健康生活TOP 多汗症 顔や頭部だけに汗をかく?部分別に見る多汗症の原因と対処法

顔や頭部だけに汗をかく?部分別に見る多汗症の原因と対処法

shutterstock_1339867762

暑い季節になると気になってくるのが汗です。全身ではなく部分的に大量の汗をかくという方も多いのではないでしょうか。

今回は部分別に見る多汗症の原因と対処法を紹介していきます。

必要以上に発汗してしまう多汗症・・・病気が原因の場合もあるんです!

人間は汗を出すことで体温調節を行っていますが、必要以上に発汗してしまう症状のことを多汗症と言います。汗をかく部分は手・顔・頭部・足の裏など様々です。症状がひどい場合は日常生活に支障をきたすこともあります。

多汗症には病気や薬などが原因となる続発性多汗症と、明らかな原因が分からない原発性多汗症があります。続発性多汗症の原因となる代表的な病気には次のものがあります。

  • 脳梗塞
  • 末梢神経障害
  • 甲状腺機能亢進症
  • 糖尿病

さらに多汗症は汗をかく部分が全身に広がっている全身性多汗症と、汗をかく部分が一部に集中している限局性多汗症に分けることができます。 今回は後者の限局性多汗症にスポットライトを当てていきます。

手掌多汗症:手のひらにだけ大量に汗をかく

手のひらに大量の汗をかく症状を手掌多汗症と言います。その原因や対処法について説明してきます。

症状

手は日常でよく使うパーツなので生活のあらゆる場面で支障をきたす可能性があります。他人と握手をする場合などもあるので大きなコンプレックスと成り得ます。次のような症状が出たらを疑ってみましょう。

  • 手のひらだけに大量の汗をかく
  • 緊張時に症状がひどくなる
  • 手が湿っている
  • 物を落としやすい

原因

手掌多汗症の詳しい原因やメカニズムについてはまだハッキリと分かっていませんが、交感神経が深く関係していると考えられています。何らかの理由で緊張すると交感神経がとなり亢進状態となり発汗が起こるという説が有力です。

対処法

現在、手掌多汗症にはいくつかの治療法があります。外用薬を使用して発汗を抑える方法から、内視鏡を胸腔に入れて行う手術までその治療法は様々です。症状がひどい場合は病院を受診してこのような治療を受けることをお勧めします。

症状が軽い場合は、日常生活を改善することで発汗を抑えることが期待できます。発汗の原因となる緊張状態を避けるのが最も有効です。ストレスを上手に取り除いたり、緊張感を取り除くカウンセリングやトレーニングをお勧めします。

また食事面に少し気をつけるだけでも交感神経を安定させる効果が期待できます。肉中心の洋食ではなく魚や野菜中心の和食に切り替えてみましょう。3食バランス良くが基本となります。

腋窩多汗症:脇に集中して汗をかく

脇の下に集中して汗をかく症状を腋窩多汗症と言います。その原因や対処法について説明してきます。

症状

夏場になると誰しも脇の下の汗が気になると思います。それは自然なことなので神経質になる必要はありませんが、次のような症状が出たら腋窩多汗症の可能性を考えましょう。

  • 脇の下に異常なほどの汗をかく
  • 何度も着替える必要がある
  • 緊張時に発汗が増える
  • 周囲の目や臭いが気になる

原因

腋窩多汗症の原因は、先天的なもの・肥満・緊張体質などその原因は様々です。人前に出ると症状が悪化するケースが多く、交感神経が大きく関わっていると考えられています。意識しすぎることで余計に汗をかく体質になることもあります。

対処法

腋窩多汗症の場合、大量の汗をかくので着替えやタオルを持ち歩くことをお勧めします。着替えを常備していることで精神的に安心感が生まれ発汗が抑えられたというケースもあります。

また服の脇汗を防止するパット、臭いを抑える制汗スプレーなども積極的に利用しましょう。これらのグッズに多汗症自体を治す効果はありませんが、他人の目や臭いが気にならなくなるので精神的にも楽になります。

病院では内服薬や外用薬での治療、また注射薬(ボツリヌス療法)などの手術を行います。症状がひどい方はこのような治療法を検討してみるのも1つの手段だと思います。

顔面多汗症:顔から滝のように汗が流れてくる

顔だけに大量の汗をかく症状をと言います。その原因や対処法について説明してきます。

症状

他の部分は汗をかいていないのに、顔だけに大量の汗をかいている場合は顔面多汗症を疑いましょう。主な症状には以下のものがあります。

  • 顔面のみの発汗
  • 汗が滝のように流れる
  • 化粧が崩れやすい
  • 緊張時に症状がひどくなる

原因

顔面多汗症の原因は先天的なものや環境、ストレスなど人それぞれです。緊張や強いストレスを感じた時に症状が悪化するケースが多く、交感神経が大きく関わっていると考えられています。

また肥満体質の場合はこの顔面多汗症になりやすいと言われています。食生活の乱れや肉中心の食事をしている方も注意が必要です。香辛料を大量に食べた場合、一時的に顔から大量の汗をかくことがありますがこちらは心配いりません。

対処法

顔は常に人前に出さなければいけないので顔面多汗症がコンプレックスになっている方も多いと思います。タオルやメイク直しの為の道具は常に持ち歩きましょう。また顔の発汗を抑える専用のクリームやジェルを活用するのもお勧めです。

病院での治療はレーザーや注射を使ったものが主流となっています。ボトックス・ボツリヌストキシン注射は汗腺の働きを衰えさせる治療で、短時間で患者さんに負担が少ないのが魅力的です。

頭部多汗症:頭から顔まで流れてくるほど汗をかく

8912

頭部に大量の汗をかく症状をと言います。臭いなども気になり大きなコンプレックスとなってしまうケースもあります。その原因や対処法について説明してきます。

症状

頭部から流れるような汗をかく場合は頭部多汗症の疑いがあります。主な症状は以下のものがあります。

  • 頭部から顔に流れるほど大量の発汗
  • 髪の毛がびしょ濡れになる
  • 臭いが気になる
  • 緊張時に症状がひどくなる

原因

ストレスなどの精神的要素が大きく影響しているケースが多いと言われています。人前で話すなど極度の緊張時に症状が悪化する場合が多かったり、意識しすぎることで余計に症状がひどくなるという悪循環に陥ることもあります。

対処法

頭部の汗は他の部分と違って有効なグッズがほとんどありません。タオルを常備するなど最低限の準備は行いましょう。女性の場合はメイクを直す為の道具も必要となると思います。

普段の生活では食生活の改善、ヨガやカウンセリングなどで精神面を鍛えるトレーニングをお勧めします。また冷房や暖房の使いすぎも控えましょう。温度差がある場所を行き来することで、交感神経が乱れ症状が悪化する可能性があります。

頭部多汗症は他の多汗症と比べ治療が難しいという現実があります。手術による完治率も他の多汗症より低くなっています。まずは専門医に相談し、納得のいく治療法を模索していきましょう。

部分別に多汗症の原因と対処法を紹介してきました。手術を考える前に、まず普段の生活を見直してみることが重要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る