健康生活TOP 感染症 鳥のふんが原因の感染症クリプトコッカス症状は命に関わる!

鳥のふんが原因の感染症クリプトコッカス症状は命に関わる!

鳩

クリプトコッカス症と言う病気があります。カビの一種に感染して起こる病気で発病すると危険性の高いものですが、通常免疫力が充分な人ではめったに発病することはありません。

一方、例えば免疫抑制剤やステロイド剤など免疫力が低下する薬を使っている人には危険な病気です。同じ理由から免疫力の弱いお年寄りや乳幼児のほか、HIV感染者には大変危険ですし、糖尿病や膠原病の人にとっても危険と言えるでしょう。

こういった危険から身を守るすべを覚えておかなければなりません。

クリプトコッカスはどこにでもある菌だが鳩の糞に特に注意

クリプトコッカスはありふれた菌です。普通に空気中にも存在しますし、土の中や植物の表面に付いていることもごく普通にあります。

しかし、普通に生活している場所においては、それほど大量のクリプトコッカスがいる場所と言うのはあまりありません。気を付けないといけないのは鳥の糞ぐらいでしょう。

鳥の糞ではクリプトコッカスが増殖しやすい

もともと土の中にいる菌ですので、鳥が地面にある餌をついばんだ時に一緒に鳥の体内に入ります。一方、クリプトコッカスは低温を好む菌ですので、哺乳類より体温が高い鳥の体内では増殖できません。

そうなると、鳥の口から入った菌は体内を素通りして糞と一緒に排泄されます。排泄されてしまうと温度が下がりますし、糞の中ですから栄養もたっぷりです。そこでクリプトコッカスは増殖を始めると言うわけです。

私たちの身の回りにはさまざまな野鳥がいますが、糞の量が一番目立つのは何と言っても鳩でしょう。ですので、鳩の糞がたくさんあるような状態と言うのは、健康の面から見ても好ましくないのです。

そしてもう一つは野鳥ではなく家禽です。平たく言えばニワトリ小屋の中は危険ですね。しかし、養鶏場は殺菌消毒体制が万全ですし、そもそも餌からクリプトコッカスを拾う可能性も低くなっていますので心配ありません。

むしろ注意した方が良いのは個人や学校の鳥小屋です。何らかの病気でお医者様から免疫力の低下を指摘されている人は、ニワトリを含めて鳥小屋を掃除することは避けましょう。特に野鳥の糞などと接触の可能性がある屋外の小屋は要注意です。

また、健康な人でもマスクと手袋を正しく着け、作業後のうがい手洗いを充分に行って下さい。

乾燥した粉末を吸い込まないよう鳩の糞を掃除する時は水を使う

クリプトコッカスに感染するルートは大きく分けて2つです。

  • 傷口があり、汚染されたものに触れることでそこから感染する
  • 乾燥して粉塵になった菌を吸い込んでしまう
特に吸い込むことで起こる呼吸器からの感染が圧倒的に多く、肺の病気として発病することが目立ちます。

infection mechanism of Cryptococcus

ですので、例えばベランダが鳩の糞で汚された時などは、ゴム手袋をして水を撒きながらブラシで洗い流すのが良いですね。

乾燥したものをこそげ落としたり、乾いたままほうきで掃き取ることは粉じんが舞いますので避けるべきです。また、水を撒く場合でもマスクをして作業しましょうね。

傷があるならしっかりガードしなきゃです。マスクと手袋は忘れずに!

クリプトコッカス症は肺・脳・皮膚に病変を起こす

クリプトコッカス症は感染が菌を吸い込むことによって起こるので、肺で発病することが最も多い病気です。ただ、健康な人の場合感染していても症状が出ないことも多く、症状が出ても軽いため自然に治ることの多い病気でもあります。

ですので、他の検査で偶然見つかることが多い病気で、半数以上のケースが肺のX線検査で病変が見つかるまで本人が異変に気付いていなかったそうです。

一方、何らかの事情で免疫力が落ちていたり、病原性の高いタイプの菌に感染したりすると、いきなり重い症状が出ることもあります。

最初は風邪のような症状が出ることが多い

肺に吸い込んだことで感染することが大半ですから、発病した場合、最初は呼吸器症状が出ることが多くなります。

  • せき
  • たん
  • 全身のだるさ
  • 呼吸困難
  • 胸痛
  • 血痰(けったん)
  • 頭痛

などの報告があります。

こうしたものを肺クリプトコッカス症と呼んでいますが、身体の状態が悪いとこれが全身に様々な症状を出すようになります。これを播種性クリプトコックス症と言い、感染症法に基づいて届け出義務のある病気に指定されています。

