形成術、人工肘関節置換術などがあります。

変形性肘関節症では、神経の圧迫によって手のしびれや握力の低下が現れる場合もあります。

肘の動きにくさを感じたら、自分で治す範囲を超えていますのですぐに受診されることをお勧めします。

肘部管症候群は神経の圧迫で起こる

ファニーボーンと呼ばれる場所をご存知でしょうか。ひじの内側を強くぶつけたときに小指に向かって強いしびれが走るあの場所のことです。

小指付近がしびれるような感じがした時、あの場所を軽く叩いてみると小指や薬指にしびれが走るのが肘部管症候群です。肘をぶつけてしびれる時と同じ神経が、何らかの原因で圧迫されていてしびれが起こっている病気です。

肘部管症候群は悪化すると手が変形する

肘部管症候群の初めは、小指や薬指から手のひらの小指側、手首の小指側にかけてしびれが出ます。全部ではなくて、そのあたりの一部がしびれることが多いです。

この症状が進むと、手の筋肉が落ちて手のひらや甲が痩せてきたり、小指と薬指がかぎ爪状に曲がったままになったりと言う症状が出てきます。

これはファニーボーンでしびれを呼ぶ尺骨神経が肘の部分で圧迫されて起こる神経症状なのです。

余談になりますが、このファニーボーンを「ハニーボーン」と書いてあったり言われていたりすることもありますが、それは結構危険な間違いです。

英語圏でもこの部分のことは”funny bone”(おかしな骨)と呼ばれています。

肘部管症候群は変形性肘関節症も原因になる

肘部管症候群は、様々な原因で肘の内側に変形を生じ。尺骨神経を圧迫することで発生します。その主な原因には次のようなものがあります。

  • 加齢による肘の変形(変形性肘関節症)
  • 野球や柔道など(テニス肘・ゴルフ肘などを含む)
  • 子供の時の骨折による骨の変形
  • 神経を固定している靭帯の変形
  • ガングリオンなどの腫瘤による圧迫

このような原因で発生しますので、若い時のスポーツ肘や負傷はしっかり治しておく必要がありますね。また加齢による変形も、栄養と運動を心掛けて予防しましょう。

ガングリオンと言うのは手首にできることが多い、中にゼリー状の物質が詰まった良性の腫瘤です。この場合はひじ関節に発生して神経を圧迫しているということですね。

特に神経を圧迫したりしなければ放置しても問題のないものですが、この肘部管症候群の原因になっている場合手術で切除することもあります。

保存療法と手術対応

症状がそれほどひどくない場合には、肘を安静にしてお薬を使って治療する保存療法を行うことが多いでしょう。この肘部管症候群は、ひじを通って手の先まで行く尺骨神経が圧迫されるだけでなく、引き伸ばされることでも起こります。

ですので、頬杖を突くような、肘を曲げた状態で固定したり、ひじに荷重をかけたりするような姿勢は厳禁です。そうした癖のある人は、予防の意味も含めてその癖をやめるようにして下さい。

一方、手のしびれがひどかったり、原因がガングリオンや靭帯による圧迫であった場合、切除したり切り離したりする手術が行われます。

また、神経が強く引っ張られている場合は神経の場所を移動したり、骨に変形がある場合は骨を削る手術と言うケースもありいます。

このように、肘の内側の痛みと手の小指側のしびれがある場合には、できるだけ早く受診して治療方法を決定しましょう。早ければ早いほど簡単な治療で済む確率が上がります。

ひとくちに肘の痛みと言っても様々な原因がありますが、それらは意外に連動していることも多いのです。

何らかの事情で肘を傷めたら、完治するまではしっかり治すことが重要で、中途半端に治療を終わらせると後で悔むことになりかねません。

関節の痛みといえば関節リウマチ

関節リウマチの発症は女性に圧倒的に多く、その率は女性9に対し男性1ほどの割合です。特に30代から50代の発症が多いとされています。

主には手や足の指といったような小さな関節が炎症し痛みや腫れを起すものですが、肘にももちろん起こり得ます。

関節を押すと痛みがある場合や押さなくても鈍痛がある場合は関節リウマチの可能性があります。

関節超音波検査やJ-HAQといったものでその症状の重症度を診断し、抗リウマチ薬により治療されます。早期に発見することで軽度のうちから改善ができますので、積極的に専門家にかかり関節リウマチを発見することが重要です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
関節リウマチの原因や治療法は?関節の痛み症状の改善方法

キャラクター紹介
ページ上部に戻る