健康生活TOP 目に関する病気や症状 レーシック手術を安心して受けるためのクリニック・眼科の選び方

レーシック手術を安心して受けるためのクリニック・眼科の選び方

shutterstock_259910063

レーシックの後遺症として失明のことが気になっていますか?

レーシックの手術を本格的に検討するのであれば、何よりも手術そのものについてもっと知り、また実際に手術をしてくれる病院、医師を選ぶ必要があるでしょう。

大切な目の手術です。できる限りはリスクを排除すべきですよね。レーシックの手術を安心して受けるためには、事前準備としてどのように対策したらよいのでしょうか?

ここでは、眼科、クリニックの選び方などをお伝えします。

レーシックは後遺症が心配…実際に失明リスクはあるの?

レーシックに限らず、手術というものは100%の確率で成功するという保証はありません。とくにレーシック手術の失敗では、失明という後悔してもしきれない後遺症が残ってしまう可能性もあります

これは少しばかり想像の世界になってしまいますが、レーシック手術で躊躇する方たちというのは、そのほとんどは失明を恐れているからだと思うのです。

かくいう私も一時期真剣にレーシックの手術について悩んだ時期がありました。

当時はまだ、今ほど一般的にレーシックの手術が行なわれている時代ではなかったこともあって、結局私はリスクを避ける事にしたんですけどね。

レーシックの手術というのは、角膜にメスを入れることになります。理屈としては、角膜にメスを入れることで屈折率の矯正をするのです。この目にメスを入れるという行為が恐怖を呼びますよね。

当然のことながら手術を行うのは人間ですから、失敗することもあり得ます。しかし眼球で行なわれている手術で失敗などという事態は想像すらしたくはありませんよね!

それでは実際に、過去の手術で失明という失敗事例は発生しているのでしょうか?

失明事故は実際にあったのか?

過去に行なわれたレーシックの手術で、失明の事故が発生して被害を訴えたというニュースは見当たりません。これはあくまでもニュースのお話ですので、病院側と患者の側で内々で処理されていたら表面には出てきませんからね。

当然のことながら失明という医療事故が発生してしまうと、医療機器のメーカーにしても当事者の医師にしても最悪の事態でしょう…。そのために、危機回避には最大限の努力で行っているはずです。

失明以外の後遺症については、ドライアイなどの合併症を始めとして色々と発生しているのは事実です。

その代表的な後遺症には、

  • ドライアイ
  • 結膜下出血
  • 視界が霞む

などがあげられます。

レーシックの手術で最もよく発生する合併症は、何と言ってもドライアイです。なんとドライアイは、手術を受けた方のほとんどの患者さんに現れる症状なのです。

ドライアイになると文字通り目が乾燥してゴロゴロとした感じの異物感が酷くなります。このような症状に対しては、病院のアフターケアとして専用の目薬を処方してくれます。

また、アフターケアーをしっかりと行うことで、ドライアイの症状は多くの場合3ヶ月くらいで治まります。

レーシックの手術後に白目の部分に出血が見られることがあります。このような症状を結膜下出血と言い、これは手術中の器具が結膜の血管を傷つけることで引き起こされる症状です。通常は2週間くらいで治まります。

角膜を手術するわけですから、当たり前のことかもしれませんが、手術後は視界が霞んでしまうことがあります。これもまた一時的なもので、時間の経過とともに回復していきます。

▼関連記事
簡単に受けて大丈夫?レーシック手術の恐怖の後遺症

治療を決断する前にチェック!レーシックで後悔しないために

万一手術後に感染症などのトラブルを引き起こすことになってしまったとしたら、わずかでも機能していた視力が完全にゼロになってしまう(つまり、失明する)ことも考えられます。

もしそんなことになってしまったとしたら、悔やんでも悔やみきれないところです。

そこで、レーシックで後悔しないために注意すべきことにはどういったことが挙げられるのかをここで再確認しておきたいと思います。

レーシック治療を決断する前に、しっかりチェックしましょう。

レーシック治療を決断する前にチェック!

  1. レーシックのことを納得できるレベルで理解する
  2. レーシック治療を行うメリットとデメリットのバランスを熟考する
  3. 信頼できる医療機関で施術を受ける
  4. お医者さんから提示されたルールを遵守し、アドバイスは積極的に実践する
  5. 術後異変を感じたら、すぐに担当医に相談する

3に関しては、実際に病院側、クリニック側のミスによるレーシックにまつわるトラブルも少なくないことを考慮して、やはり必要なことだと思います。

何をもって「信頼できる医療機関」とするのかは、正直少し難しい問題ですが、やはり信頼なしに施術を任せるわけにはいかないのです。

4について、信頼できるお医者さんであることを前提としているわけですから、お医者さんから提示されたルールの遵守は絶対であると解釈しましょう。

せっかく信頼できる医療機関を探し出したのに、ご自身の認識不足で術後トラブルを引き起こしたら、あまりにも残念です。

5についても、上でお話したとおりですが、レーシック治療に関するトラブルが多いことは事実なので、心配なこと、不安な症状が現れたら、その大小にかかわらず、すぐに担当医に迷わず相談しましょう。

ご自身の目を守るのは、最終的にはご自身であるべきなのです。

眼科・クリニック選びのポイント

クリニック選びの留意点というのは、下記のことを参考にしていただければと思います。

【留意すべきポイント】

  • 情報収集をしましょう
  • カウンセリングは大切です
  • アフターケアーの体制は万全ですか?