脳髄膜炎に発展すると危険な状態に陥る可能性も

全国約1700の医療機関が参加している「厚生労働省院内感染対策サーベイランス」に寄せられた情報によると、2012年では4500人余りの髄液からクリプトコッカスの陽性反応が検出されました。

そして、そのうち3.4%の人にクリプトコッカス脳髄膜炎の症状が現れたと言うことです。このデータから、わが国では年間200人~400人程度の患者発生が推定され、この数字は肺炎球菌による脳髄膜炎と同程度だと言うことです。

この病気の主な症状は

  • 頭痛
  • 発熱
  • 無気力
  • 昏睡
  • 人格変化
  • 記憶障害 など

と言いますので、かなり危険なものであることが見て取れますね。

皮膚クリプトコッカス症は感染部位によって危険性が変わる

皮膚の傷口などから感染して皮膚に病変が起こるものは、お薬によって完治できますし、あまり生命にもかかわりません。一方、肺で感染したものが血液によって全身の皮膚に及んだ、続発性と呼ばれるタイプは生命に関わりやすいので怖いですね。

続発性のものは、健康な人では起こりにくくHIV感染者や免疫状態の悪い人で発生する病気です。最初は自覚症状のないニキビのような姿で起こることが多いものです。

そのあと、潰瘍になったり硬いしこりができたり、蜂窩織炎と言う痛みの強い皮下組織の病変を起こしたりします。

感染の予防と治療はどのように行われるのか

一番の予防は免疫力の低下を起こさないことです。しかし、こればかりは他の病気などとのかかわりがありますので、個人の努力で行えることには限界がありますね。

ですので、感染しやすい環境を避けると言うことが、最も重要な予防手段になってくるでしょう。

身体の内部に真菌が感染する病気で最も多いもの

健康な人ではあまり心配する必要がないとは言え、身体の内部に真菌が感染する病気の中では、アスペルギルス症と並んで数の多いのがこのクリプトコッカス症です。特に健康な人での発病については最も多くなっています。

別の記事で真菌感染症についてお話ししましたが、その時はクリプトコッカス症を外してお話ししました。それは、この病気だけで別の項目を作った方が良いと思われるくらい、この病気には注目するべきだと判断したからです。

クリプトコッカスはほとんどの場合、空気中に漂っている状態で人間に吸い込まれて肺に定着します。そして多くの場合感染しても症状が出ない状態で推移します。

感染は汚染物質に触れることで起こり患者からの伝染はない

幸いなことに、現段階では人から人への感染やペットから人、人からペットへの感染はないと考えられていますので、感染しやすい環境を排除する方向で予防が可能です。

つまり、体力が落ちている人は鳩の多くいるところへ近寄らないとか、森の中などで鳥の糞が多いところには行かない、鳥小屋には近寄らないなどの行動が予防になると言うことです。

それと同時に健康状態に関わらず、鳩の餌やりなど鳩の糞を一か所に大量に発生させるような行動は慎んだ方が良いでしょう。野鳥をどこかへ追いやる必要は全くありませんが、人為的に野鳥を集中させる行動は好ましくないと言うことです。

治療は飲み薬で行われるが治療期間は長くなる

現在では飲み薬で治療が行えますので、比較的患者の負担は少なくなっています。しかし、治療期間はかなり長くなるので大変な部分もあると言えるでしょう。

ある治療実績の報告によると12例の患者のうち、治療中の死亡を含めて重症例では4例で抗原反応が陰性化しなかったとあります。つまり、症状は軽減したとしても治らなかったと言うことですね。

残りの8例のうち2例は6か月で陰性化しなかった後の追跡ができていなかったと言うことです。最後まで追跡できた6例については、最短で5か月、最長で19か月もの投薬が必要でした。これはかなり長期間の治療だと言えるでしょう。

肺が感染の入り口なのだから肺を健康にしておこう

肺の健康とタバコ

当たり前の話ですが、タバコはやめましょう。喫煙は肺の組織を損傷しますから、その傷口からクリプトコッカスが体内に入り込みやすくなります。

同時に、喫煙は肺が本来持っている、外部からの有害なものを排除する免疫機能を損ないますので、クリプトコッカスの肺での増殖や感染を防ぐことができなくなります。

喫煙者の肺は免疫抑制状態にあるのでハイリスク群になる

タバコは様々な害を指摘されていますが、例えばCOPDや肺がん、生活習慣病の原因になるなど長期的な影響の話題が多くなっています。そのため、目の前に差し迫った危機感がないためなかなかタバコを止められない人が多いようです。

