健康生活TOP 閉経 閉経後にも妊娠する可能性はある?閉経の定義と避妊の大切さ

閉経後にも妊娠する可能性はある?閉経の定義と避妊の大切さ

shutterstock_217683016

老化を避ける事のできる人間がいるはずもなく、閉経は女性の方には誰にでも訪れるものです。年齢的に言えば、だいたい45~55歳くらいまでの間にやってきます。

女性が閉経を迎えた時、『自然妊娠の可能性は?』と疑問に思う方もいるのでは?

ここでは、閉経の医学的な定義と、閉経について注意すべき点について紹介したいと思います。女性の方には、ぜひ知識として知っておいていただきたいことばかりですよ。

閉経のメカニズムをご存知ですか?

閉経の前に、そもそもの始まりである月経のメカニズムについて取り上げてみます。

女性の体にとって月経とは、妊娠に向けた備えの一つの過程です。そしてそれは、健康な体を持つ女性であれば一月に一度、必ずやって来る生理現象です。

しかし、年齢を重ねると、徐々に女性ホルモンの分泌量の減少に加え、卵巣の機能の低下が始まってしまいます。その結果が閉経です。

閉経は、加齢からくる女性ホルモンの分泌量が減少、そして卵巣の機能が低下した結果、最終的に月経が終了して、それから1年以上月経が来ない状態を言います。

閉経を迎える年齢は45~55歳ぐらいと言われていますが、平均的には50歳前後が最も多いとされています。

しかし、もちろん人によっての個人差があります。中には30歳代どころか20歳代でも閉経が訪れてしまう早期閉経というようなケースもあるのです。

もちろんそれには、生活習慣の乱れといったような、老化現象以外の要因があります。

閉経の前兆はある!

shutterstock_181675283
早期閉経のような特殊なケースは別にして、年齢を重ねて自然に閉経が訪れる方には、何かしらの前兆、症状があります。

閉経の前兆である生理不順

閉経が訪れる前段階として現れる症状で最も分かりやすいのは、何と言っても生理不順でしょう。この症状は、年齢からくる女性ホルモンの分泌量低下やホルモンバランスの崩れが原因です。

ほぼ同周期で訪れていた生理の周期に乱れが生じることですが、例えば周期が短くなったり、あるいはその反対に長くなったりします。また、出血の量にも変化が現れ、量が多くなったり少なくなったりします。

このような状態は、閉経となるまで続きます。

閉経の時期と重なる更年期

多くの女性に訪れる閉経の時期というのは、更年期と重なります。そこから、閉経の前の症状として更年期障害と同じような症状が現れることがあります。

【更年期障害の症状】

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 関節痛
  • 手足のしびれ
  • のぼせ

当然のことながら、上記のような症状には大きな個人差があります。それこそ、ほとんど症状を自覚しないで済んでしまう方から、日常生活にまで大きく影響の出てしまう方まで様々です。

閉経後も妊娠の可能性がある!?

閉経とは、卵巣の中に卵が存在しない状態です。つまり、閉経後の排卵は考えられないわけです。排卵がなければ、自然に妊娠することはあり得ません

ところが、ごく稀ではあっても『50歳を超えている女性が妊娠した』というようなことがニュースで流れることがあります。

2011年にテレビで放送されたヒューマンドラマ『生まれる』でも、51歳での高齢出産を扱って話題となっていました。

本当の意味での閉経

国連世界保健機関であるWHOが説明する閉経とは、

卵子を含む球状となっている細胞の集合体である卵胞が、卵巣から失われて月経が永久的に停止した状態にあること

となっています。

また、閉経の医学的な定義付けとしては、最終的な月経から1年以上にわたって月経が停止した状態にあること、となっています。

ただ専門家によっては、上記の医学的な定義に加えて医師による診察の結果、閉経していると診断されることで完全な閉経の状態であると判断できる、と述べている方もいます。

ということで、閉経にはしっかりと「閉経した」と確認できるまでがなかなか難しいということがなんとなくわかっていただけたと思います。

実際に、自分が閉経したかどうかを病院に行ってまで確認する女性って少ないのではないでしょうか?

グレーゾーンが存在する閉経

当たり前の話ですが、閉経はある日を境にしてピッタリ「はい、閉経!」と切り替わるわけではありません。完全に月経が終了するまでの間に、移行期間としてのグレーゾーンが存在するのです。

50歳を過ぎた女性の中には、6ヶ月以上も生理が来なかったりすると、ご自身の判断で閉経したと思い込む方がいます。このような女性の中から、自然妊娠してしまうケースが出てくるのです。

もちろんこのようなケースでは、閉経していなかったということになります。閉経してもおかしくない年齢の女性が、閉経したと思い込んで油断すると予期せぬ妊娠をするのです。

閉経後の避妊は必要…?

shutterstock_88191499
ここでの閉経は、医師の診断に基づいて判断されたものとします。

専門医により閉経と診断されて、名実ともに閉経となった場合、排卵がありませんので妊娠の可能性はゼロです。このような状況下でも避妊は必要なのでしょうか?

50代以上で増加する性感染症

実は、50歳代以上の方たちの世代で、性感染症患者が増えているそうです。

「完全な閉経後には、避妊しない」という事態が、性感染症の患者を増やしていると考えられます。

特に問題視されているのは、非常に治療が困難であるHIV感染者の増加という実態についてです。国が運営する某医療機関では、その機関が関わる患者さんが3000人いるそうですが、20%の人が50歳以上ということなのです。

今の時代、若い方たちで交際を始めたカップルが”ラブチェック”で性感染症などのチェックを受けるケースは少なくありません。それに対して、中高年の方が検査を受けることはほとんどないのが実情なのです。

これでは、閉経後でも避妊をしなければ性感染症の患者数が増えてしまうのは当然のことですよね。ということで、性感染症のことを考えれば閉経後でも避妊はすべきなのです。

ちなみにラブチェックとは

若者たちがラブチェックをするようになったきっかけは、日本を代表するロックバンドのMr.Childrenでボーカルを担当する桜井和寿さんの発言によるものです。

『エイズの検査というと堅苦しいので、もっとポップな名前をつけたら…』という発言に対して、ラジオでDJをやっている山本シュウさんが”ラブチェック”と命名したのです。

文字通り、ラブチェックは若者たちの”愛の確認”という行動につながりました。

閉経後でも避妊しましょう!

1年以上にわたって月経が止まり、専門医の診断でも閉経と診断されたら自然妊娠の可能性はゼロです。

避妊しなくても妊娠の心配はなくなりますが、その一方で性感染症の危険が高まります。よって避妊は必要です!

中高年の方々もラブチェックをしていただくのが一番ですね。思い切って、行動していただけると安心です。

思わぬ妊娠をしないために、性感染症にかからないためにも、避妊は閉経後もしっかりおこなってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る