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

何かしらのことを実行しようとした時、情報収集というのは非常に重要なことです。

レーシックを実施しているクリニックは、それこそピンからキリまであると言えるでしょう。誰だってキリの病院で、目の手術を受けたいと思いませんからね。

レーシックの技術というと、ひとえにクリニックの設備と医師個人が持っている技量に大きく左右されてしまいます。また、クリニックにおける手術方式などの方針にも影響を受けるでしょう。

保険が適用されないレーシック手術は、金額的な面も病院選びの大切な要素になるはずです。これらのことは、クリニックのホームページが大いに参考となります。当然、口コミ情報は必ずチェックです。

ただし、情報を操作するようなステルス・マーケティングにはお気をつくださいね。

レーシックを実施しているクリニックというのは、手術に関してカウンセリングを行っているはずです。逆に言えば、カウンセリングを行っていない眼科は論外ということになりますね。

レーシック手術を受ける前には、必ずカウンセリングを受けるようにしてください。どのような手術であっても、患者さんと実際に手術を行う医師とのコミュニケーションは、非常に大切なことです。

執刀医の事前説明があれば、手術に対するイメーシが具体化しますし、手術に対する不安感も少なくできるはずです。もし、医師との面談で納得のできない部分があった場合、手術に臨むべきではありません。

レーシックに限りませんが、手術というのは執刀が終了すれば全てが終わるということではないはずです。信じられないかもしれませんが、クリニックの中には、アフターケアがないところもあるのです

あなたは、このような病院で角膜の手術を受けたいと思いますか?クリニック選びは、金額が安ければよいというものではないことをしっかりと認識していただきたいと思います。

最終的なクリニック選びの判断は、総合的なポイントが高いところを選ぶべきです。

医師の技量により差の出る結果

レーシックの手術は、けっしてどこで受けても同じというわけではありません。クリニックごとに提供される技術力の格差があるのは、ある意味当然のことでもあります。

それぞれのクリニックがもつ技術力というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

医師個人が持っている技術

例えクリニックに最新の医療機器類が設備として備わっていたとしても、結局、執刀するのは医師個人ということになりますから、手術の結果が医師個人の力量に左右されてしまうのは当然のことです。

仮に、技術力の低い医師が手術を行った場合、合併症の可能性は高くなりますし、望んだほど視力が回復できないケースも出てしまいます。また、フラップが適正に作られていない場合、不正乱視になる可能性もあります。

レーシック手術を後悔しないためには、技術力のある優れた医師に執刀してもらうことが非常に大切であることは言うまでもありませんね。

医師が行った過去の執刀実績

一般的にもよく使われる言葉に”経験がモノを言う”と表現することがありますが、手術などはまさに典型的な例ではないでしょうか?医師の力量は、実際に手術を行った経験値によるところが大きいと思います。

レーシックの手術は、眼科と美容整形外科で受けることができます。両者を比較した場合、手術の件数に関しては美容整形外科の方が多いので、経験値だけで見た場合は美容整形外科の方に軍配が上がります。

クリニックの機器設備

レーシック手術の結果を左右する要素の一つに、クリニックに備わっている医療機器の充実度があります。医師個人の力量や豊かな経験も大切ですが、やはり充実した医療機器も結果を左右することになります。

失明のリスクを抱えながら手術に踏み切るのであれば、例え費用の面で高くなったとしても最新の機器類を導入しているクリニックで受けるべきでしょう。

▼関連記事
怖い失明というレーシックの後遺症!安心して手術を受ける方法
「レーシック」視力改善しすぎで後遺症?近くが見えない・光が痛い

集団訴訟となったレーシック

失明ではありませんが、それでもレーシック手術の後遺症に悩む患者さんたちが、2014年の9月に某クリニックを相手取って集団訴訟を起こしたというニュースが流れました。

宣伝などではしきりに安全をPRしていますが、酷い後遺症で悩む方たちによって現実的には裁判沙汰にもなっています。

失明の心配をするよりも、他の後遺症を心配した方がよいかもしれませんね。それでもあなたは、レーシックの手術を受けますか?

ちなみに筆者はレーシックを否定するものではありません。安全に取り組んでいるクリニックはたくさんありますからね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る