しかし、目に見えていないだけで、タバコを1本吸うことで肺の中では免疫力が低下し、様々な菌が入り放題になっているのです。

喫煙によってタバコに含まれる有害な粒子が侵入してくると肺胞マクロファージはそれを取り込むことで活性酸素を大量に発生させます。

肺は酸素を取り入れる場所ですから活性酸素が発生しやすく、しかもタバコの煙の中にも活性酸素が含まれていますから、喫煙によって活性酸素が大量に発生します。

大量の活性酸素は細胞の機能をコントロールするDNAを切断し、細胞に決定的なダメージを与えます。

肺胞マクロファージが損傷を受けると抗原提示機能は著しく低下します。すると、免疫反応は連鎖的なものですから、免疫システム全体がうまく機能しなくなります。

外界から空気を取り込む入口で免疫システムがつまづいたんじゃ病気にもなりますよね。クリプトコッカスのような真菌感染症だけじゃなく、インフルエンザのようなウイルス感染症や、再興感染症として最近注目の結核のような細菌感染症にも罹り易くなります。

本来免疫機能は生物やウイルスが入り込んできた時に、それを活性酸素でやっつける働きを持っています。しかし、たばこの有害物質は生物でもウイルスでもないので活性酸素では排除できません。

その結果、異物攻撃用に造られた活性酸素は行き場を失って自分の免疫細胞を壊すのです。

タバコを吸う人は風邪をひきやすく、一旦ひいたら治りにくいと言うこともありますよね。

1本のタバコが体内にバイキンを呼び込んでいるんですよ。

高病原性クリプトコッカス症と言う新しいタイプに注意

クリプトコッカスと言うのは、キノコこそ作らない物のシロキクラゲ科に属する4種類の菌をまとめたグループ(属)の名前です。その中で日本ではネオフォルマンスと言う菌が病気の原因になってきました。

しかし、ここに来てガッティと言う強い病原性を持つ菌による感染症が報告されるようになってきて、国立感染症研究所は警戒を呼び掛けています。

クリプトコッカス・ガッティはオーストラリア生まれ

SnapCrab_NoName_2016-1-28_17-0-11_No-00

もともとユーカリの葉っぱなどに良く寄生している、熱帯から亜熱帯に多い菌がこのガッティで、元はそんなに病原性の高い菌ではありませんでした。

しかし、20世紀の終りにカナダのバンクーバーで集団感染が発生しました。その後、世界中で環境からの菌の検出や患者が報告されるようになったのです。カナダで突然変異を起こして病原性が高くなったと考えられています。

日本の国立感染症研究所は便宜的にこのクリプトコッカス・ガッティを「高病原性クリプトコッカス」として注意を呼びかけています。

日本でもすでに発病者は発生しています。10年以上海外渡航歴がなく、HIVなどの免疫抑制状態にもない40代の男性が頭痛や視界欠落で受診したところ、頭の中に4センチくらいの腫瘤(しゅりゅう)が見つかりました。

腫瘤(しゅりゅう)
その多くが腫瘍で、良性、悪性どちらでもあり得る。しこりやこぶ。

それを手術で取り除いて検査したところ、クリプトコッカス・ガッティが検出されたのです。この菌はカナダで集団発生したものと同じタイプでしたが、どうやら微妙に異なる部分もあったことから日本にも定着しているのかもしれません。

また、この男性は糖尿病を指摘されていたものの3年間未治療のまま放置していたそうです。思わぬところで発生した「感染症と言う名前の合併症」だったと言えるでしょう。

糖尿病は免疫力の低下を伴うものの、治療を受け血糖コントロールが良好であれば問題は起りません。健康診断で指摘を受けたら嫌がらずに受診して治療に励みましょうね。

感染経路は不明でも注意することは同じ

このガッティが従来のネオフォルマンスと同じような感染ルートを持っているかどうかはまだ判っていません。それでも同じ属に分類される菌ですから、いずれにせよ鳥の糞には注意した方が良いですね。

また、もともとオーストラリアでは樹木に付いていることが多かったわけですが、ヨーロッパでも古い木の洞などから検出された事例が複数あります。

ですので、森に遊びに行って木の洞に入ったり、無人の廃屋に入ったりすることは避けましょう。仕事などでやむを得ない時は、マスクと手袋が必須です。

消毒には次亜塩素酸ナトリウムの1%溶液が有効です。家庭用ハイターを5倍の水で薄めた濃いめの消毒液を準備しておいて、鳥の糞の掃除をする時などの消毒に用いましょう。

乾いてしまった鳥の糞を、この消毒液を染み込ませてから掃除するのがベストです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る