健康生活TOP 関節痛 ヘバーデン結節は治療が可能でも病院は何科?自分でできる予防法

ヘバーデン結節は治療が可能でも病院は何科?自分でできる予防法

shutterstock_2894445952

仕事や趣味などで体の一部を酷使してしまうのは仕方ない部分もあります。重いものを持ち運びする仕事は、腰に掛かる負担が大きくなるので腰痛の原因となってしまう事も多いでしょう。

指先を使う仕事もたくさんありますが、指先を酷使してしまうと指の関節通になったり、骨が変形する事で起こるヘバーデン結節になったりする可能性も出てきます。

一見リウマチにも似ているので勘違いしやすいのですが、ヘバーデン結節とリウマチでは原因が異なります。女性がなりやすい傾向があり、強い痛みを伴います。

一度かかると治らない不治の病とされてきましたが、治療法も確立されつつあります。

ヘバーデン結節とリウマチとの違いは意外と見極めやすい

ヘバーデン結節という病名自体あまり聞きなれない人も多いと思います。ヘバーデン結節というのは、指の関節に水ぶくれのような物ができたり、第一関節の骨が変形したりする事もあり、一見するとリウマチともよく似ています。

リウマチも痛みがありますが、指先だけでなく全身の痛みが出ます。ヘバーデン結節の場合は指先だけの痛みなのである程度は区別できるでしょう。

人により症状は異なりますが、骨が変形するため指も曲がり見た目にも異常が確認できます。指先が変形して曲がってしまうため、見た目を気にして人前では手を隠してしまう人もいます。

進行すれば物を掴む事はおろか、つまむ事さえできなくなる事もあります。刺激や圧力を与えなければ痛みは強くありませんが、何かにぶつけた時に激痛がするような場合はヘバーデン結節の可能性が高いと言われています。

ヘバーデン結節は変形性指関節症の一種ですが、第一関節に症状が出た場合をヘバーデン結節としています。ちなみに第二関節に症状が出た場合は、ブシャール結節となります。

リウマチは痛みが全身に広がる事もありますが、指の第一関節には起こらないので、痛みがある場所からもリウマチとヘバーデン結節の違いは区別できます。

一番の見分け方はレントゲンです。リウマチは骨が破壊され溶けるのに対して、ヘバーデン結節は骨は溶けずに増殖していきます。

女性ホルモンとの関係にも注目です

指先や手を酷使する人はヘバーデン結節になる可能性が高いと言われていますが、以前は謎だらけだったヘバーデン結節も医学の進歩により少しずつ原因も解明されています。

最近になってヘバーデン結節は女性ホルモンとも大きく関係している事が分かっています。もちろん女性ホルモンだけが全ての原因ではありませんが、中高年以上の女性に多く見られるのも、女性ホルモンの減少が関係しているからです。

これ以外にも老化、指の酷使などいくつかの原因が重なった時に、ヘバーデン結節を発症しやすいのです。

ヘバーデン結節のトリガーポイントを知って治療に役立てよう!

例えば肩こりの場合、原因は肩の筋肉のコリと考えますが、実は他の部分に痛みの原因が潜んでいる場合があります。

肩こりの場合は肩に痛みという症状が出ても、背中や腕、首の筋肉のコリが原因となっている事も多く、肩以外に痛みがある場所がトリガーポイントとなります。

この場合はトリガーポイントのコリを解消する事で、自然と肩こりが解消される事があります。

これはヘバーデン結節にも言える事で、いくつかのトリガーポイントがあります。多少個人差もありますが、ヘバーデン結節のトリガーポイントを覚えておくと治療の時に役立つかもしれません。

  • 猫背や背骨の歪み
  • 胸部のこわばり
  • 膝関節の歪み
  • 腕のこわばり
  • 股関節の歪み

コリとこわばりはよく似ていますが、血行不良を起こし筋肉のコリを起こしているところに、筋肉の緊張がプラスされ硬くなる事をこわばりといいます。コリよりもひどい状態とイメージするとわかりやすいと思います。

以前は手術をしても治らない不治の病とされていましたが、現在では治療法も確立されています。

治療をしても改善が見られない場合は、トリガーポイントが痛みの原因となっている可能性もありますので、チェックしてみましょう。

ただし素人では判断しきれません。ヘバーデン結節など関節痛や変形性指関節症に詳しく治療実績のある医師もいますので、治療に関しては医師とよく相談して決めていきましょう。

