健康生活TOP 健康管理 目の下のクマ解消!3タイプの見分け方とそれぞれの原因、消す方法

目の下のクマ解消!3タイプの見分け方とそれぞれの原因、消す方法

目の下にできる黒ずみを「くま」と言いますが、これは歌舞伎メイクでおなじみの目の周りを黒く囲む隈取(くまどり)から由来しています。

クマは隈取ほどのインパクトはないものの、目立つところにあるのでどうしても人目に付きやすいです。「不健康そう」「老けて見える」といったマイナスの印象を目元に与えるので、クマがあるだけで損をしてしまうことがあります。

鏡をのぞいてクマに気付いたら、根本的な原因を解決して早くクマを消してしまいましょう。

この記事ではクマの原因や解消法などをご紹介しています。

あなたのクマはのタイプ?青クマ・茶クマ・黒クマを見分ける方法

クマは色々なタイプがあり、それぞれ原因と対処法が異なります。自分のクマのタイプに合っていない対処を行うと、クマを悪化させてしまう可能性があるので要注意。まずは自分のクマのタイプを知ることが大切です。

クマのタイプは大きく分けて3つあります。その見た目の色から「青グマ」「茶グマ」「黒グマ」と呼ばれています。

これらの違いは、見た目の色で判断したり、目の下の皮膚を指で触ってチェックしたりすることで、まず見分けることができます。

クマの種類 見分け方
青グマ 青っぽい 目の下の皮膚を下に引っ張るとクマが薄くなる
茶グマ 茶色い 何をしてもクマの状態が変わらない
黒グマ 黒い影に見える 目の下の膨らみを押すとクマが薄くなる

目の下が赤みを帯びるクマの初期段階は「赤グマ」とも呼ばれることも。また、クマは数種類が組み合わせて起こる場合もあるのです。続いて、青グマ、茶グマ、黒グマについてそれぞれの特徴を説明いたします。

不健康そうに見える…血行不良で起こりやすい青グマ

青グマは、目の下の皮膚だけ青っぽく見えるタイプのクマです。青グマがあるだけで不健康そうに見えてしまいます。

青グマ
(出典…目のくま | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック)

青グマができるのは、目の下の血行不良が原因です。

血行不良で目の下の毛細血管を流れる血液の色が黒ずむため、皮膚を通すと目の下だけ青っぽく見えるようになります。

血液や血管が青いわけではありません。それなのにクマが青く見える理由を説明しておきましょう。皮膚の色の見え方は、血液に含まれる色素ヘモグロビンの色とメラニン色素が作る皮膚の色の組み合わせで変わります。

血液が赤いのは血液中に含まれる酸素が多く、ヘモグロビンが酸素と結合することで鮮やかな赤に変わるためです。血行が良い部位は血液に酸素が多く含まれるので血液の色が赤く、皮膚の色は健康的に見えます。

ヘモグロビンはもともと黒ずんだ赤色をしているため、血行が悪い部位の血液は酸素が少ないために血液が赤くなりません。

酸素不足で黒ずんだ血液の流れる毛細血管は、実際には青色ではありませんが、皮膚を通すと光の乱反射の関係で私達の目には青く見えるようになるのです。

特に、毛細血管は血液の循環が滞りやすく目の下の皮膚は顔の皮膚のより薄いことから、すぐに血管の色が透けて青グマができてしまいます。

こんな人は青グマができやすい

「クマ=睡眠不足」というイメージがなんとなく定着しているのは、睡眠不足だと血行が悪くなって青グマができやすくなることが関係しています。

通常は、睡眠時に副交感神経が優位にはたらいて血管が拡張し、血液がスムーズに循環します。起きている時間が長いと交感神経が優位にはたらいて血管が収縮するため、寝不足だと血行が悪くなって皮膚の薄い目の下の血色が悪くなってしまうのです。

