健康生活TOP 高血圧 高血圧予防に効果的な調味料4つ!塩分過多に陥りやすい日本人に

高血圧予防に効果的な調味料4つ!塩分過多に陥りやすい日本人に

shutterstock_128711558

日本には和食という素晴らしい文化がありますが、和食ならではの調味料は長期保存を可能にするため塩分が多く使用されています。

味噌、醤油は毎日のように料理に使われていますが、味噌汁や醤油を使った料理だけでもかなりの塩分を摂取しているのです。

調味料について、少し見なおしてみませんか?

日本人は塩分を摂り過ぎている!高血圧に近づく塩分過多

shutterstock_148712210
料理に使う調味料にも塩分が含まれますが、例えば、ほうれん草のおひたしや納豆が食卓に並んでいた場合、ここに醤油をかけるのでさらに塩分がプラスされます。

和食はヘルシーなところも人気の理由ですが、調味料を使いすぎる傾向があるのでどうしても塩分を摂り過ぎてしまうのです。

塩分を摂り過ぎても水をたくさん飲んで薄めればなんとかなるというものでもないので、毎日のように塩分をたくさん摂り続けると、今度は高血圧という問題が出てきます。

他人事じゃない高血圧は合併症のリスクがあるから怖い!

高血圧という病名を見たり聞いたりしても、ただ血圧が高いだけと思う人も多いかもしれませんね。確かに血圧が高くても痛みや傷などの症状は無いので大事ではないと軽く考えてしまいます。

高血圧のように自覚症状が無い病気はほとんどが気づかずにいるので、放置している間に見えないところでどんどん体は蝕まれていきます。

血圧が高い状態は常に圧力がかかるという事ですから、血管には想像以上の負担がかかり、劣化したゴムホースのようにボロボロになってしまいます。

血の流れも勢いを増すので心臓にも負担をかけ始めます。これにより心臓肥大のリスクも高まり、血流障害でできた血栓が心臓に移動すれば心筋梗塞などを引き起こします。

血は全身を巡っていくので、血栓が脳に移動すれば脳梗塞や脳卒中など命を落とす可能性が極めて高い病気になるリスクが高まります。

高血圧が怖い病気だと言われるのは、このように血圧が上がる事により引き起こされる合併症が重篤な病気になる可能性が高いからです。

日本人の食生活は塩分摂り過ぎも問題視されていますので、誰もが高血圧になるリスクを抱えているといっても過言ではありません。

すでに高血圧になっている人は食事制限も厳しくなり、食事が味気なく食べる事の喜びを失ってしまいます。ここで塩や醤油をふりかけてしまえば、命に関わるのでぐっと我慢しなければいけません。

しかし、調味料には種類があります。使い方を工夫すれば高血圧の人はもちろん、高血圧予防を心がけている人にも味にアクセントが生まれるので、今よりも楽しく食事が出来ると思います。

1日あたりの塩分の適切な摂取量はティースプーン一杯分

高血圧ガイドラインでは、高血圧の人が1日に摂取していい塩の量を6gまでとしています。

6gと聞いただけではどのくらいの量かイメージしにくいかもしれませんが、ティースプーン1杯くらいの量です。

食事の内容にもよりますが、減塩を意識したメニューでも6g以内に抑えるのはかなり大変です。塩を調味料として使わなくても、加工品を取り入れる場合はすでに塩分が含まれています。

野菜には塩分排出に役立つカリウムが豊富に含まれているので、野菜ジュースを毎日欠かさず飲んでいる人も多いと思います。

しかし成分表示を細かくチェックすると野菜ジュースにも塩が使われているので、ここでも塩分を摂取している事になります。

野菜ジュースを取り入れるなら、新鮮な野菜を使って自分で100%ジュースを作る方が健康的ですし、高血圧予防にも効果的です。

減塩調味料の落とし穴!使いすぎては意味がない

高血圧予防には減塩が最も重要な事から、減塩醤油や減塩味噌などを選ぶ人もいます。これも確かに減塩ですが、ここで一つ注意しておきたい事があります。

減塩という名前がついているからといっても、塩分は含まれています。減塩だからと安心してしまい今までよりも使う量が増えたら意味がありません。

減塩調味料を使う時によくやってしまうのが、油断から来る使い過ぎです。

減塩は確かに高血圧予防にも役立ちますが、たくさん使えば塩分も増えます。使いすぎないように注意してください。

高血圧予防におすすめの調味料4つでおいしく健康に

shutterstock_1614869632
高血圧予防におすすめしたい調味料を紹介します。

  • 山椒
  • ウコン
  • 黒胡椒
  • わさび

この4種類の調味料は、塩や醤油との組み合わせも可能なので味のレパートリーも広がります。

こだわりたい人は産地直送や調味料専門店から購入するのも楽しいと思います。比較的入手しやすいのもメリットです。それぞれの高血圧予防なども紹介しておきましょう。

山椒

山椒はうなぎによく合う大人の調味料といったイメージですが、山椒の辛味は料理のいいアクセントになります。塩分控えめの薄味でも、山椒の香りと辛味がそれをカバーしてくれます。

山椒には食欲を増進させる作用もあるので、使いすぎて食べ過ぎないよう注意してください!

ウコン

ウコンは二日酔い予防のイメージも強いかもしれませんが、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

高血圧は動脈硬化のリスクも高まるので、減塩以外にウコンを取り入れて血管の健康維持を目指す事が出来ます。

黒胡椒

黒胡椒もスパイシーな調味料ですが、黒胡椒には血管を広げ血流を改善する作用のある成分が含まれています。

肉の下味に塩を胡椒を使う場合、黒胡椒を選び多めにすれば肉の臭みも消えますし、スパイシーさが薄味をカバーしてくれます。

わさび

わさびはお刺身やお寿司にも欠かせない調味料ですが、生物と一緒に食べるのは高い抗菌作用があるからです。

これ以外にも血栓が出来にくくなる作用があるので、血圧が高めで高血圧のリスクが高い人にもおすすです。

使い方も組み合わせも自由自在ですし、塩の量を減らしても香りや辛味でカバーできるので薄味でも十分美味しくいただけます。

早速今日から減塩対策として取り入れてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る