健康生活TOP 高脂血症 超悪玉コレステロールは1つじゃない?酸化や不完全燃焼に注意

超悪玉コレステロールは1つじゃない?酸化や不完全燃焼に注意

コレステロール

コレステロールと言う言葉はすっかり一般的になりました。しかし、健康に対するイメージはあまり芳しくなく、やや濡れ衣気味に悪者にされていた感もありますね。

一方、お医者様たちの見解も近年変化があり、現在の食事指導においては、食べ物由来のコレステロールを制限することに意味がないと言った方向に向いています。

そのためやや誤解が生じているのが、血中コレステロール濃度についてです。これはやはり一定の水準を保たないといけない物なのです。そこで、この機会にコレステロールに関する事柄を整理してみましょう。

コレステロールは三大栄養素から作られる細胞膜の原料

コレステロールとは、水に溶けないステロイドアルコールと言う物質です。細胞膜の流動性を維持したり、十二指腸で脂肪の消化に関わる胆汁酸の原料になったりする、人の身体になくてはならない存在です。

また、紫外線を浴びることでビタミンDに変換されるのもコレステロールですし、さまざまなホルモンの原料にもなっています。いわば、コレステロールなしに人間は生きていけない物質なのです。

コレステロールはどの栄養素からでも合成される

コレステロールと言えばアブラ、アブラと言えば脂肪分の多い食べ物から作られると言うイメージがありますがそうじゃありません。もちろん脂肪からも作られますよ。脂肪は消化されて脂肪酸とグリセリンになります。

脂肪酸は細胞の中で、エネルギー産生に深くかかわっているミトコンドリアと言う小器官で、β酸化と言う代謝経路の中でアセチルCoAになります。

また、グリセリンの方は炭水化物と同じ経路をたどって、TCAサイクル(クエン酸回路)と言う代謝経路のの入り口でアセチルCoAになります。

さらに、たんぱく質はアミノ酸に消化されて吸収された後、糖原性アミノ酸はアセチルCoAに、その他のものはTCAサイクルに参加する様々な物質に転換されます。

そして、三大栄養素がすべて通過する、このアセチルCoAを出発原料として、コレステロールが体内で作られるのです。

ですから、何か食べ物を食べていれば、体内でコレステロールが作られるため、食べ物に含まれているコレステロールだけを制限しても意味がないと言うことになっているのです。

食べ物からのコレステロールが多くなったら、体内での合成は抑えられますし、少なくなれば体内でどんどん合成して一定のレベルを保とうとするわけですね。

コレステロールは水に溶けないのでそのままでは運べない

先に書いた通り、コレステロールは水に溶けません。水に溶けないと言うことは、そのままでは血液やリンパ液に乗って運ばれるのが難しいと言うことになります。

そこで、コレステロールは小腸や肝臓で作られるアポタンパクと言う物質と結びつき、リポタンパクと言う形になります。また、同時に水に溶けないもう一つの物質、中性脂肪もリポタンパクの形を取ります。

このリポタンパクにはサイズと比重に応じて大きい方から次のように分類されています。

  • カイロミクロン
  • 超低比重リポタンパク・VLDL
  • 中間比重リポタンパク・IDL
  • 低比重リポタンパク・LDL
  • 小径/稠密低比重リポタンパク・sdLDL
  • 高比重リポタンパク・HDL
  • 超高比重リポタンパク・VHDL

これらの分類は、血中脂質の分析方法によって分けられ方がまちまちですが、私たちが普段注目しているのは上から4番目のLDLと6番目のHDLですね。LDLを悪玉、HDLを善玉コレステロールと呼んだりしています。

超悪玉コレステロールと呼ばれる物が存在した

いわゆる悪玉コレステロールは、肝臓で作られて末梢にコレステロールを運んでゆく働きを持つLDLコレステロールです。一方、善玉とは末梢で余ったコレステロールをLDLから受け取って肝臓へ持って帰る働きをしているHDLコレステロールのことを指しますね。