青グマは、体が冷えたり目の周りの血行が滞ったりした時にみられます。例えば、このような時に青グマができやすくなります。

  • 睡眠不足
  • 冷え性
  • ストレスがたまっている
  • 運動不足
  • パソコンやスマホの画面を長時間凝視するために起こる目の疲労・ドライアイ
  • 貧血
  • 喫煙

青グマを治すには

一時的な血行不良でよる青グマは誰にも起こり得るものです。メイクで青グマを隠したい時は、目の下に明るめのオレンジ系のコンシーラーを使うのがおすすめ。

血行不良が続くと血液が目の下に届ける酸素や栄養が不足するため、皮膚の新陳代謝が低下して皮膚が衰えます。

すると青グマがひどくなったり、ほかのクマを誘発しやすくなったりするので、メイクに頼るだけではなく、青グマの解消も努めるようにしましょう。

青グマの予防・解消は、とにかく目元の血行を促進するに限ります。鏡を見て青グマに気付いた時は、目元に蒸しタオルを当ててホットパックをするのが効果的です。ホットパックは、青グマの原因になる目の疲れも解消してくれます。

青グマの解消には、目の下のマッサージも有効です。ただし強くこすると皮膚を傷めてしまい逆効果なので、マッサージ専用の化粧品を使いながらやさしく肌をマッサージしましょう。

また、血行不良の原因は体の内側にあるので、青グマを解消するには生活習慣や食生活を改善するのが有効です。質の良い睡眠には肌の新陳代謝を促進させる効果もあります。

▼関連記事
寝不足で目の下にクマが…睡眠不足からくるおブスクマの消し方

目元がどんよりして見える…色素沈着で起こる茶グマ

茶グマは、目の下の皮膚が茶色くなるタイプのクマです。茶グマは目元になんとなくよどんだような印象を与えてしまいます。

茶グマ
(出典…目のくま | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック)

茶グマの原因は色素沈着です。目の下の皮膚だけメラニン色素が沈着して、周りの皮膚よりも皮膚の色が濃くなってしまいます。目の下だけメラニン色素が沈着するのはなぜでしょう。

まず、色素沈着の主な原因になっているのが紫外線です。

皮膚に紫外線が当たると、紫外線の害から体を守るため、表皮の深部にある基底層でメラノサイトという細胞はメラニンを産生し、皮膚を黒くしようとはたらきます。もともと目元は紫外線の照射を受けやすい場所です。

メラニンは、表皮を構成するケラチノサイトという肌細胞に渡されます。メラニンを受け取ったケラチノサイトは、皮膚のターンオーバー(肌の新陳代謝)によってはがれ落ちていくので、通常は皮膚にメラニンが長く蓄積することはありません。

メラノサイトは、皮膚が摩擦を受けた時に摩擦の刺激から肌を守ろうとしてメラニンを過剰に産生する性質があります。

そのため目の周りの皮膚を摩擦するとその部分だけメラニンの量が増え過ぎてしまい、ターンオーバーが間に合わなくなることで古いメラニンが残ったままとなり、色素沈着が起こります。

また、皮脂やメイクに含まれる油脂の酸化もメラニン増加の原因になるため、アイメイクの汚れが肌に長時間残ったままでいると油脂と皮脂の酸化が進んで、目の下にメラニンが沈着しやすくなります。

目の下は、紫外線、摩擦による刺激、酸化した油分といったメラニンの生成を過剰にしてしまう要因が加わりやすい場所なので、うっかりしていると色素が沈着してしまうのです。

こんな人は茶グマができやすい

茶グマは目もとの皮膚に、摩擦や炎症などの刺激をたびたび受けることで起こります。例えば、このような人は茶グマができやすくなります。

  • 目をこする癖がある
  • アイメイクはいつもしっかりやっている
  • メイクを落とさずに寝てしまうことが多い
  • アトピー性皮膚炎がある
  • メイクにかぶれて炎症を起こすことがある

茶グマを治すには

茶グマは、ターンオーバーによってメラニンを含む細胞を排出させることで薄くなっていきます。

肌のターンオーバーは約42日間かかるといわれています。茶グマができやすい人はターンオーバーが遅くなっている可能性があるので、ターンオーバーの促進を心がけましょう。

