健康生活TOP 感染症 マラリアが日本で流行?蚊からの感染予防に知っておくべき事

マラリアが日本で流行?蚊からの感染予防に知っておくべき事

mosquito perched on the arm

2015年のノーベル医学・生理学賞には、日本の大村智博士(北里大学)と、中国のトウ・ヨウヨウ女史、アメリカのウィリアム・キャンベル博士が受賞されましたね。3人とも感染症の治療薬の開発の功績が認められたものです。

その中で、中国のトウ女史はマラリアの治療薬を開発された人です。マラリアは世界的な流行に関わらず日本国内での感染拡大はありません。でも、このことがマラリアと言う病気について知る機会になると良いと思います。

熱帯・亜熱帯地方に旅行に行く日本人も大変多いわけですが、やはり年間で100人程度はこの病気を持って帰っているようです。

温暖化の影響で日本でも流行するかもしれないといわれていますので、感染しないために私たちが知っておくべき事、やるべき事をしっかり覚えておきましょう。

世界三大感染症のトップランナーであるマラリア

普段あまり耳にすることがない「世界三大感染症」と言う言葉ですが、耳にしないのはその筆頭株のマラリアが日本国内で広がっていないからです。

でも、第二次世界大戦直後にはたくさんの復員マラリアによる患者がいましたし、歴史的にも「おこり」と呼ばれた病気で、日本にも土着のものがあったのです。

マラリア・結核・エイズが世界三大感染症

結核やエイズを抑えてと言うのも驚きですね。いったいどのくらいの広がりがあるのでしょう。エイズの場合、1年間に新規に発症する人の数は全世界で260万人くらいとされています。それに対して結核の場合は年間900万人くらいですね。

そしてマラリアですが、1年間の感染者数は世界全体でおよそ2億人に届こうと言うレベルなのです。世界人口が70億として3%弱がマラリアに感染すると言うわけですね。

一方、エイズによる死者は年間120万人程度、結核の場合は150万人くらいです。それに比べるとマラリアによる死者は60万人ほどですので、他の二つに比べると致命的にはなりにくい病気です。

マラリアはマラリア原虫による感染症

他の病気でも、時々この「原虫」と言う言葉が聞かれることがあります。トリコモナス症やトキソプラズマ症が有名です。

例えばトキソプラズマ原虫と言われると、ネコの糞から感染して流産に繋がったりするものとして知られていますから、細菌よりずっと大きな寄生虫か何かのようなイメージに感じちゃいますよね。

でも、原虫と言うのは単細胞生物で細菌ではない、病原性のあるものと言うくらいの意味です。単細胞生物ですので、大きさも平均で細菌より一回り大きい程度ですね。

ゲノムサイズによっても変わりますが、小さい原虫の方が大きい細菌より小さいことも珍しくありません。ですので○○原虫と言われたら、「分類学上細菌じゃないだけで、ほとんど同じもの」程度に考えて下さい。

ややこしいので整理すると。細菌と同じようなサイズの原虫が原因となり、マラリア感染が広がっていくんです。

原虫と聞くと目に見えそうですが、実際には見えないので感染を防ぐというのがとても難しいんですね。

マラリアは日本にも普通に住んでいる蚊が媒介する伝染病

マラリア原虫はハマダラカ(羽斑蚊)と言う蚊のグループが媒介します。いわゆるマラリア蚊と呼ばれる、最も悪性のマラリアを媒介する蚊は日本には生息していませんが、ハマダラカ属に含まれる蚊のうち12種類が日本にも生息しています。

その昔、日本に土着のマラリアが存在した時代にはこれらの蚊が媒介したものと考えられています。

マラリア原虫は蚊の中で増えるために人間を中間宿主にする

余談に近いお話ですが、これも参考までに紹介しましょう。マラリア原虫は蚊の体内で生殖母体が有性生殖を行って種虫を生みます。一方、種虫は人間の身体の中で生殖母体を生み出すために無性生殖(細胞分裂)を繰り返します。

