健康生活TOP 肋間神経痛 胸が痛い!肋間神経痛に湿布が効く場合の痛みの特徴と湿布を貼る場所

胸が痛い!肋間神経痛に湿布が効く場合の痛みの特徴と湿布を貼る場所

あばら付近をおさえる女性

肋間神経痛と言うのは、胸部の左右から脇にかけて痛みが走る神経痛です。12対の肋骨に対して、肋間神経も12対あるため、一番下のものは「肋間」ではなく「肋下」と言うことになりますね。

肋間神経痛は病気ではなく症状ですので、その神経痛の原因を突き止めておいた方が安心です。この部位の痛みは、原因がはっきりしないものから骨折、がんによるものまで様々なものがありますから、一度は受診された方が良いでしょう。

もっとも多い肋間神経痛は原因になる病気が見当たらないもの

これがいわゆる「肋間神経痛」と言われるものでもっとも多いものです。特にけがや病気がないのに、胸の高さで背中から胸の正面にかけてのどこかでピリピリした痛みが走るというのが典型的な症状です。

ほとんどの場合片側だけに起こり、左右対称に現れることはまずありません。左右対象に現れた場合は、何か他の原因があると考えた方が安全ですね。

肋間神経痛は胸の筋肉と骨に神経が挟まれて起こる

最近では手根管症候群による手のしびれなどで少しは名を知られるようになってきた絞扼神経症(こうやくしんけいしょう)と言う症状があります。文字通り神経が締め付けられることで痛みやしびれが出る障害のことです。

肋間神経は脊髄から出る胸神経が枝分かれしたものです。これは主に胸の筋肉の運動と感覚をつかさどっているものです。また、胸神経自体は体幹部皮膚の運動と間隔をつかさどっていますので、肋間神経痛では皮膚の痛みと感じられることもあります。

他に原因になる病気やけがが見当たらない肋間神経痛は、この肋間神経自体が筋肉の腫れなどによって、筋肉同士あるいは筋肉と骨に挟まれて締め付けられることが原因で起こっています。

ですので、腫れが治まれば神経痛も治まりますので、いわゆる一過性の症状として起こることが多いものなのです。

しかし筋肉の腫れが、同じ動作の繰り返しや不自然な姿勢、ストレスや疲労などによって「凝り」と呼ばれるような状態になっていると、なかなか治まってくれないことも珍しくないのです。

一般的な治療は湿布と痛み止めの飲み薬

肋間神経痛では、原因が明らかでない場合痛み止めの内服薬と湿布が処方されることが多いでしょう。最初はいわゆるNSAIDsの内服薬と、これもNSAIDsですが、ケトプロフェン外用薬(商品名:モーラステープなど・ジェネリックあり)などが処方されるでしょう。

その他の湿布薬や飲み薬が用いられることも、お医者さんの判断で行われると思います。しかし、あとでお話しする帯状疱疹による神経痛のように、NSAIDsが効きにくいこともありますので、その場合、リリカカプセルなど他の内服薬に替えられるかもしれません。

また、湿布薬もモーラステープのような冷感タイプから、パップ剤(4-12)(商品名:ラクール温シップなど・ジェネリックのみ存在)と言う温感タイプの湿布に切り替えられるかもしれません。

この昔からあるタイプの湿布薬は、一般名が番号で示されているので良く判らない部分があるのですが、どうやら3と4で始まるものは主成分の消炎鎮痛剤がサリチル酸メチルのもののようです。そして、3が冷湿布、4が温湿布のようですね。

胸の部分には目立たない小さな筋肉がいっぱいある

肩こりに湿布が有効なのと同じで、肋骨周りの筋肉に慢性的な緊張から凝りが起こっている場合には、その凝りを湿布でほぐしてやることができれば、肋間神経痛を軽減できる可能性があります。

でも、肋骨の筋肉と言われてもピンときませんよね。一般的に胸の筋肉と言えば大胸筋をイメージされるでしょう。しかし、意外なほど肋骨周りには小さな筋肉が数多く存在しているのです。

例えば小胸筋と言う筋肉は大胸筋の下に隠れている筋肉ですが、腕を内側に動かす時によく働いている筋肉です。上後鋸筋は背中側で僧帽筋の下に隠れている筋肉ですが、呼吸の時に肋骨を持ちあげる働きをしています。

