健康生活TOP ヒートショック 熱い風呂は超危険!心臓発作を起こさない為の体に優しい入浴方法

熱い風呂は超危険!心臓発作を起こさない為の体に優しい入浴方法

shutterstock_2773630432

日本人にとってお風呂とは癒しです。湯船に浸かるとほっとして1日の疲れが取れていきます。その気持ち良さがあるから、お風呂が好きな方は多いのではないでしょうか?

しかし、熱いお湯に体をゆっくり浸し、皮膚にピリピリとした刺激を受けるのが好きな方は危険です!急に熱いお湯に浸かったり、お湯に長時間浸かっていると急死するリスクが高まります。実は入浴中に急死するケースは多いのです。

癒しのはずのお風呂タイムが死と隣り合わせにならないように、快適で安全な入浴方法を知っておきましょう。

湯船に浸かると疲れがとれる!入浴の健康効果

1日の疲れを取りたい時、日本人なら自然と湯船に浸かろうと思いますよね。シャワーで済ますと疲れが取れず、翌日も何となく体が重いままでスッキリしない。お風呂に入った気がしない。そんな気持ちになります。あなたはどうですか?

筆者は「湯船に浸からないと1日が終わった気がしない。」というほど湯船に浸かった後の心身のリラックス効果を大切にしています。お風呂は毎日の嬉しい癒しタイムの一つです。

欧米人もお風呂文化に興味津々?

最近では、浴槽に浸かる習慣のない欧米でも、日本の入浴法を取り入れている方が多くなってきています。体が疲れていても寝付けない不眠気味の人が、日本の入浴習慣を取り入れたところ、不眠の症状が改善されたというのです。

しかも、身体中のコリが解れやすくなり、翌日の目覚めもスッキリしているという変化も。それは湯船に浸かると血行が良くなり、新陳代謝が上がる為です。

今までシャワーで済ませていた生活では気がつけなかった体の強張りにも、よく気がつけるようになり、ケアをする意識が生まれる。そんなプラスの効果に、日本の入浴法が注目される理由があるようです。

湯船に入ってほっとリラックス…体に優しい効果

お風呂の湯船に浸かる事が大好きな私達日本人。湯船に浸かると体にどのような良い効果があるのでしょうか?

新陳代謝が高まる温熱効果

湯船に浸かると血液の循環が良くなります。すると酸素が体の隅々まで運ばれやすくなります。また、体の中の老廃物は汗と一緒に外へ排出されて新陳代謝が高まるのです。

湯船に浸かると体が温まり「ほっ」としたため息が自然と口から出ます。体中に酸素が運ばれて、余分な物は外へ出すという循環で1日の疲れが取れるのです。

リラックス効果がある水圧

湯船に浸かると、浮力で体が軽くなります。体が重力から解放され、筋肉が解れやすくなります。この水圧と浮力がリラックス効果を生み、ストレス解消や疲れを溜めた心身を解してくれます。

湯船に浸かると、自然と強張った体が解れます。お湯を手のひらでゆらゆらと動かし、体の方へ当てる動きで体に水圧の刺激を与え続けるのも効果的です。

熱いお湯は注意!急死のリスクと隣り合わせ

shutterstock_16460592

お風呂好きの方の中には、熱い湯船に入るのがこの上なく好き!なんて方もいるかと思います。熱いのを我慢しながら「くー!」と声を絞りだすようにお湯に入るのが快感で、これがないとお風呂に入った気がしない。なんて言ってる方はいませんか?

