健康生活TOP 頭痛 薬を飲まない派のあなたに教えたいお金のかからない頭痛改善法

薬を飲まない派のあなたに教えたいお金のかからない頭痛改善法

462

繰り返しおとずれる頭痛、だけど薬はイヤ!というあなたのために、薬を飲まずに頭痛を解消する方法を伝授します。

薬は効かなくなる!?服用量を増やすのは止めよう

頭痛に対して薬で解消するのが習慣化してしまうと、身体が薬に慣れてしまい効果が弱まってしまう事がよくあります。そうした事態を防ぐために、薬以外の頭痛対策を覚えておくのはたいへん有効な手段です。

そもそも頭痛薬を飲んで痛みが抑えられるのは一時的なものであり、頭痛の原因そのものを解消しなければ頭痛はいつまでも再発します。

薬に頼らない方法は頭痛の原因を取り除くのが主な目的であり、薬のように乱用して副作用が起こるということもありません。薬はいざという時にのみ使い、痛みが引かないからと服用量を増やすのは止めましょう。

頭痛の主な原因は水分不足だった!スポーツドリンクなどの飲み物が有効

頭痛は体内の水分が不足している場合に起こりやすくなります。

水分不足は血液をドロドロにし、脳の血流を悪くすることで頭痛の原因を作り出します。そのため、頭痛が起きたらまず水分を摂る事を心がけましょう。

スポーツドリンクが効果的

コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があるため、これらの飲み物は水分補給には適していません。

水を飲むのが一般的ですが、水分の吸収率を上げるためには電解質を含むスポーツドリンクを利用するのもひとつの手です。

手に入らない場合は通常の水に砂糖と塩をひとつまみ加えることで吸収率をアップさせる事ができます。なるべく常温で飲むようにし、飲み過ぎにならないよう注意しましょう。

偏頭痛は冷やして対処しよう!痛みがひどいなら入浴は控えて

女性に多いとされる偏頭痛は、血管が何らかの原因で拡張してしまう事が原因といわれています。そのため、血管を冷やして収縮させることで痛みをある程度抑えることが出来ます。

冷却グッズを利用して

患部に貼るタイプの冷却シートや濡れタオルなどで額を冷やすことで血管を通る血液が冷え、痛みが軽減されやすくなります。

額の他にも首筋・腋・足首など血管に近い皮膚を冷やすと同様の効果が得られます。ただしやりすぎは同時に頭痛の原因にもなりますので、冷たさが気持ち良いと感じられる程度でおこなって下さい。

アーモンドとヨーグルト

shutterstock_2803853542

アーモンドに豊富に含まれるマグネシウムには偏頭痛を解消する効果があることが解っています。また、ヨーグルトや牛乳に含まれるカルシウムにも同様の効果があります。

これらの食品はおやつやデザートとして気軽に食べられ栄養価も高いため、食生活にうまく取り入れると頭痛の予防に繋がります。

偏頭痛に入浴はNG

偏頭痛の場合、あまり痛みがひどい時には入浴を控えることも必要になります。

血液の温度を上昇させないためにぬるめのシャワーを短時間だけ浴びる、冬場であれば時間をずらす、髪の毛だけ洗って済ませるなどの工夫をしてみましょう。

緊張型頭痛は温める!入浴とレモン生姜湯のススメ

偏頭痛とは違い、強いストレスや不自然な体勢を長く続けて身体に負担をかかえた場合に起こる頭痛を緊張型頭痛といいます。

緊張型頭痛は圧迫や冷えによって血流が阻害されてしまうことが原因です。身体を温めることで痛みが軽くなるため、自分の頭痛が緊張型なのかどうかという判断の目安にもなります。

入浴とマッサージ

冷え性の人に特に多い緊張型頭痛はとにかく血流を改善することが重要です。入浴中に身体をマッサージする、半身浴をするといった効果的な入浴法を試してみましょう。

普段の生活では軽い運動を取り入れるのも効果的です。ウォーキングやヨガなどで身体を動かす習慣をつくり、全く運動をしなかったという日をつくらないようにしましょう。

レモン生姜湯

100522

生薬としても利用される生姜(ショウガ)は身体を温め、血流を促進する効果を持っています。

お湯におろした生姜とその絞り汁を加え、お好みで砂糖とレモン汁を加えてつくる生姜湯は冷え性の改善効果も期待出来るため特にオススメ。

生姜の量は一般的なマグカップに対し、スプーン1杯程度でOK。体温の低下しやすい起床時・入浴後にあわせて飲むとより効果的です。

「良薬口に美味し」で偏頭痛を解消しましょう

味もそっけもない頭痛薬より、食べて美味しく健康になれるもので頭痛を解消できるならそれに越したことはありません。

頭が痛いからと盲目的に薬に頼るのではなく、なぜ自分に頭痛が起きているのか?その原因を探り、生活の中で改善できる方法を探してみましょう。

勿論、痛みがひどくいつまで経っても解消されない場合は受診するのを忘れずに。ただの頭痛と思っていたものが、大病の前触れだったなんてことにならないよう、早め早めの対応を心がけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る