健康生活TOP 健康管理 恋愛も長寿も手に入る!?脳科学が解き明かす笑いの効果がスゴイ

恋愛も長寿も手に入る!?脳科学が解き明かす笑いの効果がスゴイ

104052

笑うのは人間だけというのは、間違っていたんです。すでに現在その説は否定されていて、サルから犬までほとんどの哺乳類が笑うということが判明しています。

たくさん笑う人は頭が良いそうです、お笑い番組を見ている子どもの知能は、そうではない子どもより発達しているとか…。今まではお笑い番組を見ていると頭が悪くなるとまで言われていました。正反対ですよね。

この「笑い」が私達にはとても重要であり、ストレスにむしばまれている人の心や身体を癒すのです。もちろん、すでに一般的にそのような認識はありますね。

でも、その効果は本当に絶大なんです。

ストレスばかりの日常に笑いを

残念ですが私達の日常は、笑いや幸福感ばかりではありません。むしろ、ストレスの海の中、解消方法を探りながら毎日を過ごしています。

当然全ての人がストレスを解消できているわけではありません。それは、癒しビジネスの氾濫を見れば、納得が行きます。

適度なストレスは成長を生むとも言われています。確かにその通りですが、適度では収まらないから問題なのですよね。仕事で持ち帰ったストレスが、家で膨れ上がるケースもたくさんあります。

そのストレスは心も身体もむしばみます。蓄積され解消できない場合は、病気が心身をむしばみ始めます。すでに私達の身の回りにある病気のほとんどが、ストレスが要因となっているものです。

笑いは健康や長寿のもと!なんと遺伝子まで変える

では、そのストレスの解消はどのようにすれば良いのでしょうか?

ネットでも書店でも「ストレス解消」の文字はいくらでも探すことができます。食事、旅行、ヨガ。時間や金銭的余裕があれば、素晴らしいものです。でも皆さんに余裕があるわけではありません。

そんな中、時間もお金もかけずにストレス解消できるのが「笑い」です。実は、非常に手軽なこの笑いほど、ストレス解消に即効性があるものは無いのです。しかも、その効果は絶大で、健康や長寿にまでつながります。

そして、なんと「笑い」は遺伝子まで変えるそうです。知れば知るほど、今までの常識を超えてくれますね。

では、その手軽な「笑い」を日常で活かすためには、どうしたら良いのでしょう。まずは、その効果を知ることから始めましょう。

健康や恋愛のため!?人間が笑いを高度に発達させた理由

892

「笑い」が人間だけのものでは無いとはいえ、人間が「笑い」を高度に発展させているのは事実です。

では、なぜ人間は「笑い」を高度に発展させたのでしょうか?理由は以下の3つと言われています。

  1. 脳(心)と身体を健康にするため
  2. 恋愛をするため
  3. 社会協調性を高めるため

1と3はなんとなく分かりますが、2の理由は興味がありますね。やはり恋愛には「笑い」が必要なようです。

異性で笑顔が多い人には、いつの間にか心が惹かれますよね。男性を対象にしたある調査では、「女性の笑顔によって、恋愛感情が左右されてしまう」と答えた人がほぼ90%だったそうです。

一緒に「笑い」合うことで、つながりを強く感じやすくなりますよね。そもそも、恋愛に活かされる手段として「笑い」が発達してきたからでもあるんですね。

笑いで不治の病が治った!医学による笑い研究が開始されたきっかけ

shutterstock_1388143762

医学の世界で「笑い」が研究されるひとつのきっかけがありました。それは1964年、強直性脊柱炎(きょうちょくせいせきついえん)という難病にかかったウーマン・カズンズという英国人が、不治を宣告されたことでした。

「ストレスにより、病気に対する免疫力が低下する」という学説があり、興味を持った彼はその反対、いわゆる、ポジティブ思考でたくさん笑える楽しい生活をすれば、病気が良くなるかもしれないと考えたのです。

毎日笑える映画、本などを見ては、笑うこと・楽しむことを自分に課しました。友人もたくさん病院に来て笑わせてくれました。

するとみるみると回復し、なんと彼の病気が完治したのです!

