健康生活TOP 口唇ヘルペス 口周りのブツブツ湿疹はうつる口唇ヘルペス!原因・症状と治し方は?

口周りのブツブツ湿疹はうつる口唇ヘルペス!原因・症状と治し方は?

口周りを気にする女性

風邪をひいたり熱が出たりした時に、唇やその周辺に赤いブツブツが出たことはありませんか?体調を崩している上にとても痛い水疱ができて、本当に困ってしまいますね。

この赤いブツブツは、ただの吹き出物とは違います。「口唇ヘルペス」または「風邪の華」や「熱の華」と呼ばれる、ちょっと厄介なウイルス性の発疹です。

口唇ヘルペスは知らない間に感染することが多く、発症する可能性を持っている人がとても多い病気です。正しく知ってきちんと対処すれば怖くない口唇ヘルペスの原因、治療法、予防法についてまとめました。

症例写真があります。苦手な方はご注意ください。

口唇ヘルペスってどんな病気?ヘルペスウイルスについて

「ヘルペスウイルス」というウイルスに感染して発症する病気を「ヘルペス」といいます。「ヘルペス」とはギリシャ語で「這う」という意味があり、発症すると神経に這うように小さな水疱の集まりが皮膚にみられるところが特徴です。

約100種類あるヘルペスウイルスの中で、特に感染しやすくありふれた病気となっているのが、唇に単純ヘルペスウイルス1型が感染することで発症する「口唇ヘルペス」です。

口唇ヘルペスの症例写真
(出典…口唇ヘルペスの治療 | うえの皮フ科)

他にも、ヘルペスウイルスの中でヒトに感染するウイルスはあり、次のような8種類が知られています。

ヘルペスウイルスの種類 ウイルスが起こす病気
単純ヘルペスウイルス1型 口唇ヘルペス・ヘルペス性口内炎・角膜ヘルペス
単純ヘルペスウイルス2型 性器ヘルペス
水痘・帯状疱疹ウイルス 水ぼうそう・帯状疱疹
エプスタイン・バール・ウイルス 伝染性単核症など
ヒトサイトメガロウイルス サイトメガロウイルス感染症
ヒトヘルペスウイルス6 突発性発疹など
ヒトヘルペスウイルス7 突発性発疹
ヒトヘルペスウイルス8 カポジ肉腫

一生すみついてしまうヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスに一度感染すると、体の中からヘルペスウイルスがなくなることは一生ありません。

ヘルペスウイルスには、ほかの生物の神経にすみついて自分のDNAをコピーしながらウイルスを増やし、一生潜在する習性があります。口唇ヘルペスの場合、顔にある三叉神経節にウイルスがすみついてしまうのです。

三叉神経節にヘルペスウイルスが住みつく様子をあらわしたイラスト

宿主(すみついた生物)の免疫力が高い時はウイルスの増殖が抑えられているので、症状はありません。

しかし免疫力が低下するとウイルスが活性化し、一気に数を増やして三叉神経に出て暴れるようになり口唇ヘルペスを引き起こします。

ヘルペスウイルスの感染経路

ヘルペスウイルスが活性化している時には、ウイルス保菌者の患部にウイルスが増えているので、患部からかの人にウイルスが感染しやすくなります。

口唇ヘルペスの場合、ウイルス保菌者の唇や口の粘膜に接触することで感染が起こりますが、ウイルスを保菌している人の唇に触れた物を通しても間接感染が起こりやすくなります。

単純ヘルペスウイルスの感染経路になりやすいのは

  • キス
  • 飲み物のまわし飲み
  • ウイルス保菌者の唾液
  • 患部に触れたコップ、箸、タオルなどの共有
  • 患部に触れた手

などです。このように唇や顔をくっつけることの多い恋人・家族・友人同士の間で感染しやすく、ほとんどの人が大人になるまで知らない間に感染しています。

ウイルスと聞くとこわいイメージを持ちますが、ヘルペスウイルスは10代では6人に1人、60代以上では9割以上もの人が口唇ヘルペスに感染しているといわれる、身近なウイルスなのです。