また、前鋸筋は肩甲骨と肋骨をつないでいますし、内外の肋間筋は肋骨の間を広げたり狭めたりして胸郭の大きさを変え、呼吸に役立っています。

まだまだ胸郭には筋肉がありますが、こうした筋肉は悪い姿勢や無理な姿勢、さらにはストレスなどで持続的な緊張から凝りが起こってしまうことがあるのです。

その結果、肋間神経の一部を締め付けて痛みが起こるということが考えられています。

肋骨周りの筋肉と言っても普段は意識することはありませんよね。でも、細かな動きをたくさんの筋肉が行ってくれているんですよ。

肋間神経痛の治療は凝りをほぐすこと

肋間神経痛を引き起こしている筋肉を見つけるのはなかなか難しいですが、逆にどれか一つだけの筋肉に緊張が起こっているのではないということも言えるでしょう。

どこかの筋肉が神経を締め付けてしまうぐらい緊張しているのであれば、その近くの筋肉も、おそらく結構緊張しているのではないかと推定できますよね。

肋間神経痛は筋肉の腫れで起こるから湿布は有効

こうした凝りに対して、湿布を貼って凝りをほぐしてやることが肋間神経痛の治療になるという訳です。肋間神経は脊髄からでて、胸椎の孔から身体の前の方へ伸びています。

ですので、神経痛で痛みを感じる場所を端にして、背中寄りの方向へ湿布を貼ってやるのが一番「当たり」の場所になる可能性が高くなります。あるいは指でそのあたりの筋肉を探り、凝りのある場所を見つけられればもっと良いですね。

ただし、こうした筋肉は表から見えなかったり、見えていても非常にデリケートだったりしますので、強い力で探ってはいけません。そっと指を這わせる程度にしておいて下さい。

ゆっくりとした運動と深呼吸が凝りをほぐす

凝りをほぐすなら運動が一番とばかりに激しい運動をしてはいけません。肋骨周りの筋肉は、そんなに大きな力を発揮するためのものではありませんので、無理に動かすとかえって筋肉を傷めます。

まずはゆっくり腕を動かして、猫背になっているようであれば、胸を張ることを意識して動きましょう。この時鏡を見て、身体の左右に歪みがないかをチェックしてください。

どちらかにねじれていたり、傾いていたりした場合、それをゆっくり元に戻しましょう。無理に行わず、自然な姿勢になるよう意識するだけでいいですよ。

そして深呼吸です。ラジオ体操の整理運動のように、ゆっくりと伸びて深呼吸を行います。深呼吸は肋骨周りの筋肉をたくさん動かしますので効果が期待できるでしょう。
ストレスが溜まると呼吸が浅くなるともいわれていますね。定期的な深呼吸でストレスを解消すると、肋間神経痛も軽減できるでしょう。

肋間神経痛には温湿布の方が有効であるかもしれない

世間の噂レベルではありますが、肋間神経痛には温湿布が良いと言います。神経痛は冷えると起こることが多いので、そのように言われているのかもしれませんね。

湿布の冷感タイプと温感タイプ、実は「気持ちが良い方を選べばいい」と言う側面があるのは確かですので、どちらを選んでも問題ないのかもしれません。

湿布の温感と冷感は配合されている成分の違い

例えば一般名「温湿布(4-12)」と「冷湿布(3-12)」は、どちらもサリチル酸メチルと言う古典的なNSAIDsが主成分で、dl-カンフルと言う消炎鎮痛剤も共通で配合されています。

異なるのは温湿布の方がサリチル酸メチルの含有量が半分だということですね。これは温感と冷感をもたらす成分の違いとの関係かもしれません。そこで、温冷の違いをもたらす成分に注目してみましょう。

冷感湿布には「l-メントール」と言うハッカに由来する清涼成分が配合されています。この成分は皮膚につくと冷涼感を引き起こすチャネルを刺激するので冷やっとして感じられるもので、実際に皮膚の温度を下げているわけではありません。

一方、温感湿布には「カプサイシン」と言う、唐辛子に由来する辛み成分が配合されています。これが皮膚につくと温感(灼熱感)を引き起こすチャネルが刺激されます。これも実際に皮膚の温度を上げるものではありません。

もちろん、どちらも度を超して塗布すると、炎症につながり皮膚の温度が上昇しますから用量と用法はしっかり守って下さい。

一般的には急性期には冷湿布が、慢性機には温湿布がいいと言われていますが、自分にとって気持ちいいと感じられる方を選ぶのが正解だと考えて差し支えないでしょう。

実際に保温材や保冷材を使って、患部を温めたり冷やしたりと言う手当てについては、急性期には冷やし慢性期には温めると言う対応をするので、そのイメージからそのように語られているのかもしれませんね。