このおどろきの報告が、権威ある医学雑誌「ニューイングランド医学誌」に掲載され、注目が集まりました。

そして、世界的な研究が始まったのです。

日本での研究の始まり

日本で「笑い」が医学的に認められたのは、1980年代です。がん患者の1人が、お笑いの番組を見て大笑いしたところ、免疫力が活性化したのです。お笑い番組の威力ってすごい…

まだ「笑い」の研究の歴史自体は短いですが、近年の脳科学の進歩により、とても早いペースで研究が進んでいます。では、たくさんある笑いの効果を中心に、メカニズムも見て行きましょう。

脳科学による笑いのメカニズム

shutterstock_1288544832

笑うことにより、最も影響を受けるのがこの脳です。むずかしい言葉も出てきますが、むずかしい言葉は飛ばしながら読みましょう。まずは、脳のメカニズムと効用です。

成長としあわせ感

人は笑うことにより前頭葉にある眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)が活発化します。

眼窩前頭皮質は、考える脳(前頭前野)と感情の脳(扁桃体)などにさまざまな情報を選んで送る部位です。人と共感するために、感情のネガティブな働きを抑え、調整する役割などもあります。

笑うことにより、この眼窩前頭皮質が成長ホルモン(骨・筋肉の成長促進)やエンドルフィン(多幸感作用)などの分泌指示を出します。

それにより、成長期なら身体がしっかり成長し、大人になると代謝が優れるようになります。そして、しあわせ感(多幸感)が増えていきます。

身体の痛みが和らぐ

上記のエンドルフィンと共に脳内モルヒネが放出されます。これらの増加は、身体の“痛み”を忘れさせる作用があります。

病気に対する免疫力が上がる

眼窩前頭皮質意外の前頭葉も活発化します。免疫をコントロールする間脳という部位が、神経ペプチドと呼ばれる無数の神経伝達物質を放出します。

放出された神経ペプチドは善玉に変化し、NK(ナチュラルキラー)細胞を活発化させます。すると、さまざまな病気に対する免疫力が高まり、強い身体が作られるのです。

このNK細胞はNHKなどで特集されたりしているので、知っている方も多いかもしれませんね。

脳が癒され、意欲が湧く

癒しと意欲のメカニズムです。

(1)右脳の活性

ストレスを感じている時は、左脳(計算や理屈の脳)が活性化し、リラックスしている時は、右脳(イメージや芸術の脳)が活性化しています。「笑い」は、右脳を刺激し、シナプスを成長させるので、リラックスするうえ、脳が衰えにくくなります。

(2)アルファ波

脳内にはさまざまな脳波(周波数による電気の振動)が発生しています。その中のアルファ波とは、何かに集中している時や、心身をリラックスしている時に出ています。「笑い」によってアルファ波が発生し、心身ともにリラックスします。

(3)ドーパミン

笑顔に似た表情を作るだけでも、脳内では“しあわせ物質”のドーパミンが放出されます。ドーパミンは多幸感を感じるだけではなく、運動調節、ホルモン調節、意欲、学習などにも関わります。

記憶力が上がる

記憶と大きく関わる海馬という場所があります。笑うとβエンドルフィンが分泌され、ドーパミン神経系(A10神経系)が活性化します。すると、海馬の容量が増え、長期記憶力が良くなります。

頭が良くなる

理性や意思、計画などを司る進化した大脳新皮質という部位があります。笑うことにより、この大脳新皮質の血流が増え、脳の働きが活性化します。頭の回転が良くなるということです。

この働きは認知症予防への効果もあります。ちなみに、大脳新皮質の血流が悪くなった状態の1つがうつ病です。

自律神経のバランスを安定させイライラを消してくれる笑い

shutterstock_173411045

ストレスが高まることにより、交感神経(活動時の神経)が高まり、ストレスホルモンの分泌が増え、脳の温度が上がます。強くストレスを感じているという状態ですね。

そこで「笑い」は、副交感神経(癒しの神経)を優位に立たせ、加熱した交感神経と脳を穏やかにします。これは瞬時に行われます。笑うことで2つの神経のバランスが一瞬で良好になり、気持ちが穏やかに安定するのです。

