健康生活TOP 目の症状 網膜剥離の症状となりやすい人の特徴に注目!眼科で進行を防ごう

網膜剥離の症状となりやすい人の特徴に注目!眼科で進行を防ごう

104372

網膜剥離と聞くと、ボクサーや格闘技の選手がなりやすいものというイメージがあるかもしれません。しかし実は、一般の人でも突然なってしまうことのある眼の病気です。最近、芸人や政治家が網膜剥離になったというニュースもありました。

どんな年代の方でも、どんな仕事をしている方でも突然なってしまう可能性のある網膜剥離。そして気づくのが遅れると、場合によっては失明してしまうことさえあります。

網膜剥離になるとどのような症状が現れるのでしょうか。どのような見え方をするようになったら眼科を受診するべきなのでしょうか。

網膜剥離って?網膜の役割とそれが剥がれてしまう原因を知ろう

網膜剥離とは、眼の中の網膜という膜がその外側にある膜から剥がれてしまう病気です。網膜に異常が起きてしまうことで、正常にものを見ることができなくなってしまいます。

日本では1万人から1万5000人に1人の割合で起きているとされます。

網膜の役割

網膜はよく、カメラのフィルムに例えられます。眼球の一番前にある「角膜」を通して入ってきた風景は、途中の「水晶体」でピント調節されて、眼球の一番奥にある「網膜」のフィルムに画像を結びます。

結ばれた画像は電気信号に変換されて視神経を通って脳へ行き、そこで初めて「ものを見た」ことを認識できるようになります。

網膜に問題があると、きちんとした画像を網膜上に結べなくなります。すると正常にものを見ることができなくなってしまいます。

網膜がその外側にある膜から剥がれ、網膜と外側の膜との間にできた隙間に水分がたまってしまった状態が「網膜剥離」です。剥がれてしまった網膜はもう正常に働けません。

治療せずにそのまま放置してしまうと、網膜はどんどん剥がれていってしまいます。そして最悪の場合、失明してしまうこともあるのです。

なぜ網膜が剥がれるのか

網膜はどうして剥がれてしまうのでしょうか。網膜が剥がれる原因として主なものは、網膜にアナがあいてしまうことです。あいたアナから水分が入り込み、そのせいで徐々に網膜は剥がれていってしまいます。

ではなぜ網膜にアナがあいてしまうのでしょう。これにはいろいろな理由があるのですが、中高年に一番多いのは老化によるものです。老化によって眼球の中の物体が変化して、それによってアナがあくのです。

眼球の中には「硝子体」と呼ばれるゼリー状の物質があります。この硝子体、若いころはゼリー状ですが歳をとるにつれてサラサラに液化してきます。

そして液化した部分とそうでない部分に分かれ、硝子体は少しずつ縮んでいきます。この硝子体が縮んでしまうこと自体は老化現象で、特別なことではありません。

ただ硝子体が縮む際には硝子体と接していた網膜も一緒に引っ張られてしまい、その力によって網膜にアナがあいてしまうことがあります。アナがあいてしまうと問題で、このアナから液化した硝子体が入りこんで網膜剥離になってしまうのです。

若年者の場合には、これとは別の原因でアナがあくこともあります。またアトピー性皮膚炎なども、網膜にアナがあいてしまう原因となります。そしてボクシングなどのように眼に衝撃を受けることでも網膜にアナがあいてしまいます。

こんな症状には要注意!網膜剥離で起こる目の症状をチェックしすぐに眼科へ

shutterstock_133787660

網膜に問題が起きると、見え方にも変化が見られます。その変化を放置したりせず、なるべく早く眼科を受診することが大切です。

網膜剥離が起きると、このような症状が現れます。

  • 飛蚊症
  • 光視症
  • 変視症
  • 視野欠損
  • 視力低下
  • 霧視

それぞれについてどんな症状なのか、詳しくみてみましょう。

飛蚊症

目の前に糸くずや小さな虫が飛んでいるように、黒い点がちらついて見えることがあります。これを「飛蚊症」と言います。

飛蚊症自体は老化によっても起こるもので、ほとんどの場合は病気と関係ありません。原因は眼球の中の濁りで、歳をとるにつれて誰でもなってしまうものです。

このような症状があっても特に治療は行いません。そのうち慣れて気にならなくなってきます。

ただ網膜剥離が原因で飛蚊症の症状が出てしまうこともあります。網膜にアナがあいたことや、アナがあくときに出血が起きてしまったことで黒っぽい影がちらついてしまうこともあるのです。

