健康生活TOP インフルエンザ 子供は後遺症や死亡も!インフルエンザで防ぎたい合併症7つ

子供は後遺症や死亡も!インフルエンザで防ぎたい合併症7つ

shutterstock_1096021102

毎年、晩秋から春先にかけて猛威をふるう季節性のインフルエンザ。子供は集団生活をしているのでウイルスに感染する機会が多い上、体の抵抗力が弱いので重症化しやすく、大人よりも注意が必要ですね。

子供のインフルエンザは重症化すると辛いだけでなく、合併症を引き起こしやすくなるのが怖いところ。今回は子供のインフルエンザで起こしやすい合併症を7つ取り上げ、対処法についてまとめました。

1.ウイルスが耳の奥に侵入して起こる急性中耳炎

中耳炎イラスト

「急性中耳炎」は、外耳の奥にある中耳にウイルスが感染し、炎症が起こる病気です。

ウイルスの侵入経路は耳の外からではなく、鼻や喉の奥とつながっている耳管から中耳へとなっており、風邪・インフルエンザのウイルス、肺球菌、真菌による感染で起こることがほとんどです。

そもそも中耳炎は子供に多い病気です。これは、子供の耳管が大人より短く太いためで、子供は急に発症することも少なくありません。次のような症状があれば、すぐ耳鼻科を受診することをおすすめします。

子供の急性中耳炎の症状

  • 耳が痛いと訴える
  • やたらと耳をいじる
  • 機嫌が悪い
  • 泣き続ける

頭痛を訴えたり、耳だれ(うみ)が出たりすることもあります。

中耳炎の予防・治療

中耳炎の炎症を放置しておくと、慢性中耳炎や難聴を引き起こす可能性があるので、受診は必ずさせましょう。

痛み・発熱・炎症は解熱鎮痛剤や抗生剤の投与で抑えることができます。膿の溜まっている場合には鼓膜を切開して膿を出す場合もありますが、鼓膜を切開しても耳の聞こえに影響の出ることはないので心配はいりません。

中耳炎を予防するためには、鼻水が鼻の奥に送り込まれないようにすることが大切です。鼻を強くかむ、両方の鼻の穴を一度にかむ、鼻をすする、と行為で鼻水が鼻の奥に送り込まれやすいので、

  • 鼻水は片方ずつ静かにゆっくりかむ
  • たまった鼻をすすらず、こまめにかむようにする

という習慣をつけるようにしてください。子供が自分で鼻をかめる場合には、保護者のほうから正しい鼻のかみ方を指導しておきましょう。

2.インフルエンザに併発しやすい気管支炎

気管支炎イラスト

気管支炎もまた、インフルエンザに併発しやすい病気です。風邪やインフルエンザによる鼻、喉の炎症が気管支にまで広がって起こります。

子供の気管支炎の症状

  • 最初はコンコンという乾いた咳、ゴホゴホという湿った咳に変わる
  • 咳に痰がからむ
  • インフルエンザを発症して2~3日後から症状が出る

発熱、咳き込みによる吐き気や筋肉痛を伴うこともあります。

気管支炎の予防・治療

気管支炎の咳は、インフルエンザが回復して元気になった後まで続きやすく、せき込みによって体力を消耗したり筋肉痛を起こしたりしやすいので、早めに症状を抑えてやりたいものです。

インフルエンザの受診先で気管支炎の症状を抑える治療を受けさせてください。去痰剤や抗菌剤などが投与されます。

気管支炎と似たインフルエンザの合併症に肺炎があります。肺炎は治療が必要なので、子供の咳が出る時には自己判断で子供に市販の咳・痰止めを与えず、受診させるようにしてください。

気管支炎の予防と治療には、加湿器で室内の湿度を高く保って咳がでないようにしたり、気管支炎を併発しないように十分な休養と水分・栄養補給を行って、抵抗力を高めてやるのが効果的です。

3.気管支炎と似ているが病状の重い肺炎

肺炎イラスト

肺炎は、インフルエンザウイルスや肺炎球菌などが肺胞に感染することで起こりやすい病気です。5歳以下の子供には、インフルエンザに肺炎を併発することが多くなっています。

乳幼児・高齢者の死因トップ5位にも入る心配な病気で、子供が肺炎を発症したらすぐに病院での治療が必要となります。

子供の肺炎の症状

  • 咳・痰
  • インフルエンザを発症した後に数日間続く高熱
  • 胸痛
  • 多呼吸
  • 頭痛・関節痛・倦怠感といった全身症状
  • 食欲不振

肺の下部に炎症が起こっている場合には、腹痛を訴えることもあります。また、重症になると呼吸困難を起こすこともあるので注意が必要です。

肺炎の治療と予防

インフルエンザ中に高熱や咳・痰が長く続いたり、水分や食事が取れずにぐったりしている場合には受診させ、検査や治療を受けるようにします。また肺の炎症が重く呼吸困難を起こしている時には、一刻も早く病院へ搬送してください。

治療には抗ウイルス剤や気管支拡張剤などの薬が用いられるほか、全身症状が思わしくない場合には入院も必要になります。

肺炎を予防するには、気管支炎と同様に部屋を保湿したり、休養・水分・栄養を十分に与えてインフルエンザがこじれるのを防ぎます。

4.1歳以下に多い熱性けいれん

四肢痙攣イラスト

38℃以上の高熱を伴うインフルエンザで5歳までの子供に起こりやすいのは「熱性けいれん」です。

熱性けいれんは、1回ですぐに止まるものならそれほど危険ではなく、一生に1回だけで済むこともほとんどです。

子供の熱性けいれんの症状

発熱して24時間以内に起こることが多いです。意識を消失すると共に全身が硬直し、四肢が震えるけいれんが数分間続きます。その後は意識があり、泣いたり眠ったりしています。

