健康生活TOP 目に関する病気や症状 原因はパソコン・スマホ・コンタクト!ドライアイの予防法と治し方

原因はパソコン・スマホ・コンタクト!ドライアイの予防法と治し方

ドライアイは患者数が年々増加しており、今日では仕事で目を使う人の3人に1人はドライアイ、実際に目の疲労感を訴えて眼科を受診する人の約6割がドライアイと言われるほど身近な現代病になってしまいました。

現在、日本には約2,200万人のドライアイ患者がいると言われていますが、実態ははっきりしていません。受診していない患者がまだまだ潜在していると推測されています。

目がしぱしぱしょぼしょぼする、目やにが多い、よく目がかすむ、眩しく見える、などなどドライアイの症状を感じていませんか?

ドライアイは軽く見過ごされやすい病気ですが、進行するとさまざまな不調や病気を引き起こすようになるため、放置はNGです。

このカテゴリではドライアイについて正しい知識を知るため、ドライアイの原因、対処法について分かりやすく説明しています。

ドライアイは涙のトラブルで起こる「れっきとした病気」

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)は、目を涙で十分に潤すことができなくなって、目の表面にある角膜や結膜に傷がついてしまう病気です。

医学的には「さまざまな原因で涙液層が不安定になるために涙の分泌量の減少、眼の不快感、視機能の異常などが生じる眼表面の乾燥症」といった定義がなされています。

かつてはあまり目にすることのない病名でした。というのも、ドライアイという概念が日本に入って来たのは1985年頃で、比較的新しい病気だからです。

涙の役割とは

ドライアイとは、いわば涙のトラブルで起こる目の病気といえます。

そもそも涙は何のために存在しているのでしょうか。涙が出るのは泣く時だけではありません。

涙は目の表面を保護するため、常に少量ずつ分泌して目の表面に広がっているのです。そして涙の約10%は目の表面から蒸発し、残りは「涙点」という穴から鼻に排出されていきます。

涙には次のような役割があります。

涙の役割

  • 目の表面を乾燥から守る
  • 老廃物、目の表面に付着した異物を洗い流す
  • 目の表面に付着したウイルス・細菌を殺菌する
  • 目に栄養分・酸素を供給する
  • 見えやすいよう、目の表面の凸凹をなくし滑らかにする

涙がこのようにたくさんの作用を受け持つことができるのは、涙に複数の有益な成分が含まれているためです。

涙の構造

涙は目の表面になじみやすいよう、内側からムチン層、水層、油層の順に異なる成分の3層で構成されています。

涙を構成する層 主な成分 成分が分泌される場所 役割
ムチン層 ムチン 目の表面の細胞 涙の蒸発を防ぐ
水層 たんぱく質
ブドウ糖
リゾチーム
など
涙腺 眼球を保護する
油層 油分 マイボーム腺 涙の安定性を高める

涙の構造
(出典…ドライアイ – 富樫眼科)

正常な涙は3層のバランスが保たれ、安定している(涙が蒸発しにくい)ので目の表面をしっかり保湿することができます。

目の表面にある角膜は水分をはじく性質を持っていますが、ムチン層が親水性を持ち目の表面と涙の水分をなじませるおかげで、涙がはじくことなく目の表面に均一に広がることができているのです。

もし3層のどれかが減少すると涙の質が変わって、目の表面を十分に保湿することができなくなり、ドライアイが起こりやすくなってしまいます。

ドライアイには2つのタイプがある

ドライアイには

  • 涙の分泌量が不足して「涙液減少型」
  • 涙が変質して蒸発しやすくなる「蒸発亢進型」

の2タイプがあります。

以前からよく知られているのは涙液減少型のドライアイですが、近年は若い人を中心に蒸発亢進型のドライアイも増加するようになりました。

蒸発亢進型のドライアイは、涙が蒸発して涙の膜にドライスポット(乾燥した場所)が生じやすくなります。

涙の膜にドライスポットができるまでの時間をBUT(Brake Up Tears=涙液層破壊時間)といい、蒸発亢進型のドライアイはBUTが起こるまでの時間が短いことから「BUT短縮型ドライアイ」と呼ばれます。

