健康生活TOP 整腸 良いおなら・悪いおならで大腸の病気を見極める!においの法則

良いおなら・悪いおならで大腸の病気を見極める!においの法則

shutterstock_224936476

「たかがおならのにおいくらい」とあなどってはいけません!

おならは一番わかりやすい健康サインです。なぜなら腸が身体全体の健康のカギを握っているからです。

「えっ…わたしのおなら、くさすぎ!?」とドキッとしたことがあるなら、いえ、なくても、健康のバロメーターであるおならをしっかり見極めましょう。

おならで健康管理ができる

毎日の健康状態を確認するにはおならが最適です。ひとりの時にこっそりと自分のおならのにおいを嗅いでみましょう。

じつはおならには良質なおならと悪質なおならがあります。そしてそれは腸の状態すなわち身体の健康状態を物語っているのです。

良質なおならは思わず顔をしかめたくなるような嫌なにおいはしません。しかし腸の状態が不安定な場合は何かが腐ったようなきついにおいがします。

あなたのおならはどうでしょうか?今日から毎日おならで健康チェックをしてみましょう。

良質なおならは発酵タイプ

おならは口の中から呼吸によって入ってくる空気が約7割を占めています。一般的におならというとくさくて嫌なものというイメージがありますが、実はそのほとんどの成分はただの空気なのです。

ではどうしてくさくなるのでしょうか?そのにおいの質は残りの3割の成分で決まります。

良質なおならはその3割が腸内で食べ物が分解された時に出る発酵ガスで構成されています。おなら特有のにおいはありますが嫌なにおいはしません。

食生活で野菜や穀物をしっかりとっている証拠であり、腸内環境も良い状態といえます。回数は人それぞれですがだいたい平均して1日に5回~20回くらいでしょう。

おならの回数が多いと悩む人もいますが、1日20回ほどでしたら体の異常ではないので安心してください。でなければ、むしろ気にしてしまうことでストレスが溜まってしまい過敏性腸候症群になり、頻繁におならが出るようになってしまいます。

悪質なおならは腐敗タイプ

では悪質なおならとはなにが原因なのでしょうか?それはやはり肉や魚や卵などタンパク質の多い食生活が一番の原因です。身体の中では分解しきれなかった食べ物が腐敗します。「腐」とは「府=体」、つまり肉が体内で腐ると書きます。

蒸し暑い時期に肉と野菜を放置しているとどうなるでしょうか?すぐに腐敗していくのは肉ですよね。体内というのは適度な温度があり、そして湿度もあり、食べ物が腐るには絶好の環境なのです。

しかし野菜や穀物だと、たとえ同じ時間、同じ環境であったとしても肉よりも腐敗の進行が遅いわけですから、たとえ便秘気味になっても顔をしかめてしまうほどの悪臭にはなりません。悪臭の原因は腸内の細菌の状態が左右しています。

肉の常食により腸内で腐敗がすすむと、悪玉菌が善玉菌よりも圧倒的に優勢になってしまうので、鼻をつまむような腐敗したにおいのおならが出るわけです。そしてこのような悪い腸内環境が続くとやがて病気の原因になる場合があるので要注意です。

悪質なおならでわかる病気

においのくさい腐敗タイプのおならが良く出る場合は、もはや腐敗だけが原因ではない場合もあります。大腸が何らかの病気になってしまったシグナルである場合もあるので注意が必要です。

では悪質なおならでわかる大腸の病気をみていきましょう。

大腸がん

においの異常にくさい悪質なおならでわかる病気で一番こわいのがやはり大腸ガンです。

大腸ガンに限らず、ガンという病気は自覚症状が出始めた時点で、すでにかなり進行してしまっているケースが多いのが特徴です。

ですが初期症状としておならの異常なにおいで気づけますから、できるだけ早めに対処することが重要です。

ある研究によると、大腸がんの患者は健康な人のおならの約10倍ものにおいのきついおならが出るという報告がされています。

においの種類的には「たまねぎの腐ったにおい」というのが一番あてはまります。このような異臭は大腸内のガンが壊死したり、ガンによる出血の腐敗が原因でおこります。

またガンが成長すると腸内の通路を妨げてしまうために便が細くなったり、便秘しがちになるために便が腐敗しやすく悪臭となります。またおならの回数も異常に増加する傾向にあります。

