健康生活TOP 難聴 爆音ライブで鳴り止まぬ耳鳴り「騒音性難聴」を予防するコツ

爆音ライブで鳴り止まぬ耳鳴り「騒音性難聴」を予防するコツ

shutterstock_85628539

鳴り止まぬ音楽と歓声…パンク・ロックバンドにみられる爆音ライブを体験したあとの余韻には、筆舌に尽くしがたいものがあります。

しかし耳に残るのが音楽の余韻だけでなく、病気の可能性だとしたらどうしますか?

「騒音性難聴」に注意

大きな音を聴き続けた後は、ほとんどの場合に聴覚がダメージを負っています。キーンという耳鳴りが耳に残るようであれば、内耳にある有毛細胞とよばれる部分が障害を受けている可能性が高いといえるでしょう。

低い音よりは高い音を聴いた場合に起こりやすく、耳鳴りが残る確率には個人差があります。音響が止んだ後も耳鳴りが長く続くようであれば、「騒音性難聴」と呼ばれる聴覚障害が疑われます。

はじめは耳鳴り

ライブなど短時間のうちに大きな音を聴き続けてなる難聴を音響性難聴、仕事のため騒音を聴き続けなければならない場合など、長い期間かけてなる難聴を職業性難聴といいます。

いずれの難聴もはじめは耳鳴りからはじまり、やがて悪化して難聴となります。耳鳴りは放っておくと進行するため、いかに早い段階で治療をスタートできるかが要になります。

難聴に前触れはない

難聴はある日突然はじまり、風邪のように咳や倦怠感などの前触れがありません。先に説明した耳鳴りがせめてもの初期症状ですが、耳鳴りは他の原因も考えられますので正確なものではありません。

例として、毎日大きな音で音楽を聴いていたとします。それまで何の変化も無かった耳が、ある日突然聴こえ難くなったりします。

難聴の症状は水面下でどんどん進行します。たとえ今症状が出ないでいても、症状が出てからでは手遅れです。毎日の予防と対策が何より重要な病気のひとつと言えます。

騒音性難聴の症状

耳鳴りは両方の耳に起こる場合がほとんどで、片方の耳だけに起こるのはまれです。耳鳴りが進行すると高い音から聴こえにくくなり、最終的には会話音域と呼ばれる周波数帯域にまで症状があらわれます。

会話音域とはつまり、日常会話を行う声の高さが聴き取りづらくなるという事。低い音ではなく高い音が聴こえなくなるのが難聴の特徴であり、最大の問題点でもあります。

騒音性難聴を予防するコツ

難聴にはなりたくない。でも音楽は聴きたい。そんな時何に気をつけていれば良いのか、どうしても大きな音を聞く必然性のある方のための予防法を紹介します。

疲れた身体でライブに行かない

音響性、騒音性難聴に最もかかりやすいタイミングは疲れた身体で爆音ライブを聴き続けた時だと言われています。

過労、ストレスの蓄積、睡眠不足、泥酔状態の時はとりわけ難聴になりやすく、こうした状態で大きな音響を2時間以上聴き続けるとかなりの確率で発症しやすくなります。

またパンク・ロックライブに見られるヘッドバンキング(頭を激しく揺すること)も難聴の原因の一端であるとされ、そういったライブへ参加する場合は特に注意が必要です。

ライブの合間に休憩時間をとる、席の位置を変えるなど、耳にかける負担を少しでも減らす工夫をしてみましょう。ライブ終了後も耳鳴りが解消されない場合は早めに病院にかかるよう心がけて下さい。

耳栓をする

どうしても大音量の中に身を置かねばならない場合、耳栓を利用するのが効果的です。

完全に音をシャットアウトしないタイプのものなど、状況に応じたものを選んでみましょう。特に工事現場など、野外で騒音に囲まれる環境では有効な方法といえます。

耳栓は立ち見ライブなど、音源に非常に近い状況での回避法としても役立ちます。ちょっと耳を休ませたい、フェスなどで興味のないバンドが出てきた時などに活用して耳を労わりましょう。

難聴の治療は時間が肝心

難聴を治療するにあたり、最も重要なのは「如何に早く治療を行ったか」という事に尽きます。難聴は治療法が確立されていない疾患のひとつでもあり、完治しない例も少なくありません。

難聴の症状が軽ければ軽いほど治療できる確立も比例して高くなります。1ヶ月以上放置してしまった難聴は、残念ながら完治する確率は非常に低いと言われています。

出来れば耳鳴りが発生して48時間以内、遅くとも1週間以内に治療を始めると完治する確率が高まります。治療は大体2週間から3週間程度の時間を必要とします。

五感を大切に

shutterstock_165916172
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。それらはいずれも欠かすことの出来ない大切な感覚であり、永久的のようでいてその実、常に消耗し続けています。

若いうちから五感を大切にすることで、五感で楽しめる期間が延びるのは人生の魅力を増やす事と同義です。日々酷使されている耳や目のことをたまには気にかけてあげてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る