健康生活TOP 心不全 【心不全の前兆】息苦しさや全身のだるさは心臓のSOS症状

【心不全の前兆】息苦しさや全身のだるさは心臓のSOS症状

men-appeal-upset-of-heart

心不全の代表的な自覚症状として、むくみがあります。それに加えて、呼吸困難、動悸といった苦しさを感じます。

これは、心臓のポンプ機能が低下することによって血液が体内に十分に行き渡らなくなってしまった結果として、身体にさまざまな症状が出ているのです。

高齢の方ほどかかりやすいとされていた心不全ですが、その原因となる心臓の状態異常が複数あることから、最近では若い人にも注意が必要とされています。

放っておくと深刻な事態を引き起こしかねない心不全の兆候を知り、いざという時に対処できるようにしましょう。

心臓のポンプ機能低下で心不全に!その原因となる心臓の異常とは

心臓は、酸素と栄養を含む血液を拍動により全身に送り出しています。このことによって生命の維持が保たれています。

心臓から送り出される血液の量は1日に約7,200L!送り出された血液は、肺や腎臓などの臓器を巡って心臓に帰ってきます。心臓には、血液の循環の元となるポンプ機能の役割があるのです。

body-circulation

ポンプ機能の低下の原因の一つとなるのは高血圧です。

高血圧になることによって、血液の循環がうまくいかなくなります。そうすると、心拍出量(心臓から送り出される血液の量)が減り血圧が低下してしまいます。

しかし、身体は正常な状態を保とうとしますので、心臓を大きくして心拍出量を増やしたり、手や足の血管を収縮させることで血圧を維持しようとします。これらを代償行動と言います。

代償行動を長く続けていると心臓は疲れてしまいます。その結果、心臓のポンプ機能は低下して、肺に血液がうっ滞してしまったりします。

また、各臓器に十分な血液が送られなくなるので、息切れをしたり疲れやすくなったりもします。

さらに症状が進行してしまうと、腎臓の機能の低下によって尿が作られなくなり、むくみが生じるようになったり、夜間の呼吸困難を起こしたりします。

心不全の原因となる心臓の異常

心不全の原因と言われているものには以下のような心疾患があります。

虚血性心疾患(虚血性心不全)

心臓の主要な血管である冠動脈がつまったり狭まったりすることで、心筋への血流が十分でなくなってしまい、心臓に異常がでる疾患の総称です。

  • 狭心症
  • 心筋梗塞

がこの虚血性心疾患に含まれます。よく耳にする身近な病気ではないでしょうか。

私達日本人では男性で45歳以上、女性は55歳以上で疾患のリスクが高くなりますが、芸能人が44歳で亡くなった訃報があり驚かれた方も多いでしょう。

心筋症

心臓の下部に位置する心室自体が拡大したり、心室の壁が分厚くなったりすることで心臓が正常に作動しなくなる疾患です。

原因不明の難病に指定されており、重症化すると心臓移植でしか治療できません。

心臓弁膜症

心臓内にある肺動脈弁や大動脈弁といった弁は通常と閉じたり開いたりして血液の流れをコントロールしていますが、弁がうまく開かなくなったり逆に完全に閉じなくなったりして血液が逆流してしまうような症状が起きる疾患です。

先天性と後天性の原因があり、特定されないものも多くあります。その中でも多くは加齢が原因と考えられています。

急性心不全と慢性心不全の兆候を見逃すな!