特に大人は初感染に注意!再発も多い口唇ヘルペスの症状は

口唇ヘルペスは、初めて感染した時に唇の細胞と三叉神経節に入り込み、唇に炎症を起こします。

一度発症して治った後は細胞から出ていき三叉神経節に隠れるので、体内にはウイルスが残ったままです。

ヘルペスウイルスは一度発症しても免疫がつかないので、体の免疫力が大きく低下した時には三叉神経に出てきて何度でも再発を繰り返します。

ウイルスに初感染した場合の口唇ヘルペスの場合

初めてヘルペスウイルスに感染した場合は、およそ3~7日間の潜伏期間後に発症しますが、子供と大人では症状の強さが異なります。

▼口唇ヘルペス初感染時の症状

子供 大人
  • ほとんどは無症状
  • 発症しても軽い風邪のような症状
  • 発熱する
  • 唇全体と唇の周りに水疱ができる
  • 倦怠感を伴う
  • 顎の下のリンパが腫れる

子供の初感染では不顕性感染(感染してもはっきりした症状が出ない)のことが多いので、ヘルペスウイルスに感染したことには気づきません。一方、大人が初感染で発症した時に顕性感染(はっきりした症状が出る)のが一般的です。

また初感染時の症状の重さは、宿主の免疫力も影響します。

口唇ヘルペスが再発した時の症状

しかし再発した時には、年齢関係なく次のような症状が起こるようになります。

①前駆症状(初期症状の出る半日前くらいに起こる) ・ほてり
・ピリピリ・チクチクした感じ
・むずむずしたかゆみ
②初期症状 違和感のあった部分が赤く腫れ始める
※ウイルスのはたらきが活発になっている時期です。
③本格的な症状(赤く腫れてから1~3日後に起こる) ・唇、口の周り、唇の内側にまとまった水疱ができる
・水疱に痛みを伴う

※水疱の中にはウイルスがたくさん入っているので、患部に触れた手や品物から間接感染が起こりやすくなります。

④回復(発症から10日間~2週間くらい) 水疱が破れ、かさぶたになって自然に回復する

化粧品かぶれ、口角炎、とびひと口唇ヘルペスとの見分け方

口唇ヘルペスが発症すると、炎症が神経に触れて水疱のピリピリした痛みが強くなるので、睡眠や食事に影響し体力を低下させてしてしまうこともあります。

また顔にできるので人の視線が気になってしまうのも辛いところです。

水疱が出ている時は、症状が辛く人にウイルスがうつりやすいことからも、口唇ヘルペスと気付いたら我慢するより、適切な治療で早く症状をしずめることをおすすめします。

口唇ヘルペスと似た皮膚のトラブルには次のようなものもあります。

  • 口紅やリップクリームによる化粧品かぶれ(接触性皮膚炎)
  • 口角炎
  • とびひ(伝染性膿痂疹)

症状の特徴を覚えて、口唇ヘルペスとほかの病気と間違えないようにしましょう。

口唇ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスが出るのは次の部位です。

  • 口角
  • 唇の周りの皮膚(頬や顎に出ることもある)
  • 口腔内(唇の裏側など)

一箇所に小さなブツブツが集中し、モコモコして見える水疱が特徴です。水疱のかたまりは、周辺に数ヶ所に出ることも多いです。また強い痛みも伴います。

化粧品かぶれの特徴 一方、化粧品かぶれは化粧品を塗った場所に出るので、唇全体に赤みや発疹が出ます。また、痛みは少なくかゆみを伴いやすいところも口唇ヘルペスと異なります。
口角炎の特徴 口角炎は乾燥やビタミンB不足から口角(唇の端)に炎症が起こり、痛みを伴うひび割れやただれを伴う病気ですが、口角炎は同時に左右にできることもあり切れ目のあるところが、口唇ヘルペスと異なります。
とびひ(伝染性膿痂疹)の特徴 とびひは、傷のかき壊しから細菌(ブドウ球菌や溶連菌など)が感染して炎症を起こす皮膚病です。体のあちこちに「飛び火」するように水疱が出るところが特徴。乳幼児に起こりやすい病気です。

鼻の穴に細菌が多いため、鼻の下や唇周辺で発症して水疱やただれができやすくなります。

とびひは顔以外のところにも次々と水疱ができるところが、口唇ヘルペスと異なります。

それぞれの皮膚病は原因も治療法も全く異なるので、自分で間違った手当てをするようなことのないよう、紛らわしいと思う場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