突然このような症状が起きた場合には、なるべく早く眼科を受診するようにしてください。飛蚊症は老化現象のこともありますが、網膜剥離が隠れていることもあるのです。早めに発見できれば、軽い症状の間に治すことができます。

光視症

眼をつぶっていたり、暗いところにいても視野の中に稲妻のような光が走って見えることがあります。これを「光視症」と言います。

光視症も老化によって起きることがあり、何の心配もいらないということもあります。老化によって硝子体が縮んでいくときには網膜も一緒に引っ張られるのですが、このときに網膜が刺激されて光が見えてしまうのです。

ただ網膜が引っ張られるときに、場合によってはアナがあいてしまうこともあります。するとそれが網膜剥離になってしまいます。

眼をつぶっているのに光が見えたというときには、全然心配しなくても大丈夫な状態かもしれませんがもしかすると網膜剥離が隠れているかもしれません。このような症状があれば、念のためすぐ眼科へ行きましょう。

変視症

網膜剥離の症状がもっと進んでしまうと、ものがゆがんで見えてしまう「変視症」と言う症状が出ることがあります。

視野欠損

網膜剥離が進んでしまうと、視野が欠けてきてしまいます。網膜の上部が剥がれると視野の下部が見えにくくなります。網膜の耳側が剥がれると視野の鼻側が見えにくくなります。

視力低下

網膜剥離の進行により、急に視力が低下してしまうことがあります。

変視症、視野欠損、視力低下といった症状は、飛蚊症や光視症の症状がないまま突然起きることもあります。異常があればすぐ眼科へ行きましょう。

霧視

ここまでにあげた症状が何もないまま、急に視野全体が暗くなってしまったり、かすんで霧がかったようになってしまうこともあります。これを「霧視」と言います。

人によっては何の前触れもないまま、霧視が起きてしまうこともあります。これは眼球の中の硝子体という部分に起きている出血が原因です。すぐ眼科へ行くようにしてください。

網膜剥離になりやすい人がいる!特徴を自分と照らし合わせてみて

shutterstock_1001967532

網膜剥離はどんな人にも突然起きてしまう可能性のある病気です。その中でも特になりやすいのはこのような人です。

20代と50代以降の人・男性に多し

特に20代と50代以降の人がなりやすいとされます。ただしどの年代にも起こる可能性はあるため、異常を感じたらすぐ眼科へ行くようにしてください。

女性よりは男性のほうがなりやすいようです。

近視の強い人

近視の強い人ほど網膜にはアナがあきやすい状態になっているため、網膜剥離になりやすくなります。

強い近視がある人は他にも、黄斑変性症といったような眼の病気にもかかりやすくなっています。変だなと思うことがあれば、放っておかないようにしましょう。

肉親に患者がいる人

肉親に網膜剥離になった患者がいる人は、そうでない人に比べて網膜剥離になりやすいとされます。心当たりのある人は気をつけるようにしてください。

眼を強くぶつけた人

ボクシングで眼に強い衝撃があったときやテニスなどでボールを眼にぶつけてしまったときには、網膜剥離を起こしてしまうことがあります。そのようなことがあったときにはしばらく注意して様子をみておいてください。

重症のアトピー性皮膚炎の人

重症のアトピー性皮膚炎のある人も網膜剥離になりやすいとされます。アトピーによるひどいかゆみのために眼の周りをかいたり叩いたりすることが原因で、網膜剥離になってしまうのです。

このように特に網膜剥離に気をつけておいたほうがよい人もいますが、この眼の病気はどんな人にも突然起きてしまうことがあります。

飛蚊症や光視症といった症状は老化によっても起きますが、そのような症状が起きたときにただの老化だろうですましてしまうと重大な病気を見逃してしまうかもしれません。

何の心配もないかもしれませんが念のために眼科を受診し、きちんと検査を受けるようにしてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る