健康生活TOP 熱中症 残暑型の熱中症に注意!水分補給の対策にはキュウリ水がオススメ

残暑型の熱中症に注意!水分補給の対策にはキュウリ水がオススメ

近年は気候も変化したのか、夏が長く感じられませんか?昔であれば9月はもう秋で、「お盆を過ぎれば涼しくなるよ」などと話していたような気がします。しかし、近頃ではお盆どころか9月を過ぎても暑さは和らぐこともなく、気温が30℃を超える日もあります。

もともと夏は7月~8月、秋は9月~11月と言うイメージがありましたが、もう9月は夏へトレードされなくてはいけませんね・・・。ここで問題なのが9月は秋だと思っている既成概念と、実際の気候は夏であることのズレであり、それによって起こる健康被害なのです。

イメージと実際の気候とのズレで起こる健康被害

頭の中では9月は秋だと思っていると、実際には暑いにも関わらず暑さに対する油断をしてしまいます。7~8月には水分補給に気をつけ、服装や汗にも注意を払って生活していますが、9月を過ぎれば涼しくなると思い込んで注意を怠ってしまいます。

その結果、9月になってから脱水症状や熱中症を発症させてしまうのです。もう9月は秋ととらえるのではなく、夏であるとの認識を持って生活することが重要かも知れません。

9月の熱中症対策は疲労した身体のためにちょっとした工夫が必要!

このような環境の中で健康を守るにはどのような対応をする必要があるのでしょうか?

それにはまず熱中症対策が重要で、水分補給を十分に行わなくてはいけません。しかし、6月から3ヶ月もの間暑さのストレスにさらされていた身体は、疲労しており胃や腸も弱っている可能性があります。

その中で十分な水分や栄養を吸収させるには、ちょっとした工夫が必要です。残暑型の熱中症の特徴は、それまでの数ヶ月で身体が疲労しており、なかなか無理がきかない状態にあることなのです。

水分補給についても水分量にこだわらないで、水分とミネラルのバランスに注目した方が良いでしょう。そこで、胃や腸に優しく水分を吸収できる「キュウリ水」を紹介します。

キュウリ水で残暑型熱中症を手軽でお洒落にやっつけろ!

10352

もともとキュウリは夏の野菜で、漢方的には陰性の食べ物とされています。陰性の食べ物とは「性格が陰気臭い食べ物」ではなく(笑)、「身体を冷やす性質のある食べ物」のことを言います。

漢方の考え方では主に夏に収穫される野菜は「陰性」、冬に収穫される野菜は身体を温める「陽性」とされており、キュウリは夏野菜なので陰性とされています。

中国人が熱中症対策でキュウリを丸かじりする光景は有名であり、これは水分補給と身体を冷やす効果を狙っているためだったのです。

「キュウリには水しか入ってなく栄養なんてない」と言う話を耳にしますが、確かにキュウリの大部分は水分で出来ています。しかし、水分補給になくてはならない成分が含まれていたのです。

キュウリにはビタミンCやカリウムなどのミネラル成分が豊富で、汗で少なくなった成分を補給してくれます。またカリウムは身体の水分調整や塩分濃度の調整をしてくれるので、熱中症対策にはもってこいの食材と言えます。

そこで私がオススメしたいのが「キュウリ水」です。作り方は簡単!キュウリ一本を5mm程度に輪切りして、ウォーターサーバーに入った2リットル程度の水に入れるだけです。

冷蔵庫で30分も寝かせれば出来上がり、少量の塩を加えるとナトリウムの補充にもなりますので効果的ですね。ちょっと味が青っぽいと感じるかも知れませんが、飲んでいるとスポーツドリンクの味わいもあるのが不思議です。

飲みにくいと感じた人は、レモンやライムを薄く切って入れるのもオススメです。飲みやすくなるだけではなく、ビタミンCの補給にもなりますので是非やってみて下さいね。

キュウリを丸かじりするのも良いと思いますが、ちょっとお洒落にキュウリ水で残暑を乗り切ってみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る