健康生活TOP 健康管理 がん、感染症、生活習慣病からピロリ菌も!注目の自己検査キット一覧

がん、感染症、生活習慣病からピロリ菌も!注目の自己検査キット一覧

誰でも自分の健康状態はいつも気になるもの。日頃の健康管理だけでなく、もしかしたら何かの病気かも……と心配な時、自宅で簡単に検査できるとしたら便利だと思いませんか? 

検査を受けたいけれど病院へ行く時間がない、自分の健康状態を正しく知っておきたい、家族の健康をしっかり管理をしたい……という人におススメな”自己検査キット”の活用法についてご紹介します。

健康診断や病気の検査を受けていますか?自己検査キットをおススメしたい人

職場や自治体で行う年に一度の健康診断、血液検査の結果を見て一喜一憂している中高年の人も多いのではないでしょうか? でも、なかにはさまざまな理由で健康診断を受けに行かれない人も多いと思います。

例えば……

  • 忙しくて健康診断を受けに行く時間がとれない人
  • 健康上の理由で外出するのが難しい人
  • 交通が不便で病院や検査機関まで行きにくい人
  • 検診の案内など情報が伝わっていない人
  • 外に出かけるのがおっくうな人

……など、定年後の人や、育児で忙しい専業主婦、高齢者など健康診断や病気の検査を受けにくい人が多く、こうした人たちは言わば”検査難民”といえるのかもしません。

こうした状況の人には、自宅にいながら健康診断や病院で行う検査が簡単にできる”自己検査キット”をおススメします。自己検査キットのタイプにもよりますが、おおよそ次のような検査を受けることができます。

  • 生活習慣病(血糖値・コレステロール・中性脂肪など)の検査
  • 肝臓病(肝機能障害)の検査
  • 腎臓病(腎機能)の検査
  • がんの検査(胃がん・肺がん・大腸がん・膀胱がん・前立腺がん・子宮頸がんなど)
  • ピロリ菌の有無の検査
  • インフルエンザの検査
  • 性感染症(クラミジア・淋病・梅毒など)の検査
  • HIV(エイズ)の検査

こうした検査は、今までなら健康診断や病院での検査を受けるしか方法がなかったものや、性感染症など人に知られたくないような病気、HIVのように保健所など特定の検査機関での検査がしかできなかったものも含まれています。

つまり、今では市販されている自己検査キットを使えば、おおよそ気になる病気の全てを自宅にいながら簡単に検査できるようになっているのです。

自己検査キットで検査する仕組みと検査の流れ

自己検査キットを製造するメーカーにもよりますが、およそ自己検査キットで検査する仕組みは次のようになっています。

検査の申し込み インターネットの通販サイトや薬局などに置いてある申し込み用紙などで検査したい項目などを選び申し込む
検査キットの受取り 検査キットが自宅に送られてくる
血液などの採取 検査項目によって尿や便、血液、呼気などを採取する
媒体の送付 採取した媒体を検査機関に郵送(送付)する
検査結果の通知 1週間ほどで詳細な検査結果が送られてくる

血液検査は怖くない!指先からほんの少しの血液を採取するだけでOK

検査キットの中には自分で血液を採取するタイプのものもあります。血液を採取するというと病院などでの採血をイメージするかもしれませんが、もちろんそんなことはできません。

ほとんどの検査キットで必要な血液はごくわずかで、指先に穿刺針(ランセット)を軽く一刺ししてほんのわずかの血液を採取するだけ。一瞬「チクッ!」とするだけで痛みはほとんどありません。初めての人でも簡単に血液採取できるようになっています。

たくさんある中でどれを選べば良いか分からない!?筆者がおススメする検査キット

通販サイトなどで「検査キット」と入力するといろいろなメーカーからさまざまな検査キットは販売されています。数ある検査キットの中でも筆者おススメの検査キットをご紹介したいと思います。

1.気になる生活習慣病をまるごとチェック!