温湿布の成分が肋間神経痛に効くかもしれない

俗に「肋間神経痛には温湿布がいい」と言われているのは、この温感をもたらすカプサイシンによる影響が考えられます。

あとでお話しする帯状疱疹による肋間神経痛には、カプサイシン軟膏が有効であることが判っているのです。この温感湿布にもカプサイシンが配合されています。

もちろん、湿布に含まれているカプサイシンは、軟膏のものに比べるとずっと少ない量ですが、持続的に皮膚から吸収されることが期待できるので、主成分の鎮痛薬の効果と相まって有効である可能性があります。

特に研究データがあるわけではないので、温湿布の優位性と言うものは断言できませんが、同じ種類の湿布であれば温感タイプでも冷感タイプでも薬価は同じですから、お医者さんに相談して温感タイプを処方してもらうのが良いかもしれませんね。

このことは他の神経痛にも共通するかもしれませんね。もし神経痛でお悩みの場合、カプサイシン配合の温湿布を試してみられるのも悪くないかもしれません。

女性に多い骨折による胸の痛みは骨粗しょう症が原因

さて、ここからは肋間神経痛でも、原因がはっきりしている物について少し触れておきましょう。いずれも湿布薬の効果が期待はできますが、筋肉の腫れによるものに比べると効果は薄いかもしれません。

中年以降の女性では骨密度の低下から、ちょっとしたきっかけ、例えば咳やくしゃみ、無理な姿勢などで肋骨にひびが入る場合があります。

このひびは微小なものである場合が多く、痛みを感じてレントゲンやCT、MRIなどで検査しても骨折部位が見つけにくいことが多いです。

肋骨にひびが入ると姿勢の変化で痛みが増す

骨粗しょう症は閉経後の女性に多く見られるものですが、最近ではダイエットの悪影響で比較的若い年齢層にも見られることがあるようです。そうした骨粗しょう症の人では、ちょっとした外力や咳、くしゃみなどで肋骨にひびが入ることがあります。

そうした骨折の場合、身体を動かして姿勢を変える時に痛みがひどくなるという特徴があります。また、物を持ち上げたり、深呼吸をしたりと言った動作で痛みが出るようであれば整形外科を受診して、痛みが出るパターンをお話しして下さい。

肋骨のひびによる肋間神経痛は、単なる怪我ですから、治療して骨折が治れば痛みも軽くなるでしょう。

肋骨にひびが入った場合、バストバンドと言う幅広のサポーターで胸部を固定して、湿布や飲み薬で痛みを抑える治療が行われます。個人差はありますがだいたい4~6週間ぐらいで治るでしょう。

身体を動かしたり、姿勢を変えたり、物を持ちあげたりするときに肋骨辺りが痛むという場合は、まず整形外科を受診されるのが良いでしょう。

胸椎の圧迫骨折による肋間神経痛は痛みがある場合だけが治療対象

肋間神経痛とともに起こる突然の背中の痛みは、胸椎と言う部分の背骨に圧迫骨折が起こった時の症状の可能性があります。圧迫骨折は、文字通り背骨の1つが圧力でつぶれると言う形の骨折です。

骨粗しょう症の女性では、尻もちをついた程度でも起こってしまう場合がありますので、尻もちをついた後、背中に痛みが残ったら一度受診しておきましょう。

また、がんが背骨に転移することがあります。この場合転移した腫瘍が大きくなって骨が脆くなり圧迫骨折を起こすこともあります。思い当たる外傷がないのに背骨に痛みが出た場合、受診をお勧めします。

骨転移がきっかけでがんが発見されると言う例もあるのです。頻度としては骨粗しょう症によるものが最も多く、次いでがんの転移によるもの、そして血管腫や骨髄腫と言うものが原因になることもあります。

いずれにせよ背骨の痛みを伴う肋間神経痛は重症の可能性がありますから要注意ですね。このタイプの痛みも、初診は整形外科でOKですので早めに受診して下さい。

一方で、他のレントゲン撮影などでたまたま見つかる胸椎の圧迫骨折と言うものもあります。これは痛みがないためそれまで見つからなかったということです。痛みがない場合の圧迫骨折は治療対象にはならないことが多いです。

