健康生活TOP 熱中症 こんな症状に注意して!きちんと予防したい赤ちゃんの熱中症

こんな症状に注意して!きちんと予防したい赤ちゃんの熱中症

夏の間で気をつけたいもののひとつが熱中症。

赤ちゃんは体温調節の機能が未熟なために熱中症になりやすく、とくに注意が必要です。熱中症になってしまうと、あっという間に重症になってしまうことも。充分に気をつけてあげなければなりません。

暑い室内や屋外では、赤ちゃんの様子にいつも以上に気を配り、熱中症の兆候がないかをこまめにチェックしてあげましょう。

もし熱中症の初期症状があらわれていたら、すぐに適切なケアを!今回は、そんな時にも慌てないよう、赤ちゃんの熱中症ケアの注意点についてお話ししていきます。

予防のポイントは温度と水分補給

まず、赤ちゃんの熱中症予防のポイントについて。

熱中症は、体に熱がこもって体温がどんどんあがっていくものです。汗を一気にかくことで脱水症状に陥り、体温調節ができなくなって起こります。

つまり、高温の場所で過ごしたり、汗を一気にかくような状況になったりしないように気をつけることが大切。

炎天下に連れ出すことは避け、室温にも充分に気を配りましょう。赤ちゃんは大人よりも汗かきでもあるので、こまめな水分補給も必須です。

注意したい初期症状を知っておこう

思わぬことで熱中症になりかけてしまう場合もあります。屋外で遊ぶ時に帽子をかぶらせていても、暑くて帽子を脱いでしまうかもしれません。

また、暑くないから大丈夫とエアコンをつけないでいたら、赤ちゃんにとっては暑すぎたなどということも充分ありえます。こんな時、早い段階で気づいてケアしてあげられるように、赤ちゃんの熱中症の初期症状をチェックしておきましょう。

  • 体や顔が赤くなっていて熱い
  • 顔色が悪く、青ざめている
  • 呼吸が早くなっている、苦しそうにしている
  • ぐったりとしていて、泣いてもいない

もしこれらの症状が見られたら、急いで次のようなケアをしましょう!

熱中症になりかけていたら正しいケアを

shutterstock_128684129

①涼しい場所へ移動する

まずは日陰やエアコンの効いた室内など、涼しい場所へ赤ちゃんを連れて移動すること。

②服を脱がせて体を冷やす

熱中症になりかかっている時には、体に熱がこもってしまっています。服のボタンを外して脱がせたり、はだけさせたりして寝かせ、熱を外へ追い出しましょう。

③頭や脇の下を冷やす

体にこもった熱を追い出すとともに、体を冷やします。冷たいタオルなどを頭や脇の下、太腿の付け根などに当てます。

④水分をたっぷり補給する

脱水症状を改善するためにも、水分補給が必須です。飲ませるのは、15度前後に冷やしましょう。ベビー用のイオン飲料であれば水や麦茶よりも吸収が早いので、このような時に最適です。(もし自分で水分を飲むことができないようであれば、すぐに救急車を呼びましょう。)

重症であればすぐに救急車を!

初期症状であれば、上記のケアで回復することができます。しかし、重度の熱中症になってしまったら即座に治療を受けなければなりません。次のような症状であれば緊急事態です。

  • 声をかけて、名前を呼んでも反応がない場合
  • 呼吸が弱くなったり、なくなったりした場合
  • けいれんを起こした場合

体を冷やし、熱を追い出しながら、すぐに救急車を呼んでください!

赤ちゃんの熱中症は、ママやパパなど周囲の大人が気をつけてあげていれば予防することができるものです。充分に気を配ってあげましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る