このようにリポタンパク同士は相互にコレステロールの受け渡しもできますし、中性脂肪の受け渡しもできるのです。

LDLコレステロールは受容体を通じて細胞に取り込まれる

細胞にはLDL受容体と総称されるいくつかの取り込み器官が存在しています。それを通じてLDLコレステロールは細胞に取り込まれ組織の新生・修復に用いられたり、肝臓に回収されたりします。

ところが、LDLコレステロールの中には、粒が小さめで比較的比重の高いsdLDLと言う物があることが判ってきました。

このsdLDLは、LDL受容体との親和性が低いため、細胞に取り込まれずに長い間血液中に滞留してしまいます。すると具合の悪いことが起こってくるんです。

sdLDLは酸化されやすく動脈硬化の主犯の一つになっている

ではそのsdLDLとはどんなものなのでしょうか。

一般的に正常サイズのLDLの血中滞在時間は2日、sdLDLのそれは5日と言われています。

このため、sdLDLは血管壁と接触する機会が多いと言えますが、それ自身が小型であることと相まって血管壁に侵入しやすく、酸化変性というストレスにさらされやすいという側面を有しています。

さらにこの酸化ストレスに対して、正常サイズのLDLはビタミンEやユビキノール10といった抗酸化物質によって保護されていますが、sdLDLは抗酸化物質に乏しく酸化変性を受けやすいという特徴も有しています。

以上のことから、sdLDLはアテローム性動脈硬化の主因である酸化LDLの良き原料と考えられています。

酸化されたLDLこそが悪玉であることがよく判りますね。

酸化されたLDLはLDL受容体に取り込まれませんので具合が悪いのですが、sdLDLは正常サイズのLDLよりうんと酸化されやすいと言う特徴があるんです。

sdLDLは血中中性脂肪が多いと作られやすい

さて、このsdLDLですが、実は血液中の中性脂肪が多すぎると作られやすくなることが判っています。そして、それには善玉コレステロールであるHDLが関わっていることも判っているのです。

なぜ善玉コレステロールであるHDLがこのような働きをしてしまうのか。それはHDL自体も成長ステージによって4種類に分けられるからなのです。

生まれて成長し成熟するHDLは妙な変化をすることもある

善玉コレステロールであるHDLは、最初コレステロールを持たないアポタンパクの形で肝臓から分泌されます。これが新生HDLと呼ばれるものです。

この新生HDLはコレステロールを受け取りながら成長し原始HDLになります。この2つのHDLはコレステロールを取り込んでは肝臓に逆輸送する働きを持っている、本当の善玉コレステロールです。

一方、これ以上取り込めないというほどコレステロールを抱えたHDLは成熟HDLと呼ばれます。こうなると、もう肝臓に戻る以外の働きはありません。コレステロールを取り込めないからですね。

働きとしては善玉コレステロールですが、これがいくらたくさん血液中にあっても、それ以上コレステロールを取り込めないので血中脂質の改善は見込めません。

さらに、コレステロールではなく中性脂肪(TG)が血液中にたくさんあると、TGリッチHDLと言う状態になってしまいます。こうなると肝臓に戻ってもHDLの入り口からは入れてもらえず、LDLの入り口から入ることになります。

中性脂肪の交換が超悪玉コレステロールを生み出す

TGリッチHDLが、単純に肝臓に戻るのであれば良いのですが、途中でLDLに出会うと話が少し複雑になります。もともとHDLはLDLから余ったコレステロールを受け取る働きがあるんです。

その時、HDLがTGリッチだと、普段より多めにコレステロールを受け取る代わりに中性脂肪をたっぷりLDLに渡してしまいます。そうなると今度はTGリッチなLDLができますね。

身体の中には、中性脂肪をエネルギーとして使うために、脂肪酸を遊離させるリポタンパクリパーゼ(LPL)と言う酵素があります。この酵素とTGリッチなLDLが出会うと、中性脂肪の部分が分解されてしまいます。

それはそれでエネルギーとして使ったり、脂肪細胞に取り込んで保管したりできるから良い事なのですが、一方でコレステロールの少ないLDLは中性脂肪を引き抜かれると小さくなってしまいます。