胸椎と言う背骨の一部にトラブルがあって肋間神経痛が出る場合は、このように重い病気やけがによる症状であることが多いです。背中の痛みは要注意ですね。

帯状疱疹と神経痛は切っても切れない関係

帯状疱疹による神経痛としては、顔の三叉神経に現れるものが痛みも酷く危険性も高いのでよく話題に上ります。しかし、帯状疱疹による肋間神経痛と言うのもかなり痛く、しかも三叉神経の痛みより多い頻度で現れるものなんです。

厄介なのは、帯状疱疹のブツブツがあまり目立たなくて、神経痛だけが突出する場合があるということなんですね。

帯状疱疹の痛みは2週間ぐらいで突然弱まる

帯状疱疹による神経痛は非常に激しいため、受診されない人は少ないと思います。しかし、治療を行わなくても2週間ぐらいで痛みが突然弱まるという特徴があります。

もちろん治療は行った方がいいですし、疑いがある場合には血液検査で帯状疱疹ウイルスの検出を行い、確定しておけば次回から治療が早く行えるようになります。

帯状疱疹の治療は抗ウイルス薬によって行います。バラシクロビル塩酸塩(商品名:バルトレックス・ジェネリックあり)や、アシクロビル(商品名:ゾビラックス・ジェネリックあり)が用いられます。

場合によっては ビダラビン外用薬(商品名:アラセナA軟膏・ジェネリックあり)が用いられる場合もあります。いずれもウイルスの増殖を抑制するタイプのお薬ですので、できるだけ早いうちに開始すると効果が高いお薬です。

それによって帯状疱疹自体が治まったら、その後の神経痛については様々な治療法が考えられます。湿布や鎮痛剤の内服は王道ですが、局所麻酔薬や鍼灸による治療も行われていますね。

肋間神経領域は最も帯状疱疹が現れやすい場所

どうしても顔にできて痛いと言うイメージが先行して、帯状疱疹と神経痛と言うと顔に発生する三叉神経の帯状疱疹が思い浮かぶ方が多いでしょう。しかし、実際には胸やお腹、背中にできる肋間神経領域の帯状疱疹がもっとも多いのです。

ですので、この帯状疱疹によって発生するのは、強い痛みの肋間神経痛と言うことになります。

帯状疱疹による肋間神経痛には、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)のような鎮痛薬があまり効きません。先行医薬品の商品名で帯状疱疹の神経痛に効果が薄いお薬の一例を紹介します。

  • ロキソニン
  • ボルタレン
  • インテバン
  • バファリン
  • カロナール
  • ポンタール
  • メチロン(注射薬)

上のようなお薬は、帯状疱疹による肋間神経痛にはあまり効果が期待できませんので、神経痛にも効果が期待されている次のような抗うつ薬や、抗けいれん薬が使われることがあります。

  • ノリトリプチリン(商品名:ノリトレン・ジェネリックなし)
  • アミトリプチリン(商品名:トリプタノールなど・ジェネリックなし)
  • デュロキセチン(商品名:サインバルタ・ジェネリックなし)
  • プレガバリン(商品名:リリカカプセル・ジェネリックなし)
  • ガバペンチン(商品名:ガバペン・ジェネリックなし)

これらがよく使われます。この中でもリリカカプセルが人気だと聞いたことがあります。

その他にも、先に湿布の温感成分として話題に出した、唐辛子の辛味成分を利用したカプサイシン軟膏や、局所麻酔剤であるリドカイン軟膏の外用もかなり高い効果があるようです。

原因となった場所の神経ブロックなどが行われる場合もありますが、どれが有効かはやってみないと判らないという部分もありますので、身体に傷をつけない外用薬や内服薬から試されることが多いと思います。

帯状疱疹による肋間神経痛は非常に痛いので、これに対応する治療法と言うのは、意外と他の肋間神経痛にも有効な場合があるんですよ。

肋間神経痛は現代病なのかもしれない

姿勢の悪さやストレスによって、肋骨周りの小さな筋肉が腫れて神経を締め付けているというのであれば、まさに現代に多く起こり得るものですね。

スマホをいじっている姿勢と言うのは、まさにこの肋骨周りの筋肉に不自然な緊張を強いる姿勢です。猫背と浅い呼吸は肋間神経痛の原因にもあるでしょう。

多少のストレスに巻けないためにも、スマホを覗き込むのと同じだけの時間、胸を張って空を見上げ、大きく深呼吸をしてみましょう。

そして、温泉とまでは言いませんが、ゆっくりのんびりお風呂に浸かって、体を温めるのも良い効果があると思いますよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る