イライラしてる時などに、何かの拍子でふっと笑うと、一瞬でイライラがどうでもよくなることがありますよね?それです。

運動不足が解消する!?笑いは身体への効果もバツグン

shutterstock_96754267

では、身体面への効果を見てみましょう。

代謝が良くなる

おもいっきり笑った時は、呼吸が腹式呼吸と同じような状態になり、体内中に酸素が豊富に取り込まれます。血の巡りが良くなり、新陣代謝が活発化します。

運動不足が解消する…?

「大笑い」することで、適度な運動に匹敵する運動効果があることも証明されています。笑っている時は、心拍数と血圧が適度に上昇し、新陣代謝が良くなり、内臓が体操している状態になります。カロリーの消費量も多くなります。

さらに「大笑い」は、腹筋、横隔膜、肋間筋、顔の表情筋などを活性化させます。そのために、多少の筋力の向上は期待できます。

でもあくまで多少ですよ。「笑い」まかせにせず、適度な運動はした方が良いようです。

笑えば病気が治ると科学が立証!笑いは痛みも軽減してくれる

shutterstock_1087652692

がんへの効果は比較的有名ですね。しかし他の病気にもしっかり効果を発揮してくれる笑いです。

がんへの効果

NK(ナチュラルキラー)細胞

“さまざまな病気の免疫力が上がる”でも取り上げましたが、このNK細胞は、がんやウィルス性の病気にとても効果があることが分かっています。健常者でもがん患者でも、異常値を正常値に戻す効用があるのです。

しかも、短い時間で体内の免疫力を調整することも判明しています。がんだけではなく、そのほか、リウマチや膠原病にも大きな効果があることが分かっています。

《膠原病・心筋梗塞への効果(ノーマン・カズンズさんの例)》

先にノーマン・カズンズさんが笑いによって膠原病を完治した例を紹介しました。笑った直後は、身体を切り裂くような特有の痛みを2時間ほど感じなかったそうです(痛みの軽減)。彼が膠原病を完治させたのは宣告から1年以内でした。

さらに、その後重症な心筋梗塞が発症しましたが、膠原病を完治させた例にならい、冠静脈のバイパス手術も受けずに、笑うことで完治させています。

※ちなみに、彼は日本にゆかりがあり、広島や長崎で被曝してしまった女性たちを米国に呼び、形成外科の治療を受けられるようにしたことから、「原爆乙女の父」とも呼ばれています。女性の味方ですね。

糖尿病への効果

2型糖尿病の患者を対象に行った調査を紹介します。1日目に糖尿病に対する講義を聴き、2日目に漫才を聴くという比較調査を行い、血糖値を比較しました。

1日目の講義後では、空腹時と食後の血糖値の差が平均123ミリグラムです。しかし、2日目の漫才後では46ミリも低い、平均77ミリグラムという結果が出ました。笑うと血糖値が下がるのです。

リウマチへの効果

関節リウマチの患者に落語などで笑ってもらい、その直後に調査を行いました。すると、コルチゾール値(ストレスホルモン)が基準値内まで下がり、リウマチを悪化させる物質が劇的に下がるという結果が出ました。

さらに、身体が楽になった、痛みが軽くなったとの症状軽減と、それが持続したとの報告がありました。

その他に、関節の炎症に関係するインターロイキン6という物質は、笑うことにより3分の1まで減少することも明らかになっています。

笑ってストレスとさようなら!心(ストレス)に対する笑いの効果

shutterstock_2288157702

「笑い」が、脳や身体への効果が高いことはよく分かりました。

しかし、心への効果もとても大きいことは、皆さんご自身の体験でご存知ですね。気分が沈んで抜けられない時、イライラしている、など、ネガティブな感情でいっぱいの時、笑うことで一気に開放されます。