思い当たるあなた、それはとても危険です。「お風呂で急死」のリスクと隣り合わせの可能性があります。

ヒートショックの危険

お風呂に入る時、部屋と熱い湯船の気温差に注意しなければなりません。特に寒い冬は危険です。冷えた場所からいきなり熱い温度の湯船に浸かると、血圧が急上昇して心筋梗塞や脳卒中を起こす場合があります。

そこまでいかなくても、冷えた体を熱いお湯に浸した時に、心臓が「ドクドク」と脈打つような感覚になる時は、お湯の温度が体の負担になっている可能性があります。

プールに入る時にまず心臓に近い部分に先に水をかけ、冷たい水に体を慣らす方法を取りますよね?体の体温と冷たい水の気温差で、心臓がショック状態を起こさない為の予防策で行うものです。

この方法は、熱いお湯に入る時にも効果的です。いきなりお湯に飛び込むように入るのではなく、まずか掛け湯をする事で危険を回避しましょう。

立ちくらみの二次被害

熱いお湯に入った後、お風呂から出る時に立ちくらみを起こす場合があります。立ちくらみは、熱いお湯に浸かっている時に拡張した血管が、お湯から出る時に一気に収縮する変動で起こります。

軽いふらつきならばじっとしていれば問題はありませんが、大きく揺れるような立ちくらみを起こす時は、転んで怪我をするなどの二次被害に注意が必要です。

血圧をグンとあげてしまう42度以上の長湯に注意!

42度以上の熱いと感じるお湯に浸かるのは、皮膚への刺激があって気持ちよく感じる場合がありますが、体にはとても負担なのです。血圧が急激に上がり、体が興奮状態になってしまいます。

38~40度ほどのぬるめのお湯で丁度良い

体にとって負担のかからない湯船の温度は、平均38度から40度ほどです。暖かい季節であれば、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる方が疲れが取れて、凝り固まった筋肉もじわじわと解れてくれます。

熱いお湯は心臓に負担がかかり、ひどい場合は急死の事故になりかねません。熱い湯船に浸かるのを好む方は注意してください。

長湯でうとうと…はダメ!

長湯をしていると、心地よくて眠たくなる事がありますよね。体が温まり心身がリラックスしてくると、血圧も下がり、頭がぼーっと心地よい状態になります。こんな時に睡魔が忍び寄り、いつの間にか意識を失ってしまう経験をした方も多いはず。

筆者の祖父も、湯船で長湯をしながら寝る癖がありました。本人は心地良いので何も気にしません。しかし、家族はお風呂で寝入ってしまう祖父を心配して何度もお風呂を除く羽目に。

湯船での睡魔は、血圧が下がり脳への酸素供給が減る為に、眠るように意識を失って意識障害を引き起こしている場合もあります。うとうとのつもりが気を失っている。考えると怖いですよね。

お風呂での急死は、急激な血圧上昇からくる障害のほかに、湯船で寝てしまい溺れて亡くなるケースも多いのです。

ゆっくり、慣らしながらがポイント!体に負担のない入浴方法

shutterstock_263461445

快適でリラックスした時間が過ごせるはずのお風呂で、死の危険と隣り合わせにならない為に、体に負担のない入浴方法を知っておきましょう。

温度は38~40度、ゆっくりと浸かりましょう

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる習慣をつけましょう。日中、緊張した心身が解れ、副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になるとリラックスでき、脳と体が眠る状態へと導かれやすくなります。

逆に熱いお湯は交感神経を優位にし、興奮状態になる為寝つきが悪くなってしまいます。

寒暖差が激しい季節は、掛け湯・浴室を温めておく

冬の寒い時期は、外と室内の寒暖差が激しくなります。浴室も冷えた状態になりますので、入浴前に少しの間熱いシャワーを出しっ放しにするか、風呂桶の蓋を外して浴室の気温を上げておくようにしましょう。

その上で、湯船に体を入れる前に、足から上体へと掛け湯をしましょう。

飲酒のすぐあとの入浴はNG!水分補給も忘れずに

アルコールを飲んだ後すぐの入浴は控えましょう。ただでさえ体の水分が失われている状態な上、血圧も上がっています。アルコールを飲んだ後の入浴は少なくとも2時間は開けましょう。

入浴前後には、十分な水分補給も忘れないように!水分が奪われやすい入浴時は、実は体力の消耗も激しいのです。脱水症状を起こす危険を避ける為、先に水分を体に入れておく事と、入浴後の失われた水分を補給する癖を忘れずに覚えておきましょう!

いかがでしたか?疲れをとってくれるお風呂タイムがたいへんな悲劇をおこさないためにも、是非体に負担のない入浴方法を習慣づけてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る