健康生活TOP 高血圧 葉酸の意外な効果!高血圧の人に絶対オススメの葉酸の取り入れ方

葉酸の意外な効果!高血圧の人に絶対オススメの葉酸の取り入れ方

shutterstock_176276627

葉酸は妊婦さんに欠かせない成分としてもよく知られていますし、妊娠しやすい体質作りにも役立つ事から、妊活に葉酸を取り入れる人も増えています。

しかし葉酸は妊婦さんだけが必要としているわけではなく、とくに高血圧の方にオススメしたい成分なのです。

高血圧症状への効果

高血圧の人はコレステロール値が高い傾向があります。高血圧でコレステロール値が高い場合は、症状が出るまでそれに気づかない事も多いです。

症状が出た時には既に動脈硬化を起こしていたり、高血圧以外にも糖尿病や高止血症、心筋梗塞など重篤な病気になるリスクも高めてしまいます。

そんな怖い高血圧、高コレステロールですが、葉酸にはコレステロール値を下げる効果が確認されているのです!なので、高血圧予防にもとっても役立ちます。

コレステロールは血をドロドロにしますし、血管を傷つけます。

これが原因で血圧が高くなるので、葉酸を積極的に補いコレステロール値を下げる事が高血圧予防に役立つのも納得できますね。

葉酸の取り入れ方

shutterstock_148078619
葉酸というのはほうれん草や小松菜など緑色の野菜に多く含まれている、ビタミンの一種です。

他にも葉酸を含む野菜はいくつかありますので、毎日野菜を積極的に食べている人は意識しなくても葉酸を摂取できています。

ただし食材から摂取できる量はほんの少しなので、1日に必要な量をクリアするためには大量のほうれん草や小松菜などの野菜を食べないといけません。

いくら野菜好きな人でもこれを毎日続けるのはさすがに無理ですし、仮に食べられたとしてもこれだけでお腹いっぱいになってしまうので、栄養バランスが偏ってしまいます。

このため葉酸はサプリメントで補うのが理想だと言われています。

葉酸豊富な青汁もおすすめ

葉酸はサプリメントからの摂取も効果的ですが、あまりサプリメントには頼りたくないという人もいますね。そういう人には青汁もオススメです。

青汁の原料となるのは緑色の野菜ですから、あれこれと野菜を買いに行き調理する手間も省けます。

また青汁は栄養バランスも考えて作られていますし、葉酸以外にも食物繊維など不足しがちな成分を手軽に効率よく補えます。

毎日の食事で野菜が不足している人も、青汁をプラスするだけでも野菜不足を解消できますし、さらに葉酸も補えるので高血圧予防にも役立ちます。

以前の青汁は飲みにくくまずいものが多かったのですが、最近は味も美味しく飲みやすくなっていますので、毎日の習慣にしやすいのもメリットです。

1日あたりの摂取量をしっかり守って

高血圧予防に効果がある葉酸も、過剰摂取には注意しましょう。

食事から摂る分も計算に入れておく必要があるので、サプリメントや青汁から摂取するのは、1日あたり0.8mg~1mgを目安とします。

サプリメントや青汁の場合は、葉酸がどのくらい含まれているかが記載されていますので、それと食事とのバランスを考えて、量も調節可能です。

野菜を食べる、サプリメント、青汁など葉酸を摂取する方法は一つではないので、自分の生活スタイルに合った方法を選んでください。

高血圧予防には毎日続ける事も大切ですが、毎日続けるにはコスパも気になりますね。手軽さから言えば青汁が一番に思えますが、若干価格が高めになります。

野菜を食べるのも毎日の事と考えるとそれなりにかかりますので、コスパを考えたとき安価なサプリメントがいいかもしれません。

葉酸だけを取り入れるより、葉酸と相性のいいビタミンB12も一緒に取り入れると相乗効果で吸収力が高まりますので、他の成分も意識してみましょう。

年齢に関係なく葉酸は取り入れたい成分ですし、特に女性は妊娠をきっかけに葉酸を取り入れる人も多く、産後にも役立つ事からそれを習慣にするのもいいと思います。

葉酸は優秀な成分です。ぜひ少しずつでも、取り入れてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る