口唇ヘルペスを繰り返している人は、水疱が出る前の前駆症状のむずむず・ピリピリした感じで「口唇ヘルペスが来そうだ」と気付くこともできるようになります。

少しでも早く薬を使い始めるのがコツ!口唇ヘルペスの治療法、市販薬

口唇ヘルペスは、放置しておいても2週間くらいで自然に治ります。昔の人はそのまま放置していることも珍しくなかったようですが、やはり薬で早く治療を始め、苦痛を回避するのが一番ですよね。

口唇ヘルペスの治療では、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるために「抗ヘルペスウイルス剤」が用いられます。

外用薬と内服薬の併用ですが、病状によっては点滴を用いる場合もあります。内用薬や点滴は、神経節で活性化しているウイルスの増殖を抑えます。

初めて口唇ヘルペスのような症状の出た人は皮膚科を受診し、薬を処方してもらいましょう。

病院で処方される口唇ヘルペスの薬

口唇ヘルペスウイルスに用いられる薬には次のような種類があります。

▼抗ヘルペスウイルス剤の種類

剤型 薬の種類
外用薬
(軟膏・クリーム)
軽症 アシクロビル
ビダラビン
内用薬
(錠剤・顆粒)
中等症
早く治したい時
アシクロビル
バラシクロビル
点滴 初感染で重症
持病があり免疫不全
アシクロビル、ビダラビン

抗ヘルペスウイルス剤はなるべく早い段階で利用し、ウイルスの増殖が盛んになる前に増殖を抑えるのがコツ。炎症が強くならず早くキレイに治すことができます。

口唇ヘルペスの市販薬

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスの宿主の体調によって、全く再発しないこともあれば年に1~2回は再発を繰り返してしまうこともあります。

実は、再発した口唇ヘルペスの場合は市販薬で治せるんですよ。

病院で処方されるものと同じ抗ヘルペスウイルス剤を配合した外用薬が薬局・ドラッグストアで購入できます。通院・処方せんが不要になるので、再発を繰り返す人にはありがたい薬ですよね。

アクシルビル配合…大正製薬「ヘルペシア」

ヘルペシア商品画像

アクシルビル配合…グラクソ・スミスクライン「アクチビル軟膏」
アクチビア商品画像

ビタラビン…サトウ製薬「アラセナ」
アラセナ商品画像

市販薬の使い方
1日に3~5回、食後と就寝前に薬を患部に塗ります。

水疱やかさぶたのある間はウイルスが活性化しているので、薬を使用する必要があります。かさぶたがはがれたら治っており、もうウイルスが人に感染する心配もないので、薬を塗る必要はなくなります。

使用のポイントは、水疱ができる前のピリピリ・むずむずした前駆症状のうちに薬を塗り始めることです。 再発を繰り返す人は常備薬にしておくと心強いでしょう。

購入にあたって
口唇ヘルペスの市販薬は「第一類医薬品」です。薬剤師が在籍し第一類医薬品を取り扱っている薬局・ドラッグストアであることを確認した上でお店を利用してください。購入するには薬剤師の説明を受けることが必要です。

また口唇ヘルペスの市販薬はどの製品も、購入前チェックシートに答え、項目が全て「いいえ」であることを薬剤師が確認しなければ、販売してもらうことができません。

購入前チェックシート

  1. こういう症状が初めてですか?
  2. 患部が広範囲
  3. 水疱が大きい(小豆大)
  4. 頭痛がありますか?
  5. 疼痛がひどいですか?
  6. アシクロビル又はバラシクロビル製剤にアレルギー症状を起こしたことがありますか?
  7. 使用者は6歳未満の乳幼児ですか?
  8. 患部が唇とそのまわりをのぞく部位ですか?