その細胞分裂のときに人間の赤血球を破壊するためにマラリアの症状が出ると言うわけなのです。マラリア原虫は単細胞生物ですが、減数分裂と接合と言う動作で遺伝子の交換が行われ、親とは異なる子供が生まれる有性生殖も行われます。

単細胞生物でもこれが行われず、単純に分裂だけの無性生殖では、一定回数細胞分裂が行われるとそこで死んでしまう事が判っています。ですので、有性生殖が行われる蚊の体内が本来の居場所で、人間の身体は栄養豊富な餌場みたいな感じですね。

かつて日本にもあったマラリアは現在土着の病気ではなくなった

マラリアと言うことになると、私たちに比較的身近なのは戦後の復員兵たちが南方戦線で感染したマラリアによって、日本に帰ってきてからも症状に苦しむ人が多かったと言う話を年配の人たちから聞いたと言ったものでしょう。

「ゲゲゲの鬼太郎」の故水木しげる先生が南方戦線で左腕を失ったのは、マラリアに苦しめられていた時だったと言うお話もテレビドラマになって紹介されたりしていました。

一方国内に目をやると、昭和の初めから終戦ごろまでは、沖縄県や近畿地方・中部地方の一部に土着のマラリアが残っていました。また、もう少し遡って明治時代には、北海道を含む全国に土着のマラリアが存在したのです。

現在、熱帯・亜熱帯の病気であるマラリアが北海道にもあったのは驚きですね。

幸いなことに現在の日本に土着のマラリアはない

終戦直後、多くの医学関係者たちは復員兵たちが南方から持ち帰ってしまったマラリアが、日本でもともと土着マラリアを媒介していたハマダラカによって爆発的に流行するのではないかと言うことに強い警戒感を持っていました。

しかし、そうした懸念は杞憂に終わったのです。終戦直後のことですから、それほど大掛かりな対策が取られたわけではありません。

衛生観念の向上から、例えば日本脳炎のように他の病気も蚊が媒介することが一般に良く知られるようになったため、蚊の対策が日本全国で進みました。

農業用水の整備や、道路舗装の普及、空き地などの衛生管理が進んだことなどにもよって、蚊の発生数も戦前に比べれば激減しています。

その他、いわゆる輸入マラリアの原虫と、日本に生息するハマダラカの相性が良くなかったのではないかといった要因も推定されていますね。

このように、ほとんどが大きな幸運によってもたらされた環境変化によって、日本からマラリアは絶滅したのです。

そんなに最近まで日本に土着マラリアがあったのは驚きです。

そうした病気がなくなった時代に生きている私たちはラッキーですね。先輩たちに感謝です。

それでも年間100人程度の日本人がマラリアに感染している

現在、全世界でマラリアが発生しているのは、赤道付近の熱帯・亜熱帯地域のアフリカ・南アメリカ・中南米・オセアニアとアジアが中心です。

一方、お隣の中国では一部の地域に、限定的ながらマラリアのリスクがあるとWHOによって報告されている場所があります。ですので決して油断はできません。

of malaria expansion area

このように、リスク地域は世界のかなり広い範囲に拡がっています。

中国についてはこの地図で見る限り、リゾート地の海南島は高リスク地域ですし、限定的リスク地域には上海や南京あたりも含まれていそうです。

しかし都市部での感染リスクはそれほど高くないようですので、近郊へ出かけた時に特に注意が必要と言うことになるでしょう。

外国に行ったときは特に蚊に注意しよう

マラリアの他、デング熱やチクングニア熱、ウエストナイル熱や、日本国内でも感染の恐れのある日本脳炎などは全て蚊によって媒介される伝染病です。

日本脳炎は、日本国内ではワクチン接種によって激減しましたが、まだ東アジア・東南アジア・南アジアにはたくさん残っています。感染しても発病しにくい病気ですが、発病してしまうと致死率が40%とも言われる怖い病気です。

