健康生活TOP 心不全 息苦しい・・・夜中に突然ひどい咳と痰で目が覚めるのは心不全を疑え

息苦しい・・・夜中に突然ひどい咳と痰で目が覚めるのは心不全を疑え

ベッドでせき込む男性写真

就寝中、夜中に突然ひどい咳が出たため、苦しくて起き上がってぜいぜいやってしまう。こんな経験、誰でも一度や二度はあると思います。

多くの場合は気道感染症、つまり風邪やその延長上にある病気が原因のことが多いものですが、ちょっと注意が必要なのは、この症状が心不全によってもたらされることもあると言うことなのです。

そもそも咳はどうして出るの?咳の種類を見極めよう

非常に大雑把な言い方をすれば、上気道(鼻腔・喉頭・咽頭)または下気道(気管・気管支・肺)に何らかの刺激が加わったことに対する反射として咳が出ます。

例えば風邪をひいたとき、のどに炎症が起こってその刺激で出たり、痰が絡んでそれを出そうとする身体の働きで出たりします。

このように身体の中から出たものであれ、吸い込んでしまったものであれ、身体の中に入り込んだ異物を排出しようとする反射なのです。あるいは炎症が起こっている刺激を、異物と勘違いすることも少なくありません。

口をあいて寝ると咳の原因になりやすい

寝ている時に突然咳の発作に見舞われたと言う場合、かなり原因が絞り込めます。ですので、お医者様に診てもらう時は、その前後や起きている時の様子を含めて伝え、効率よく診断してもらいましょう。

特に診て頂く必要のないものとしては、異物を吸い込んでしまったことによる咳があります。お酒を飲んだ後など、口をあいて寝ていると布団のほこりなどを吸い込んでしまう事があります。

ダニ対策の意味を兼ねて、毎日お布団に掃除機を掛けておきましょう。

とは言え、そもそも口をあいて寝ていると言うのは何らかの呼吸トラブルが潜んでいる可能性があります。例えば副鼻腔炎で鼻が詰まっている時には口呼吸になりやすいですね。また、睡眠時無呼吸症候群の人も大半が口呼吸です。

異物を吸い込んだ時の咳は、それが大きめのほこり程度であっても、咳をしている時にのどに異物感があるので判り易いと思います。

もし、こうした咳がたびたび起こるようであれば、一度耳鼻科を受診されて

  • 慢性副鼻腔炎
  • 睡眠時無呼吸症候群

など、口呼吸になってしまう原因を見つけてもらわれることをお勧めします。

一方、たまたま風邪をひいて鼻が詰まっていると言う時は、安物で良いのでマスクをして寝ると言う手があります。それだけで異物を吸い込んでしまうのを防げますね。

さらに、口呼吸の時はのどが非常に乾燥しやすくなって、それが咳を呼ぶことにもつながりますが、マスクをしているだけで乾燥はそこそこ防げますので咳の原因を減らせます。

マスクイラスト

夜中の咳がそれほどではなくても、起きた時に口の中が乾燥していると感じることが多い人も口呼吸になっている可能性が高いです。頻度によっては受診された方が良いでしょう。

病原菌の感染によって起こる咳

私たちにとって最も身近な咳の症状はこれが原因ですね。これも大きく二つに分けられます。

  • 感染したことによって気道の上皮細胞が破壊され、炎症を起こしたことによって起こる咳
  • 病原菌を自分の免疫力やお薬でやっつけた後に残る後遺症

ちょっと厄介なのは、ウイルス性感染か細菌性感染かによってお薬が変わることですね。ですのでしっかり診断を付けてもらう必要があります。

咳が出る気道感染症の原因病原体でメジャーなものは次の通りです。

  • ウイルス(咳がひどくない物)
    1. パラインフルエンザウイルス
    2. RSウイルス
    3. ライノウイルス
    4. コロナウイルス
    5. (インフルエンザウイルス)
    6. (アデノウイルス)
  • ウイルス(咳がひどい物)
    1. インフルエンザウイルス
    2. アデノウイルス
  • 細菌
    1. マイコプラズマ
    2. 肺炎クラミジア
    3. 百日咳菌
  • 真菌(免疫低下の時に発病)
    1. アスペルギルス・フミガートス
    2. カンジダ・アルビカンス

