健康生活TOP 健康管理 頭しらみが再ブレイク!?子供が起こしやすい寄生虫の病気と駆除

頭しらみが再ブレイク!?子供が起こしやすい寄生虫の病気と駆除

shutterstock_2143423512

最近、子供の「頭しらみ」が流行しています。しらみと言えば、昔はDDTを振りかけられた記憶があるという年配の方も多いかもしれません。

子供に流行している頭しらみや寄生虫の駆除の方法をご紹介します。

原因はペット!?最近また子供に増えている頭しらみ

頭しらみは、人間の頭皮に寄生する寄生中の1種です。体調は2~3mmで、ダニのような形をしています。頭皮の血を吸って生きていて、寿命は1ヶ月程度ですが、髪の毛の根元に卵を産みつけて、増えていきます。

頭しらみが流行している原因はまだ良く分かっていませんが、犬や猫など小動物のペットから感染しているのではないかと考えられています。

子供同士で髪や頭をくっつけることなどによって、人から人へ感染します。子供は学校などで遊んでいるときに、友達同士で頭や髪をくっつけてしまうことが多いので、幼稚園や学校など遊びの相手から頭しらみがうつりやすいのです。

特に髪の長い女の子のほうが寄生しやすいという報告もあります。寄生虫の発見が遅れがちになることも理由だと考えられます。

頭しらみの症状は強いかゆみ!頭をかく子供の様子に注意する

頭しらみが寄生すると強烈なかゆみが起こります。子供がむやみに頭をかいている様子から頭しらみがいることが分かったという例が多くみられます。

子供がやたらと頭のかゆみを訴えたり、頻繁に頭をかくような様子があれば、頭しらみが寄生しているかもしれないと考えることが大事です。

頭しらみを見つける方法は髪に産みつけられた卵

子供がやたらと頭をかくような様子がある場合、頭皮の部分にいる成虫を探そうとしてもなかなか見つかりません。しらみは小さくフケとの見分けがつきにくいことや動きが早く、飛び跳ねることもあるので、簡単には見つからないのです。

そこで、髪の根元に注目しましょう。しらみは髪の根元付近に卵を産み付けることが多いので、髪の根元に楕円形の白色や黄色の卵が、産み付けられていないか確認するのです。

卵の大きさは0.5mm~1.0mmくらいと小さいのですが、沢山の卵が産みつけられるので、髪に沿って小さな楕円形の塊が連なっていれば、頭しらみの卵の可能性が高いと考えられます。

もし、自分で判断できなければ、皮膚科を受診するか、保健所などに相談すると良いでしょう。

薬とくしで撃退!感染しないようにすることも大切な頭しらみの駆除のしかた

shutterstock_2654730922

頭しらみを駆除する方法で、一般的なのは「スミスリン」という薬を使うことです。年配の方は使われたことがあるかもしれませんが、今でも市販されています。シャンプータイプもあるので、こうしたものを利用して駆除を行ないます。

ただ、最近ではスミスリンに耐性をもつしらみが増えていることもあり、薬が効きにくいという指摘もあります。

薬での除去に加え、梳櫛(すきぐし)という髪についた卵をこそぎ落とすという方法でも駆除ができます。梳櫛も薬局やドラッグストアなどで購入することができます。薬と梳櫛の両方を使って駆除すると効果が高くなります。

しらみは、人から人へ移りますから、枕など寝具をこまめに洗い、子供同士で感染しないように注意することが必要です。また、頭しらみは子供だけでなく大人にもうつりますので、子供だけの問題と考えてはいけません。

感染について慎重になろう!しらみ以外でも注意する寄生虫

頭しらみ以外でも、子供に寄生しやすい3つの病気をご紹介します。頭しらみと同様に気をつけましょう。

ギョウ虫

最近は学校でギョウ虫検査をしないところが多くなっているのですが、子供に最も起こりやすい寄生虫です。肛門付近に卵を産みつけるため、肛門部が非常にかゆくなります。

子供がお尻をかきむしたり、不快感がある場合には、ギョウ虫の寄生を疑うことが大事です。駆除の方法は「コンバントリン」という薬を使う方法が一般的です。

また、現在では「パモキサン」というギョウ虫駆除の市販薬も販売されています。ただ、ギョウ虫の寄生を自分で確認するのは難しいため、医師を受診し治療法を確認したほうが良いでしょう。

回虫

回虫は人や動物の腸に住み着く寄生虫です。日本では少なくなっていますが、動物やペットなどに寄生し、排泄物から人へ感染することが多いようです。

回虫は腸の中に寄生するので、腹痛や下痢、体のだるさなどの症状が現れます。ほとんどの人は、腹痛が起こっても寄生虫が原因だとは考えないため、治療が遅れるケースが多いのも特徴です。

中には、1メートル以上にも成長した回虫が発見されることもあります。ペットを飼っている家庭で、原因不明の腹痛などが続く場合には、もしかしたら・・と考えることも必要です。子供だけでなく、大人にも寄生します。

アニサキス

アニサキスは魚に寄生する寄生虫です。生魚などを食べたときに、胃酸で死滅しなかったものが、胃や腸を刺激するため、腹痛が起こります。

アニサキスが寄生しやすい魚には次のようなものがあります。

  • サバ
  • イカ
  • シャケ
  • タラ 

こうした魚を刺身など生で食べる場合は、特に注意する必要があります。アニサキスは、加熱すれば死滅するので、抵抗力の弱い子供に食べさせるときには、加熱して調理することも必要です。

また、サバを酢で〆たり、イカに隠し包丁を入れることが多いのは、アニサキスなど寄生虫を殺すという意味もあります。

日本では衛生環境が良いこともあり、寄生虫による病気への関心が薄くなりがちです。学校や保健所などが出す情報をこまめにチェックするなど、寄生虫の流行には十分注意しましょう。 

キャラクター紹介
ページ上部に戻る