BUT短縮型ドライアイは、特にVDT作業に従事する人、スマホやパソコンを長時間見る人に多くみられます。

目の乾燥感から眼精疲労まで…ドライアイの症状

涙の分泌量が減ったり変質すると、目の表面にある角膜や結膜が乾燥し、ドライアイや目の病気にかかりやすくなります。

ドライアイの典型的な症状は目の乾燥感ですが、それ以外にもさまざまな症状が起こります。

ドライアイの症状

  • 目の乾く感じがする
  • 目が疲れやすい
  • 目が重い
  • 目の乾く感じがする
  • 目が疲れやすい
  • 白目が充血する
  • 目がゴロゴロ・しょぼしょぼする
  • 光がまぶしく感じる
  • 目がかすむ
  • 涙が出る
  • 目にかゆみがある
  • 白っぽい目やにが出る

これらの症状がある人は「10秒間チェック」をしてみましょう。まばたきをせずに目を開けていられる時間を測ります。

10秒間目を開けることができない場合はドライアイかもしれません。眼科で改めてドライアイの検査を受けることをおすすめします。

ドライアイが進行すると

ドライアイになると目の表面を涙で均一に潤すことができなくなり、目の表面に小さな凸凹が生じます。

すると、ものを見た時に目の表面の凸凹を通して入ってきた光は網膜(光を受け止める所)へまっすぐに届かないため、ピントが合わなくなってものが見えにくくなります。

そのためドライアイになると目がかすんだり、無意識にピントを合わせようとして目が疲れたりしやすくなります。また、ドライアイでものが見えにくい状態が続くと目に負担がかかり、眼精疲労に進行しやすくなってしまいます。

重度のドライアイになると目の表面の傷が深くなって角膜炎を併発しやすくなります。

ドライアイそのものは失明を起こすような重篤な病気ではありませんが、角膜炎は視力の低下や失明を引き起こすこともある病気なので注意が必要です。

私達の身の周りに潜むドライアイの原因

ドライアイを引き起こす涙の分泌不足、涙の変質は、生活習慣や体調などさまざまな原因が絡み合って起こります。

ドライアイの原因:加齢

加齢と共に涙を分泌する機能、涙の質が低下して目が乾燥しやすくなります。

ドライアイの原因:まばたき不足

まばたきをする回数が減ると、目の表面から涙が蒸発しやすくなります。

パソコンやスマホの画面を凝視している時は無意識にまばたきの回数が減るため、オフィスワークに従事する人、スマホを長時間使う人にBUT短縮型ドライアイが多く見られます。

まばたきの回数は1分間に15~18回が標準ですが、パソコンやスマホを見ている時7~12回くらいしかまばたきをしないといわれています。

ドライアイの原因:空気の乾燥

湿度の低い冬、エアコン使用時は、空気が乾燥して目も乾燥しやすくなります。

ドライアイの原因:コンタクトレンズによる目の乾燥

コンタクトレンズは、ハード、ソフトともドライアイの原因になりやすいので、コンタクトを使用する人は注意が必要です。

ハードコンタクトは表面張力によって涙の膜がレンズに引き込まれ、涙の膜が薄くなります。またソフトコンタクトはレンズから吸収された 涙が蒸発しやすくなり、コンタクト装着中はどうしても目が乾燥しやすくなるのです。

ドライアイの原因:ストレス

ストレスや緊張は、交感神経を優位にして涙の分泌を抑制します。

ドライアイの原因:薬の服用

降圧剤、精神安定剤の中には、涙の分泌を抑制する作用を持つものがあります。

ドライアイの原因:涙の油分不足(マイボーム腺の詰まり)

ドライアイの患者のほとんどに、マイボーム腺が詰まって油分の分泌が不足していることがわかっています。

マイボーム腺はまぶたのふちにあり、約60個の小さな穴から油分を分泌しています。加齢、老廃物の蓄積、ホルモンバランス、アイメイクなどが原因で、分泌する機能が低下しやすく「マイボーム機能不全」を起こすことがあります。

