健康生活TOP 頭痛 自分でできる頭のツボ押しマッサージで疲れ、頭痛、薄毛も解消!

自分でできる頭のツボ押しマッサージで疲れ、頭痛、薄毛も解消!

微笑む美しい女性

肩や首がこった時にマッサージしてもらうとまるで体が生き返ったような気持ちよさを感じませんか?

肩をもんでくれる人が身近にいるといいですよね。ところで「ちょっと肩と首をもんでくれる?」と人にお願いすることはあっても、頭部のマッサージをお願いする人はあまりいないと思います。

肩や首に比べると頭部はマッサージするほどの疲れを感じにくい部分かも知れませんし、やり方も今イチわかりません。

それでも現代はストレスや仕事で脳が疲労している方が多くいますし、頭痛に悩まされる人も増えています。さらに薄毛や抜け毛などに悩む人も増加しています。

それらのさまざまな悩みを解消する方法の1つがヘッドマッサージです。その方法をご紹介します。

自分でできる簡単ヘッドマッサージとその効果

頭部のマッサージは簡単にできます。まず何よりも頭部は手がしっかり届く場所だからです。

背中や腰のように自分ではなかなかマッサージできない場所ではないので、やり方をマスターすれば自分でもできるところがうれしいですね。

頭皮のマッサージは頭皮の毛穴につまった汚れを除きます。頭皮の毛穴につまった皮脂は薄毛の原因になりますからヘッドマッサージによって薄毛の予防にもなります。

さらにヘッドマッサージは頭皮の血液の流れをよくします。血液の流れによって頭部に栄養や酸素が運ばれるので頭皮に栄養がゆきわたり抜け毛を防ぐことができます。新陳代謝もよくなるのでとてもよい効果がありますね。

脳の疲れや頭痛や抜け毛などさまざまな面で効果があるヘッドマッサージですが、特に効果を発揮するのが頭部にある幾つかのツボを刺激することです。

頭部のツボを刺激することで体によい効果を及ぼす

頭部のツボを刺激することで頭部だけではなく体全体によい効果を及ぼします。これから頭部の幾つかのツボを紹介しますが、まずはツボ押しやヘッドマッサージの注意点を幾つか考えましょう。

大切なのは力加減です。肩や背中はこり方によっては強めにマッサージしますし、足裏マッサージのようにグイグイと力を入れる部分もありますが、頭部は全体的に弱めに押しましょう。

頭部は皮膚も薄くデリケートなのでゆっくりやさしくツボを刺激します。

基本は指の腹などをつかってゆっくり押してゆっくり離します。だいたい5秒くらいで押して5秒くらいで離すのが理想です。

強く押さないことと同時にもう1つ注意することは爪を立てないことです。爪を立てると頭皮を傷つけてしまいますからくれぐれも気をつけてくださいね。

それではツボの位置と刺激方法を覚えて心身ともにリフレッシュしましょう。

天柱(てんちゅう)のツボの位置と押し方

後頭部の髪の生え際にあります。

髪の生え際に2本の太い筋がありますがその外側にあるくぼみの部分です。

後ろから両手で頭を包みこみ親指を使って押します。頭の中心に向かって押し上げましょう。

痛くない程度に数秒押してから数秒離す動作を何回か繰り返す指圧方法が効果的です。

天柱のツボの効果や効能

天柱のツボは万能ツボとも呼ばれていて、体のさまざまな症状に効果や効能をもたらすツボとして有名です。その中でも代表的なものを幾つか挙げますと以下のものがあります。

  • 緊張性の頭痛
  • 抜け毛の予防
  • 肩こりの解消
  • 自律神経失調症の緩和
  • 統合失調症の緩和
  • 不眠
  • 目の疲れ

風池(ふうち)のツボの位置と押し方

後頭骨の下で首の後ろの髪の生え際あたりにあるくぼみ。

天柱のツボから指1本分外側にあるくぼみの部分です。僧帽筋と胸鎖乳突筋の間になります。

両手で頭を支えるようにします。親指をくぼみの縁に当てて頭部の体重を親指で支えるような感じで、頭の中心に向かって押し上げてください。

風池のツボの効果

「風邪が体の中に入って池のようにたまるところ」という意味があり、風邪の症状に有効なツボです。

  • 頭痛
  • 熱っぽいとき
  • 咳や風邪の症状
  • 鼻づまり
  • のどの痛み
  • めまい
  • 不眠
  • 二日酔い
  • 乗り物酔い

天柱や風池のあたりを気持ちよくマッサージしてみよう!