  • 便が細くなった
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便に血がついている

悪臭のするおならと回数の増加に加えて、このような3つの症状がある場合は早めに病院の消化器科を受診することをおすすめします。

大腸憩室炎

大腸憩室とは、大腸の壁に袋のような空間が飛び出してしまうことです。普通は痛みも何もない無症状であれば治療の必要はありません。しかし大腸憩室炎になると憩室に便が詰まることで発熱や腹痛、下痢などが起こります。

そしておならもくさいにおいとなります。なぜこのような袋ができてしまうかというと、便秘が続くことで腸の壁の筋肉が分厚くなり腸内の圧力が高まります。しかし血管が通っている部分は筋肉がなく弱いので圧力がかかり飛び出してしまうのです。

大腸ガンと同じく、この大腸憩室炎も、肉や魚、卵などのタンパク質を中心とした食生活が大きな原因のひとつです。

この大腸憩室炎も自覚症状があまりない病気であり、日々のお腹の状態、便、そしておならがサインとなります。

  • 強い腹痛、発熱がおこる
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便に血がついている

悪臭のするおならと回数の増加に加えて、このような3つの症状がある場合は一度、病院の消化器科を受診することをおすすめします。大腸憩室炎は症状が進行すると憩室の袋から穴が開いてしまうことがあるのでできるだけ早く治療をすることが大切です。

食生活を見直すことが一番

shutterstock_102958790
とにかく一番は食生活を見直してみることです。最近は食事内容が欧米化してきていますから大腸の病気がとても増えてきています。便利だからといってスーパーのお惣菜やコンビニのお弁当に頼りがちになっていませんか?

食品添加物などのことも考えるとやはり基本は自炊するのが一番です。たとえば外食のトンカツ定食、またはコンビニのトンカツ弁当を食べるのと、家でトンカツを揚げるのでは全く違います。

家では新鮮な油で揚げることができますし、何より添加物は入っていません。肉や揚げ物などを食べたい時はできるだけ腸の負担を軽くするためにも家で作りましょう。また基本はやはり野菜たっぷりの和食にすることが一番です。

しかし食事を和食系にするだけでは腸は元気にはなりません。大切なのはとにかく食べ過ぎないことです。現代人の腸は日頃の食べ過ぎによって消化作業に追われてクタクタに疲れきっています。

いくら睡眠をたくさんとっても、起きた時に身体がだるく疲れがとれていないのは、そのほとんどの原因が食べ過ぎです。食事は腹八分目にして腸の負担を減らしてあげましょう。

症状が重なった時は病院へ

おならのにおいというのは日々の食べ物でコロコロと変わるものです。また精神的なストレスや疲労などでもすぐに腸は反応しますから便秘や下痢になったり、その都度においもきつくなったりします。

ご紹介してきたように要注意なのはおならの他に別の症状が重なった時です。

においのきついおならの症状の他に、便の異常やお腹の痛みなどもある場合はご紹介したような大腸の病気が疑われます。できるだけ早めに病院の消化器科を受診してください。

おならのサインを見逃さない

良質なおならと悪質なおならは身体からのサインです。においのきついおならが続く場合には食生活や生活習慣をあらためましょう。

それでも改善しない場合は「たかがおならのにおい」と思わずに、一度病院の消化器科を受診してください。

身体はつねになんらかのサインを出して不調であることを訴えてきているものです。おならは身体からのメッセージとして日頃からもっと意識するようにしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る