健康生活TOP インフルエンザ 虫歯だけじゃない!歯磨きのインフルエンザ予防効果がすごい

虫歯だけじゃない!歯磨きのインフルエンザ予防効果がすごい

家族歯磨き

毎年寒くなってくるとインフルエンザが流行し始めます。大変感染力が強く発症してしまうと数日間仕事や学校へ行けなくなるので、予防注射を受けたりと注意している方は多いですね。

症状も通常の風邪よりも重くなることが多く体力的にも辛いものです。特に子供や高齢者がかかると命に関わることもあります。

しかし予防注射を受けても流行するインフルエンザの型が変わってしまうと効かないこともありますし、予防には限界もありますね。また薬剤耐性ウィルスなどの出現も深刻化しています。

ワクチンや薬剤だけに頼らずできるだけインフルエンザを回避するために、様々な予防法を駆使したいものですが、あまり知られていないのが“歯磨き”の重要性です。

自分がインフルエンザにかからなくても、家族が発症したため仕事に行けなくなるということもありますし、家族みんなで歯磨きの大切さを確認しておきましょう!

インフルエンザ予防に歯磨きが効果的なわけは細菌の働きが関係している

インフルエンザウィルスは咳やくしゃみなどによって空気中に飛散します。そしてウィルスは乾燥した空気中にとどまり、それを吸い込むことで感染します。

このとき、インフルエンザウィルスは鼻や喉の気道の粘膜に付着し、細胞に侵入し、増殖し、感染します。しかし通常、粘膜にはウィルスを付着させないようにガードしている、タンパク質の覆いがあります。

普段守られている粘膜ですが、このガード役のタンパク質を破壊してしまうものがあります。それがプロテアーゼや、ノイラミニダーゼと呼ばれる酵素です。

それによってガードがなくなり、ウィルスは細胞に侵入しやすくなってしまいます。どうしてこのプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素ができてしまうのでしょうか?それは口腔内にある細菌が作り出します。

その細菌は歯垢(プラーク)、歯石、舌苔(ぜったい)などに沢山潜んでいます。

また、細菌は毒素を出すことによって炎症を起こすので、それによっても感染が拡大するのを助けてしまいます。

ですから、口腔内の細菌が増えすぎないようにきちんと歯磨きをして、口腔ケアをすることが感染予防に大切なのです。

またうがいなどをすることで、口腔内に入ってきたウィルスを早めに洗い流すことも出来ます。

効果的な歯磨きをすれば歯周病や虫歯を予防できるだけでなく、インフルエンザや風邪などの感染予防にも良いのです!

たかが歯磨き、されど歯磨きですよ。

感染予防に効果的な歯磨きや口腔ケアをするために意識するポイント

歯磨きと言っても、ただ漫然と磨いていても歯垢は残っていることが多いものです。口の中の細菌の増殖を抑える、という観点でも、ポイントを押さえておきましょう。

まとめると次のようなポイントです。

  • 歯と歯の隙間を意識する
  • 朝起きてから歯を磨く
  • 夜寝る前に歯を磨く
  • 舌もきれいに掃除する
  • 月に一度は歯ブラシの交換をする
  • 時々歯石の除去をする
  • 必要なら歯の治療をする

歯と歯茎の間、歯と歯の間の歯垢(プラーク)を除去する

歯と歯茎の間を意識して、丁寧に磨きましょう。力を入れすぎると歯茎を傷付けることがあります。歯ブラシの毛先を磨きたい歯にしっかり当て(強すぎないように)、小刻みに軽く、一箇所あたり10回から20回動かします。一本一本磨きましょう。

ただ、歯磨きだけでは取れる歯垢は50%から60%程度です。歯と歯の間などは歯ブラシでは取れませんので、しっかり取るにはデンタルフロスや歯間ブラシも使うと効果的です。

デンタルフロスや歯間ブラシを歯磨きの後に使用すると、使用しないよりも除去できる歯垢は1.5倍になるということです。出来れば一日に一回はデンタルフロスか歯間ブラシを使って、歯と歯の間の歯垢を取り除きましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを使ってしっかり磨くのは、歯茎の負担にもなるので一日一回までにしておきましょう。

朝起きてから歯磨き、またはうがいをしよう!