天柱や風池のツボのあたりを含む後頭部をやさしくマッサージしましょう。

ツボを押したときの親指でそのままやさしく円を描くように回します。

さらに範囲を広げて後頭部を親指以外の4本の指を使ってやさしく円を描くように回します。この時の力加減は皮膚の表面をさするのではなく皮膚を動かすようにマッサージします。

リンパマッサージの効果がありますので脳や後頭部をリラックスさせることができます。

完骨(かんこつ)のツボの位置と押し方

耳たぶの裏の出っ張った骨(乳様突起)の後ろのくぼみ。

親指をツボに当て、骨のキワを頭の中心に向かって押し上げるようにする。

完骨のツボの効果

首から頭部への血流をよくします。脳の疲れや精神の疲れを癒す効果があるツボです。

  • 頭痛
  • 精神疲労
  • プチうつ
  • 目の疲れ
  • 顔のむくみ
  • めまい
  • 不眠

完骨のあたりを気持ちよくマッサージしてみよう!

耳の後ろから首筋までをマッサージします。

完骨のある耳の後ろを3本の指をつかってやさしく円を描くように回します。

そのまま首や肩のラインまで回しながらマッサージしてみましょう。リンパマッサージの効果があるので耳の後ろから首筋がスッキリします。

百会(ひゃくえ)のツボの位置と押し方

頭のてっぺんにあるツボ。左右の耳の穴を結んだ線の真ん中です。

両手の中指を使って体の中心に向かって押す。力を加減して強く押さないようにします。

百会のツボの効果

「百の出会い」と書くように、たくさんの経路が出会うところという意味で多くの症状に有効なツボです。

  • 頭痛
  • 抜け毛
  • 脳卒中
  • 自律神経改善
  • 健忘
  • 鼻づまり
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 不眠

通天(つうてん)のツボの位置と押し方

百会から指幅2本分左右斜め前にあるツボ。

中指の腹を左右の通天のツボに当てて後ろの方向(後頭部に向かって)に押します。

通天のツボの効果

百会のツボとあわせてこのツボを刺激するとより効果があがります。

  • 頭痛
  • 抜け毛
  • 円形脱毛症
  • 鼻づまり
  • いびき

防老(ぼうろう)のツボの位置と押し方

百会のツボから後頭部に向かって指1本分下がったところ。

両手の中指を使って軽く頭の前側(顔の方向)に向かって押す。

防老のツボの効果

防老という名前の通り薄毛や白髪に効くツボとして知られています。

  • 白髪
  • 抜け毛
  • 円形脱毛症

髪の生え際から側頭部にかけて気持ちよくマッサージしてみよう!

髪の生え際から側頭部にかけて幅広くマッサージします。

両手をやさしくグーに握った状態で前方の髪の生え際から円を描くように回します。

そのまま側頭部や耳の後ろの方まで回しながらマッサージしましょう。側頭部のあたりは手のひらの手根をつかってマッサージすることもできます。

このマッサージによって頭部だけではなく目もスッキリしてきます。リンパ管も刺激しますので疲労を回復してリフレッシュできるでしょう。

メリットいっぱいのヘッドマッサージを続けてみよう!

ヘッドマッサージは気軽で簡単!その気になればいつでもできるものです。

メリットも頭痛や薄毛予防にメンタル面での効果や目や鼻の症状に対する効能などいろいろありました。本文でも触れましたが最後にもう一度注意点として強調したいのは強く押さないことです。

身体の他の部分と比べると押し方に物足りなさを感じるかも知れませんが、気持ち良いと感じる程度にツボを押してください。

ゆっくり押してゆっくり離すことも大切です。ツボを押したあといきなり指を離すとその部分に負担をかけてしまうので気をつけましょう。

ヘッドマッサージをするのに最適な時間はお風呂上りです。血流がよくなっていますし皮膚も柔らかくなっているのでほぐしやすいことでしょう。

シャンプーの時も軽くマッサージしながら頭を洗うとよいかも知れません。

シャンプーついでなら毎日の習慣にもなるのでとてもよいですね。毛穴から出た皮脂もシャンプー後のシャワーでしっかり洗い流しましょう。

心地よいヘッドマッサージはメリットもいっぱいなので続けることを楽しんでください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る