健康生活TOP 関節におきる病気や症状 関節リウマチの原因は遺伝?環境?女性が発症しやすい理由とは

関節リウマチの原因は遺伝?環境?女性が発症しやすい理由とは

関節リウマチは、自分自身を守るはずの免疫システムに何らかの異常が起こり、間違えて自分自身を攻撃してしまう病気です。

関節に炎症が起こって腫れや痛みが出てしまいます。特に30~50代の女性に多い病気ですが、もっと若い年代や高齢になってから、また男性でも発症することがあります。

この関節リウマチの原因として、遺伝がしめる割合はどのくらいなのか、また環境因子は?…そんな気になる関節リウマチの原因についてお話しましょう。

関節リウマチは遺伝するの?関節リウマチの原因とは

関節リウマチとは
免疫の異常により関節の腫れや痛みを生じ、それが続くと関節の変形をきたす病気。

定義の「免疫の異常により」という部分ですが、これがまさに関節リウマチの本質を示していて、かつ、膠原病の本質であるともいえる部分です。つまり関節リウマチは膠原病に含まれる「自己免疫疾患」です。

自己免疫疾患とは
自分の体内の正常な既存の細胞や組織などを外敵とみなす自己抗体がつくられることにより、免疫機能が自分自身の細胞や組織に対して働き、これを破壊することで起こる疾患。

本来、体内に侵入するウイルスや細菌など外敵に対して働くはずの免疫が、自分自身の体を攻撃してしまうことで起こるのが自己免疫疾患です。

関節リウマチの場合は体の免疫が関節にある滑膜を外敵とみなして攻撃してしまうことが原因です。主に関節やその周辺の骨に集中して破壊されていくのです。

関節リウマチを発病しやすい年齢は、30歳~50歳ですが、これはあくまでも発病のピークであって、もっと若い人、あるいはもっとご高齢の方にも発病のリスクはあります。

また性別でいうと、男性よりも女性のほうが圧倒的に発病率が高いとされています。

関節リウマチの明確な原因はわかっていませんが、女性の発病が多いことから、性ホルモンに何らかの原因があるのではないかとも考えられています。

他にも、

  • ウイルスや細菌の感染
  • 喫煙の影響

などが関係していると考えられています。

また、関節リウマチはSLE(全身性エリテマトーデス)などと共に膠原病の一種というとらえかたをする専門家もいます。

同じ関節リウマチでも人によって原因が異なる場合もありますし、原因が一つだけとも限らないのです。

関節リウマチは遺伝する?またどんな環境が発症に関係するのか

関節リウマチは遺伝してしまうと心配されている方もいるかもしれません。関節リウマチの発症に遺伝子が関係していることは確かですが、だからといって親から子へと単純に病気が遺伝していくというわけではありません。

ある研究では、関節リウマチになってしまった人のうちの一部では、ある特定の遺伝子が関わっているのではないかということが分かってきました。その遺伝子が、関節リウマチを発症させる何らかの引き金になっているということはあるかもしれません。

また、「こんな環境がよくない」とはっきり言えるわけではありません。関節リウマチの発症に関係しているとされる環境的要因は、いろいろあるのです。それらが複雑に関係しあって正常な遺伝子を傷つけたり、リウマチになりやすい遺伝子が働くきっかけを与えてしまっていると思われます。

上記しましたが、発症に関係していると考えられる環境的要因は、紫外線、化学物質、喫煙、過労、寒さなどの気候、妊娠や出産、ウイルスや細菌への感染などいろいろです。

そして、これは絶対によくないので気をつけたほうがよいと言えるものは何もありません。互いに何らかの影響を与え合って、結果的に関節リウマチを発症してしまうのではないかと言うことしかできないのです。

なぜリウマチは女性に多いのか?

関節リウマチは男性より女性のほうが罹るリスクが圧倒的に多い病気です。その理由は、関節リウマチの発症には女性ホルモンや妊娠・出産の影響が大きく関わっているからではないかと考えられます。

発症のピークが30~50代ということも、女性ホルモンの分泌量の変化が影響している理由だと考えられています。

女性ホルモンは女性の体や妊娠・出産時の胎児を守る大きな役割を果たしているため、女性ホルモンの変化が極めて大きくなる妊娠・出産時や更年期のホルモン分泌の影響が、自己免疫に何らかの影響を与えることが関節リウマチに関わっていると考えられます。

妊娠中はリウマチの症状が軽くなる傾向がある

一般的に、妊娠中は関節リウマチの症状が軽くなることが多いようです。7~8割の方が軽くなっているとされますが、逆に悪化してしまう方もいます。

妊娠中に症状が軽くなる理由として、妊娠中は免疫機能が抑えられているからだと考えられます。

妊娠中はおなかに赤ちゃんがいますね。その赤ちゃんを異物としてみてしまわないように、免疫機能が抑えられているのです。

ただし、妊娠で必要以上に体重が増えてしまうと関節への負担も大きくなりますから、体重を増やし過ぎないように注意しましょう。

また普段から行っていた運動は、妊娠中も続けておくようにしましょう。

出産後は、妊娠中に抑えられていた免疫機能が解除されてしまいます。すると自己免疫反応が急に高まってしまい、関節リウマチの症状が悪化してしまうことも多くなるのです。

また産後は慣れない育児で肉体的にも精神的にもストレスが多くなったり、睡眠時間も減ったりしてしまうでしょう。

症状が悪化して、思うように育児や家事ができない時には、がんばり過ぎないことも大切です。

原因が不明確だからこそ、予防や治療にはげみたい

関節リウマチをはじめとする膠原病は、かつては「不治の病」と長く言われてきましたが、近年では、根治まで可能ではないものの、進行・悪化を食い止める対症療法的な治療法は確立されている疾患が多いです。

関節リウマチもまさにその1つで、病院や診療所などで正しい治療を行うことで、寛解(炎症や痛みを最小限に抑え、毎日の生活を快適にすることができる状況)を迎えることは十分可能なのです。

▼関節リウマチの治療法についてはこちらの記事をご覧ください
指のこわばりや痛みは関節リウマチかも!症状と病院でうける治療法

原因がはっきりわからないからこそ予防にも努めたいですね。

▼関節リウマチの予防法についてはこちらの記事をご覧ください
リウマチは遺伝だけが原因ではない!普段からできる予防対策とは

キャラクター紹介
ページ上部に戻る