健康生活TOP 感染症 ヨーグルトでノロウイルス予防!そのメカニズムと効果とは

ヨーグルトでノロウイルス予防!そのメカニズムと効果とは

冬場に猛威を振るうノロウイルス。その感染力は、感染者が用を足した後に触れたドアノブからでも感染すると言われているくらい強力です。

そんなノロウイルス予防のため、手洗いやうがいは必須ですが、ヨーグルトに含まれるラクトフェリンという成分にも、ノロウイルス予防の効果があることが分かってきました。

ノロウイルスとは?その脅威は予防しなければなりません

ある寒い日、「何となくお腹の調子が悪いなぁ」と感じていたら数時間で強烈な痛みが。腹痛に加え下痢や吐き気もあり、微熱もあるようだし…

この症状は風邪に似ていますが、ノロウイルスによる感染症と思われます。

近年、毎年のように11月を過ぎたあたりから流行が見られている食中毒の一種であり、ウイルスの感染による急性胃腸炎を発症させます。

冬場に多い感染症と思われがちですが、最近では年中発症が見られるのも特徴と言えます。

ノロウイルスによる食中毒は細菌性の食中毒とは少し違います。ノロウイルスとはその名前の通りウイルスです。細菌はおよそ1μm(1mmの1/1000)ほどの大きさであるのに対して、ノロウイルスは0.03μmという非常に小さい存在です。

通年で感染が確認されていますが、特に冬場は爆発的にその発生件数、患者数を増やします。

原因は主にカキなどの二枚貝や井戸水だと言われており、それらを摂取した人の小腸粘膜でウイルスが増殖することによって腹痛、下痢、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。また、感染した人から他の人への二次感染により、集団感染に繋がります。

感染が成立したとしても免疫機能が正常に働いていれば発症しないことや、軽い症状で済む場合もあります。

しかし、小児や高齢者の場合は悪化して死亡する(高齢者の場合は吐しゃ物を詰まらせることによる窒息なども含めた)ケースがあり、きちんとした予防対策が必要です。

ノロウイルスには特効薬はありません

このように毎年猛威を振るっているノロウイルスですが、特効薬と呼ばれる薬はありません。でも病院で診察を受けたら薬を処方してもらいますよね。

あれは対症療法と言って、下痢が酷いなら下痢止め、嘔吐が酷ければ嘔吐止めなどの症状に対する薬なのです。

現状ではノロウイルスに直接効果のある抗ウイルス薬はありません。インフルエンザ用の抗ウイルス薬(タミフル、リレンザなど)が効果的という話が以前ありましたが、これはデマのようですね。

ノロウイルスは食中毒として食べ物から侵入するだけではなく、保菌者が触ったものからの感染(接触感染)や、空気中に漂っているウイルスを吸い込む(飛沫感染)など、あらゆる感染ルートがありますので注意が必要です。

乳酸菌で日常的に腸を鍛える!

様々な方向からやって来るノロウイルスの感染を完全に防御することは、かなり難しいことだと思います。そこでウイルスが侵入してきても、迎え撃ちできる強い腸を作ることが重要なのです。

腸を鍛えるといっても腸に運動させることは出来ませんよね。そこで乳酸菌の出番がやって来ます。

乳酸菌は腸内細菌の一種であり、善玉菌に分類されています。もともと腸内には善玉菌と呼ばれる菌類と、悪玉菌と呼ばれる菌類が生息しており、善玉菌が増えることで腸内環境も良くなり、身体の免疫力も向上するのです。

乳酸菌を日常的に補給することで、腸内の善玉菌が増加してノロウイルス感染にも立ち向かうことが出来るのです。乳酸菌を摂取することが腸を鍛えることだったのです。

今からでも遅くない2週間トレーニング

ある大学の研究ではL.カゼイ・シロタ株と呼ばれている乳酸菌を日常的に飲んでいる人は、ノロウイルスに感染しても症状が軽いということが判明したそうです。発熱が乳酸菌を飲んでいない人の約半分の日数ですみ、症状も軽かったのです。

このL.カゼイ・シロタ株こそがあの「ヤクルト」に使用されている乳酸菌であり、ヤクルトを飲むことで腸内に善玉菌が増加し免疫力が強まったと推測されています。さらにL.カゼイ・シロタ株以外の乳酸菌(ビフィズス菌など)にも、腸内環境を整える作用はありますので期待は出来そうですね。

「今から始めても遅いんじゃないの?」って思っている貴方に嬉しい話。実は乳酸菌による腸内改善は2週間もあれば効果があるそうです。今からでも十分間に合いますので、考えてないで早速始めることをオススメします。

さらに!母乳にも含まれるラクトフェリンの効果がノロ予防に効く

ラクトフェリンは哺乳類の母乳中などに含まれるタンパク質です。糖とタンパク質が結合した、糖タンパクという成分です。ヒトの母乳にも多く含まれており、特に初乳にはラクトフェリンの割合が多いのが特徴です。

これは、ラクトフェリンの抗菌作用を新生児に与えるためだと言われています。ラクトフェリンは鉄と結合する性質があります。そのため、鉄を身体に吸収しやすくしてくれるのですが、効果はそれだけにとどまりません。

細菌の中には鉄を必要とするものがあります。増殖するために必要な鉄をラクトフェリンが吸着することで、それらの細菌の増殖を抑えることができるのです。

ラクトフェリンがノロウイルス対策に効く理由

しかし、ノロウイルスは細菌ではありません。従って、鉄と結合する作用とノロウイルスの予防には関係がありません。ラクトフェリンは他の作用によって、ヒトの身体をノロウイルスから守ってくれるのです。

その作用の1つが、小腸の細胞の表面に存在してウイルスの侵入を防ぐという作用です。食べ物に付着していたノロウイルスは腸までたどり着き、細胞に侵入しようとしますが、ラクトフェリンはそれをブロックする働きがあるのです。

さらにもう1つの作用として、ラクトフェリンがラクトフェリシンという物質に変わり、ノロウイルスに直接結合することで、細胞への侵入を不可能にします。近年、ラクトフェリンが多く含まれているヨーグルトなどが販売されています。

これらを食べることで、ラクトフェリンによるノロウイルスの予防効果が期待される他、善玉菌による整腸作用が期待できます。

腸は免疫を司る大事な器官です。善玉菌で免疫力を整えつつ、ラクトフェリンを摂取して、ノロウイルスを予防しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る