健康生活TOP 内出血 女性は青あざができやすい!早く治す方法と青あざマル秘予防法

女性は青あざができやすい!早く治す方法と青あざマル秘予防法

shutterstock_221691247

何気なく体を見たら青あざができていて「いつの間にぶつけたんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?

女性は男性よりも青あざができやすく、このようにぶつけた覚えのない青あざを見つけることも珍しくないのです。

青あざって、なぜできてしまうのでしょう…?ここでは青あざができやすい理由と対処法について説明していきます。

半そでの時期に向けても要チェックですね!

青あざは皮膚の下の血液

青あざとは、打撲(打ち身)で生じる出血斑のこと。青紫っぽく見えているのは、破れた血管からしみ出て皮膚の下にたまっている血液です。

打撲による青あざは自然に解消していくのであまり心配いりません。赤っぽい色から青紫色に変わり、数日後に黄色っぽくなっていれば順調に回復している証拠です。特に受診しなくても大丈夫なことが多いでしょう。

ぶつけた記憶のない青あざもたいていは打撲で、内出血を起こしやすい人に多いです。ごく軽くぶつけただけ、摩擦しただけでも内出血を起こしているため、本人も気づかないのでしょう。

女性に青あざができやすい理由

男性より女性のほうが内出血しやすく青あざができやすいという傾向があります。それはなぜでしょうか?いくつか見てみましょう。

ホルモンバランスの影響

女性はホルモンのバランスが変調しやすく、ホルモンの影響で体にさまざまな影響を受けることが多いものです。

ホルモンバランスによっては血管が弱くなり内出血が起こりやすくなることもあるのです。生理中に青あざができやすい人もいます。

貧血が原因

女性は毎月の生理で鉄分が不足しやすく、貧血気味の人が少なくありません。鉄は血管を丈夫にするコラーゲンの生成を促します。そのため鉄が不足する血管がもろくなってしまい、内出血が起こりやすくなってしまいます。

筋肉量が少ない

筋肉には出血が起こった時に、収縮することで血管を圧迫し止血する作用もあります。

筋肉量が多ければ青あざができるまでに内出血をとめることができるのですが、女性のように筋肉量が少ないと内出血がすぐに止まらないので青あざができやすくなってしまうのです。

冷え性が原因

また血液の循環が良い人は一度できた内出血の回復もスムーズなのですが、冷え性の人は血液の循環が悪いので内出血の治りも悪く、青あざが人よりも目立ちやすくなってしまいます。

青あざの予防・対処法

打撲による青あざが深刻な病気ではないとはいえ、触れると痛むし女性は人目につくと恥ずかしいといった悩みを伴うので、できれば青あざは作りたくありませんよね。

青あざがひどくならず早く治るには、内出血しにくく青あざのできにくい体調が必要です。女性、特に青あざができやすいと感じている人は、次の対策を実践して青あざの悩みを解消しましょう。

栄養摂取で血管を丈夫にする

shutterstock_243914488
わずかな衝撃で切れてしまう血管を丈夫にするには、血管を丈夫にする栄養素を摂取するのがおすすめ。次の成分を意識して摂取してみてください。

【コラーゲン】

しなやかで丈夫な血管を作るのに欠かせない成分です。

  • 鶏肉
  • 手羽先
  • 軟骨
  • 牛筋
  • 豚バラ
  • 豚骨スープ
  • 魚の煮にこごり

など。

【鉄】

コラーゲンの生成を助け血管を丈夫にします。女性は鉄欠乏性貧血に陥りやすいので、日頃から鉄を積極的に摂取してください。

  • あさり
  • しじみ
  • レバー
  • 牛肉
  • ひじき
  • 小松菜

などに含まれます。

【ビタミンC】

コラーゲンの生成や鉄の吸収を促進し、出血を防いでくれるビタミンです。

  • かんきつ類
  • キウイフルーツ
  • イチゴ
  • ピーマン

などに含まれています。コラーゲンや鉄と一緒に摂取するのが効果的です。

【ビタミンK】

「止血のビタミン」と呼ばれるビタミンKが不足すると内出血が起こりやすくなります。通常の食事をしていれば不足は起こりにくい栄養素ですが、青あざのできやすい人は意識して摂取するようにしてみてください。

  • 納豆
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • 春菊

に多く含まれています。

血行を良くする

shutterstock_259403627
冷え性の人は血液の循環を良くして、内出血が青あざになるのを防ぎましょう。

  • 冷たい物を控える
  • 気候に合った服装で体を冷やさない
  • お風呂にゆっくり浸かって体を温める
  • 適度な運動をする

…といった冷え性対策を行ってください。

内出血が起こったら

もし内出血してしまったら、早めに患部を冷却して炎症を鎮めてください。日にちの経過している青あざは、逆に温めて患部の血行を良くした方が治りやすくなります。

青あざの周辺をマッサージしたり、束ねた20~30本の爪楊枝の先で青あざを軽く叩くのも効果的です。

ヘパリン類似物質のクリームや湿布も回復を早めてくれるでしょう。

こんな人は青あざができやすい

次に挙げるのは、青あざができやすい人に多い兆候です。当てはまる人は上記の方法を実践してみてください。

  • むくみやすい
  • 注射の後に出血しやすい
  • 生理痛が強い

また、血管が弱い、冷え性があるという人は他の病気のリスクも高くなっている可能性があります。青あざの予防という目的だけでなく、病気予防のためにも健康管理をしっかりと行ってくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る