油は固まってマイボーム腺の穴に詰まりやすく、油が排出されなくなることで涙の油分不足を起こします。

ドライアイの原因:点眼薬の使用

目の表面に小さな傷のある人が防腐剤の添加された点眼薬を使うと、防腐剤の刺激によって傷が悪化し、涙を分泌する機能が低下してドライアイになる場合があります。

ドライアイの原因:シェーグレン症候群

全身性免疫疾患「シェーグレン症候群」が原因でドライアイが起こる場合もあります。

シェーグレン症候群は、全身の分泌腺の機能が低下する病気です。40代以上の女性でドライアイだけでなく口腔や膣の乾燥を伴う場合は、この病気が疑われます。

原因ははっきり分かっていませんが、なんらかのきっかけで免疫が分泌腺を攻撃するために起こると考えられています。

ドライアイの原因:その他の病気

ドライアイの原因としてはそれほど頻度の高くないものに、以下の病気もあります。

眼瞼痙攣
眼瞼痙攣は、脳内で運動機能の一部に異常が起こり、まぶたの開閉がスムーズにできなくなる病気です。光をまぶしく感じる、目の乾燥感を伴うなど症状はドライアイと似ています。発症しやすいのは50代以上の女性です。
スティーブンス・ジョンソン症候群
スティーブンス・ジョンソン症候群は、薬の副作用、ウイルス感染で全身の粘膜に炎症が起こる病気です。重度のドライアイが起こります。
私達の身の周りにはドライアイの誘因になるものが数多く存在しているのです。ドライアイを引き起こす病気や薬があることも是非知っておきたいですね。

▼関連記事
ドライアイの意外な原因8つと日々からできる改善法を徹底紹介!
瞬きがドライアイを左右する?瞬きの意外な重要性とは
睡眠薬や抗うつ薬を常用している方はドライアイにもご注意を
その症状、実はドライアイではないのかも!眼瞼痙攣の可能性あり?!

眼科ではどんな検査をする?ドライアイの検査法をチェック

ドライアイそのものは治療を急ぐような強い症状がないため、多くの人は不快感をおぼえつつも「たかが目の乾燥」と、受診せずにやり過ごすことが多くなっています。

ドライアイはれっきとした病気ですから適切な治療が必要です。ドライアイかもしれない、と思った時点で早めに眼科を受診して検査を受けましょう。

眼科では「シルマーテスト」「染色検査」「BUT検査」を行なって、涙の分泌量や質、目の表面の状態を検査します。どの検査も苦痛を伴うものではありません。

シルマーテスト
下まぶたにろ紙を挟んで、ろ紙の濡れ方で涙の分泌量を測定します。5分間で10mm以上なら正常、5mm以下なら涙の分量が不足しています。
染色検査
目の検査専用の色素「フルオレセイン」や「ローズベンガル」を目に点眼してから顕微鏡で観察し、色素の染まり方で目の傷や涙の層が不安定になっている部分を確認します。
染色液BUT検査
10秒間まばたきをせずに目を開け、涙の膜にドライスポットができるまでの時間(BUT)を測定します。BUTが10秒以上なら正常、5秒以下なら涙の質がムチン、水分、油分のどれかが不足して涙の質が不安定になっています。

患者の自覚症状、これらの検査結果から総合してドライアイの診断が行なわれます。

診断基準では、眼の不快感や視機能の低下といった自覚症状があり、かつBUT検査の値が5秒以下ならばドライアイと定められています。(2016年ドライアイ研究会の協議による)

基本は点眼薬の処方…眼科で受けるドライアイの治療について

眼科ではドライアイの症状を抑える治療を行います。基本的な治療法は点眼薬の処方で、涙点をふさぐ「涙点プラグ療法」という方法を併用する場合もあります。

ドライアイの治療法:点眼薬

目の表面を潤してドライアイの症状を改善するため、点眼薬が処方されます。

ドライアイに処方される主な点眼薬

点眼薬の種類 主な成分 主な効能
人工涙液 塩化カリウム
ホウ酸
不足している涙を補う
ヒアルロン酸0.1%点眼薬 ヒアルロン酸 目を保湿する
角膜の傷を修復する
レパミピド点眼薬 レパミピド ムチンの分泌を促進する
ジクアホソルナトリウム点眼液 ジクアホソルNa 涙の水分を増やす
ムチンの分泌を促進する

人工涙液成分の入った目薬は市販もされていますが目を保湿するだけなので、ドライアイの症状が進んでいる場合は眼科でムコスタ(レパミピド点眼薬)やジクアス(ジクアホソルナトリウム点眼液)などを処方してもらい、涙の量と質から改善するのがおすすめです。