熱性けいれんの予防・治療

高熱が24時間以上続いている時には起こりにくく、熱が上がり始めのころに1歳以下の子供が起こしやすい症状です。

子供がけいれんを起こしたら嘔吐物が気道に詰まらないよう、すぐに横向きに寝かせる対処をします。けいれんの様子を観察して様子をメモし、受診して医師にけいれんの様子を伝えてください。

熱性けいれんに治療の必要はありません。しかし、けいれんの原因となる高熱が髄膜炎や脳症から来ている場合は、すぐに治療が必要となります。またけいれんを繰り返すようなら、抗けいれん剤が処方される場合もあります。

原因は不明ですが、年齢的なものや遺伝が関係しているといわれます。急に子供がけいれんを起こした時に慌てないよう、けいれんした時の対処法を知っておくと安心です。

5.重篤な合併症・インフルエンザ脳症

脳障害イラスト

インフルエンザ脳症は脳にウイルスが感染して起こります。子供に起こりやすく、死亡したり後遺症を引き起したりする確率が高い病気です。

子供のインフルエンザ脳症の症状

  • 発熱から1日以内に急に発症することが多い
  • けいれん
  • 頭痛
  • 意識障害(ぐったりしている、うとうとして起こしても起きない)
  • うわごとや意味不明なことを話すようになる
  • 暴れたり、おびえたり、異常な行動を起こしたりする

子供のけいれんやうわごとは単に高熱から起こっている場合もありますが、上記のような意識障害や精神錯乱の見られる場合はまず脳症が疑われ危険なので、すぐに受診させる必要があります。

インフルエンザ脳症の予防・治療

脳症が進行すると脳に大きなダメージを与えてしまうため、発熱から1日以内に脳症の疑わしい症状がみられたら、とにかく一刻も早く受診させなければなりません。

脳症を併発する前に、抗インフルエンザ剤を投与してインフルエンザをしずめていくことがのぞまれます。

6.子供には少ないが心機能が心配な心筋炎

心臓病イラスト

心筋炎は、心臓の筋肉にウイルスが感染し心機能が低下してしまう病気です。

子供にはそれほど多く起こらず、適切な治療を受ければ予後も良好です。ただし命に関わる臓器だけに、劇症の場合は死に至る可能性があるので、病気の存在は知っておきたいですね。

子供の心筋炎の症状

  • 胸痛
  • むくみ
  • 尿量の低下
  • 動悸
  • 四肢が冷たい
  • 顔面蒼白

心機能の低下によりチアノーゼ(肌の色が紫色になる)や失神を起こすこともあります。

心筋炎の予防・治療

入院治療が必要になる病気です。胸痛や動悸といった症状は子供が訴えることも難しいので、保護者が心筋炎のさまざまな症状に気付き、すぐ受診させるようにしてあげてください。

治療には、強心剤や抗不整脈剤など心機能を正常に導く薬が用いられます。

7.発症すると予後の心配なライ症候群

脳障害イラスト2

乳幼児のインフルエンザ合併症で心配なものには「ライ症候群」という病気もあります。

原因は不明ですが、アスピリン系の解熱剤の使用も関係していることが分かっています。それほど多くありませんが、死亡したり神経系に後遺症が残ったりすることもある重篤な病気なので、その存在は知っておいていただきたいと思います。

子供のライ症候群の症状

  • 回復期に脳炎の症状が始まる
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 軽度の無気力・無関心・無反応
  • 精神錯乱
  • 麻痺

重症になると呼吸困難、昏睡、てんかんなどを引き起こし、命の危険にさらされます。

ライ症候群の予防・治療

小児用の解熱剤にアスピリンを使用しなくなったことで発症数は減っていますが、それ以外の原因がはっきりしていない病気です。

インフルエンザの回復期に無関心や無反応などのいつもと違う症状がみられたら、様子を観察してください。また急性脳症の症状が見られたら、救急車を呼んで病院へ搬送しなければなりません。

速やかに、低血糖やアンモニア血症など起こっている症状に必要な治療を行います。進行が速いため、一刻も早い段階での治療が必要となります。

風邪とインフルエンザをいち早く見分けよう

インフルエンザの合併症を防ぐには、インフルエンザを早く発見し、インフルエンザ専用の治療を受けて症状をしずめることが大切です。

インフルエンザは風邪とよく似ており、自己判断で風邪の扱いをしてしまうと重症化、合併症の併発を起こしてしまいます。

インフルエンザと風邪の症状の違いをいま一度おさらいしておきましょう。

インフルエンザの症状 風邪の症状
急に38℃以上の高熱が出 鼻や喉の症状から始まる
頭痛・関節痛・筋肉痛を伴う 熱は38℃以下であることが多い
喉や鼻の症状は後からあらわれる わりと元気がある
倦怠感を伴い元気がない

「急な高熱」が出たかどうかは、インフルエンザと風邪の違いを見分ける時のポイントだと思います。すぐ受診させ、インフルエンザの検査を受けましょう。

子供は予防も大切!予防接種がおすすめ

注射イラスト2

インフルエンザ合併症の中には、命に関わる怖い病気もいくつかありましたね。合併症について予め基礎知識を持っておくと、いざという時に落ち着いて対処でき子供の命が守れるかと思います。

また子供にインフルエンザの予防接種を受けさせておくのも有効です。子供を辛い目に合わせずに済む、子供が病気にかかった時の保護者の負担を減らすというメリットがあります。

晩秋にはインフルエンザの予防接種の予約をお忘れなく。また手洗い・うがいといった基本的な予防も家族で励行しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る