健康生活TOP インフルエンザ インフルエンザに麻黄湯が効果的!体質や症状にあわせた漢方薬の選び方

インフルエンザに麻黄湯が効果的!体質や症状にあわせた漢方薬の選び方

近年、寒い冬の時期に大流行するインフルエンザ。

予防接種・マスク・手洗い・うがいなど、気をつけていても、目に見えないウイルスを防ぎきることは難しいです。特に、お子様をお持ちのご家族にとっては、重症化しないか心配になりますよね。

ここでは、インフルエンザについての基礎知識と、漢方薬を含めた治療薬について、分かりやすく説明していきます。

風邪とインフルエンザの違いは?

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、微熱、のどの痛み、鼻水やせきなどの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。

しかしインフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

風邪に似たのどの痛み、鼻水、せきなどの症状を伴うこともありますが、

  • 38℃以上の発熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 全身倦怠感

などの症状が、急速に現れるのが特徴です。

お子様では重症化すると急性脳症、高齢の方や免疫力の低下している方は、重症肺炎を伴うことがあるため、注意が必要です。上記のような症状が見られた場合、周囲でインフルエンザが流行している時は、早目に受診をしてください。

なお、インフルエンザウイルスはA型、B型、C型の3種類があります。

C型は一度感染すると2回目以降の感染では症状があまり出ないため、臨床上は重要視されていません。流行しやすく重い症状の出やすいA型とB型については、特に注意を払う必要があります。

A型は世界的にも流行しやすい型で、鳥インフルエンザもA型に分類されます。

B型は人のみに感染する型ですが、A型ほどの流行には至りません。しかし感染力は強く、また高熱になりにくい、体内でウイルスが残る期間が長い、消化器症状が出るなどの特徴があります。

それぞれ、型が異なるので、同じ年にA・B型、両方に感染してしまう可能性も、充分にあります。

インフルエンザウイルスの潜伏期間と感染力について

感染経路は主に2つです。

飛沫感染 インフルエンザウイルスを持っている人のくしゃみや咳などを、吸いこんでしまう
接触感染 集団で使用する共有物をさわった手で、自分の口や鼻を触ってしまう

感染から発症までの潜伏期間は2日~1週間ほど潜伏します。

体内に侵入したウイルスは、30秒もあれば細胞内に到達してしまうと言われており、侵入した1つのウイルスが8時間後には100個、24時間後には100万個にまで増えてしまうそうで、このウイルス増殖の速さがインフルエンザの大流行へ発展する要因です。

潜伏期間の感染力は、発症後ほど高くはありません。感染力のピーク前に、インフルエンザだと判断することができれば、病院でインフルエンザ治療薬を処方してもらい、感染を最小限に抑えることが出ます。

しかし、インフルエンザの検査キット(喉や鼻の粘膜を採取し、インフルエンザウイルスに感染しているかどうか判断するもの)で、陽性反応が出るのは、インフルエンザ発症後、12~24時間経過している場合です。

実際にインフルエンザに罹っているのに、早期に受診して検査したことで、偽陰性になってしまうことがあります。

以前は、陽性反応確認後に治療薬が出されていましたが、周囲で流行している場合は、偽陰性でも、インフルエンザに感染している可能性が高いと判断し、治療薬を出してくれる病院も増えています。

出席停止期間と学級閉鎖の期間について

学校保健法では、児童・生徒がインフルエンザを発症した後、5日を経過し、かつ解熱した後2日間(幼児は3日間)の自宅安静が必要とされています。

つまり、発症日を含め、6日間の自宅安静が必要で、その間は学校を欠席することになります。

社会人の場合は明確な規定がありませんが、職場と相談の上、学生と同様の自宅安静期間をとることが望ましいです。

また学校の学級閉鎖ですが、これについても明確な規定がなく、学級の児童・生徒の2割程度が出席停止になった場合に、学級閉鎖をすることが多いです。そして、数人が出席停止になった場合でも、学級閉鎖することはあります。感染者が増加する可能性が高いと判断された場合は、充分にありえます。

しかし、週休2日制になっていることで、年間の授業時間数を確保しなければならなかったり、週末をはさんだりする場合があるため、最終的には学校の担当医師の意見を基に、学校長が閉鎖期間を決定します。

インフルエンザ治療薬について

インフルエンザ治療薬として処方される薬には、主に

  • タミフル
  • リレンザ
  • イナビル
  • ラピアクタ

の4種類があげられます。これらはすべて、インフルエンザウイルスの動きを鈍らせることで、ウイルスの増殖を抑える働きをします。

それぞれのインフルエンザ治療薬について、説明していきます。

インフルエンザ治療薬①:タミフル

特徴
飲み薬で服用が簡単なことから小児にも使える。カプセル型の他、水に溶かして飲めるので、小児だけでなく、飲み込む力が弱まっている高齢者にも使える。
用法用量
成人および小児(体重37.5kg以上)は、1回1カプセル(75mg)を、1日2回、5日間服用。幼小児は1回2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7 mg/kg)を、1日2回、5日間服用。
副作用
まれに、下痢、悪心、腹痛、発疹など。
※タミフルによる異常行動については、下記参照。