寝ている間に口の中は細菌が増殖しています。出来ればまず、朝食をとる前に歯磨きをしましょう。そんな時間はない、と思われるようであれば、うがいをするだけでも違いがあります。

うがいをするときにはまず口の中をクチュクチュとゆすいで、口腔内の細菌を洗いましょう。うがいはその“クチュクチュペッ”だけでも良いですが、喉を“ガラガラ”とうがいする場合はその後にしましょう。

朝に歯を磨いた後、マウスウォッシュをするのも良いそうです。ただマウスウォッシュは歯垢を取るわけではないので、あくまでも補助的なものです。歯磨きの代わりにはなりません。

歯磨きで歯垢を取った後、口の中に単独でいる細菌に対して、殺菌効果を期待することは出来ます。

寝る前に歯磨き!夜間の口腔内の細菌増殖を減らそう

寝ている間は唾液が少なくなるので、口の中の細菌が増殖しやすくなります。少しでも細菌が増えないよう、寝る前に口の中をきれいにしておきましょう。夜の歯磨きではデンタルフロスや歯間ブラシなどを使って丁寧に磨くと良いですね。

寝る前にマウスウォッシュをするのは、必ずしも良いとは限らないようです。それは歯磨き剤にフッ素が用いられている場合、その後にフッ素入りではないマウスウォッシュをすることでフッ素が流れてしまうためです。

フッ素は自然元素の一つで、虫歯になりにくくする作用がありますので、夜間は口の中に残っていた方が効果的です。日中は食べたり飲んだりしてフッ素は失われますし、殺菌効果のある唾液もたくさん出ていますのでそれほどフッ素について気にしなくても大丈夫です。

歯磨き剤にフッ素が配合されている場合、歯磨き後に口をゆすぎ過ぎると、せっかくのフッ素が流れてしまいますので、そんなにしっかり何度もゆすがない方が良いでしょう。1回ゆすぐ程度にしておきましょう。

ちなみにフッ素は緑茶にも含まれています。日本には食後に緑茶を飲む習慣がありますが、これは虫歯予防になるわけですね。

口の中は歯だけではない!舌も一日に一回きれいにしよう

舌苔ができる原因はいろいろありますが、舌苔があると細菌が増えてしまうので、舌をきれいにすることも意識しましょう。

歯ブラシを使うと舌に傷がつくことがあります。なるべく舌ブラシを使いましょう。力を入れると舌の粘膜が傷ついてしまいますから、軽く手前に引く程度、なでるような感じにしましょう。

舌ブラシがないようであれば、柔らかい歯ブラシを使って優しくなでるようにすることも出来ます。

舌を磨くのは一日一回で大丈夫です。あまり行なうと舌に傷がついてしまうことがあります。傷があるときは控えましょう。

歯ブラシを一ヶ月に一度は交換しよう

歯ブラシは長く使っていると毛先が開いてきて、効果的に磨けなくなってしまいます。せっかく磨いているのに歯ブラシのせいで効果が半減してしまってはもったいないですから、定期的に交換しましょう。

衛生的な観点からも、細菌が増えてきますので一ヶ月に一度は交換するのがお勧めです。インフルエンザや風邪になったときの薬代に比べれば大した金額ではありませんから、惜しまなくて良いですよね。

自分では無理!時々歯医者で歯石を取ってもらおう

歯石は自分で取るのはとても難しいです。”細菌の塊”である歯垢(プラーク)がカルシウムやリンなどといった唾液に含まれるミネラルと結びついて固くなったもので、そこには細菌が住み着きやすくなっています。

出来れば定期的に、歯医者で歯石を取ってもらいましょう。歯石は歯周病の原因ともなります。歯周病は強い口臭の原因となりますから、避けたいですね。

歯石は誰にでも付きます!歯磨きに自信があっても時々は診てもらいましょう。

歯石は歯周病の原因となるため、歯石除去(スケーリング)は保険適用です。検査料を入れても2000円から3500円位で行なうことが出来ます。(検査をしないと保険適用になりません)

一回の歯石除去で二回は通院する必要があります。程度によっては四回から六回必要なこともあります。

理想は三ヶ月から半年に一度歯石を取ると良いとされています。でも、もう何年も歯医者には行っていないからと諦める必要はありません。取らないよりは良いですから、気づいたときに行きましょう!

