健康生活TOP ペルパンギーナ 子供の夏風邪、突然高熱が出ても慌てない!ヘルパンギーナ対処法

子供の夏風邪、突然高熱が出ても慌てない!ヘルパンギーナ対処法

子供がかかる代表的な夏風邪に「プール熱」「手足口病」「ヘルパンギーナ」が挙げられます。「ヘルパンギーナ」は特に高熱の症状が特徴で、38度以上、40度にも上る場合があります。

しかし、よく症状を見極めることができれば、決して慌てることもありません。あまりの高熱に慌ててしまいますが、実はこの「ヘルパンギーナ」に特効薬はなく、対症療法で経過を見るしかない病気なのです。

ヘルパンギーナの特長

まず、突然の高熱に始まるのがヘルパンギーナの特徴ですが、それだけでは判断がつきませんね。せきや鼻水の症状がなく、喉の奥を見てみますと、水泡や白っぽいただれのように見える潰瘍があるのが分かります。喉の痛みから食欲がなくなり、乳幼児はミルクを飲まなくなり、幼児も物を食べたり飲んだりすることを嫌がります。

ヘルパンギーナは5歳以下の子どもがかかる割合が90%、中でも1歳の子どもが多くの割合を占めています。乳幼児の場合は、口の中を確認するのが難しいので、機嫌が悪かったり普段よりもよだれが多かったりしないか観察しましょう。

このように、主な症状は2つ。高熱と喉の潰瘍(痛み)です。発熱と喉の潰瘍は、手足口病と似た症状です。手足口病とヘルパンギーナは原因となるウイルスが同じです。エンテロウイルス、コクサッキーウイルスの感染症で、感染経路から潜伏期間など、共通点が多くありますので、初期症状で判断が付きにくいことがあります。

ヘルパンギーナの対処法

ヘルパンギーナの特徴が確認できたら、子供を安静に休ませましょう。こまめに水分補給して脱水症状を起こさないよう注意が必要です。脱水、熱性痙攣等の心配もあるので、勿論、一度受診することをお勧めしますが、救急で駆け込む必要はありません。診療時間を待って受診し、医師の診断を受けましょう。

食欲不振になるので、喉越しの良いものを与えます。食べたがるものがあれば好きなものを食べさせましょう。そうめんや豆腐、カロリーが高く喉に気持ち良いアイスクリームもおすすめです。

特に治療法がありませんので、ここから2日から4日間続く高熱を見守るしかありません。頭痛や関節痛を起こしている時は、我慢させずに解熱鎮痛剤を使用しましょう。

救急で受診した方が良い場合

ごくまれに起こる合併症に無菌性髄膜炎、急性心筋炎などがあります。激しい頭痛を伴う嘔吐がある場合は直ちに受診しましょう。ぐったりして反応が鈍く、心拍数が遅い場合も直ちに受診します。熱性痙攣の既往歴があったり、てんかんの症状がある子供も心配がありますので救急で受診し、その旨医師に伝えると安心ですね。

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

キャラクター紹介
ページ上部に戻る