健康生活TOP 健康管理 レントゲンやCT検査の放射線量は?医療被ばくによる健康被害の有無

レントゲンやCT検査の放射線量は?医療被ばくによる健康被害の有無

CT検査と医者

病気の早期発見や治療のための検査によって、かえって病気のリスクが高まってしまう……。なんとも皮肉なことですが、放射線を使う検査には、常に被爆の危険が伴います。

検査に必要なのでだから仕方がない、という人もいるかもしれませんが、どうやら日本人は”医療被曝”対するリスクに少し無頓着なようです。

今、世界的に問題となっている医療被曝の実態と、医療被曝を最小限に留める方法について詳しく解説します。

病院の検査で被爆する!?医療被曝とは

被爆といえば、原爆投下や原子力発電所の事故のような、極めて特殊な状況下で起こるものと考えるかもしれません。

しかし、私たちはごくありふれた状況の中で時々被爆しています。それは健康診断や人間ドックで受ける放射線を使った検査の時です。

例えば、レントゲン、CT、PET、マンモグラフィー……など、これらの検査は、すべて放射線を発する検査機器で行われています。

病気の発見や治療のために放射線を浴びることを”医療被曝”といいます。

近年、医療被曝の問題は世界各国でクローズアップされており、検査の安全性や被爆量の管理、被爆に関するリスクの告知など、医療現場での被爆への対応を見直す必要があると指摘されています。

放射線の基礎知識 ~放射線にもいろいろな種類がある~

放射線にもいくつかの種類があります。アルファ線、ベータ線、ガンマ線、エックス線……、この中で皆さんが健康診断や人間ドックなどで検査を受けるときに使われるのは主にエックス線です。

ご存知のようにエックス線を発見したのはレントゲンですから、エックス線検査をする時には、レントゲンを撮るともいいますね。エックス線は体を通り抜ける性質があるので、骨が透けて見えるのです。

ちなみに、アルファー線やベータ線は同じ放射線ではありますが、波長が短かすぎて体を通過することができません。後ほど説明しますがガンマ線はPET検査で使われる放射線です。

放射線の基礎知識 ~放射線の影響を数値化する~

福島第一原発の事故によって、放射線に関する専門用語が広く認識されるようになりました。原発の放射線も医療で使う放射線も、次のように同じ単位で表すことができます。

  • ベクレル(Bq):放射性物質が放射線を出す能力(放射能の強さ)を表す単位。
  • シーベルト(Sv):放射線を受けたときの人体への影響を表す単位。
  • グレイ(Gy):放射線のエネルギーがどれだけ物質に吸収されたかを表す単位。

グレイとシーベルトの単位換算は、放射線の種類や放射線を吸収する部位によって多少異なりますが、基本的には1グレイ=1シーベルトと考えて換算します。

実際には、1グレイ(1シーベルト)という単位はとても大きな値で、通常はミリグレイ(ミリシーベルト)の単位が使われることがほとんどです。

  • 1ベクレル(Bq)=1000ミリベクレル (mBq)
  • 1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)
  • 1グレイ(Gy)=1000ミリグレイ(mGy)
1ミリグレイ=1ミリシーベルトということですね。単位の意味や換算方法は、医療被曝を考える時に必要となる基本的な知識なので、覚えておきましょう。

医療被曝の安全基準とは?被爆線量と健康被害の関係

レントゲン撮影など放射線を使った検査を受ける時、多かれ少なかれ放射線を浴びることになります。どの程度の放射線を浴びると健康に被害が出るのか、目安となる指標が必要となります。次の表は被爆線量と健康被害の関係を示しています。