インフルエンザ治療薬②:リレンザ

特徴
専用の吸入器でドライパウダー状の薬を吸い込み服用するもの。幼児に起こりやすい二峰性発熱(一度下がった熱が、ぶり返す)に効果が高いという報告もある。充分に吸入しなければ、効果が薄れる。
用法用量
成人、小児ともに、治療に用いる場合は1回10mgを、1日2回、5日間の吸入。
副作用
まれに、発疹、嘔吐や悪心、嗅覚障害など。吸入薬のため呼吸器疾患のある方には処方されないことが多い。

インフルエンザ治療薬③:イナビル

特徴
ドライパウダー状の薬が入った容器から吸入する使い切りタイプ。薬の効果が長時間持続するため、1回の吸入だけで済むので簡易的。充分に吸入しなければ、効果が薄れる。
用法用量
成人および10歳未満の小児は、1キット40mg、10歳未満の小児では20mgを吸入。
副作用
まれに、下痢、悪心、胃腸炎など。

インフルエンザ治療薬④:ラピアクタ

特徴
吸入薬や飲み薬を服用できない場合に使われる点滴型の治療薬。病院で処方される。
用法用量
成人は1回300mg、小児は1回10mgを15分以上かけて静脈に点滴する。通常は1回の投与で効果が出る。年齢や症状に応じて、連日投与したり用量を増減したりする。
副作用
下痢や蛋白尿、小児には嘔吐が見られることがある。
私は毎年、予防接種を受けていますが、残念ながら、3年に1度くらいはインフルエンザに罹ってしまいます。予防接種のおかげで、強い症状は出にくいものの、いつもと違うかな? という時は、すぐに検査してもらっています。

これまで、タミフル2回、リレンザ1回、イナビル2回の服用経験があります。

個人的な感覚としては、タミフルは内服薬なので飲みやすく、また特に副作用は出なかったので、効果を感じていました。

また、子どもが1歳の時、インフルエンザ検査時に偽陰性でしたが周囲で流行していた時は、タミフルが処方されたので、ミルクやアイスなどに混ぜて服用させることができ、便利でした。

リレンザは自分で吸入するので、きちんと吸入できているのかと、少し不安がありました。

イナビルは処方された調剤薬局にて、その場で薬剤師さんから説明を聞きながら吸入を行うため、確実です。

しかもその1回だけで済むので、とても簡単です。呼吸器疾患がなく、吸入が行える幼児~大人には、イナビルの処方が増えてきているように感じます。

なお、いずれの治療薬も体内でインフルエンザウイルス増殖のピークを迎える前・48時間以内での使用が、推奨されています。

タミフルによる異常行動ってもう大丈夫なの?副作用について

タミフルは平成13年に国から認可されたインフルエンザ治療薬です。

一時期、タミフルの服用後に異常行動が見られると、多数報告されることがありました。

しかし、平成21年6月に厚生労働省よりタミフル服用の有無による統計的な有意差はなく、異常行動はインフルエンザ自体に伴って発現すると示されました。しかし、明らかな根拠までは示されていません。

平成19年3月以降の予防的な安全対策により、それ以後、タミフルの副作用報告において10代の転落・飛び降りによる死亡等の重篤な事例が報告されていないことからも、安全対策については一定の効果が認められる一方、これまでに得られた調査結果において10代の予防的な安全対策を変更する積極的な根拠が得られているという認識ではないため、現在の安全対策を継続することが適当と判断した。

インフルエンザは高熱を伴うため、意識がもうろうとしたり、倦怠感も強く出たりするため、引き続き、10代の患者さんへのタミフル、そしてリレンザ・イナビルについても、服用後に危険な行動が見られないか、注意する必要があると言われています。

インフルエンザに漢方薬は効くのか?

インフルエンザを発症すると、高熱や倦怠感から病院に行くのもつらいですよね。

インフルエンザは風邪と同様にウイルスが原因であるため、現在の医療では、いわゆる「ウイルスをやっつける薬」というものは存在せず、インフルエンザ治療薬を飲まないと治らないということはありません。

実際にインフルエンザは、自然治癒する病気であり、先に示したインフルエンザ治療薬も、ウイルスの増殖を抑えるものなので、大量に増殖してからでは服用しても効果がなく、発症後48時間以内とされており、治療薬投与後は治るのを待つしかないのです。

漢方薬は、本来ヒトが持っている自然治癒力を高め、回復へと導くものです。そして、子どもから大人まで服用できる薬です。そのため、インフルエンザ治療薬の副作用を考えると、漢方薬の方が良いのではないか? と言われることがあります。

