健康生活TOP 健康管理 秋に食欲がわくのはなぜ?食欲を抑える方法と食べ過ぎない食事法

秋に食欲がわくのはなぜ?食欲を抑える方法と食べ過ぎない食事法

101192

読書の秋、食欲の秋など秋には楽しみもいろいろと増えてきますね。

蒸し暑い夏はあまり食欲がわかなかった人も、涼しくて過ごしやすい秋になれば自然と食欲も戻ってきます。しかし食欲の秋を満喫するあまり、「体重が増えちゃった!」「なんだか胃もたれが…。」となってしまってはいけません。

秋に食欲がわいてしまうのはなぜか、そして食欲を抑える方法を覚えておきましょう。

なぜ秋に食欲が増すの?体が食べ物を欲しがるメカニズム

秋には旬の食材が多く出回ることが原因のひとつとしてありますが、体の働きからくるきちんとした原因もあります。

食欲の調節に深く関わっている脳内の神経伝達物質セロトニンは、日光に当たることでその分泌量をうまく調節しています。秋になると夏に比べて日照時間が減ってしまうので、セロトニンの分泌量も秋には減少してしまいます。

セロトニンの分泌量が少なすぎたり分泌量が安定しないと、脳がきちんと食欲を調節できなくなってしまうのです。

セロトニンの分泌量を増やすには、十分な睡眠を取ることと、大豆製品や乳製品、肉類などを中心にセロトニンの材料となる栄養を摂る必要があります。体が栄養を欲しがり、食欲が増すのです。

気温の低下も関係している

他にもよくいわれているのが、気温が低下することにより基礎代謝が上がることが食欲に関係している、ということです。

気温が下がると、人は体温を保とうとして熱をつくりだすので、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がればその分だけエネルギーを多く使ってしまうので、その分の補給をしようと食欲がわくのです。

食欲を抑える3つの方法は 日光・睡眠・ツボ!

原因がわかったところで、さっそくどうしたら食欲が抑えられるのかを見ていきましょう。些細なことですが、継続すれば秋太りしちゃった!なんてことを避けられるかもしれませんよ。

1.日光をたくさん浴びよう

shutterstock_247427473

秋は日が昇るのが夏よりも少し遅く、人によっては起きたときに十分日が出ていないかもしれません。それでもできるだけ起きたらすぐにカーテンをあけてください。

女性は日焼けを意識して日光を避けてしまいがちですが、例えば通勤時はできるだけ地下道を利用しない、ビルの影が少なく日の当たっている道を選ぶなどしてください。

2.きちんと規則正しい睡眠を取ろう

shutterstock_1846223572

睡眠不足は大敵です!しかしむやみやたらに寝てもいけませんよ。睡眠で大切なのは、その量ではなく規則正しいかどうかなのです。

まずは毎日起きる時間を決めましょう。毎日お仕事で7時に起きるなら7時としましょう。前日にもし少し飲み会で寝るのが遅くなっちゃったわ、なんてことがあっても、次の日の朝には決めた時間に起きてください。

休日も(慣れるまで難しいかもしれませんが…)できるだけその時間に起きてください。寝溜めをしようと休日にたくさん寝ても、それは健康的な睡眠とは呼べませんし、体はきちんと休まりません。

決めた時間きっちりに絶対起きて!とは言いませんが、できるだけ1時間以上の差を出さないように心がけてください。

日光を浴びて規則正しい睡眠を取る生活を続ければ、セロトニンがきちんと分泌されて食欲を抑えてくれます。

3.食欲を抑えるツボを押そう

なんと食欲を抑える効果が期待できるツボがあります!手軽でどこでもできますので、押さない手はありませんね。

  • 飢点(きてん)

shutterstock_152202653-250飢点

食事の15分程前に優しく押して刺激しましょう。

  • 地倉(ちそう)

189-250地倉

左右同時に少し強めに押して刺激しましょう。即効性があるので、食事の直前でも効果があるとされています。

好きなものを食べたい!そんな人へ贈る太りにくい食事の仕方

shutterstock_2237644212

断食や食事制限など無理をしてしまうと、のちのち太りやすい体質になってしまったり、逆に食欲が抑えられなくなってしまいます。ストレスがたまって反動で過食症になることも…。

なにより生きるのに必要なエネルギーがきちんと生成されず、人なみに活動することすらできなくなってしまう可能性もあります。

とにかく、無理な食事制限はダメ!ダイエットというととにかく体重を落とすというイメージがありますが、元来の意味は「体調維持のための規定食」です。つまり健康になるためにきちんと食べることも大事なのです。

今回紹介する食欲を抑える方法は、ある程度は好きなものを食べてもOKですし、どれも簡単な方法です。今日からでも実践できますし綺麗に痩身するのにも役立ちますよ。

食事の前にまずコップ1杯水分を摂ろう

shutterstock_2448463122

まず食事の前にコップ1杯の水分を飲みましょう。

水よりも炭酸水の方が効果が高いですが、糖類が入ったものではなく単純な炭酸水にしてください。また豆乳や牛乳ではカロリーを抑えたものや低脂肪のものでできるだけヘルシーなものを選んでもOKです。豆乳はお腹の中に特に長くとどまってくれます。

冷たいものは避け、常温か飲みやすいくらいの温かいものにしましょう。

食事の順番を意識して

Fotolia_50767959_Subscription_XXL

食事は栄養バランスも考えて必ず野菜を取り入れましょう。お肉や揚げ物も我慢せずに食べて良いですが、食べ始める時は必ず野菜からにしてください。

最初にお肉を食べてしまうと脂肪分から体に吸収されていくので、血糖値も上がりやすくなりますし、太る原因になってしまいます。野菜なら血糖値は緩やかに上昇するので下降も緩やかになります。

  1. 野菜
  2. 味噌汁などの汁物
  3. お肉・魚(たんぱく質)
  4. ご飯・麺(炭水化物)

の順番が理想です。全部一度に食べ切るよりも、一旦この順番で一通り箸をつけたら、これを繰り返しましょう。

しっかり噛んで食べる!

shutterstock_2228307312

早食いも血糖値を急上昇させてしまいますので、意識してたくさん噛んでください。ほとんど噛まずに飲み込んだものは胃にも負担をかけます。

ただし急に噛むよう意識してもそれがストレスになる事もあるので、まずは10回、20回と徐々に噛む回数を増やしていきましょう。

食前の水とたくさん噛むことで、満腹中枢が刺激され、食べる量がいつもより少なくてもお腹いっぱいになります。

この方法なら大好物を我慢せずに済みますし、秋の旬の食材も堪能できます。品目も可能な限り増やし栄養バランスも考えるとなお良いですね。

まさか糖尿病!?コントロールできないほどの食欲には注意

shutterstock_261531452

適度に秋の味覚を楽しむのは素晴らしいことですが、自分でコントロールできないほどの抑えきれない食欲である場合は注意が必要です。

どんな人でも食事をすると血糖値が上がります。すると体はインスリンを分泌させ血糖値を下げようとします。

これは食事におけるごく自然な体の反応ですが、体質や2型糖尿病などの病気によって血糖値の上昇が急激になる事があります。

これを食後高血糖と言いますが、ここから急激に血糖値が下がると、今度は栄養を補うよう脳が命令するので、爆発的な抑えきれない食欲となって現れます。

もしも糖尿病の疑いがあって食欲も抑えられない!という場合は、病院を受診して検査を受けてください。

いかがでしたか?食欲の秋を健康的に楽しむために、是非試せることから試してみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る