(出典…ヘルペシアクリーム セルフチェックシート | 大正製薬

購入前チェックシートは各製薬会社のウェブサイトからダウンロードしてプリントアウトすることもできます。

再発予防も大切!口唇ヘルペス再発の誘因と予防法は

口唇ヘルペスを予防するには、免疫力が低下しないように気を付けることと発症者が周りの人にウイルスをうつさないようにすることです。

口唇ヘルペス発症の誘引

口唇ヘルペスの再発につながりやすいのは次に挙げる誘因です。

  • 風邪や胃腸炎などで体調を崩している時
  • 発熱で体力を消耗している時
  • 疲労が重なった時
  • 紫外線をたくさん浴びた後
  • 精神的なストレスが強い時
  • 生理前
  • 免疫抑制剤・ステロイド剤・抗がん剤を服用している時
  • 大きな時差を経験した時
  • など

風邪、疲労、ストレス、生理による体調の変化は誰もが経験しやすい要因です。口唇ヘルペスが再発しやすい人は、どのような時に発症していたか状況を思い出し、なるべくその状況を避け、体を丈夫にして再発を予防していきましょう。

口唇へルペスの再発を予防するには

口唇ヘルペスの再発を予防するには、免疫力をアップさせることがポイントになります。普段から体調を整え免疫力を高めておきましょう。

免疫力を高め、口唇ヘルペスの再発を予防するには

  • 十分な睡眠をとり1日の疲労をリセットさせる
  • 適度な運動で体を鍛え、基礎体力をつけておく
  • 自分なりのストレス解消を見つけ、適度にストレスを発散させる
  • ビタミン・ミネラルの不足に気を付け、栄養バランスの良い食生活を心がける
  • 女性は生理前には特に規則正しい生活を心がけ、体調を整える
  • 手洗い・うがいで風邪を予防する
  • 病気にかかったらすぐ対処し体力の消耗を防ぐ
  • 紫外線を浴び過ぎない
  • お酒の飲み過ぎ・喫煙は控える
  • 旅行や遠出の際はゆとりのあるスケジュールで体調を管理する

ヘルペスウイルスの感染を予防するには

ヘルペスウイルスは、身近な人同士で感染が起こります。口唇ヘルペスらしき症状表れたら、まだウイルスに感染していない人にうつしてしまわないよう、周りの人に顔や手が触れないようにするのがマナーです。

もちろん親子間や恋人間のキスやハグはNGで、タオルやコップの共用、食べかけ・飲みかけの物にうっかり触れるのもよくありません。

また子供が口唇ヘルペスを発症している時は、子供の世話をする家族の人の手にウイルスが付着して感染が周囲に広まる可能性もあります。

口唇ヘルペスを発症した人、その家族の人はこまめに石けんで手洗いをして、ウイルスを持ち運ばないように注意しましょう。

特に感染に注意したいのは

  • 大人でまだヘルペスウイルスに感染していない人
  • アトピー性皮膚炎の人
  • がんなど 免疫力が著しく低下する疾患にかかっている人

など、初感染や再発で口唇ヘルペスが重症になりやすい人です。口唇ヘルペスを発症している時は接触を避けましょう。病気で免疫力の低下している人のお見舞いは遠慮してください。

単純ヘルペスウイルス1型による性器ヘルペス感染にも注意

「性器ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルス2型が原因で起こるヘルペスですが、陰部に単純ヘルペスウイルスうつされた時にも発症してしまう場合があります。

感染経路は口唇ヘルペスを発症している人とのオーラルセックスです。唇からパートナーの性器にウイルスが感染し、パートナーの免疫力が低下していると潜伏期間4~7日後に性器ヘルペスを発症する可能性が出てきてしまうのです。

性器ヘルペスを発症すると次のような症状が起こります。泌尿器科を受診して高ヘルペスウイルス剤で治療を受けてください。

  • 潜伏期間後、性器・外陰部・肛門の周辺、太ももにかゆみや痛みをおぼえる
  • 数日後、1~2mmの水疱が多数出て、強い痛みを伴う
  • 水疱が破れ、ただれる
  • かさぶたになり、2~3週間で自然に治る

初感染の時には激痛、高熱、足のリンパ節の腫れなど症状が重くなりやすく、再発の場合は症状が軽くなります。

そして性器にヘルペスウイルスが感染すると、年に数回も性器ヘルペスを再発してしまうこともあるのです。口唇ヘルペスより厄介ですね。

そこで、口唇ヘルペスの症状がある時はウイルス感染を防ぐため、キスやオーラルセックスはもちろん、できれば性交渉を控えることがのぞましいのです。

性器ヘルペスなどの性感染症に一度感染してしまうと、再発した時に患部の炎症からほかのウイルス(梅毒・HIVなど)に感染しやすくなるウイルスの怖さも知っておいてください。

朗報!口唇ヘルペスの予防・治療に有効な栄養素がある!