歯医者によっては二ヶ月以内に行くと1000円以内と安く、歯石除去が出来たりするみたいですよ。しょっちゅう行くのは大変ですが、溜まっている歯石も少ないので短時間で負担も少なく、費用も少なくできる、というメリットはあります。

歯周病や虫歯はほっておかない!歯医者で早めに治療をしよう

すでに虫歯や歯周病になっている可能性があるなら、早めに治療をしましょう。

歯周病は口臭の原因となるだけでなく、様々な病気の原因ともなります。

歯周病になるとこんな病気の原因となることも…

  • 脳卒中
  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 肺炎
  • 骨粗しょう症
  • 腎疾患

たかが口でも、体の入り口です。口内環境が悪いと感染症にかかりやすくなりますし、全身状態に影響する事が最近は分かってきていますから、侮れません。

自分は大丈夫だと思っても、家族や祖父母にその可能性があるなら声掛けして促しましょうね。

楽に効果的に歯垢を除去するため様々な歯磨きの道具を使い分けよう

先ほど述べたデンタルフロスや歯間ブラシ、舌ブラシなど、また他にも様々な歯磨きグッズがあります。効果的に使用するために、それぞれの特徴を知っておきましょう。自分に合ったもの、使用しやすいものを見つけることも、長く続けるために大切です。

狭い隙間にはデンタルフロスを使用する

デンタルフロスは歯と歯の隙間が狭い方に向いています。また歯と歯が接触している部分は歯間ブラシは通りませんから、デンタルフロスを使うと良いです。

糸巻きタイプと、ホルダー付きのものがあります。糸巻きタイプは30cmから40cm位(肘までの長さ位)にカットして指に巻きつけ使用します。糸巻きタイプを巻きつけられるフロスホルダーというものもあります。

デンラルフロス

歯と歯の間の根元までデンタフロスを通し、左右の歯の側面に沿ってそれぞれ歯垢を掻き上げるように上下に動かします。糸巻きの場合は少しずつデンタルフロスを使用した箇所をずらしながら、他の歯も行ないます。終わったらしっかり口をゆすぎましょう。

狭い隙間にはデンタルフロス

ワックス加工ありとワックス加工無しがありますが、ワックス加工のものは滑りやすいので歯の間に通しやすく、初心者の方や歯と歯の隙間が狭い人に向いています。

ノーワックスタイプは歯垢の除去率が上がるようです。慣れてきたらこちらも良いかもしれません。

衛生のため、毎回新しいものを使用してください。糸が引っかかりやすかったり、切れやすいようなら、虫歯や付着した歯石があるかもしれません。歯と歯の隙間は見えにくい部分なため進行させてしまいやすいので、早めに歯医者を受診してください。

歯の間や根元の隙間が広い場合は歯間ブラシを使用する

歯と歯の隙間が広くなると、デンタルフロスよりも歯間ブラシの方が両サイドを同時に磨けますので効果的に歯垢を取ることが出来ます。

またブリッジが入っていると、デンタルフロスを上から通せないので歯間ブラシの方が清掃しやすいかもしれません。

歯間ブラシにもサイズがいろいろあるので、自分の歯の隙間に合ったものを選びましょう。入れた時にスカスカするもの、逆にスムーズに挿入出来ず針金が当たるものはサイズが合っていません。