生活習慣病は気になるけれど、普段忙しくて健康診断を受けられない、自宅で定期的に数値を計って健康管理をしたい……という人には、「健康チェッカー」(大正製薬ダイレクト)がおススメです。

血糖値、中性脂肪、コレステロール値、肝機能、腎機能など、生活習慣病で気になる検査項目をまとめて検査できます。気になることがあれば、事前に電話で問い合わせができるので安心です。

「健康チェッカー」(大正製薬ダイレクト)
 検査1回分 販売価格8,208円(税込み)
(定期商品には割引があるようです)

健康チェッカー商品イメージ
健康チェッカー – 大正製薬ダイレクト

2.早期発見が第一!がんの検査キット

がんの検査キットは「デメカル」(LEISURE:リージャー)がおススメです。男性用と女性用に分かれているものがあるので、心配ながんを性別ごとにまとめて検査することができます。

「デメカル 男性用がん総合リスクチェック」(LEISURE:リージャー)
 販売価格 9,000円(税別)

デメカルがん男性用商品イメージ
デメカルがん男性 – LEISURE:リージャー

「デメカル 女性用がん総合リスクチェック」(LEISURE:リージャー)
 販売価格 9,000円(税別)

デメカルがん女性用商品イメージ
デメカルがん女性 – LEISURE:リージャー

3.誰にも知られず安心検査!性感染症・HIVの検査キット

性感染症別に検査を選ぶことができ、誰にも知られないように荷姿やパッケージにも配慮がされています。郵便局止めなどの指定もできプライバシーの保護も万全です。パッケージを簡易化にした低料金のものもあるようです。

「性病検査キット(梅毒検査)」(GME医学検査研究所)
 販売価格 4,420円(税込)

梅毒検査キット商品イメージ
梅毒検査キット – GME医学検査研究所

「性病検査キット(性器クラミジア検査)」(GME医学検査研究所)
 販売価格 4,420円(税込)

性器クラミジア検査キット商品イメージ
性器クラミジア検査キット – GME医学検査研究所

4.ピロリ菌の感染検査

ピロリ菌に感染している人が必ずしも胃がんになるわけではありませんが、胃がんの原因の99%はピロリ菌だといわれています。ピロリ菌の感染を早期発見し除菌することで、胃がんの発症を抑えることができる時代になっています。

「健康バスケット ピロリ菌検査」
 販売価格 4,351円(税込)

 
ピロリ菌検査キット商品イメージ
健康バスケット ピロリ菌検査 – (株)セルメスタ 健康バスケット

気になる費用は…?自己検査キットの価格ライン

自己検査キットは自宅で簡単に検査ができる便利さがありますが、価格も気になるところです。もちろん価格は、検査内容や種類の数などによって異なりますし、メーカーによっても価格設定はさまざまです。

相場としては、1つの検査だけであれば3,000円~5,000円、複数の検査を組み合わせたものであれば、8,000~10,000円といったところが相場のようです。

何を検査するのかハッキリと決まっているのであれば、それを選択すれば良いので費用は抑えられます。健康診断や人間ドックのように全般的に検査をしたいのであれば、必然的に費用も大きくなります。

また、価格の安さで購入するよりも、信頼できるメーカーのものを使ったほうが検査結果への信憑性が高いので、結局は得だと考える人もいるでしょう。

ただ、場合によっては命に関わる病気の場合もあり、命や健康は決してお金で買えるものではありません。病気を抱えているかどうかの不安を抱えているよりも、自己検査をして少しでも安心できるなら、安い買い物といえるかもしれません。

自己検査キットにはリスクもある

自己検査キットを使い病気を調べ、仮に陽性(+)であったとしたら、その病気の疑いが極めて強いわけですから、すぐにでも専門医を受診したほうが良いのはいうまでもないでしょう。

しかし、仮に陰性(-)の結果であっても決して油断はできません。病気の中には検査をしても数値として現れにくいものや、潜伏期間(ウインドウピリオド)がある場合などがあり、最終的には問診などを含め専門医が総合的に病気を判断するものです。

自己検査キットは、病気をセルフチェックする一つの材料にはなりますが、決して診断が完全に確定したわけでもありません。結果に一喜一憂するのではなく、受診する目安にしたり、定期的な自己チェックとして使ったりするのが望ましいといえます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る