その他の病気も決して軽い病気ではありませんので、注意が必要です。蚊によって媒介されると言うことの他、人間から人間へ直接伝染することがないのも特徴です。ですから、蚊に刺されないことが特に重要になります。

蚊から身を守るのに大げさすぎることはない

蚊は人間の血管に直接病原体を送り込みますから、皮膚や呼吸器からに比べて感染確率は非常に高くなります。ですので、蚊は危険だと言う意識をしっかり持っておきましょう。

海外へ出かける際は、虫除けに関する対策を考えておいて下さい。虫除けスプレーは、アウトドア用の強力なものが良いですね。ディート(DEET)と言う成分のものが蚊の対策にはおすすめです。

現地で調達する場合も、DEETと書いてあるものを利用しましょう。マダニなどにはペルメトリンに比べると効果が落ちますが、それでも普通の虫除けスプレーよりはずっと効果的です。

国内で買う場合でも医薬部外品ではなく【医薬品】指定のもので、「ディート12%配合」のものが良いですね、日本国内ではこれが最大濃度です。これだと一般の薬局・薬店で販売していますので入手しやすいでしょう。

調べてみたところ、2015年12月現在、以下の製品が該当しました。店頭にこれらの製品がない場合、他の製品も存在するかもしれませんので、薬剤師さんに相談してみて下さい。

  • ムヒの虫よけムシペールPS:池田模範堂
  • ムヒの虫よけムシペールα:池田模範堂
  • スキンベープミスト SH:フマキラー
  • メンターム 虫バイバイEX:近江兄弟社
  • サラテクトFA:アース製薬

但し、使い方にも注意が必要です。虫除けスプレーは肌の露出部分にしっかりむらなく着けることが重要です。袖口やズボンのすその内側にも塗っておきましょう。顔の場合は手のひらにとって塗り込んでください。

さらに汗で流れやすい成分なので。2~3時間ごとに塗り直すことも忘れずに。そして、虫除けスプレーをものともしない蚊の対策に、特に蚊の多い地域では蚊取り線香を持ち歩くのも効果的です。

火の付いた蚊取り線香を安全に持ち歩ける蚊取り線香皿もありますから、熱帯地域へ旅行に行かれる時は利用しましょうね。これだと屋外だけでなくホテルの部屋でも蚊対策に利用できます。ただし、火災報知機には注意して下さい。

屋内ではワンプッシュ蚊取りの方が良いかもしれません。

男性の一部では頭頂部とかにも塗った方が良いかもしれません。ジョークじゃなく真面目な話ですよ!

そして耳なし芳一にならないよう耳たぶにもしっかり塗っておきましょうね。耳たぶは血管が浅い位置にあって数も多いんです。

普段から蚊を発生させない注意を怠らないように

日本国内でも、普段から家の周りなどで蚊が発生しないよう注意しておきましょう。基本は「水のたまったところ」を屋外に放置しておかないことです。蚊が発生するような場所を放置するとご近所にも迷惑ですからね。

例えば、バケツに水が残らないように裏返していても、底の裏に少しのくぼみがあって、そこに雨水が溜まったりしますよね。そうした場所をこまめに乾燥させておくことがポイントになります。

ハマダラカはちょっと特徴的な部分がある

日本国内では絶滅したマラリアですが、ハマダラカは健在です。ですので、ちょっと特徴を見てみましょう。蚊は小さい虫ですから、じっくり羽の柄を観察することはあんまりありませんよね。でも止まり方が特徴的なので見分けは簡単です。

blood-sucking posture of Anopheles

このように、お尻を上げて止まると言う特徴があります。大正時代のマラリア予防の啓蒙読本には「針のついた矢を投げて、それがそのまま地面に刺さったような止まり方」と表現されています。

これはハマダラカの身体の構造によるものだとされています。

孑孑って読めますか?

