健康生活TOP 蕁麻疹 ピロリ菌が蕁麻疹の原因!?蕁麻疹が起こる意外な原因と対処法

ピロリ菌が蕁麻疹の原因!?蕁麻疹が起こる意外な原因と対処法

shutterstock_1753429162

人は誰でも一生のうちに一度は蕁麻疹ができるといわれています。蕁麻疹はそれほどポピュラーな症状なのですが、それでも実際に蕁麻疹ができると、体に何か起こっているのか心配になるものです。

今回は蕁麻疹ができる意外な原因をご紹介します。そしてその対処法とは?

そもそも蕁麻疹ってどんな病気?

蕁麻疹は赤くて小さなポツポツとした湿疹が急に現れて、かゆみを伴う症状のことです。できる場所も様々で、全身にできることもありますし、腕や首、上半身など部分的にできることもあります。

蕁麻疹は急にできるのでびっくりしますが、数時間から長くても1日くらいで自然に消えていきます。ただし蕁麻疹ができたり消えたりを繰り返す場合や、できる場所が他の部分に移っていくような場合は、何かの病気のサインかもしれません。

蕁麻疹ができる原因は?

蕁麻疹ができる原因は様々なので、主な原因をあげてみたいと思います。

  1. 食べ物
  2. 薬剤の影響
  3. 温度や湿度の変化
  4. ストレス
  5. 日光
  6. ウイルスや細菌

この中で蕁麻疹ができる最も多い原因は食べ物によるものです。皆さんも経験があるかもしれませんが、残り物でちょっと傷んだお刺身なんかを、ついペロッと食べたときに、急に蕁麻疹ができてビックリしたようなことがあると思います。

同じように、牛乳などの乳製品や、ハムやサラミのような肉の加工食品、人によっては香菜(シャンツァイ)や香辛料でも蕁麻疹がでるということもあります。

蕁麻疹とアレルギーの違い

食べ物によって起こる蕁麻疹と食物アレルギーとはどう違うの?という疑問が起こるかもしれません。蕁麻疹というのは症状の名前で、先にあげたように様々な原因によって起こります。

原因が明らかに何らかの食べ物を食べたことによる場合は、単発の蕁麻疹であって、食物アレルギーとは違います。

いつもは食べても何の症状もないのに、たまたま傷んだ魚を食べたというような場合に起こるものは蕁麻疹です。

一方、食物アレルギーは蕁麻疹という症状が起こる1つの原因です。例えば、卵や小麦粉など特定の食べ物を食べた時に必ずといっていいほど、蕁麻疹ができるという場合を食物アレルギーといいます。

アレルギーは過剰な免疫反応ですが、蕁麻疹は一時的な体調や何らかの蕁麻疹を起こす原因物質への突発的な反応といえます。

蕁麻疹ができる原因は様々…体調や菌感染が影響しているかも?

shutterstock_963972322-300
蕁麻疹ができる原因は様々ですが、原因不明の場合も多くあります。

その理由は、いつもは蕁麻疹ができなくても、体調が悪いときや強いストレスを受けているときなど、自分の体の抵抗力が弱くなっている状態が大きく影響しています。

温度や湿度の変化や、太陽の光にあたっただけで蕁麻疹ができるという場合があります。こうした場合も、一時的なものであれば単独の蕁麻疹といえますが、日光に当たるとかならず蕁麻疹ができる、という場合は日光過敏症ということになります。

ピロリ菌が蕁麻疹の原因に!

最近の研究で蕁麻疹を起こす意外な原因が発見されました。それはピロリ菌による蕁麻疹です。ご存知の方も多いと思いますが、ピロリ菌は人の胃の中に住んでいるという、そのピロリ菌です。

日本では50代の人のほとんどにピロリ菌が感染しているといわれ、20代から40代の人でも40%はピロリ菌に感染していると推計されています。

ピロリ菌に感染している人は感染していない人に比べて、感染している人は明らかに蕁麻疹を起こす頻度が高いのです。そのためピロリ菌は蕁麻疹を誘発する1つの大きな原因となっていると疫学的に考えられています。

ピロリ菌がなぜ蕁麻疹を起こすのかというメカニズムはまだはっきりと解明されていないのですが、ピロリ菌から分泌される酵素などの化学物質が何らかの形で蕁麻疹の発症に関わっているのではないかとして研究が進められています。

また原因不明の蕁麻疹が起こる原因も、ピロリ菌が単独で蕁麻疹を発症させていると仮定し、ピロリ菌の除去をしたところ、多くの人に蕁麻疹ができなくなったという臨床データもあるのです。

いづれにしても、蕁麻疹ができる原因の1つにピロリ菌が考えらることは信憑性が高いとされています。

ですから、もし原因が分からない蕁麻疹に悩まされている人がいたら、一度ピロリ菌の感染を調べて、さらに除菌をすることによって蕁麻疹の発症がなくなるという可能性は高いのです。

蕁麻疹ができる原因と対処法

① 蕁麻疹は食べ物や気温の変化など様々な原因によって起こるので、蕁麻疹を起こす原因が何かを見つけることが正しい対処につながる。

② ピロリ菌が蕁麻疹の原因になることもあるので、原因が分からない蕁麻疹の場合、ピロリ菌を除去することで蕁麻疹が治る可能性がある。

③ 蕁麻疹は一時的なもので、体調が悪かったり、免疫力が低下していると起こりやすいので、体調管理にも気をつけることが大切。


蕁麻疹の原因は様々で、意外なことにピロリ菌が原因で蕁麻疹が起こることもあるのです。

何が原因で蕁麻疹ができているのか、日常生活での健康管理に問題がないか、じっくりと考えてみることも大切ですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る