健康生活TOP 低体温 暑い日でも要注意!ゲリラ豪雨によって引き起こされる低体温症

暑い日でも要注意!ゲリラ豪雨によって引き起こされる低体温症

低体温症というと、寒い冬に起こる現象だと思っていませんか?実は真夏の蒸し暑い時に起こる可能性もあるんです。

夏は寒さに対する油断があるため、余計に注意が必要だということもできるでしょう。雨によって体が濡れた状態にある時、強い風にあたったり気温が急激に下がることによって、夏場でも低体温症になります。

実際夏の野外イベントなどで雨に打たれ、低体温症になり救急搬送される人は後を絶ちません。ことに近年増加傾向にあるゲリラ豪雨と呼ばれる激しい雨。一瞬のうちに体はずぶ濡れになってしまいます。

急性の低体温症の症状と、注意点、予防策、そして重症者への応急処置について知っておきましょう。

手遅れになると命を落とす!低体温症の症状を段階別にみてみよう

低体温症は、体の中心部の温度が35℃以下になることによって、さまざまな症状が起こる症状のことを言います。35℃~32℃まで体温が下がると、

  • 体のふるえ
  • 歩行困難
  • 頭痛
  • 吐き気

などの症状が現れ、重症化すると

  • 意識障害
  • 錯乱状態
  • 脈と呼吸の乱れ

などの症状が現れます。そして28℃以下にまで下がってしまうとこん睡状態に陥り、手遅れになると命を落とすことになります。

SnapCrab_NoName_2015-8-6_10-42-2_No-00

真夏でも体が濡れると急激に体温が奪われる!ゲリラ豪雨には十分注意して

体温が急激に奪われる状況と考えると、冬であったり、夏の登山なんかを連想されると思いますが、冬でも山でもない真夏の都会でも低体温症になる可能性があります。それは雨に濡れることによって引き起こされます。

雨によって服や体が濡れると、その水分が蒸発する時大量の熱を奪います。それに加え風が吹いたり、気温がぐっと下がることによってどんどん体の熱が奪われてしまうのです。

近年の異常気象により増加の傾向にあるゲリラ豪雨。

先ほどまで晴れていた空が急に真っ黒になったかと思うと、視界を奪うぐらいの大量の雨が降ります。ゲリラ豪雨の時には雨だけではなく強い風が吹く場合も多いですし、気温も5℃程度急激に下がることもあります。

ゲリラ豪雨は予測が難しいため、真夏でも長い時間外出をする際には、念入りに準備をしてから出かけたほうがよさそうです。

低体温症になりやすい人の特徴と低体温症にならないための予防策

shutterstock_1530438352

低体温症は特に

  • 女性
  • 高齢者
  • 子ども

がなりやすいと言われています。体が小さかったり筋肉量が少なかったりするために、体温が奪われやすいのです。

もちろん男性だって低体温症にかかります。糖尿病や脳梗塞にかかっている方、けがをしている方は特に低体温症にかかりやすいので注意しましょう。

身体を温める、体温を逃がさないように羽織るものを用意する

低体温症にならないために、まず屋外へ長時間でかける場合は、真夏でも長袖の上着を1枚必ず持って出かけるようにしましょう。

服ではなくブランケットやバスタオルのようなものでもOKです。とにかく濡れた体を温めることができるものが必要です。

最近ではアウトドア用の保温シートが売られています。銀色のビニールのようなものですが、保温性に優れている上、かさばらないため持ち運びに便利です。いざという時のために家族分を用意しておくのもおすすめです。

温かい飲み物を持つようにする

低体温症にならないために、真夏でもなるべく温かい飲み物を持参するようにしましょう。ステンレス魔法瓶などに温かい飲み物を入れて持ち歩けば、いざという時に飲んで体の中から温めることもできますし、体の外側を温めることにも利用することができます。

たばこは控えて!

また、たばこを吸うと血管を急激に収縮してしまうので、体温が下がっていると感じたときは吸わないようにしましょう。普段から吸っていると基礎代謝も下げてしまいますので、できれば禁煙してくださいね。

睡眠不足は低体温症のリスクを高める

睡眠不足も低体温症を引き起こしやすくする大きな原因になります。前日やむを得ず徹夜をしてしまった、最近よく眠れていなくて疲れがたまっている、という場合は、ゲリラ豪雨のような雨に降られる心配がある場合はお出かけを控えるべきでしょう。

そして何より、天気を事前にしっかり把握し、それでも雨風に打たれた時は、速やかにその場を離れ体を冷やし過ぎないようにするという判断がとても大切です。

台風やゲリラ豪雨に襲われる日本に住む限り、注意をして自衛することはとても重要です。ご自身はもちろんご家族が大変なことにならないためにも、まずは天候、気候のチェックですね。

もしも低体温症の人がいたら!?その場でやるべき応急処置

shutterstock_845399172

  • 雨、風を避けて屋根や壁のあるできるだけ温かい場所へうつる
  • 濡れている衣服を乾燥したものに替える
  • 脇の下に温かいもの(湯たんぽや温かい缶飲料など)を当てる
  • 温かいもの(衣服や毛布など)で覆い温める

湯たんぽはいつでもその場にあるものではありませんが、熱湯に浸したタオルをビニール袋へ入れて、乾いたタオルで覆った即席湯たんぽなども有効です。

軽度の場合は比較的回復しやすいですので、温かい飲み物をゆっくりと飲ませてあげましょう。このとき、アルコールやコーヒーのようなカフェインを含む飲料はNGです!アルコールは血管を広げ体の熱を奪ってしまいますし、カフェインにある利尿作用は脱水を促してしまいます。

もしも中度から重度の低体温症状をおこしている人がいた場合は、すみやかに救急医療に連絡をしましょう。無理に体を動かさないようにしてください。

そして呼吸や心拍数を確認し、人工呼吸と心臓マッサージを施してください。とくに子どもは心臓マッサージで回復する可能性が高いので、あきらめずに行いましょう。

SnapCrab_NoName_2015-8-6_11-5-17_No-00
胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせは30:2
SnapCrab_NoName_2015-8-6_11-13-41_No-00

救える命かもしれませんので、落ち着いて、勇気をもって行いましょう。

低体温症はどんな人でも起こしえる症状です。少しでも体温の低下を感じたら、すぐにゆっくりと体を温めることを心がけてください。外で遊ぶことが多くなるこの季節、お子さんの体温にも注意しながらレジャーやお散歩を楽しんでくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る