歯間ブラシ

小さいと歯垢が取れませんし、大きいと歯茎を痛めるかもしれませんので、サイズを確かめましょう。

隙間は前歯や奥歯で違う場合もありますし、磨いているうちに歯茎が引き締まることで根元の隙間が広がることもあります。サイズが変わってきたと感じたら交換しましょう。

またL字型とI字型があります。奥歯はL字型が使いやすいです。I字型を使う場合は折り曲げて使いましょう。前歯はどちらでもそのまま使えます。

あまり強くこすると歯肉に傷がついてしまったりすることがありますので、優しく前後にこすりましょう。また挿入角度も注意します。歯茎を傷つけないよう、上の歯に使用する時には下向きに、下の歯に使用する時には上向きに用いましょう。

隙間が広い場合は歯間ブラシ

歯間ブラシで歯垢を除去した後はしっかり口をゆすぎましょう。

歯間ブラシは歯ブラシのように流水で洗って何度も使用することが出来ます。毛束がすり減ってきたら交換しましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを使用し始めると、初めは出血することがありますが、段々と歯茎が引き締まってきて出血しなくなってきます。2週間位経っても出血が続く場合は、歯周病かその他の原因があるかもしれませんので、歯医者を受診してください。

ピンポイントな汚れ落しにはワンタフトブラシ

ワンタフトブラシは毛束が一つになっていて、細かな部分を磨くのに役立ちます。

ワンタフトブラシ

毛先が円すい状にカットされているものは、歯の裏側や奥歯の溝などに使用すると良いでしょう。毛先が長いタイプもあり、歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯垢を除去するのに効果的です。

磨きすぎは禁物だけど舌を綺麗にするには舌ブラシ

大体、歯ブラシよりも細い毛先になっていて、舌を傷つけないようになっています。また舌苔の溜まりやすい部分にも届きやすい形状になっているので不要な力が入らないようにもなっています。
あまり使用すると舌を痛めますので、一日一回程度に、優しく撫でるように使用してください。

舌を前へ突き出し、ゆっくり前に引き出すようにブラッシングします。あまり奥まで入れると嘔吐神経が刺激されて吐き気がしますので注意してください。

舌ブラシ

舌苔を全て取ろう!と思わなくて大丈夫です。舌苔はある程度必要で、逆に取り過ぎると舌の細胞がむき出しになり、保護できなくなってしまいます。結果、舌苔が新たに付着しやすくなってしまいます。

歯垢の分解や細菌増殖の抑制など歯磨き剤の薬効成分に注目

歯磨き剤は使用しなくても歯垢は除去できますが、歯磨き剤に使用されている薬効成分による効果もあります。目的によって選んでみてください。

殺菌剤
細菌の増殖を抑制
酵素
歯垢の分解・除去&歯への付着を予防
抗炎症剤
歯茎の炎症を抑える
フッ素
再石灰化を促進し、歯の質を強くする

歯ブラシを水で濡らして歯磨き剤を付けて磨く、という方は多いのではないでしょうか?実は歯ブラシは磨く時に水に濡らさない方が良いそうです。

水に濡らすとすぐに発泡するので、きちんと磨けていないのに磨けたような気分になってしまうというデメリットがあります。またせっかくの薬効成分が早く流れ落ちてしまいます。水に濡らさず、しっかり磨きましょう。

また薬効成分が入った歯磨き剤で歯を磨いたら、あまりゆすぎ過ぎないようにしましょう。

子供や高齢者は周囲の人が意識して口の中をきれいに保ってあげよう

デンタル家族

自分はすでに歯磨きは心がけている、という方でも、子供や高齢者が身近におられるかもしれません。子供や高齢者は口腔内の環境が意識していないと悪くなりがちです。周りの大人が是非、口腔ケアを意識してあげてください。

幼い頃から正しい歯磨きの習慣がつくようにしてあげよう

子供には、正しい歯磨きの仕方を教え、自分できちんと磨けるようになるまで見守ったり、歯磨き後にチェックしてあげることが大切です。幼い頃から歯磨きの習慣を身につけられるようにしましょう。

歯磨きを始めるのは最初の歯が生えたときから。大体6ヶ月から1歳くらいが目安です。初めは磨く、というより慣れさせる感じで大丈夫です。

大きくなるにつれ徐々に磨く真似をさせるようにして、自分用の歯ブラシを持たせてあげましょう。その際にはのどをつかないように工夫してある、子供用の歯ブラシを持たせてあげましょう。

高齢者は様々な要因で口内環境が悪くなりやすい!