ターンオーバーを促進させるには

  • 睡眠をしっかりとる
  • 保湿効果の高い化粧品で乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高める
  • ビタミンA・C、鉄、亜鉛を中心にビタミン・ミネラルをしっかり摂取する

日常のスキンケアには、美白成分が配合されている化粧品を選びます。美白成分には、メラニンの生成を抑制したりメラニンの排出を促進するものがあります。

▼美白化粧品の主な有効成分

美白成分 効能
ビタミンC誘導体 メラニンの生成を抑制しメラニンを還元して薄くする
プラセンタ メラニンの生成を抑制し排出を促進する
トレチノイン メラニンの排出を促進する
ハイドロキノン メラニンを強力に漂白する

まずはドラッグストアで購入できる化粧品でケアを始めてみましょう。

また、これ以上茶グマを作らないようにするために、目もとはこすらないように気をつけてください。

取り急ぎ茶グマを隠したい時にはイエロー系のコンシーラーを使うのがおすすめです。コンシーラーに含まれる油分も酸化すると色素沈着の原因になってしまうので、もちろん不要な時はメイクを早めに落とすことも忘れてはいけませんね。

老けて見えてしまう…目の下のたるみ・くぼみで起こる黒グマ

黒グマは、目の下に黒い影ができるクマで、「影グマ」と呼ばれることもあります。黒グマがあると老けて見られやすくなります。

黒クマ
(出典…目のくま | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック)

黒グマができるのは、目の下にくぼみができて影のせいで黒く見えるためです。

目の下にくぼみができる主な原因は加齢です。加齢によってまぶたの開閉を行う眼輪筋、眼球の周りにある靭帯や眼窩隔膜が衰えます。

目の下にある眼窩脂肪を支える力が弱くなって眼窩脂肪が垂れ下がり、いわゆる「目袋」「涙袋」と呼ばれる膨らみが大きくなり、目袋の下にできる影が黒く目立つようになってしまうのが、黒グマの原因です。

こんな人は黒グマができやすい

年齢と共に自然とみられるようになる黒グマですが、次に挙げるタイプの人は特に黒グマが目立ちやすくなってしまいます。

  • 生まれつき目の下がくぼんでいる
  • 表情筋をあまり使わない
  • おでこの筋肉や頭皮が硬くこっている

黒グマを治すには

加齢による皮膚や筋肉の衰えは生理現象なので、黒グマはほかのクマより消すのがやや大変かもしれません。

眼輪筋は意識して使わなければ鍛えにくく、誰でも衰えやすい筋肉なので、意識して眼輪筋を鍛えるトレーニングをするのがおすすめです。

眼輪筋を鍛えると眼窩脂肪が引き上げられ、たるみを防ぐ効果が期待できるようになります。またドライアイにも効果があるので、眼輪筋を鍛えることはドライアイから来る青グマの解消にもつながります。

次にご紹介するストレッチは、やっている間にもググッと効いている感じが分かりますよ。

眼輪筋を鍛えるストレッチ

  1. 下まぶただけ引き上げて「まぶしい目つき」をする
  2. 目尻を指で引き上げて「つり目」にした状態で目をつぶってみる
  3. 上まぶたを指で眉毛まで引き上げたまま、リズミカルに下まぶただけを引き上げる
  4. 「アッカンベー」をしたまま、頬の筋肉を引き上げる

(出典…石川眼科医院 石川秀夫院長「 眼輪筋トレーニング」

また、顔の皮膚とつながっている頭皮、頭部からおでこにある「前頭筋」がたるむと、つながっている顔の皮膚や表情筋もたるみ、黒グマができやすくなってしまいます。

そこでブラッシングや頭皮のマッサージをすると、頭皮や頭部の筋肉が刺激され、目の下のくまやたるみを引き上げる効果も期待できるようになります。

体の内側からのケアとしては、皮膚や筋肉の張りを保つコラーゲンを摂取するのが効果的です。コラーゲンは加齢と共に生成量が減少していくので、コラーゲンの材料となるアミノ酸やコラーゲンの生成に必要なビタミンCを一緒に摂取しましょう。