ヘバーデン結節が治らないといわれている理由

現在の医学ではヘバーデン結節の治療法はないといわれています。しかしこれは西洋医学視点からの話であって、東洋医学視点で考えた場合は治療法もいくつかあります。

西洋医学の場合ヘバーデン結節の治療というと、対処療法しかありません。テーピングにより指先にかかる負担を軽減したり、こわばりを解消するためのマッサージをしたりするのが一般的です。

筋肉のコリやこわばりが冷えからくる場合もあるので、体を冷やさないように温める温熱療法などもあります。

痛みが強い場合は痛みどめが処方される事もありますが、湿布などもすべて対処療法です。

痛み止めで一時的に痛みを解消できても、根本的な原因が解明も改善もされていない場合は、安静にして指先を動かさないように言われますが、動かせばまた痛みがぶり返します。

漢方薬で体質改善を試みよう

西洋医学は薬物治療や手術という治療法を選びますが、東洋医学には漢方薬を使った治療もあります。

漢方薬に抗炎症作用のある物を選べば、痛み止めの効果も期待できますし、体の冷えが原因となるコリやこわばりの場合は、冷えを改善し体を温める作用のある漢方薬を選びます。

この場合も治療効果については個人差もかなり大きいのですが、痛みを和らげる効果はかなり期待できます。

また自分の症状に合った漢方薬を処方してもらえますし、副作用のリスクも少なく済むというメリットがあります。

実際に西洋医学では問題が解決しなかった人も、東洋医学視点からの治療法を取り入れたところ、多くの人が何らかの改善効果を実感しています。

冷え症の人は体が冷えやすく、血行不良からコリやこわばりもひどくなっていきます。早めの治療も大切ですが、体質を改善する事で痛みも和らぎますし、ヘバーデン結節になるリスクも軽減できます。

西洋医学では解決しない場合、東洋医学も取り入れる事で意外と症状が和らぐ事があります。針灸や漢方などで体質改善を目指し解決するのも一つの選択肢と言えます

ヘバーデン結節になったらどこの病院に行けばいいの?一番良いのは整形外科!

shutterstock_1480738822

治療法はいくつかある事がわかりましたが、もしもヘバーデン結節になった場合はどこの病院に行けばいいのでしょうか?

指の第一関節に変形や痛みが出るので、一番良いのは整形外科でしょう。最近はヘバーデン結節の専門医もいますし、状態と相談しながら針灸や整体に行く事もできます。

もしも近くにヘバーデン結節の専門病院や専門医がいない場合は、リウマチの専門医や変形性関節症専門医でも対応可能です。

こわばりを解消するにはマッサージや温熱療法が効果的ですが、マッサージも整体と接骨院ではやり方が違いますし、漢方薬を取り入れる事で症状が改善される事もあります。

ヘバーデン結節を診てもらうのは大抵の病院でも可能ですが、効果がある治療ができるところは限られてしまいます。

最初に行くのは整形外科でも、治療の途中で針灸や温熱療法、漢方薬などを試していく事ができますので、少し大変ですがいくつかの科を受診してみて、自分が一番いいと思うところに通院すればいいのです。

ヘバーデン結節は予防できる!手をグーパーさせるだけでも効果的

Fotolia_57046803_Subscription_XL

ある程度の原因も少しずつ解明されてきていますので、原因に応じて適切な対処は可能となっています。

指や手を酷使する人はヘバーデン結節のリスクも高いと言われていますが、他にもヘバーデン結節になりやすい人はいます。

冷え性の人は筋肉が冷えやすいので、コリを起こしやすくそこからこわばりに発展します。ヘバーデン結節自体の症状が出るのは指の第一関節ですが、他の部分に原因がある事でもヘバーデン結節になります。

冷え性で関節の歪みやコリがある人は、ヘバーデン結節のリスクが高い人です。指先はどうしても血行が滞りやすいので、日頃から指先のマッサージやストレッチをして血行不良にならないようにしましょう。

手をグーとパーの状態にするのを交互に繰り返すだけでも、血行が促進されるので指先の冷えを防げます。

適度な運動は関節を支える筋力アップにも役立ちますし、代謝があがれば自然と血行が不良も改善されていきますので、運動もプラスしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る