先に出したエンドルフィン、ドーパミン、右脳の活性化、アルファ波、副交感神経の活性化、前頭前野の活性化。これらは全て、ストレスを一気に開放へ向かわせます。

“脳科学による「笑い」”と重複する場所もありますが、ストレスに対する「笑い」の効果をまとめました。

笑うことによる心(ストレス)のメカニズム

  • エンドルフィンやドーパミンなどの“しあわせ物質”が一気に放出され、「しあわせ感」に包まれます
  • 右脳が活性化し、副交感神経まで活性化するので、とても深く「リラックス」ができます
  • 大脳新皮質の血流が増え、頭の回転が良くなるので、イライラなどで固定していた考えに対し、「多様なものの考え方」ができます(なんかどーでも良くなってきた!みたいなことです)
  • 体全体の血流も良くなるので、「身体がふわっと軽くなった感じ」がします

これだけのことが一気に起こるのです。すごい効果なのはお分かりいただけると思います。

ちなみに右脳左脳で言うと、右脳はイメージやアート、ひらめきに関係しています。お風呂やトイレなどでリラックスしている時は、右脳が活性化しています。

お風呂やトイレなどで、急にアイデアがひらめくことはありますよね?それはリラックスの脳とアイデアの脳は、ほぼ同じ場所だからなのです。何かアイデアが必要な時は笑いましょう。

逆に、計算ばかりしていたり、理論ばかりが頭にいっぱいの人って、イライラしている感じはしませんか?それは大きく分けると、イライラと計算・理論の脳が同じ脳だからです。

脳は、計算や理論立てばかりしていると、イライラするようになっているのです。

笑顔でずーっと長生き!寿命に対する笑いの効果

shutterstock_106684196

人は意図的に笑顔を作るだけでも、明るい気分になることは先にお伝えしました。しかし、この寿命効果に関しては、心から湧き上がる素直な笑顔が重要なようです。

米国の心理学の研究では、別チームによる2つの研究が同じ結果を発表しています。

①大学の卒業アルバムの写真を研究したもの

卒業アルバムの写真が作った笑顔ではなく、本当の笑顔だった女性は、30年後の調査で、結婚への満足度も幸福レベルも高いことが分かりました。

②古いプロ野球選手のチーム年鑑の写真を元に生存人数を調べたもの

大学のアルバムと同じく、作り笑顔ではない本物の笑顔だった選手の生存数が、そうでない選手のほぼ倍の数でした。

これは、常日頃から本物の笑顔であることが重要であるということですね。とはいえ、意図的に笑顔を作ることが、そのまま本当の笑顔につながっていくので、無理して笑うことから始めても良いんです。

「ポジティブ」で寿命が伸びる

寿命に関しては似たような研究があります。笑顔にも通じる、“ポジティブな性格”に対する調査です。

1930年代に修道院に入った全米各地の修道女180人の日記を、60年に渡って調査した結果です。

ポジティブな日記を書いていた修道女は、そうではない修道女と比べて10年以上長生きしていました。

逆に、ネガティブな日記が多かった修道女は、不安や抑うつといった症状にまで進んでしまうことがあるということです。

この研究は、ポジティブであることとネガティブであることが、寿命に大きく影響するということを、世界的に認識させた研究となりました。

「笑い」をうまく味方につけるには?生活に笑いを組み込む方法

101822

笑うということは、心身共にとても効果があることが分かりました。即効性も十分です。これを利用しない手はありません。しかもモテる!