これは「ぼうふら」、蚊の幼虫のことです。良く知られている通り、ぼうふらは水中にすんでいて、水中や水面にあるものを食べています。お尻に呼吸管があって、水中と水面を往復しながら呼吸するのが特徴ですね。

でも、ハマダラカのぼうふらは、水面に浮かびっぱなしなのです。これは呼吸管が背中側に開いているからなんですよ。ですので、水たまりに何か虫がいても、水中と水面を往復してないからぼうふらじゃないとは言い切れないんです。

このごろは殺虫剤などに良いのができたのであまり蚊を意識しなくなりましたが、これではいけませんね。おうちの周りもきれいにしておきましょう。

マラリアに予防接種はないし予防薬も効かないことがある

マラリアに予防接種はありません。また飲み薬としての予防薬はありますが、日本では手に入らないこともあるので、現地での入手も検討するように厚生労働省検疫所は呼び掛けています。

そして、予防薬に耐性のあるマラリア原虫がいたり、予防薬自体に強い副作用が見られたりもします。さらに、予防薬は日本に帰ってからも1か月くらい飲み続けなければいけません。

ですので、業務などでやむを得ない場合以外は、予防薬が必要なほど濃厚な汚染地域には旅行しない方が良いですね。いずれにせよ基本は蚊に刺されないようにすることです。

地球温暖化によって日本でマラリアの流行が再燃するのか

確かに、今の日本は亜熱帯地域に近いぐらい暑くなってきていますよね。それに、もともと今より気温が低かった時代の北海道でマラリアが存在した記録もあります。それに、マラリアを媒介する蚊も日本に生きています。

そうなってくると、地球温暖化によって熱い地域の病気であるマラリアが、再び日本で流行するんじゃないかと言うことを懸念する声も聞かれます。毎年100人程度が海外から持ち帰ってしまっていると言う事実もありますしね。

しかし、多くの専門家はその危険性は低いだろうと考えているようです。その大きな要因は、海外の流行地域であっても都市部での感染機会が少ないと言う事実にあります。

日本では、いわゆる田舎であっても、衛生状態は世界レベルで言う都市部と言って問題ないでしょう。そうしたことから、マラリアの国内での流行の可能性は低いと言うことなのです。

しかし、油断は禁物です。その衛生状態が保たれないとだめですし、病原体の変異も考えられますから、衛生状態をさらによくしておくことが国全体としての予防になるでしょう。

先にお話しした、ぼうふらを涌かせない配慮のような細かいところから、衛生状態をさらに向上させましょうね。

マラリアは4種類の病態があり致命的になるものもある

マラリアと言うと、何日かおきに強烈な震えに見舞われる発熱が起こると言うイメージがありますね。しかし、これはマラリアの一部の病態なのです。

一方で、熱が下がらないマラリアと言うのもあって、こちらは発病後すぐに治療を開始しないと生命に関わります。

マラリアは4種類あるが最も危険なのは「熱帯熱マラリア」

マラリアには4種類のものが知られています。

  • 卵型マラリア
  • 三日熱マラリア
  • 四日熱マラリア
  • 熱帯熱マラリア

です。このうち、卵型と三日熱はおよそ48時間ごとに発熱発作が起き、四日熱ではおよそ72時間ごとに置きます。これが「時折強烈な震えを伴う発熱」と言うマラリアのイメージを作り出しています。

一方、最も悪性とされる熱帯熱マラリアでは熱が下がることがあまりなかったり、発熱間隔がずっと短かったりします。

熱帯熱マラリアは治療が遅れると臓器障害を起こして死に至ることがまれではない危険な病気として知られています。しかし、最近では三日熱マラリアでも臓器障害などを伴う例が報告されているそうですので注意が必要ですね。

治療薬も治療法も存在していますから、きちんと手当すればOKですが、再燃・再発のある病気でもありますので、とにかく蚊に刺されないことを徹底しましょう。

世界三大感染症のうちエイズ以外は昔の病気と思いがちですが、最近再び増えてきている結核も、そして海外で感染するマラリアも決して過去の病気じゃないんですよ。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る