▼クリックで大きな画像が見られます。

放射線被ばくの早見図

国際放射線防護委員会(以下、ICRP)は、2007年の勧告で、一般の人が許容できる人工放射線量は、年間1ミリシーベルトまでと定めています。

人工放射線量とは、平たくいえば、医療で使われる放射線や原発やその関連施設など人工的に作り出す放射線のことです。医療で使われる放射線も人工放射線に該当します。

ICRPは、年間で1ミリシーベルトを超えない放射線量にできるだけ近づけるよう注意喚しているのです。

つまり、健康診断や治療のための検査で許容される被爆線量においても、基本的には1mSvを超えない範囲とするのが理想という結論になります。

日本人は検査好き!?医療被曝の実態

職場や自治体が健康診断を積極的に奨めることや、病気の早期発見への意識の高さなどから日本人は諸外国と比べても健康診断や病気の検査を受ける意識が高いようです。

日本人の健康への意識が高いことは良いことなのですが、医療被曝については多くの人が無頓着のようです。

福島第一原発の事故以来、日常で受ける放射線への関心は高まっているものの、医療における被爆については、意識が別物のように思えます。同じ被爆なのですが……。

それでは、一般的に行われている健康診断や検査における被爆の実態を明かにしてみましょう。

年に1度の健康診断の影響は?レントゲン検査で受ける放射線

病院の検査などで浴びる放射線はどのくらいなのでしょうか? 一般的なレントゲン撮影で受ける被ばく線量は、およそ次の通りです。

部位 レントゲン撮影(1回あたり)放射線量(mGy)
頭部 1.31
頚椎(首の骨) 0.73~0.83
胸部 0.19
腰椎(腰の骨) 2.95~6.89
脊柱(背骨)全体 2.37~3.55
肩関節 1.27~2.68
骨盤 2.35~2.38
膝関節 0.28~0.29
足関節 0.21

参照…慶友整形外科病院 ~当院で䛾検査別被䜀く線量参考値~より

これらの数値をみると、腰、背骨全体、骨盤といった比較的大きな骨をレントゲン撮影する時に、放射線量も多くなることが分かります。これは照射範囲が広くなるからだと考えられます。

その他の部位に関しては、おおむね1mSv以下の範囲におさまっています。年に1回の健康診断で撮る胸部レントゲン撮影程度であれば、特に問題はないと考えて良いでしょう。

ただし、事故や病気などで複数のレントゲン撮影が必要な場合は、撮影するレントゲン写真の枚数が多くなるほど、受ける放射線量も多くなります。治療のためのやむを得ない被爆ではありますが、被爆した総量を把握しておくことは大切です。

人間ドックなどでの胃バリウム検査の影響は?

健康診断や人間ドックなどで胃のバリウム検査をしたことがある人は多いと思います。バリウムを飲んで胃の内側に膜を作り、胃がんなどの異常がないか調べる検査です。

バリウム検査に詳しい岩澤道彦氏によれば、胃のバリウム検査1回で最大で13.4mSvを被爆すると指摘しています。

バリウム検査はレントゲン検査のように1回ずつ放射線をあてるのではなく、連続してエックス線をあてながら写真を撮るので、胸部レントゲン検査に比べ最大で134倍もの放射線量になります。

ICRPが指標としている年間人工被爆量の1mSvと比べても、1回のバリウム検査で10~15倍もの放射線を浴びることになります。

これを多いとみるか妥当とみるかは、医師や専門家の間でも意見が分かれています。世界的な評価をみると年に1回の健康診断(あるいは人間ドック)で、毎年胃部エックス線検査を行うのは、多すぎるという見解のほうが優勢のようです。

私たち日本人からすると、”1日だけ節制して、バリウムを飲みエックス線検査くらいしなければ、検査を受けた気がしない”という感覚があるように思えます。

実は、この日本人の健康診断に対する意識や感覚が他の国の感覚からすると、少し異常に見えるようです。日本人の勤勉で真面目な性格が、無用な医療被曝を助長しているという意見もあります。

胃のバリウム検査で胃がんはほとんど見つからない!?

胃のバリウム検査が過剰な放射線を浴びる理由は何でしょうか?胃のバリウム検査をして要精密検査と診断されるのは、全体の5%ほどです。実際に胃がんと診断されるのは1000人に1人(0.1)%です。

胃がんの疑いが極めて低い人と考えられる人でも、胃のエックス線検査による被爆の影響を受けることになります。

最近の胃がんの検査方法は、胃痛や胸焼けなどの自覚症状はもちろんのこと、年齢や生活習慣に関する問診を行い、ある程度の胃の状態を判断します。

問診で異常が疑われる場合は、ピロリ菌の検査をします。ピロリ菌がいる場合は複数の抗生物質によるピロリ菌の除去を行うとともに、胃カメラなどで内視鏡検査を行います。

胃のエックス線検査を行わなくてよい理由は、エックス線検査だけでは胃の病気が特定できないことが多く、結局は内視鏡を使って検査することになるからです。

また、エックス線検査でがんの疑いが見つかるような場合は、すでに吐血や胃の異常な自覚症状がありので、これも結局は内視鏡検査で確認するからです。

つまり、エックス線検査をしようがしまいが、結局は内視鏡検査によって正確な病気を判断するので、エックス線検査をすることはあまり意味がないのです。

むしろ、毎年エックス線検査をすることによる被爆の影響のほうが心配です。無用な医療被曝をさけ発ガンのリスクを生じさせない点おいては、エックス線検査をしないことは患者のメリットとなります。