最近では“インフルエンザに麻黄湯が効く”という情報があります。これはまだ、インフルエンザ治療薬がなかった頃、経験的に服用されてきた麻黄湯が、実際にインフルエンザウイルスに効果があることが分かってきたからです。

通常、細胞内に侵入したウイルスは、「オートファジー(自食:細胞内のたんぱく質を分解する仕組みのひとつ)」機能によって排除されていくのですが、インフルエンザウイルスは、そのオートファジー機能を妨害して増殖を繰り返すのだそうです。

「オートファジー」といえば、この生体の恒常性反応を発見した大隈良典教授が、昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、とても話題になりました。

そしてなんと漢方薬の麻黄湯に、細胞のオートファジー機能を回復・強化することで、抗ウイルス作用を発揮する効果があることが分かり、その詳細なメカニズムについて、福岡大学医学部の鍋島茂樹教授らが、現在研究を行っています。

ここまで聞くと、やはりインフルエンザには漢方薬・麻黄湯だ! と思ってしまいますよね。

ところが、漢方(東洋医学)は、同じ病気でも体質によって病気の性質が異なり、それぞれ治療法も異なります。つまり、どんな人にも麻黄湯が適しているわけではないのです。

漢方薬は体質と症状に適したものを服用することが大事

漢方において、ヒトの体質は、大きく二つの「証(しょう)」に分類されます。

実証体質 体つきが良く、体力があり食欲旺盛な人
虚証体質 疲れやすく、胃腸が弱くて食欲不振な人

麻黄湯は実証体質の人に向いている漢方薬です。虚証体質の人が服用してしまうと、かえって具合が悪くなってしまう場合があります。

また、麻黄湯の中に含まれる生薬のひとつである「麻黄」には、交感神経を刺激する作用があるため、高血圧や脳血管疾患や循環器系の病気がある人は、特に注意が必要です。

それでは、虚証体質の人には、インフルエンザの治療に漢方薬は使えないのか? ということになってしまいます。しかし、漢方では一般の風邪の治療法とインフルエンザの治療法を区別していません。また、4千年もの歴史ある漢方薬には、様々な効果を発揮するものがたくさんあります。

それでは、風邪やインフルエンザの初期症状でよく見られる発熱、悪寒、倦怠感、のどの痛み、鼻水などを和らげる効果のある主な漢方薬を、「証」の視点から、ご紹介してきます。

実証体質の人に適した漢方薬

  1. 葛根湯(かっこんとう):頭痛、発熱、悪寒、肩こり、汗が出ていない
  2. 麻黄湯(まおうとう):悪寒、発熱、関節痛、せき、汗が出ていない
  3. 小青竜湯(しょうせいりゅうとう):水っぽい鼻水、せき

虚証体質の人に適した漢方薬

  1. 桂枝湯(けいしとう):頭痛、発熱、汗が出ている
  2. 香蘇散(こうそさん):胃腸虚弱、食欲不振、発熱
  3. 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):悪寒、熱っぽさはない、全身倦怠、のどの痛み
  4. 補中益気湯(ほちゅうえっきとう):虚弱体質、食欲不振、微熱、倦怠感
  5. 銀翹散(ぎんきょうさん):悪寒、微熱、せき・たん、倦怠感
これらの漢方薬は、あくまでも風邪やインフルエンザの初期症状で服用するものです。

例えば麻黄湯を服用していて、たくさんの汗をかいてきたら、服用を中止し、水分補給をしながら、他の主症状に応じた別の漢方薬に切り替えることが必要になってきます。

だからといって自己判断で、むやみに漢方薬を服用することは、大変危険です。漢方内科などの専門医への受診をし、体質・その時の症状に応じた適切な漢方薬を処方してもらうようにしましょう。

「インフルエンザかな?」と思ったらすべきことは決まってる

インフルエンザウイルスの潜伏期間中は、普段の風邪症状に似ているので、「もしかしたらインフルエンザなのかな?」と気になった場合は、予防的に漢方薬を服用することで、早目の対処ができるかもしれません。

一方、インフルエンザ治療薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が確認できている、国から認可された薬品です。適切な時期に服用することで、症状を早目に和らげることができます。

インフルエンザのような症状があった場合は、すぐに受診をして、症状に合わせた適切な薬を、処方していただくようにしましょう。

インフルエンザと診断された場合は、しばらく学校や仕事を休むことになってしまいますが、周囲への感染拡大しないようにするためには、とても重要なことです。

そして脱水予防に水分補給をすること、体力・免疫力が低下しているので、ゼリー飲料などで栄養補給をしたり、消化の良い食事を摂ったりすること、体を充分に休めることも大切です。

効果的に治療薬を使いながら、体調の回復に努めるようにしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る