口唇ヘルペスはワクチンなどの予防薬がまだ開発されていません。発症したら抗ヘルペスウイルス剤を投与して治すしかないのです。

そこで、口唇ヘルペスを予防し発症しても早く治すため、栄養素の力を借りるのもおすすめです。

薬ではないので即効性を期待するものではありませんが、心配な副作用も起こらないので摂取して損はありません。

口唇ヘルペス対策におすすめの栄養素「リジン」

アミノ酸の一種にlysine(リジンまたはリシン)という成分があります。リジンは、継続して摂取することで口唇ヘルペスの発症を予防できるという報告があり注目を浴びています。

リジンが口唇ヘルペスを予防する理由は、ヘルペスウイルスの増殖を促進させるアミノ酸の一種「アルギニン」の作用をリジンが抑制するためだといわれています。

米国の国立医学図書館「 NCBI」には「口唇ヘルペスの再発を繰り返す26人のうち15人の被験者にリジン1,000mgを12ヶ月間投与したところ、リジンを投与していない被験者に比べて口唇ヘルペスの再発が有意に抑えられた」という文献もあります。(PMID: 6438572)

つまり、口唇ヘルペスを予防するには、毎日リジンを多く摂取してアルギニンは摂取を控えるのが良いということになります。

リジンはコラーゲンの生成、酵素の生成、カルシウムの吸収など丈夫な体を作るために欠かせない成分で、食品では魚、魚介類、肉、豆類、乳製品などに幅広く含まれています。そのため、通常の食事をしていれば十分に摂取することが可能です。

アルギニンは成長ホルモンの促進、コラーゲンの生成に関与して疲労回復や美肌効果があります。

ただし、アルギニンも魚、魚介類、肉、穀類、豆類、ナッツ類に幅広く含まれているため、リジンの多い食品を食べると、アルギニンも同時に摂取してしまうことが多くなってしまいます。

そこで口唇ヘルペスの予防を目的とするならば、なるべくアルギニンよりもリジンが多く摂取できるような食品の選び方をおすすめします。

リジンが摂取しやすくてもアルギニンの含有量が豊富な食品には、魚介類(いか、えび)と大豆製品があります。

またリジンの量はそれほど多くなくてもアルギニンのほうが含有量が多くなりやすい食品に、穀類、ナッツ類、野菜、果物があります。

アルギニンも比較的多く含まれるもののリジンの含有量が豊富で摂取しやすい食品には、魚、肉、乳製品、卵があります。

バランスを考えると、魚介類と大豆製品は食べ過ぎに注意し、魚、肉、乳製品、卵は不足しないよう食事に取り入れるのがおすすめです。

一例になりますが、リジン1000mgの摂取に必要な食品の量と、そのアルギニン含有量を表してみました。

食品名 リジン1,000mgの摂取に必要な量 アルギニン(mg)
かつお節 15g(かつお節の小さい個装パック5袋くらい) 1,935
木綿豆腐 222g(2/3丁くらい) 1,243
しばえび 67g(中サイズ6~7尾くらい) 1,139
ブロッコリー 454g(小ぶりなブロッコリー1個半くらい) 1,135
するめ 23g(小サイズ1枚分) 1,081
112g(Mサイズ2個分) 828
鶏むね肉皮つき 55g(1/5枚くらい) 715
牛肉赤身 59g(5㎝×4cm×2cmくらい) 708
さけ(しろさけ) 50g(1/2切れ) 650
きはだまぐろ 48g(刺身4~5切れくらい) 624
プロセスチーズ 53g(スライスチーズ3枚くらい) 434

参照…日本食品標準成分表2015年版(七訂)

1,000mgを一つの食品で補給しようとすると難しいものも当然あるのですが、リジンは動物性食品をはじめさまざまな食品に含まれているため、刺身なら1人前でリジンが1000mg摂取できてしまうように、リジンの摂取はそれほど大変ではないことがお分かりいただけると思います。

またリジン・アルギニンともに生命の維持には欠かせない栄養素なので、どちらかが極端に不足するような食生活はおすすめできません。

食生活の傾向では、肉食を控え野菜や果物を多く食べる人にアルギニンの摂取量が高まりリジンが不足しやすいことも考えられます。

植物性食品を中心とした食生活は健康維持のために好ましいことですが、口唇ヘルペスの予防を意識するならば、野菜や果物も摂取しながら肉・魚・卵も新鮮で良質なものから適宜取り入れることをおすすめいたします。