参照…検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた – 日本健康推進財団より

日本人は医療被爆に無頓着!?CT大国・日本の現状

皆さんの中にもCT検査を受けたことがある人がいると思います。CT(Computed Tomography)とはコンピュータ画像診断装置のことで、放射線を円盤状にあて、体内を輪切りにしたような立体的な画像を写す装置です。

実際にCTによる診断を受けたという人んも中でも、CTは放射線を使って画像を写しだていることを知らない人が多くいます。

医療被曝の中で最も注意しなければいけないのは”CT検査”です。

その理由は他のエックス線検査に比べても被爆量は格段に多いからです。次の表はある病院でCT検査の際、実際に測定した放射線量の値です。

部位 CT検査1回辺りの放射線量(mSv)
頭部 57.7
胸部 7.9
腹部 9.7
腰部 15.7
股関節 9.7
12.9
手関節 8.6

参照…慶友整形外科病院 ~当院で䛾検査別被䜀く線量参考値~より

CT検査においても体格や脂肪の厚さ、撮影する部位や角度などによって受ける放射線量にも個人差があります。

平均的なデータとして考えると1回のCT検査ではおよそ10~20mSvの放射線を被爆することになります。ICRPが定めた年間の人工被爆量の許容範囲1mSvの10~20倍もの値になるのです。

そして、日本は人口あたりのCTの数がダントツの世界一なのです。仮に医師から「年のためにCTでも撮りましょうか?」といわれたら、ほとんどの人は「お願いします」と答えるでしょう。

医師も患者も何の迷いもなくCT検査をする行う意識が、世界の常識から見るとなんとも不可思議に思えるのです。被爆のリスクを伴うというのに……。

女性のがんマンモグラフィーによる被爆の影響

国立がん研究センターの統計によるの女性が罹患するがんで最も多いのは、乳がんです。芸能人が乳がんを罹患したニュースなどを見るととても他人事とは思えません。乳がんを早期発見するピンクリボンのキャンペーンも広がっています。

こうしたことも影響するためか、乳がん検査をする女性の意識はとても高いです。乳がんを早期発見する”マンモグラフィー”検査もエックス線が使われています。

ちなみに、マンモとは乳房のことでグラフィーは画像なので、マンモグラフィーは画像なので、マンモグラフィーは乳房画像診断装置といいます。

マンモグラフィーによる被ばく線量は3mGyを超えないことと定められています。実際には1回のマンモグラフィー検査で1~3mGy(mSv)の放射線を受けると考えるのが妥当です。

どんなエックス線検査にもいえることですが、エックス線検査にはメリットとデメリットがあります。乳がんの早期発見というメリットと放射線に被爆するというデメリットを常に秤にかける意識を持つことが大切です。

検査を受けたものの画像が不鮮明で何回も撮り直しをされたり、あまりに乳がんを恐れ、規定の検査回数を超えてマンモグラフィー検査を受けるような行為は、本来必要のない被爆を受けることになります。

乳がんに関していえば、マンモグラフィーを使わなくてもエコー検査で十分早期発見できるといわれてます。被爆のリスクがないエコー検査でよいのなら、それに越したことはありません。

乳がんの好発年齢は50代なので、その年代より若い人はエコー検査で十分ともいえます。

また、マンモグラフィー検査によって、生命を脅かさないレベルの小さながんが見つかることもあります発見してしまう。

PET検診ツアーもある!?PET検査とは?

近頃では旅行会社や航空会社などが、病院の検査と観光を兼ねた”検診ツアー”を企画しているのを見かけることがあります。国内だけでなく海外の富裕層が、日本の医療技術の高さを評価していることもあるのでしょう。

PET検査とはPositron Emission Tomographyの略で、ブドウ糖に似たFDGという放射性物質を含む薬剤を点滴で体内に入れ、FDGに集まるがん細胞を測定することで、がんの診断を行う検査方法です。

FDGという薬剤自体に放射性物質が含まれるので、内部被爆ということになります。FDG-PET検査は、1回でおよそ3.5~7mGyの被爆を伴います。また、PET診断とCTを組み合わせる方法もあり、この場合およそ25mSvの被爆線量になります。

ただし、PET検査にも弱点があり、胃がん、肝臓がん、食道がん、腎臓がん、膀胱がんなど特定の部位のがんの発見率は低く、期待されたほどがんの早期発見にはつながっていない現状もあります。

最近ではPET検診ということばも、ほとんど聞かれなくなったことも、こうした弱点のゆえなのかもしれません。

小さい子供ほどリスク大!子供の被爆には厳重注意

さて、一通り放射線を使った検査方法を説明してきましたが、参考例としてあげた数値はすべて大人を基準にしています。

もし、小さな子供が放射線による検査を受けることになった場合、放射線が与える影響は大人に比べて極めて大きなものになるということです。

子供の体はまだ未完成なため放射線の影響を受けやすいのです。また、年齢が小さな子供ほど細胞分裂が活発に行われているため、細胞のがん化が起こりやすいといえます。

子供だけでなく妊婦(胎児)も注意が必要です。放射線が胎児に与える影響は計り知れず、低体重児や奇形児、将来のがん発生率が高くなると動物実験などから推測されています。妊娠している可能性のある女性も同様です。

検査で浴びる放射線の量は人によって異なる!?