では、一般的な解消法からご紹介します。

  • 仲間などと会話やイベントなどを楽しむ
  • 笑えるテレビ番組、動画、映画、アニメ、漫画などを楽しむ
  • 笑う練習をしておく(顔全体の筋肉を動かす/1分間大笑いし続ける)
  • 作り笑顔でも、とりあえず笑顔を作る、など

これらはよくある解消法ですね。この中で、お笑い番組を取り上げてみましょう。

お笑い番組を見よう

日本のお笑い芸人さんはおもしろいですねー。芸人さんの技術は芸術並です。どんどんお笑い番組を見て笑いましょう。

お笑いは、そのセオリーを読み取ると笑いにつながります。そのセオリーを読み取れない場合はなかなか笑えないものです。それが、誤解を産み、お笑い番組への締め付けになっているようですね。

ぜひ、言葉や行動の表面だけを取らずに、その背景を読み取ってみてください。とても面白いです。

うつ病の回復期に、お笑い番組を徹底的に見て、強烈な回復をした人もいます。十分な健康ツールです。たくさん利用したら、面白い番組が増えるかもしれません。

笑いながらするラフターヨガ

ラフターヨガをご存知でしょうか?これは「笑いヨガ」です。

普段はなかなかやらないような面白いポーズで笑い、酸素を身体に取り入れるというエクササイズ・ヨガです。現在世界的に広がっています。日本にもNPO法人があり全国にクラブがあるくらいです。

比較的高年齢の方が多いですが、年齢に問わず効果があるので、利用してみると良いかもしれません。

《始まり》
1995年、インドの医師であるマガン・カタリア氏がみんなで笑い合えるエクササイズを開発したことが始まりです。

毎朝、仲間5人の小さなグループで集まり、公園で面白い話をしながら一緒に笑うという時間を設けました。それが、さまざまな効果を現し、注目され、世界になんと70ヶ国以上に広まりました。

《現在》
今や、世界中にラフターヨガを指導する医療機関や介護施設やクラブがあります。

難しいポーズを取ることなく、体力も必要ではないので、誰にでも取り組むことができます。現在では特に冗談やユーモア、コメディーなどには頼らない「ただ笑うだけ」という画期的なエクササイズになっています。

ラフターヨガによる医学的に実証された効用です

  • 酸素が十分に取り入れられ、血流が増え、主な臓器に行き渡るために、心身ともにエネルギーが満ち溢れます
  • ストレスレベルが75%も減少するので、ストレス解消の実感ができます
  • エンドルフィンの影響で多幸感が増えるうえ、さまざまな身体上の痛みが軽減されます
  • 自信が高まり、コミュニケーションスキルや創造性が高まります
  • 血圧が下がり、脈拍が下がり、リラックスできます
  • うつ状態が軽くなります。慢性的なうつの軽減の報告もあります
  • ストレスなどの影響による免疫系、消化器系、生殖系の低下に効果があります
  • リンパ系の循環が活性化し、血行が良くなります

とても健康になりそうですね。

個人的におすすめな笑える行動ベスト5

”個人的なおすすめ”はこちらです。日常的なストレスやイライラに効果があります。

  1. 人のいない場所で変なポーズをしてみる
  2. 人のいない場所で、変な踊りをしてみる
  3. 絶対に人のいない場所で、適度に変な顔をしてみる
  4. 超笑ったことを思い出してみる
  5. ふざけ合える人のところに行き、地味にふざけてみる

客観的に自分を見ると、非常にシュールな感じがして、思わず鼻で笑ってしまいます。

しかし、それでも効果は絶大です。誰かを傷つけるものでなければ、どんな方法でも構いません。落ち込みやイライラの時は一瞬ふざける!そんな感じで構いません。

「笑顔は伝染する」絆の深まり生む笑いを人生に

105982

基本的にそれぞれ自分に合わせた方法で良いのですが、時間を持てるなら、上記の「仲間などと会話やイベントなどを楽しむ」が最も良いと思われます。それは人とのポジティブな授受があるからです。人とのつながりがその効果を増幅し、広めます。

笑顔は、心身をともに健康にし、しあわせな恋愛・結婚をし、社会の中で楽しく生きるという、人間にとって最も重要な役割を担っているのです。

そして、こう言われています。「お互いに笑い合うことで絆が深まり、無駄な争いがなくなる。笑顔は伝染する」

笑顔は人間のしあわせの根源的なものであり、幸せの一本道なのです。たくさん利用しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る