口唇ヘルペス対策におすすめの栄養素「ビタミンB2・B6」

リジンを効率良く代謝させるためにはビタミンB6が必要です。

ビタミンB6はたんぱく質がアミノ酸に分解される時に使われる栄養素です。嬉しいことに、まぐろ、かつお、しろさけ、鶏肉、牛もも肉…とリジンが豊富な食品にたっぷり含まれています。

そしてビタミンB6の代謝を助けるのがビタミンB2です。

ビタミンB2は、レバーのほか魚・卵にも豊富に含まれ、リジン・ビタミンB6と共に摂取するにはそれほど苦労しない栄養素です。また肌の再生を促進させる作用を持ち、口唇ヘルペスにかかった場合には水疱の跡をキレイに治す効果も期待できます。

口唇ヘルペス対策におすすめの栄養素「ビタミンC」

口唇ヘルペスの予防と治療には十分なビタミンCも必要です。

免疫力を上げて体が持つ治癒力を高める効果が期待されます。口唇ヘルペスに限らずどの病気の予防と治療のためにもビタミンCの摂取が奨められます。

口唇ヘルペスの予防と治療で期待できるビタミンCの作用は次の通りです。

  • 免疫力を高めてヘルペスウイルスの活性化を阻止する
  • 皮膚のコラーゲンの生成を促進させ、口唇ヘルペスの水疱の跡を早くキレイに治す

しかしビタミンCは消耗しやすく、たまに取り溜めしても余分なものは尿と一緒に排出され不足しやすいので、意識してしっかり摂取していかなければ効果は期待できません。

少量ずつをこまめに摂取し続けていくのがおすすめです。体の各組織にある程度のビタミンCが貯蓄されるようになり、ビタミンCの持つ作用が十分に発揮されるようになります。

3食の食事と間食には毎回、ビタミンCを含む食品を摂取しましょう。1日当たりのビタミンCの推奨摂取量は成人男女で100mgですが、病気の予防や治療のためには1日に1,000mg以上(諸説あります)のビタミンCを摂取することが理想ともいわれます。

「基準値の10倍以上のビタミンCは、摂取過剰にあたるのでは?」と心配される方がいるかもしれませんが、ビタミンCは基本的に過剰摂取による副作用の心配がない栄養素です。(空腹時に多めに摂取すると、まれに吐き気が起こることがあるとされます。)

リジン・ビタミンB2・B6に加え、ビタミンCが豊富な食品も意識して摂取しましょう。

▼ビタミンCが摂取しやすい食品1食分あたりのビタミンCの含有量

食品名 1食分の目安 ビタミンCの含有量(mg)
赤ピーマン 約60g(小さめのもの1個) 102
約120g(小サイズ1個) 84
キウイフルーツ 約80g(中サイズ1個) 55
オレンジ 約135g(小サイズ1個) 54
ブロッコリー 約95g(大きめのもの1/4個) 51
いちご 約75g(中サイズ5個) 47
ピーマン 約50g(中サイズ1個) 38
さつまいも 約150g(大きめのもの1/2本) 35

ビタミンCは熱で損失されるので、できれば生食できる果物や野菜から摂取するのがおすすめです。また加熱が必要な食品も、煮たり茹でたりせずに短時間で電子レンジ加熱をするとビタミンCの損失を小さくすることができます。

サプリメントを利用するのも効果的です。ただビタミンB2・B6・ビタミンCは身近な食品から吸収されやすい天然ビタミンの形で摂取できるため、食事からおいしく補給することをおすすめしますよ。

口唇ヘルペスは予防と早めの対処が肝心です!

口唇へルペスそのものは、重篤な症状や命に関わるような合併症を起こすような心配が少ない病気です。ですが、治ってからかさぶたが跡に残ったり再発に悩まされたりとストレスを伴いやすいので、やはり早めに対処したいですね。

「ちょっとしたことですぐ口唇ヘルペスができてしまう」という方は、免疫力が低下しやすい理由を探してみてください。口唇ヘルペスは「疲れていますよ!」という体からのサインでもあります。これを機会にライフスタイルも一度振り返ってみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る