エックス線検査で浴びる放射線量の例を示してきましたが、厳密にいえば、放射線による被爆量は人によって個人差があります。

撮影する角度だけでなく、検査を受ける人の体格や骨の太さ、脂肪の量などは一人一人異なります。放射線技師は、鮮明な画像を撮るためにこれらの量を勘案して放射線をあてる量を調節しています。

そのため、自分が受けた放射線の量がどれくらいの量なのかを正確に知るためには、担当した放射線技師に、どのくらいの放射線をあてたのか直接聞いて確認することです。病気やケガなどで年に何回も検査をするのであれば、記録に残すことも必要です。

放射線の影響を受けやすい臓器

健康診断などで放射線を浴びる時、それぞれの臓器の性質によって被爆量が異なります。臓器によって放射線の影響を受けやすい場合があるのです。

骨髄、肺、胃、乳房、大腸 > 精巣、子宮(生殖腺) > 膀胱、食道、肝臓、甲状腺> 脳、唾液腺、皮膚 > 心臓、腎臓、すい臓、筋肉、小腸、口腔

晩期障害の恐れもある

放射線が怖いところは、晩期障害(晩発障害)のリスクがあることです。晩期障害とは、放射線を浴びてから数年から数十年経って、被爆の影響が起こるということです。

これは放射線の影響によって遺伝子レベルでDNAが傷つき、すぐには異常として現れないけれども、長い年月を経てから、傷ついたDNAによる異常が現れることがあるということです。

「ただちに人体に与える影響がない」としても晩期障害のリスクが消えたというわけではないのです。

医療被曝のリスクをできる限り減らすためにすべきこと

医療被曝のリスクをできるだけ減らすにはどうすれば良いのでしょう。そのポイントを解説していきます。

1.医療で使われる放射線は原発の放射線と同じものと心得る

原発事故の影響などによって放射線に対する危険性の認識が高まっている一方で、医療における被爆の意識はほとんどないように思えます。基本的には原発の放射線も医療で使う放射線も人体に与える影響は同じです。

医師や放射線技師が管理しているから安全という意識は、少し変える必要があるのではないでしょか? 安全な放射線など世界中を探してもどこにもありません。

検査といえども危険な放射線を浴びることを引き換えに、病気の発見や治療を行っていることを忘れてはいけません。

2.無駄なエックス線検査を避けるために過剰な検査を要求しない

医療用の放射線なら安心という間違った考えがあるからなのか、患者のほうから「CTを撮れ」だの「もう一度、検査し直せ」などとあたかもモンスターペイシェントかのような言動をする患者もいるようです。

そういう一部の患者がいるためか、検査や処置が過剰になることがあるようです。そのため、できるだけ無用な放射線検査をしないことを徹底しなければなりません。場合によっては医師に「なぜこの検査が必要なのか?」と質問することも必要です。

3.疑問があれば医者に質問して良い!インフォームドコンセントが原則

エックス線検査は必要がなければしないほうが良いに決まっています。もし、何度も同じようなエックス線検査をしているような場合や、本当にエックス線検査でなければいけないのか疑問がある場合は、医師に質問しましょう。

医療行為は基本的にはインフォームドコンセントが原則なので、患者に情報を提供して同意の上で検査や治療を行う必要があります。納得いかなければ患者にも断る権利もあるのです。

ちなみに筆者はモンスターペイシェントではありませんが、無駄な放射線検査をされそうになると、医者に「なんでこの検査が必要なんですか?」と医師に確認します。

”医者に診てもらうではなく医者を選ぶ時代”と考えて良いと思います。とくに医療被曝に関する疑問は積極的に質問し、納得してから検査を受けましょう。

4.医療被曝を受けた履歴を管理する!被爆記録手帳を活用する

自分がこれまでに受けた被爆量などを記録することで、累計の被爆量を把握することができます。

高木学校という団体は「医療被ばく記録手帳」というものを作成、販売しているようなので、活用してみてはいかがでしょうか。

市民版はプリントアウトして紙を折るだけでそのまま使用できますよ。
市民版 医療被ばく記録手帳 – 高木学校

キャラクター紹介
ページ上部に戻る