健康生活TOP インフルエンザ 痛くないと評判のインフルエンザ予防接種フルミストの安全性は?

痛くないと評判のインフルエンザ予防接種フルミストの安全性は?

shutterstock_653311662

予防接種は受けておく事で万一ウイルスに感染しても症状が重篤化せずに済むというメリットがあります。

予防接種を受ければ100%その病気にかからないという事ではありませんが、重篤化しやすい症状を緩和できるのは、自分や家族にとっても安心ですよね。

予防接種の多くは注射で受けますが、大人でも針を刺す時のチクっとした痛みは嫌なものです。

そこで登場したのが最近話題の「フルミスト」という予防ワクチン。果たしてその効果と安全性はいかがなものなのでしょうか…?

インフルエンザ予防接種の救世主現る!?フルミストってどんな予防薬?

薬はてなイラスト

インフルエンザは毎年のように流行する事から、感染した場合免疫力が低い子供や高齢者は危険な状態になりかねないとして、予防接種を受けておいたほうが良いと言われています。

大人でもインフルエンザにかかれば相当辛い思いをします。大人に比べて抵抗力や体力が低い子供は、症状も重篤化しやすいのでその辛さは大人が想像する以上でしょう。

特に小さい子供を持つお母さんにとっては、自分が注意していても子供を病院に連れて行ったり、人が集まる場所に連れて行ったりすると、知らない間にインフルエンザに感染させてしまうかもしれません。

インフルエンザの予防接種は注射を打たなければいけないので、生まれて初めての場合はまだしも、何度か経験していると病院に恐怖心を持ってしまうでしょう。

先生は丁寧に注射をしてくれるのですが、注射針を刺す時のチクっした感覚はなんとも言えないものがあり、これがトラウマになり注射嫌いになる子供も多いのではないでしょうか。

痛い注射イラスト

親としては子供の安全のためにインフルエンザの予防接種を受けさせたい、子供は毎回あんな痛い思いはしたくない、となかなかうまくいきませんね。

しかしインフルエンザ予防接種にまつわる様々な悩みも、フルミストの登場で解決されるかもしれないのです。これはそれまでの予防接種のイメージを大きく変える事になります。

鼻にシュッとするだけのフルミストは日本では認められていない!?

フルミストというのは新しく登場したインフルエンザ予防接種です。低温で培養したインフルエンザウイルスを活きたまま使用する、生ワクチンという種類です。

今までは注射をするのが一般的でしたが、フルミストは鼻の中に直接噴霧するので、針を使いません。接種回数も1回で済みますし、小さい子供でも鼻の中にシュっとする程度ですから痛い思いも怖い思いもしなくて済みます。

鼻の中に直接噴霧する事により粘膜から吸収されやすく、注射で接種するワクチンよりも高い効果が得られると言われています。

私はテレビのニュースでフルミストを接種するところを偶然見かけたのですが、それまで注射が苦手で毎回大泣きしていたという男の子も、ケロっとした顔で「全然痛くなかったよ!」と得意げにインタビューに答えていました。

この方法なら子供も怖がりませんし、お母さんや医師、看護師さん達も泣く子供を必死にあやす必要もなくなり気が楽だと思います。

痛みや恐怖は子供にとってストレスとなる事もありますから、ストレスなしで予防接種ができるのは画期的です。

ただし!フルミストは日本国内では承認されていないワクチンなのです。

未承認なのになぜ病院で摂取できるの?副作用も自己責任という点に注意

アメリカ日本国旗イラスト

アメリカでは既に承認されていますが、現段階では日本でのフルミスト承認はされていません。一応アメリカでは承認されていますので全く未知のワクチンという事ではありませんが、国による薬事法の違いは仕方ありません。

では「なぜ日本国内でフルミストの予防接種を行っているのか?」これについては各クリニックや医院の医師が自己判断により、個人輸入したフルミストを使用しているからです。

もちろんアメリカで承認された物を個人輸入しますので安全性については確認されていますが、万一日本国内でフルミストの接種を受け副作用などが出た場合も自己責任という事になってしまいます。