特に高齢者は、免疫力の低下や活動の低下によって、口腔内の細菌が増加しています。要介護高齢者は自分で歯磨きやうがいをすることが困難になっていますので、口腔ケアの重要性を考えて、意識してあげましょう。

自分で歯磨きができる高齢者も、加齢に伴い意識しなくなったり、歯の痛みがあるため歯磨きを嫌がったりするようになることがありますので、きちんと歯磨きがされているか時々様子を見るようにしてください。

また入れ歯をしていたり、詰め物や被せ物をしている方も多く、磨き残しがただでさえ起こりやすくなっています。また唾液が少なくなっているため、乾燥していて自浄作用がしにくい状況です。

麻痺などで舌の動きが悪かったり、ミキサー食やトロミのついた食事などは食べかすが口の中に残りやすいので、口の中の状態は悪くなりやすいのです。

でも高齢者こそ、インフルエンザなどにかかると重症化しやすいですから、積極的に口腔ケアを取り入れましょう。

自分で歯磨きが上手くできない人には積極的に口腔ケアを

自分で歯磨きができない高齢者の場合、介助する必要がありますが、どのような口腔ケアが良いかは、その方の口腔内の状態や身体状況などによっても異なりますので、よく観察してください。

不安でしたら、専門家に相談してみましょう。

寝たきりだったり重度の障害があり、うがいをすることが難しい場合、拭き取り掃除を行ないます。

被介護者を横向きにするか、または30度位にベッドを起こします。介助者は使い捨て手袋をはめ、口腔ケアウェッティーか殺菌ガーゼを指に巻いて湿らせ、口腔内の汚れを拭き取るようにします。

被介護者の口腔ケア

口腔ケアは痛みや不快感を出来るだけ与えず、気持ち良さを感じさせてあげることが大切です。スポンジブラシなど、様々な歯磨きグッズがありますので、工夫してみてください。

口腔ケアグッズ

歯の隙間など細かな場所には綿棒を湿らせて使います。

口腔ケア3

自分で行える場合はできる限り行なっいてもらい、磨き残しがないかだけ確認しましょう。

うがいをするときは、誤嚥(気管に入ってしまうこと)に注意してください。体の姿勢、首の角度、水の量などに注意しましょう。顎が上を向いていると気道が広がってしまい、誤嚥しやすくなります。顎を引いて、顎と首の角度が大きくならないようにします。

誤嚥が少ない姿勢としやすい姿勢

入れ歯をしているなら、入れ歯を清潔に保つことも大切です。入れ歯を外した後の口腔内も、残った歯を磨いたり、歯茎の状態も観察しましょう。

口腔内の奥の方は、刺激すると嘔吐しやすいので注意しましょう。

通院が難しい方は訪問歯医診療に来てもらおう

歯周病があったり虫歯がある場合は歯医者を受診してもらう必要がありますが、なかなか通院が難しいという方もおられると思います。

今は、通院が難しい方のために自宅を訪問してくれる訪問歯科診療を行なっているところも多くあります。訪問口腔ケアを行なっているところもありますので、通院が難しい場合はぜひ検討してみてください。

要介護者に対して、効果的な口腔ケアを実施した場合、感染症の低下と共に次のような効果もあるという様々な研究結果があります。

  • 発熱の発症率の低下
  • 肺炎の発症率の低下
  • 認知症発症リスクの低下
  • 総医療費の低下

歯磨きは手間も費用もそんなにかかりません。でも口腔内の健康は全身に大きな影響を与えることが分かってきています。

最近はインフルエンザが流行る時期が長くなったように思います。なるべくインフルエンザにかからず元気に過ごせるよう、簡単な予防方法も是非取り入れていきたいですね。

自分だけでなく家族も歯磨きをきちんと行ない、口腔内を良い状態に保てるよう見守り、家族みんなでインフルエンザに立ち向かいましょう!
キャラクター紹介
ページ上部に戻る