こうして、正常なLDLより小さくて密度の高いsdLDL、超悪玉コレステロールが出来上がるというわけなのです。

つまり、コレステロール値とは直接関係のない中性脂肪の値が高いと、超悪玉コレステロールを生んでしまうと言うことなんです。

普通の血液検査では悪玉と超悪玉の区別はできませんから注意が必要ですね

もう一つの超悪玉コレステロールIDLはレムナントとも呼ばれる

レムナントとは、直訳すれば「使い残し」と言った意味の英語です。この定義については結構煩雑なのですが、脂質異常の話題の中で、IDLやRLP、レムナントと言う言葉が出てきたら、だいたい同じものを指していると考えて差し支えありません。

RLPとはレムナント様リポタンパクの略語です。ここで言うレムナントとは最初に紹介したリポタンパクの内、最も大きな2つであるカイロミクロンやVLDLから中性脂肪が減ったものです。いわば不完全燃焼の燃えカスと言うイメージでしょう。

サイズ的にはIDLの範疇になることが多いので、この3つはおおむね同じ意味で使われるのです。

レムナントは酸化されなくても動脈硬化の原因になる

LDLは正常サイズであっても小型サイズであっても、血管内皮を通過して酸化されることによってマクロファージのターゲットとなり取り込まれます。

大量に酸化LDLを取り込んで泡沫細胞化したマクロファージは、血管内皮の外側に溜まり、内皮を押し上げて動脈硬化を発生させます。

一方、このレムナントは酸化されなくてもマクロファージを泡沫化させてしまうのです。また、サイズの割に血管内皮もしっかり通り抜けるようです。

cause of hardening of the arteries
レムナントの原料になるカイロミクロンやVLDLは、コレステロールよりも中性脂肪の方がずっと多く含まれるリポタンパクですので、血中中性脂肪の量が多くなりすぎることがリスクファクターになります。

レムナントの増加の原因はまだ完全に解明されていない

リスクファクターは判っていますが、増加の原因がすべて解き明かされたわけではありません。そのため、動脈硬化を進行させないためには定期的な血液検査など、健康診断はしっかり受けておきたいものです。

その結果、脂質異常症を指摘されたら、自分の生活を見直すための方法をお医者様と話し合って決め、治療に取り組みましょう。

レムナントについてはご存知ない方も多いでしょう。

しかし、脂質異常の中でも特に問題になりやすそうなものですので、しっかり見て行きたいですね。ポイントは中性脂肪の値になります。

超悪玉コレステロールを増やさない生活で動脈硬化予防

超悪玉コレステロールの発生には、どちらにも中性脂肪の値が深くかかわっていました。ですので、中性脂肪の値を正常に保つことがポイントになります。

中性脂肪の値については、特に飲酒との関係が強いので、中性脂肪値の異常を指摘されたら基本は禁酒です。禁酒した上で食事や運動について生活習慣を見直すことが必要です。

中性脂肪が高い時は脂肪分だけを制限すればいいわけではない

この健康生活の中でも何度かお話しした通り、中性脂肪の原料はすべての食べ物です。ですので、適正な摂取カロリーを維持することがポイントになります。

一方で、原発性脂質異常症の一つおいては「高脂肪負荷」・「高炭水化物食」が、血中中性脂肪を明らかに増加させると言う報告もあります。

ですので食事についてはバランスを考えながら、ややたんぱく質と食物繊維が多めになるような献立が好ましいでしょう。

運動の習慣はもちろんあった方が良いが血圧には注意して

適度の運動は全てにおいて健康に資する習慣です。しかしながら、こうした血中脂質が気になったり、動脈硬化を意識したりする年齢になると、血圧の問題が発生している場合も少なくありません。

身体を動かす習慣をつける前に、一度健康診断を受け、どの程度の運動習慣が適しているのかのアドバイスを貰って計画を立てて下さい。

この記事の内容を理解して対策すれば、同時に糖尿病の予防対策にもなります。

糖尿病も超悪玉コレステロールを増やすリスクファクターですので、生活習慣の見直しは非常に大事です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る