心不全には、主に4つの種類があります。

急性心不全
心臓の機能低下が急激に進んでしまい、いきなり症状が現れる場合を、急性心不全と言います。
慢性心不全
心臓の機能が徐々に低下し、慢性的に心不全の症状が現れている場合は、慢性心不全と言います。
左心不全
心臓には4つの部屋があります。左心室、左心房、右心室、右心房です。左側の機能(左心房、左心室)が低下している状態が左心不全です。
右心不全
右側の機能(右心房、右心室)が低下している状態を右心不全と言います。

この記事では急性心不全と慢性心不全についてまとめてみます。それぞれ兆候が全く違いますので、チェックの参考にしてくださいね。

急性心不全

  • 呼吸困難
  • 夜間発作性呼吸困難
  • 息切れ
  • 動悸
  • 易疲労感
  • 四肢冷感
  • 頸動脈の腫れ
  • 尿の減少

など

呼吸困難や息切れ、動悸は左心不全の症状で、初期では運動をしたときに起こります。

しかし、心不全が悪化していくと、階段を上るだけでも呼吸困難や疲労感を感じるようになります。

さらに症状が悪化すると安静時でも息切れするようになり、最終的にはただ横になっているだけでも苦しいという状況になってしまうのです。

心不全の呼吸困難は「起坐呼吸(きざこきゅう)」といって、寝ているときに呼吸が苦しくなります。これは、横になると心臓や肺に血液がたまった状態になるからです。身体を起こすと重力の影響で血液が下半身に行くため楽になります。

急性心不全によって起こる発作性の呼吸困難のことを心臓性喘息、心臓喘息と呼びます。

慢性心不全

慢性心不全の症状には、急性心不全の症状が持続的に表れる他、

  • むくみ
  • 体重の増加
  • 全身の倦怠感
  • 食欲不振
  • 神経症状

などがあります。

右心不全により体内に血液のうっ滞が起こると、静脈から水分が体内に溢れ出します。これにより胸水や腹水が貯まるようになり体重が増加します。症状としては、足を中心にむくむようになり、靴が履けなくなったり、お腹が張ることもあります。

さらに症状が悪化すると、腎臓にも血液がいかなくなり尿の量が減ります。
全身的な症状としては、だるさ、疲労感、食欲不振などが多いです。

心不全の重症度とその状態

心不全の重症度はニューヨーク心臓協会が定めたNYHA分類で4つに分類します。

軽度→重症度の順にみてみましょう。

無症候性 心臓に何らかの病気はあっても、日常生活に支障がない状態。
軽度 安静時や軽い運動の時には症状が出ることはありません。しかし、走るなど強度の強い運動をしたときに、疲労感や動悸が生じる状態は軽度です。
中度~重度 安静時には症状は出ませんが、歩くなどの軽い運動でも疲労感や動悸が生じるのは、中度から重度になっています。
難治性 安静時にも心不全の症状が現れ、症状が悪化してしまう状態は、一番重症度の高い難治性になります。

日常生活でできる心不全の予防法

毎日の生活の中にも、心不全を引き起こす原因となるものが潜んでいます。それらをやめることで、心不全になるリスクを減らすことができますし、症状の進行を防ぐこともできます。

運動をする

心不全の患者さんにとって、運動は控えた方が良いものと思われがちですが、長期間の安静は筋力の低下などを招くため良くありません。

重症度や症状に合った運動は、心不全の血行動態を改善して生活の質を上げるという研究結果もありますので、医師やリハビリテーション指導士に相談をしてみましょう。

毎日運動をしていると、心不全になるリスクが46%低下すると言われています。心不全の予防のためには、少しずつでも毎日の運動を心がけるようにしましょう。

食事に気をつかう

塩分の摂りすぎは、心不全には良くありません。1日あたり7グラム以下を心がけるようにしましょう。パンや麺類にも塩分が含まれている場合がありますので、注意が必要です。

また、水分の摂りすぎにもご注意ください。

嗜好品

煙草は血管を収縮させる物質、酸化物質が含まれているため、心臓に負担がかかってしまいます。アルコールも高血圧の原因となりますし、心臓肥大や心不全の原因ともなりますので、控えるようにしましょう。

参考になりましたか?むくんだり、息切れがしたら、注意が必要です。

塩分やアルコール、煙草は控えるようにして、運動を日課にすることで心不全の発症を抑えたり、症状が悪化することを防げたりします。

ご自分の身体の変化を見逃さずに、異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る