フルミストの接種を行っている医院でも、日本では未承認のワクチンという事と、副作用が出た場合の予防接種健康害者救済制度が利用できない事は事前に告知しています。

フルミストの対象年齢は2歳~50歳までとされていますが、特に2歳から7歳までの子供には、注射の予防接種よりも高い予防効果が期待できるとも言われています。

フルミストの予防接種に対応している病院でも、接種するかどうか決めるのは個人の判断となります。

しかし子供のストレスを軽減できる事から、多くの親御さんが子供へのフルミスト接種を希望しており、病院によってはフルミストが品薄状態となっているところもあります。

フルミストのメリットとデメリットを知っておこう

goodbadイラスト

日本未承認と聞くと少し躊躇してしまう人もいるでしょう。ただしフルミストに限らず、予防接種には必ずメリットとデメリットがあります。

決してフルミストを推奨するわけではありませんが、フルミストにどのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておけば判断材料になると思いますので、参考にしていただければと思います。

フルミストのメリット

  • 鼻の中に噴霧するので痛みがない
  • 1回の接種で完了する(初めての場合は1ヶ月間隔で2回接種する)
  • 生ワクチンなので高い効果が期待できる
  • 鼻粘膜から効率よく吸収されていく
  • 接種後効果が1年ほど続く
  • 親も気が楽である

こうして見るとメリットも多いのですが、子供の泣き叫ぶ声に耳が痛い、胸が痛いという思いをしていたお母さんにとっては、安心感は大きなメリットかもしれませんね。もちろん子供にも必要以上に怖い思いをさせずに済みます。

フルミストのデメリット

日本未承認というのは、フルミストにもデメリットがあるからです。アメリカでは承認されていますが、日本とは薬事法が違いますのでここは慎重な見極めが必要です。

どの予防接種でも同じですが、薬と同じでワクチンにも副作用のリスクは伴います。ただし必ず副作用が出るとも限りませんし、副作用が出た場合の症状にも個人差はあります。

  • 鼻が弱いと鼻炎になりやすい
  • 発熱、喉の痛み、頭痛など風邪の初期症状に似た症状が出る
  • 喘息に似た症状が出る
  • 2歳から50歳までという年齢制限がある
  • 鼻が敏感な人は接種できない
  • 重度のアレルギーがある人は接種できない
  • 予防接種健康害者救済制度が利用できない

フルミストの副作用は必ず出るとも限りませんが、鼻に直接噴霧しますので、鼻炎や鼻の粘膜が弱い人は接種できない可能性もあります。

ちなみに病院による多少の違いはありますが、7,000円前後で接種できるところが多いようです。

接種を受けられない人

妊婦NGイラスト

受けられる対象年齢は2歳~50歳までとされていますが、上記で紹介したようにアレルギーを持っている人は接種を受けられません。

どのようなアレルギーがNGの対象になってしまうのか、またアレルギー以外にもある接種を受けられない人を見てみましょう。

  • 妊婦
  • 接種前に鼻風邪をひいている
  • 重度のアレルギー(特に卵白)
  • 軽度でもゼラチン、ゲンタマイシンゲンタマイシン、アルギニンアレルギー
  • 小児喘息
  • 1年以内に喘息発作を起こした
  • 心臓病
  • 肺疾患
  • 肝臓病
  • 神経系疾患
  • 免疫不全や抗がん剤治療で免疫力が低下している

子供にフルミストを受けさせるべきか否か

家族イラスト

以上を踏まえて後は自己判断というところになります。日本は海外に比べて医薬品に関しては厳しい基準がありますので、他国では承認されている薬もなかなか承認されません。

やや遅れ気味という印象もありますが、総合的な判断は必要なのです。

インフルエンザの治療薬としてよく知られているタミフルにも副作用がありますが、現在のところはタミフルを超える特効薬は出ていません。

タミフルは予防の意味で服用する事もできますが、予防という意味ならタミフルよりもフルミストを選ぶというケースも少なくないようですね。

自己判断、自己責任という部分では少し不安もありますが、予防という点から考えるとメリットもある事から今後もフルミストを選ぶ人は増えると思われます。

接種するかどうかは医師との相談が必要ですが、早く日本でも承認され、皆が安心して痛くないインフルエンザ予防接種ができる日が来るといいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る