インフルエンザウイルスとアデノウイルスは咳がそれほど出ないこともあるので、一応両方に書いてあります。

感染性の咳は、夜間に発作が起きることもよくありますが、昼間にもかなりひどい咳で悩まされることが多いことと、風邪症状が先行して現れるので見分けがつきやすいでしょう。

市販の風邪薬で対処する人が多いとは思いますが、1週間程度飲んでも症状が改善されない場合、必ず医療機関を受診しましょう。

特に長期間続く百日咳であった場合、検査を受けるのが遅れると菌が見つかりにくくなり、正確な診断が出なくなることもあります。

ただの咳だしたいしたことないよ、ではなく、ちょっとでもおかしいな?と思う気持ちが大事ですね。

就寝時に発作が起きる・長期間続く咳は喘息の可能性が高い

就寝時の咳の発作と言うと喘息と言うイメージが強いですよね。実際、喘息では就寝時の咳が大きな比率を占めています。これは自律神経の働きによるものではないかと考えられています。

つまり、興奮状態を作り出す交感神経が優勢な昼間では、酸素を多く必要とするため気管支が拡張しますが、リラックス状態・就寝時には副交感神経が優勢になるため気管支が収縮します。

喘息は気道が狭くなったり閉塞したりして呼吸困難をきたす病気ですので、気管支が収縮している就寝時に発作を起こしやすいと考えられています。

喘息は生命の危険がある病気

意外に知られていませんが、現在でも毎年2000人くらいの方が喘息で亡くなっています。しかも、お薬が良くなってきたから減ってきてはいるものの、それほど遠くない過去、1995年には7000人以上が亡くなっていた怖い病気なんです。

厚生労働省も喘息死ゼロを目指して専門家チームを立ち上げているくらい、今後の徹底した治療方針の策定に取り組んでいるようです。

喘息症状の発生の仕方

あとでお話しする心臓性喘息との対比を行っていただくため、気管支喘息の起こり方を簡単に説明しておきます。

喘息の発作と言うのは気管支の収縮ですが、それを引き起こしているのは気管支の炎症です。何らかの原因でこの喘息特有の炎症が起こると、気管支の粘膜がむくみます。

そして、そこに好酸球などの白血球や肥満細胞(マスト細胞)が集まってきます。好酸球は外敵を破壊する物質を出しますが、これが自分の粘膜にも炎症を起こします。肥満細胞の中にはさまざまな化学伝達物質が含まれています。

そのうちヒスタミンやロイコトリエンC4などは気管支を取り囲んでいる筋肉を収縮させたり、粘液の分泌を促したり、血管の透過性を亢進させたりします。このことはいずれも喘息発作に直結する働きです。

こうして分泌された粘液は痰となり、気管支の中に貼り付いてさらに気道を狭くします。このような働きの結果、気管支の壁は厚くなるため、さらに気道が狭くなると言うわけです。

そして、最初の炎症が起こる要因は、子供の時に発症するタイプではアレルギー性のものが多いようですね。一方、成人になってからの発症では薬の長期使用によるものや環境要因によるものが多いそうです。

念のための補足ですが、肥満細胞と身体の肥満には何の関係もありません。見た目がぽっちゃりした大きな細胞なので、肥満細胞と言う名前がついているだけです。

心臓が原因でも発作は夜間に起きやすい!ピンク色の痰で起き上がると楽なら注意

夜間就寝時に咳の発作が起きて、呼吸困難や喘鳴(ぜいぜい・ひゅーひゅーと言う喘息特有の呼吸音)が見られた場合、普通は喘息の発作だと考えます。

そこに痰が絡んだり、痰に血が混じったりしたら余計ですね。しかし、これが心不全の症状である場合があるのです。治療が遅れると生命に関わりますから油断しないようにしましょう。

なぜ心臓が悪いと喘息の症状が出るのか

心臓が4つの部屋からできていることはよく知られていると思います。そのうち左側、特に全身に血液を送る左心室にトラブルが起こると、この喘息のような症状が出ることがあるのです。

