健康生活TOP 熱中症 日射病・熱中症・熱射病それぞれの違いとは?

日射病・熱中症・熱射病それぞれの違いとは?

一昔前までは夏になると必ずニュースなどで「日射病に注意して下さい。」と注意喚起されていました。私が子供時代にも母親から「日射病になるから帽子をかぶりなさい。」とよく言われたのも覚えています。

でも最近では日射病ってどこからも聞かれなくなりましたね。その代わりに夏によく聞くのが「熱中症」と呼ばれる新たな名前です。

  • 熱中症
  • 熱射病
  • 日射病

これらの違いや関連性について解説します。

熱中症、熱射病、日射病の違いとは?

一昔前は夏になると「日射病に気をつけなさい」と言われましたが日射病と熱中症は違うのでしょうか。熱射病という言葉もお聞きになられたことがあるかと思います。それぞれどう違うのでしょうか。

熱中症
「暑さに身体が適応出来ずに起こる全身の不調の総称」。つまり熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病を総称して熱中症と呼ばれる。
熱射病
熱中症と呼ばれる状態の中でもっとも重症度が高い状態。
日射病
太陽の光によって起こる障害のことを言うが、正式な医療用語ではない。

熱中症は暑さに身体が適応出来ずに起こる不調です。その暑さの原因は日光だけではなく室内に居ても熱中症になることがありますので、最近は日射病という言葉があまり使われなくなってきたのです。

人間が高温の環境に長時間おかれた場合、体温調整ができなくなり体温が上昇します。その結果脱水症状や発熱、痙攣(けいれん)などが起きてしまいます。このような症状をまるめて熱中症といいます。

熱射病の熱源は太陽ではありません。今では温暖化の影響で夏だけではなく、春や秋口でも外気温が30℃を超す日も多くなってきました。

そのような日は窓を閉め切っていると、室内も35℃近くになってしまい身体機能にも影響が出てしまいます。じっとしていても大量の汗が出てきて、水分や塩分が身体から流れてしまいます。

最終的には汗も出ず身体の体温調節が働かなくなり、体温は40℃にも達し意識混濁や脱水症状に陥るのです。最近ではお年寄りが高温の室内で、暑さに気がつかなく生活している状況で発症するケースが多いようです。

熱中症の症状については、詳しく紹介されているこちらの記事をご覧ください。
これで熱中症対策は完璧!応急処置と予防があなたと大切な人を救う

日射病の症状は?予防のためにすべきこと

熱中症というのは別に炎天下のもとにいなくても起こりえます。例えばクーラーの切れた夏の朝に脱水症状になってしまえば熱中症です。しかし日射病とは原則的に暑い日差しのもとで起こる脱水症状のような病気を指します。

日射病になると

  • 脱水症状
  • 手足の痙攣
  • めまい
  • 吐き気

が起こります。ひどい場合は意識障害を起こしてしまうほどです。特に夏の暑い日差しの下では起こりやすいので気をつけてください。

日射病を予防するには強い日差しを避ける事です。日差しのもとを避けて外にでる時は日傘をさしたり、日陰を歩いたりして出来るだけ直射日光を浴びないようにしましょう。

そして水分補給をしっかりと行ってください。水分だけでなく、電解質である塩分も取ることをわすれてはいけません。

また炎天下での運動は避ける方がいいでしょう。夏の炎天下の中で運動することは日射病につながります。

若いうちはまだ大丈夫な場合が多いですが、年齢を重ねて体力がなくなってくると厳しくなります。ランニングなどは涼しい朝や夜に行いましょう。

近年、温暖化と言われていますし日本はヒートアイランド現象でどんどん都心部を中心に気温が上がってきています。ビルからの日光の照り返しなども厳しくなっていますので、ますます日射病には気をつけなければいけません。

倒れてからじゃ遅い!何より予防が大切

熱源が太陽に固定されている症状で、高温の室内で発症した熱中症は日射病とは呼びません。夏の強い太陽の光を浴びる続けることで、皮膚は乾燥し体温調節も出来なくなり体温も上昇してしまい意識障害や血圧低下により倒れてしまいます。

脱水症状になりやすく、水分補給や日陰での休息を怠ると死亡する可能性もある危険な状態になります。私の学生時代は夏場もグランドでランニングをやらされてまして、結構倒れる人がいましたがこれが日射病なんですね。

日射病、熱中症、熱射病、あなたは違いをご存知でしたか?

なんとな~く理解しているつもり、ではダメです。しっかり理解して、予防に努めましょう。

人気記事ランキング

まだデータがありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る