健康生活TOP 巻き爪 巻き爪は矯正できます!自宅で簡単予防と対処法をご紹介

巻き爪は矯正できます!自宅で簡単予防と対処法をご紹介

最近、足先の細い靴を好んで履く人が増えている状況と比例して、巻き爪による症状で悩んでいる人がとても多くなっています。中には歩行困難になり外科手術で治療される患者もおられるようです。

たかが足先の爪と侮るなかれ、今や成人の10%が巻き爪に悩んでおり、軽い巻き爪をあわせると大多数の人に影響が出ているのです。巻き爪の原因と自宅で出来る予防法を解説します。

巻き爪ってどんな症状ですか

巻き爪とは足の爪が湾曲して巻いてくる状態を指し、内側に湾曲してきた爪が皮膚に食い込むことで痛みや炎症を引き起こします。ほどんどの巻き爪は足の親指で起こりますが、これは一番負担のかかる指であることが原因と思われます。

当初は症状も軽く見た目でも、少し湾曲している程度で特に痛みもありません。しかし、症状が悪化していくことで、爪が両側の肉に食い込んで痛みが生じます。さらに進行すると、皮膚に炎症が起き化膿することもあります。

進行した巻き爪の状態では、靴を履くことに留まらず、歩行することも困難になってしまうのです。また、足指の痛みで力が入らない状態では、歩行姿勢が悪くなり腰や膝などに負担をかける結果にもなります。

巻き爪はヒールやパンプスを履く女性に多い病気とされていましたが、最近では男性の発症も同じくらい増加しています。これは、男性も足先が細い靴を好んで履くようになったのが要因と推測できます。

巻き爪は切ってもいいのですか

特に軽い巻き爪の場合、若干の痛みで爪の両端を深く切る(深爪)ことがあります。基本的にはこの処置で痛みは無くなるのですが、時間が経過して生えてきた時は、さらに爪の湾曲は増していることになります。

巻き爪を発症している人が、むやみに深爪を繰り返したら湾曲がどんどん加速して、重症の巻き爪になってしまいます。

巻き爪にならないための予防テクニック

痛みや見た目にも嫌な巻き爪にならないように、普段から実践できる予防テクニックを紹介します。

・爪を切る時は深爪は絶対に避けて下さい。特に爪の両端を肉に食い込ませるように、短く切ることは巻き爪を誘発する行為なので注意して下さい。

・爪の切り方は湾曲には切らずに真直ぐ切る方法がベストです。両端は切らずに四角く切り揃えて下さい。

・指先の広い靴を履くようにして下さい。外反母趾の予防にもつながりますが、革靴など硬い靴で足先が細い靴は、親指を締め付ける可能性が高いのでオススメできません。

・爪にもオイルやクリームを塗って手入れをして下さい。爪を柔らかくすることで、変形を防ぐ効果が期待できます。

・白癬菌による変形ではないか確認して下さい。爪が白くボロボロになった状態で湾曲していたら、白癬菌が原因の可能性があります。皮膚科で検査を受けて下さい。

歩かない人にも巻き爪が多いって本当ですか

実は巻き爪は寝たきりの患者さんなど、普段歩行できない人にも多く発症しています。つまり、靴の形状などは一要因に過ぎず、本当の原因は歩行にあるようなのです。人間が歩行する際の負荷は、足の踵から足指まで均等にかかるのが理想です。

しかし、巻き爪を発症している多くの人が、普段あまり歩かない生活をしているか、歩き方が変則(指を使わないペタペタ歩き)になっています。歩く時に足の指に力を入れない歩き方では、爪にも加重がかからず湾曲すると言う訳です。

足の親指は骨の割には肉が多い形状なので、爪は下に食い込む傾向になります。正しい歩き方で親指に加重をかけることで、爪も横に開き巻き爪にはなりません。巻き爪の予防には、足指を意識した正しい歩行が最も効果的なのです。

巻き爪になってしまったら

歩くのが困難な状況になってしまったら、病院へ行き治療することをオススメします。治療は爪の一部分を切除する方法や、全てを切除してしまう方法があります。病院に行くまでもない経度の巻き爪では、コットンパッキングが手軽にできます。

コットンパッキングとは両端の爪と肉の境目に、コットンを丸めて詰める方法です。詰められたコットンにより、巻き爪が広がり痛みが軽減します。軽い巻き爪ではコットンパッキングで矯正も可能ですので、実践してみるのも良いでしょう。

ワイヤーを使用した矯正も多くの人が実践しています。ある程度爪を伸ばした状態で、爪の左右に穴を開けワイヤーを通す方法です。ワイヤーの反発力で爪が真直ぐに矯正されることで痛みが軽減します。

無重力の宇宙では、手も足も巻き爪になると言う話を聞いたことがあります。長く宇宙にいる宇宙飛行士は、筋力が衰えるだけではなく巻き爪も発症する可能性があるそうです。たしかに爪は重力下で身体を支えたり、物を持つために必要な部位ですね。

しっかり爪を使った歩き方を実践して、巻き爪にならないように予防しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る