一方、右側にトラブルが起こっても喘息のような症状は出ず、良く知られた心臓病の症状である下肢のむくみや腹水の貯留が見られるようになります。

これは左側は肺から返ってきた血液を全身に分配する仕事をしており、右側は全身から返ってきた血液を肺に送り出す役目をしているからなんです。

左側の、特に全身に血液を送り出す仕事をしている左心室の働きが悪くなると、肺から返ってきた酸素たっぷりの血液を左心室の前段階にある左心房に受け入れることができなくなります。

その結果、肺がうっ血してしまうんですね。肺の中には、酸素と二酸化炭素の交換を行っている肺胞と毛細血管があります。それをを支えている組織を間質と呼びます。

その間質組織に、毛細血管から水分がにじみ出してしまう肺水腫と言う状態になるのが、この心臓性喘息の原因なのです。

この心臓性喘息でも、本物の喘息と同じように発作は夜間就寝時におきやすいのが特徴です。

横になって安静にしていることで、下半身の静脈の圧力が下がります。すると、圧力の下った血管の外から水分が血管の中に入ってきます。その結果、血液のトータルの量が増えてしまう事が原因の一つと考えられています。

喘息症状とほとんど同じなので注意が必要

夜中に咳の発作や呼吸困難で目が覚めるだけでなく、喘鳴が現れることもあります。さらに血液の混じった痰がでることもありますね。

しかし、特徴的なのは血液の混じった痰がピンク色で泡混じりであることと、起き上がって座っていると楽になることです。

ピンクの痰と言うのは、咳によって気管支などが傷ついて出血した赤い血の混じった血痰とは異なり、肺水腫の原因である血管からの水分の滲み出しによって起こる、均一な色のものだからです。

また、ベッドの上で起き上がったり、椅子などに座ったりすると、静脈血を下肢やお腹に貯めることになるので、その分肺にかかる圧力が少なくなるから楽になるのです。

場合によっては救急車を呼んででも早く受診を!

救急車イラスト

初めて発作が起こり、起き上がることで軽快したとしても、出来るだけ早く医療機関を受診して下さい。これは急性心不全なのです。

また、それに加えてピンクの痰が出たら、救急車を呼んだ方が良いでしょう。急性心不全によって急性の肺水腫をきたしている可能性が高いです。

朝まで待って通常の診療時間に、などと考えていると手遅れになるかもしれません。

症状が軽くても治療を開始しないと右側もダメになる

多くの場合、心不全は左側に続いて右側にも起こります。ですので、たまたま心臓性喘息の症状が軽くて、大したことないと思っても、早く受診すべきです。

せっかく軽い症状で警告してくれているのですから、それを放置して右側まで心不全になり慢性化させるようなことは避けて下さい。

国立循環器病研究センターも次のように警告しています。

心不全が進行してくると、あお向けになって寝るとセキが続いたり、息苦しく、体を少し起こすと楽になったりします。患者さんは、風邪をひいたのではないかと思うようです。

さらに進むと、夜、突然、息苦しくなって目が覚め、起き上がっても回復にしばらく時間がかかるようになります。

この時、しばしば、ぜんそくのようにヒュウヒュウ音がします。これは、すぐにも入院治療が必要な重篤な状態です。

健康診断などで心臓に関する指摘を受けていたりした場合はもちろん、普段から体力に自信があっても中高年に差し掛かれば警戒しておくべき病気です。

発作が治まったからと言って、くれぐれも軽く考える事のないようにして下さいね。

くりかえしますよ、ピンク色で泡混じりの痰、起き上がって座っていると楽になる、という咳は急いで病院へ行きましょう。手遅れになる前に、が肝心なのです。

心臓にトラブルを抱えやすくなる年齢になってくると、一方で「私は大丈夫」と言う根拠のない自信と頑固さを身に付けてしまう人が少なくありません。

実はあらゆる病気の中で、この根拠のない自信こそが最も危険な病気だと言えるでしょう。どうかいつまでも、自分の病気すらも客観的に受け止める柔軟な思考能力を持ち続けて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る