ドライアイの治療法:涙点プラグ療法

涙点プラグ療法は、上下の涙点にシリコン製の涙点プラグを挿入する治療法です。涙を目の表面にとどめ、涙に含まれる成分で目の傷を改善させる効果が期待できます。点眼薬だけで改善されないドライアイに用いられる治療法です。

<引用 : http://www.nichigan.or.jp/public/disease/img/dryeye7.jpg >

ドライアイの治療法:マイボーム腺機能不全の治療

マイボーム腺機能不全でドライアイを起こしている場合は、マイボーム腺の詰まりを解消する治療を行います。マイボーム腺機能不全の治療法は目の温罨法(温熱療法)と眼瞼清拭です。

マイボーム腺に詰まって固まった油は、温めるとゆるんで排出されやすくなります。そこで、ホットタオルや赤外線機器などでまぶたを温めてから目のふちを清浄綿などで拭き取ってマイボーム腺の油を取り除きます。

目を酷使する人・目が乾燥する人は即実践!ドライアイの予防法

目を酷使する人、目の乾燥感や不快感のある人は、普段からドライアイ対策をしっかり行いましょう。

ドライアイの予防法:まばたきを増やす

VDT作業に従事する人、長距離運転のドライバーは、作業中に意識してまばたきをして涙の分泌を促進させます。3~4秒に1回を目安にまばたきをしましょう。

ドライアイの予防法:目をなるべく休ませる

パソコンやスマホを長時間使用する人は、使用時間を減らしたりこまめに休憩を取ったりして目の負担を抑えることも大切です。コンタクトレンズをしている人は、帰宅したらすぐコンタクトと外すなどして装着時間をなるべく減らします。

ドライアイの予防法:適切に点眼薬を使う

点眼薬を適切に使用して目の乾燥を防ぎます。コンタクトレンズをしている人はこまめに人工涙液(眼科で処方されるマイティア点眼薬、市販されている第3類薬品薬の「ソフトサンティア」など)や防腐剤無添加の目薬を点眼しましょう。

ドライアイの予防法:部屋を保湿する

エアコンを使うと、部屋の空気が乾燥したりエアコンの風が目に当たったりして目が乾燥しやすくなります。部屋を加湿する、風の向きを調整するなどの工夫をして目の乾燥を防ぎましょう。

ドライアイの予防法:目元を温める

目元を温めるとマイボーム腺の詰まりを防ぐことができます。また、温めると目の周りにある筋肉「眼輪筋」の血行が促進され、眼輪筋が関わっているまばたきや涙の分泌がスムーズになる効果も得られます。

仕事の合間、パソコンやスマホの使用中に目が疲れた時、温かいおしぼりなどで目元を10分程度温めると良いでしょう。

ドライアイの予防法:ドライアイ用のメガネかける

空気が乾燥して目が辛い時は、ドライアイ用のメガネ(フード付き眼鏡、保湿眼鏡など)をかけて目を保湿しましょう。

フード付き眼鏡はフレームにフードが付いていて目に風が当たるのを防いでくれます。中には水を入れるタンクが付いていて水蒸気で目を保湿するタイプのメガネもあります。

機能性を重視したタイプのメガネですが最近はおしゃれなデザインも増えてきているので、男性も女性も気軽に利用できるのではないかと思います。

ドライアイを予防するには目や目のまわりの湿度を高めることが大切ですね。

▼関連記事
冬は瞳も乾燥します!冬の乾燥によるドライアイを予防する3つの習慣
意外!ドライアイで頭痛や肩こりなどの症状が…その関係と改善法
【ドライアイ症状別】冷やすのと温めるのと…どっちが良い?
加湿器でドライアイ解消!加湿器の効果と正しい使い方
ドライアイを改善するには紫色の食べ物が良い!その理由とは?
もう目薬には頼らない!ドライアイから卒業できるムチンの効能

ドライアイはストレスやうつも引き起こす?目はもっと大切に

ドライアイは眼精疲労や目の病気を引き起こすだけでなく、ストレス、幸福感の低下、うつなどを引き起こしやすくすることも分かっています。

目に不快感をおぼえても忙しいとケアを後回しにしてしまいがちですが、ドライアイの症状が進行して、パソコンやスマホの画面を見るのも辛くなるのは困りますよね。

情報社会でしなやかに生きていくため、これからはもっと目を大切にして潤いのある瞳を保ちましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る