コラーゲンを作る良質なアミノ酸は、肉、魚、卵、鶏皮や魚の煮こごりなどのゼラチン質に含まれています。ビタミンCはかんきつ類、ピーマン、ブロッコリーなどをはじめ野菜や果物に多く含まれています。

黒グマは立体的で色が目立ちやすいので、メイクの時はカバー力の高いコンシーラーをあまりのばさずに塗るのがおすすめ。影の部分にベージュ系・オークル系のコンシーラーを使います。

どのような治療法がある?美容皮膚科でクマを消す場合

軽いクマ、一時的なクマはセルフケアで消してしまいやすいのですが、定着してしまったクマは時間をかけてじっくり取り組まなければ消えてくれません。

早くきれいにクマを消したい場合、ひどいクマに悩んでいる場合はクマ・目の下のたるみの専門治療を行っている美容皮膚科(または美容外科・美容整形科など)のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

クリニックによって異なりますが、クマを消す治療には主に次の方法が用いられています。

クマの治療法:外用薬

ハイドロキノン、トレチノインなど高い美白効果を持つクリームを塗って、メラニンの排出を促進させます。色素沈着で起こる茶グマに効果を発揮します。

クマの治療法:YAGレーザー

YAG(ヤグ)レーザーはレーザー治療の一種です。医療用レーザーはシミ・しわ・ニキビ・肌の赤味などの治療に幅広く使われています。

波長の深いヤグレーザーは皮膚の深い所までレーザーが浸透しやすく、レーザー照射によってコラーゲンの生成を促進し、皮膚のたるみを改善する作用があります。特に黒グマの治療に効果があります。

ヤグレーザーピーリングを行うと、皮膚表面のメラニンがはがれやすくなり、茶グマの解消にも効果が期待できます。

クマの治療法:ライムライト

ライムライトは、光治療の一種です。日本人の肌に合わせ治療器を用いるので肌の負担が小さく、的確にメラニンを消すことができるところが特徴です。

光エネルギーの波長の幅が広いのでシワや毛穴の開きなどさまざまな悩みを一度に改善することができます。茶グマをはじめ複数のクマが出ている場合の治療に適しています。

クマの治療法:サーマクール

サーマクールは、高周波を当てて肌を活性化する施術です。コラーゲンの生成を促進する作用があり、黒グマのたるみを引き締める効果が期待できます。

クマの治療法:経結膜脱脂法

経結膜脱脂法は、黒グマの原因となる目袋のたるみを小さくする手術です。下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を取り除きます。

傷が目立たずクマをなくす効果も高い方法ですが、目袋のたるみが大きい場合は皮膚の表面から切開したほうが良い場合もあるので、切開法についてはクリニックと相談して検討する必要がります。

クマの治療法:ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、肌の弾力性を保つヒアルロン酸をシワに注入することで溝を埋めて肌をふっくらさせる施術です。目の下の皮膚にヒアルロン酸を注入してたるみを持ち上げ、黒グマの影を目立たなくします。

ヒアルロン酸は体の中に存在する成分なので失敗のリスクが少なく、手軽に受けられるアンチエイジング法として人気があります。

美容皮膚科の治療は進化を続けていて、クマを消す新しい方法も次々と出てきています。無料カウンセリングを行っているクリニックが多いようですから、費用やプランについては医師とよく相談して治療を検討してくださいね。

クマを解消するならタイプに合わせて根本的な原因の解決を

このように、クマはタイプによって発生するメカニズムが異なり、クマの解消法も多岐にわたることがお分かりいただけたかと思います。

女性だとメイクでごまかすという応急処置もできますが、 クマは体調や生活習慣の乱れも反映して起こっているので、クマに気付いたらやはり根本的な原因を解決した上でスッキリした目元を取り戻していきたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る